浮気トラブル解決・相談 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

浮気の性行為は盛り上がる

 

浮気の性行為は盛り上がる

 

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

 大阪市教育委員会は、校内で性的関係を持ったとして市立中学に勤務する 既婚の男性教師(41)を停職6カ月に。さらに、不倫相手だった女性教師(24)を、停職1カ月の懲戒処分にしたことを発表したのだ。地元紙記者が言う。

 「休日を選んでは、校内の男子更衣室や 教材保管庫などでセックスしまくっていたようです。最初はフェラチオなどで満足していたが、 徐々に本番行為もそこで行うようになったそうです」

 今回のケース、その関係が発覚したのは、別れ話が原因だという。女性教師が別れ話を切り出したにもかかわらず、 男性教諭がこれに応じず、キスを迫るなどのセクハラ行為をエスカレートさせたからなのだ。

 「結局、困った女性教諭が、今年の6月に校長に泣きつき発覚。この様なことは職場不倫ではごく当たり前のこと。

  この案件は、別れ話がこじれて発覚したのですが、不倫から別れ話になった、この様なトラブルに発展するケースはよくあります。人は固執することでストーカーになるのです。固執は誰にでも起こってしまうことです。 

浮気・不倫の問題で悩んでいる方は当社へ相談ください。

また、別れ話のトラブルになった時には当社に相談してください。誰にも知られずに解決することが可能です。


浮気トラブル解決なら

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

損をしない浮気の対処法

 損をしない浮気の対処法



大阪 京都 神戸 岡山 広島

浮気と感じたら 損をしない浮気の対処法

 

  浮気の疑惑を感じたり、浮気の証拠を得てしまうと感情に任せて行動したり、口に出して相手に言ってしまたりで、後で後悔してしまうケースがよくあります。

 

  重要なことは冷静になり、今後どうしたいのか、どうするのが最善かなどをよく把握する必要があります。

 

 それは「配偶者(交際相手)と今後も続けていきたいのかどうか」です。今後も夫婦として続けていきたいということであればどこで自分を納得させるかだと思います。浮気(不貞行為)をされたことに対して怒り・悲しみ・嘆きなど様々な感情が湧いてくると思います。


  また自分は浮気を許して離婚しない方向で考えたいのに、相手が浮気相手に夢中になってしまい離婚したいという場合もあると思います。こういった場合でも不貞行為の存在を明らかにできれば、離婚を拒否することが可能です。もちろん浮気相手に引かせる要求をする事も可能です。また離婚しなくても浮気相手に慰謝料を請求することも可能ですので、対応に幅が出てきます。


 浮気と感じて損をする対応は、感情的になり、何の考えも持たずに、パートナーを問い詰めることです。しかし。これはだれしもがやってしまうことです。そんな時には当社に相談ください。あなたの力になります。




浮気のトラブル解決なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

損をしない浮気の対処法

浮気と感じたら 損をしない浮気の対処法

 

大阪 京都 神戸 岡山 広島

損をしない」浮気の対処法

 

  職業柄、浮気の相談はよく受けます。感じることは、そんなことしても何の得にもならないと思える行動をとってしまっている人があまりにも多いことです。感情的な行動をとって、何も解決できないケースがあまりにも多いことです。感情を抑えきれないのはよくわかります。しかし、感情だけで行動を起こしても出口の見えないトラブルを抱えてしまうだけです。
 
 浮気の疑惑を感じたり、浮気の証拠を得てしまうと感情に任せて行動したり、口に出して相手に言ってしまたりで、後で後悔してしまうケースがよくあります。重要なことは冷静になり、今後どうしたいのか、どうするのが最善かなどをよく把握する必要があります。

 それは「配偶者(交際相手)と今後も続けていきたいのかどうか」です。今後も夫婦として続けていきたいということであればどこで自分を納得させるかだと思います。浮気(不貞行為)をされたことに対して怒り・悲しみ・嘆きなど様々な感情が湧いてくると思います。

 また自分は浮気を許して離婚しない方向で考えたいのに、相手が浮気相手に夢中になってしまい離婚したいという場合もあると思います。こういった場合でも不貞行為の存在を明らかにできれば、離婚を拒否することが可能です。もちろん浮気相手に引かせる要求をする事も可能です。また離婚しなくても浮気相手に慰謝料を請求することも可能ですので、対応に幅が出てきます。

 浮気の問題を抱えたら当社に相談ください。あなたの力になります。

 

 

浮気の対処法

 アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

 

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 

妻の不倫現場に遭遇 その対応

 妻の不倫現場に遭遇 その対応


タレントの○○○○が離婚した。原因は○○の不倫といわれている。妻の不倫現場に遭遇したとき、夫の対応はどうすればよいのか

 

 このところ注目の的だった○○○○と○○○○が、やっぱり離婚届を提出しました。あくまで報道によるとですが、原因とみられているのが、○○が自宅で不倫に励んでいた現場を夫の中村が目撃したという事件。今年の2月、飲み会の後に矢口が年下の男性モデルを自宅に"お持ち帰り"して、夫婦の寝室にいるところを予定より早く帰った中村と鉢合わせしたとか。どういう場面を目撃したのか、そこでどんな対応をしたのかは判りませんが

 

 

不倫がこれだけポピュラーになっている世の中ですから、私たちも同じ状況になる可能性は大いにあります。そう○○と同じ目に遭う可能性が誰でもあります。備えあれば憂いなし。いつ妻の不倫現場に出くわしてもいいように、大人としての望ましい対応を考えておきましょう。

 

 人の女房に何しやがるんだとか何とか言って、いきなり殴りかかるのも考えもの。相手が恐い人だったり強い人だったりするリスクもあるし、自分を裏切った女房ではなく連れ込まれた男だけに怒りの矛先を向けるのは、なんだかみっともない気もします。


  では、どうすれば妻と間男野郎を針のムシロに座らせることができるか。怒ったり騒いだりしたら、相手も開き直って楽な気持ちになります。まずは落ち着いた口調で詰め寄りましょう。ジョークでも一言、ジョークが秘めた怒りの大きさを表現してくれ、そんな小粋なセリフを言えた自分に対する満足し余裕が生まれます。

 もし二人が裸なら、あわてて服を着ようとしても「あ、そのままそのまま」と押しとどめて、「まずは記念に一枚」と言いながら携帯のカメラでパチリ。証拠写真を撮ることで、ふたりをいろんな意味で追い詰めることができます。さらに、間男野郎に向かって運転免許証の提示を求め写真に収めることも大切です。

 

 その後は、当社のクライアントのみの対応です。間男に制裁なら当社に相談ください。

浮気の代償 浮気の被害者

浮気の代償 浮気の被害者

 大阪 京都 神戸 岡山 広島

週刊誌において、橋下徹大阪市長の女性問題が報じられた。

  同記事では、2006~07年頃、大阪・北新地の高級クラブで働いていたホステスが、橋下市長と不倫関係にあったことを詳細に伝えており、発売前日となる18日、橋下市長も市庁舎で会見を行い、これを認めている。

 「正直、大変な状況だ。親のポカで子供には本当に申し訳ない」「知事になる前までは、聖人君子のような生き方をしていたわけではない」と語った橋下市長。

  記事では「客室乗務員などのコスプレをリクエストしていた」などと書かれていたが、この真偽を問われると、「娘に制服を着ろと言えなくなっちゃいますよ。私服で学校行ってるんですけどね」と述べている。

 一連の報道を受け、ネット掲示板では「謝って済む問題ではない」「公務員に対してはタバコ吸ったくらいでクビだとわめくくせに、自分は愛人を作っても開き直るとは」「自分に甘く、他人に厳しい典型的なクズ」「コスプレ変態プレイしてたあとで、どの面下げて君が代歌うのかな?」と橋下市長を批判する声が相次いだ。

 しかし、その一方では、「知事就任前の話だからどうでもいいよ」「昔から橋下は女性関係について潔癖だなんて一言も言ってない。こんな問題でいちいち辞めてたら日本中の公務員の半分くらいがいなくなるぞ」「仕事で結果を出せない聖人君子よりは幾分マシ」と、橋下市長を擁護する書き込みも目立つ。

 また、その他にも「維新政治塾の塾生はどう思ってるんだろう? やっぱり擁護しなきゃいけないのかな「会費払っちゃった塾生涙目」と、橋下市長が主催する維新政治塾塾生の行く末を案じる意見も書き込まれていた。

  政治的な思惑も見え隠れしている気もするが、ここでの被害者は、はっきり言って家族です。政治に進出する前の浮気でも、この様にたたかれるのは当たり前なのは本人だけで、妻、子供は全くこの様なことで、いやな思いをするのは責任はないのですが、この責任をどう彼がとるのか今後の見ものです。

 

浮気調査なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島

浮気の結末 離婚 許す

浮気の結末 離婚 許す 

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 

 浮気が原因で別れる夫婦には、次のようなタイプがあると感じます。当然それ以外のケースもありますが、大半がこのケースに含まれることが多いので挙げてみました。

  ひとつは家族としての雰囲気が漂い、安心しきっている妻、夫が裏切られる場合。パートナーに対して激怒して別れを告げるケース。もうひとつは、パートナーの浮気を常に心配して束縛し続けた結果、妻、夫が他の異性に走ってしまうケース。この場合、別れを告げるのは束縛された方です。

  実際には浮気をきっかけに関係を見直して離婚に至る夫婦もいます。またいくつも修羅場を乗り越えて浮気を許し夫婦とし頑張っている人もいます。

  愛している人に浮気されて平気でいられる人なんていません。浮気されて激怒したり、激しく動揺したりするのは、それだけ相手の存在が大きいからだといえます。また夫婦となれば、子供の問題、財産問題、人間関係問題など、さまざまなことが出てきます。感情的になって勢いで離婚に踏み込むことは早計と言えます。

  夫婦の関係を冷静に考え直す時間が必要ということです。浮気という事実を知り、そのときは裏切られたショックでつらいかもしれません。でも、しばらく時間がたって冷静さを取り戻したとき、やっぱり「この人しかいない」と思えることもあるでしょう。

  何度も浮気されて同じことを繰り返す、浮気が発覚しても悪びれたところがなく誠意も感じられない場合は別れを決意しなければならないことも必要となることもあります。実際に相談の中には、何度も浮気をされている方も多く、そのすべての方が浮気にならされているというケースが多いのも実情です。

 我慢したり、うやむやにするのではなく、現状を十分に認識し、あらゆることに対応できるようにして上で判断することで後悔しない人生を歩むことができます。重要なことは事実もとに判断を下すことです。

 

 

浮気調査のことなら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島

浮気のトラブル解決 浮気と感じたらまずすること 

浮気のトラブル解決 浮気と感じたらまずすること 

大阪 京都 神戸 岡山 広島  

 

パートナーの浮気を疑ってしまったら、するべきことは、問い詰めることではなく、状況を整理することをまず行います。これには理由があり、冷静になることが重要で、これから起こり得ることを冷静に分析できるからです。また今までの事象をもとにどうだったかを、推測することもできます。


そして、今後どうすべきかを現状を踏まえ、今からどうすべきかを判断できるようになるのです。具体的な方法としては次のようなことをしてください。


 

1、今まで、どのようなことが起こっていたか箇条書きにする

2、今後起こり得ると思える状況を箇条書きにする。

3、自分の気持を整理し、箇条書きにする。

4、自分がどうしたいか書き出す。

5、自分でできることを書き出す。

 

 この様に、トラブル、問題、悩みを整理することで貴方か今後どうしたらよいか分ってきます。

  その上で、行動を起こすことが無駄に悩んだり、トラブルを大きくしたり、問題を複雑にしない方法です。

  感情に任せた行動などをした場合取り返しのつかない結果を生むことを肝に銘じてください。もちろん感情を抑えることは、大変困難なことです。その様

な事態意に陥った場合には当社に相談ください。そうすれば私どもがどうすればその悩みを解決できるアドバイスをします。

 

 十分に現状を理解し、そのことに対応できるかが解決の近道と言えます。

 

浮気のトラブル解決のことなら

 

 アイ総合コンサルタント 

相談ダイヤル 0120-226-1099

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 

浮気の悩み解決方法

浮気の悩み解決方法

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 

 「離婚を切り出された」、「夫がほとんど家に帰ってこなくなった」、「妻が家を出た」、「別居している」、「浮気を疑っているが確信が持てない」など浮気はあらゆる問題に発展しています。

  この様なパートナーの浮気で悩んでいる場合には、感情のコントロールが難しく、子供、パートナーにあたってしまい、家庭がうまくいかなくなってしまう。

  また、「浮気はしていないと嘘を言われている」当たり前のことで、問い詰めることに全く意味はないのです。かえって嘘をつかれストレスがたまるだけです。
 
  こんな悩みを持っている方が当社には相談に来ます。(ちなみに当社はお悩み相談は一切行いません。悩みを解決するところです。)

  

 当社のクライアント自身、行き先を悲観し、いつも不安の中で生活をしていた人ばかりです。

 

 もし、今浮気で悩んでいるなら当社にご相談ください。浮気を解決したいならあなたの力になります。

 

 浮気の解決で、してはならないこと挙げます。

 

1、 証拠もないのに問い詰めない。

 

2、 相手に無用な警戒心を与えない。

 

 このことはしてしまうと、浮気の発覚を相手は恐れて接触方法、連絡方法が巧妙になってしまいます。

  なお問い詰めたいなら、私自身の見解ですが確かな証拠を持ってするべきで、疑いのみでは避けるべきだと思います。

 

浮気を解決したいなら

 

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

浮気の慰謝料請求 岡山県津山市 

浮気の慰謝料請求 岡山県津山市で恐喝事件に

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 

 

自分の妻と不倫していると思い込み、津山市の会社員の男性に「慰謝料3億円を払え」などと 脅したとしてJA津山の職員の男が恐喝未遂の疑いで逮捕されました。

  男は「恐喝したわけではない」と供述し、容疑を一部否認しているということです

 警察によりますと容疑者は、自分の妻が津山市の37歳の会社員の男性と不倫していると思い込み、 先月31日夜遅くにこの会社員を津山市内のスーパーの駐車場に呼び出して、 「慰謝料を出せ、3億出せ、月々50万円払え」などと現金を要求し、顔を殴った上で、 今月1日午後9時ごろ津山市内の飲食店にふたたび会社員の男性を呼び出した疑いが持たれています。

 

会社員の相談を受けた警察が、飲食店で待ち受けていて現れた容疑者を逮捕したということです。

警察の調べに対し容疑者は「暴力を振るったのは間違いないが、恐喝したわけではない」と供述し、 容疑を一部否認しているということです。警察では事件の詳しい状況を調べているようです。

 

 ここで疑問に思ったことは、妻が不倫していると思い込んだだけで、慰謝料を請求したのだろうかということ。慰謝料の金額だが、3億円だろうが10億円だろうがそんなに大してことではないと思うが、そもそも慰謝料の金額自体、判例や、相場で判断して請求するものではなく、慰謝料自体の意味を考えたらわかると思う。

 

 しかし、誤った考えで慰謝料請求をした結果、恐喝事件として逮捕されたら自分の主張が出来なくなってしまう。十分な準備、十分な証拠、十分な下調べの上で相手にアクションを起こすことが必要だったのである。

 

 

浮気の慰謝料請求なら

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 086-226-1099

大阪 京都 神戸 岡山 広島



浮気トラブル解決 浮気調査の依頼時期

浮気調査の依頼時期 遅すぎた浮気調査

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 

 最近の相談の中でこんな依頼があったのです。2年ぐらい前から旦那の様子がおかしいと思っていたのですが、なかなか勇気を出して相談に来ることができなかったのですが、その状況の中では喧嘩もたえず我慢しきれずに、当社に相談に来られました。

  まず、浮気調査をすることとなったのですが今現在旦那はほぼ毎日自宅には戻ってくることはなく会社に出社しているようだということ。

 調査初日には、旦那が寝泊まりしているマンションで尾行成功、一人で住むには大きなマンション「家世帯向け」に思える。翌日そのマンションから会社へ出社するのを見届け、再びマンションを張り込む。ベランダ側を張り込んでいたら、洗濯物を干している女性を発見。洗濯物の内容をよく見てみると、幼児のものと思われる衣類を干している。

  その後、同棲している女性とその子供にも調査を入れたら、なんとその旦那の子供であった。その子供は3か月、旦那が家に返ってこなくなって3か月、ということは旦那は浮気相手に子供ができて家に寄り付かなくなってしまったのである。

  旦那は、1年6か月ぐらい前から離婚してくれと言っていたそうで、やっと今まで旦那の不可解な行動に理解できなかったが、ようやく理解できたらしい。

 

 当初クライアントである奥さんは離婚はしたくなかった様だが、この現実を見ると離婚をするしかないと考

 えた。幸いその夫婦には子供がまだいなかったのがせめてもの救いとなった。

 

 そのクライアントから一言こういわれた。「電話の相談の段階ですぐにあって相談を進めてください。浮気

 はほおっておくと取り返しのつかないことがありますから」と他の人に行ってくださいとのことだった。

 

 浮気調査の依頼時期はパートナーに不信を感じたらすぐに依頼することが、問題を大きくしないために

 も重要なことです。

 

 

浮気調査の相談ならなら

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

浮気と感じたら 損をしない浮気の対処法

浮気と感じたら 損をしない浮気の対処法

 

大阪/兵庫/神戸/京都/岡山/広島

 

浮気の疑惑を感じたり、浮気の証拠を得てしまうと感情に任せて行動したり、口に出して相手に言ってしまたりで、後で後悔してしまうケースがよくあります。

 重要なことは冷静になり、今後どうしたいのか、どうするのが最善かなどをよく把握する必要があります。それは「配偶者(交際相手)と今後も続けていきたいのかどうか」です。今後も夫婦として続けていきたいということであればどこで自分を納得させるかだと思います。浮気をされたことに対して怒り・悲しみなど様々な感情が湧いてくると思います。

また自分は浮気を許して離婚しない方向で考えたいのに、相手が浮気相手に夢中になってしまい離婚したいという場合もあると思います。こういった場合でも不貞行為の存在を明らかにできれば、離婚を拒否することが可能です。もちろん浮気相手に引かせる要求をする事も可能です。また離婚しなくても浮気相手に慰謝料を請求することも可能ですので、対応に幅が出てきます。

 

 

浮気トラブル解決ならアイ総合コンサルタント

浮気のトラブル解決解決ダイヤル

0120-007-808

大阪/兵庫/神戸/京都/岡山/広島

浮気の始まり

浮気の始まり

大阪 京都 神戸 岡山 広島  

他人同士が結婚をし、一緒に生活していく中で、育った環境、考え方も違うので、当たり前のように小さなトラブルが頻発しストレスも溜まってる。
この小さなトラブル、ストレスでがお互いの意見をとうそうと思った時に、男女の夫婦が悪化してしまう。また、そうならない為にも夫婦は、相手に合わせようとして、我慢しお互いを尊重しあいながら夫婦として子育てなどをしていく。

 

それでも、相手の考え方や、育った環境があまりにもかけ離れていたり、どうしても許されない部分を相手がもっていたりすると、破たんに近づいていく。

出来るなら離婚は避けたい。

でもそんな時に、別の異性に目がいってしまい、周りも意外と浮気をしていることに気付く、パートーナー以外の異性との出会いに、心ときめく。それが浮気の始まり。

 

浮気トラブル解決ならアイ総合コンサルタント

浮気のトラブル解決解決ダイヤル

0120-007-808

大阪/兵庫/神戸/京都/岡山/広島

不倫事件 不倫を放置すると恐ろしいことになる

不倫事件 不倫を放置すると恐ろしいことになる

 

大阪/兵庫/神戸/京都/岡山/広島

 

不動産会社役員と寿司店の経営者の2容疑者を殺人容疑で逮捕。さらには、被害者の妻を、夫殺害容疑で逮捕したのである。

もともと、この事件は、被害者が頭蓋骨骨折の大ケガをして入院したことが発端。被害者が退院した当日に、自宅玄関前で撲殺されたことが疑惑を呼び、世間の注目を集めていたのである。 

 

「この事件は、不倫関係にあった不動産役員と妻のが、実行犯のすし店経営者に指示して襲撃させたもので、この際、実行犯のすし店経営者は近所の公園で泥酔状態の被害者を木製バットで殴り倒し、絶命させたと思ったようです。ところが、その後松本さんが自力で帰宅し、入院したことから退院当日に待ち構え、今度は金属バットでメッタ打ちにし、撲殺したのです」

不倫の末に邪魔になった亭主の殺害を企てることはままある話だが、殺害を別の人間に依頼したことでも分かるように、今回の事件には複雑な人間関係が横あったようである
 

殺害された夫は、私立高校に勤務する教諭。実家が資産家だったこともあり、高級住宅街に居を構え、大学生の長男、アルバイトの長女、大学生の二女、そして妻の家族5人で暮らしていた。
 

一方、不動産会社役員は幼い頃に両親が離婚したものの、母親が不動産会社を立ち上げ、地元の高校を卒業するとアメリカに留学。帰国後は不動産会社の役員に収まる傍ら、学習塾で英語を教え生活してい たのである。

 

 

 

不倫トラブル解決ならアイ総合コンサルタント

不倫のトラブル解決解決ダイヤル

0120-007-808

大阪/兵庫/神戸/京都/岡山/広島

浮気事件 浮気トラブル解決

浮気事件

 浮気トラブル解決 大阪/兵庫/神戸/京都/岡山/広島

 

香川県の駐車場で、乗用車が焼けて車内から、会社員(39)の焼死体が見つかる事件があり、県警は、妻の(27)と交際相 手で専門学校生容疑者(21)(同市)を殺人容疑で逮捕した。

2人は「約1年前から不倫していたが、夫にばれたため殺し、焼身自殺に見せかけた」など と容疑を認めているとのこと。

県警の発表によると、両容疑者は共謀、さぬき市小田の大串半島の 展望台駐車場で、バットで被害者の 頭を殴打し、車の後部座席に押し込み、灯油を浴び せて火を付け、殺害した疑い。

妻は、夫を同展望台に連れ出した車内で睡眠薬を飲ませて眠らせ、専門学校生とは展望台で合流し犯行に及んだという。

 

あきれた事件だが、浮気をした側が夫を殺してしまうなんて、何とも言い難いが、被害者はさぞ無念だったと思う 。

 

当社に相談いただいていれば、もっと違う形になったと思う事件だった。

 

 

浮気トラブル解決ならアイ総合コンサルタント

浮気のトラブル解決解決ダイヤル

0120-007-808

大阪/兵庫/神戸/京都/岡山/広島

浮気の慰謝料請求 浮気の証拠

必ず浮気の証拠が必要となるのか

大阪 京都 神戸 岡山 広島

浮気の慰謝料請求に必ず浮気の証拠が必要か

 

通常の人は、裁判をする事を前提に生活しているわけではありませんので不倫の証拠を持っていない事のほうが多いです。それでは証拠がなければ不倫慰謝料請求はできないのかと言えばできます。

 

必ずしも証拠がなくても当事務所では不倫慰謝料の支払いを受けているケースもあります。しかし相手が認めない限り当然支払いには応じてくれないでしょう。事実関係がない限り言いがかりと言われてしまうのです。経験者は分かるのですが、ただ問い詰めても状況の悪化になるだけで、解決できるものではありません。

 

当社は、裁判の資料としてではなく、さまざまな調査資料の使い方をアドバイスしているところです。

 

浮気不倫で悩まれている方は相談ください。

 

浮気の慰謝料請求ならアイ総合コンサルタント

浮気のトラブル解決解決ダイヤル

0120-007-808

大阪/兵庫/神戸/京都/岡山/広島



トラブル 解決 興信所 浮気調査 盗聴調査 電磁波調査

浮気のトラブル解決

浮気のトラブル解決

浮気・不倫を放置すると次のようなトラブルが舞い込んできます。

1 妊娠トラブル 

 当然浮気不倫につきもののSEX避妊しないと妊娠してしまうのは当たり前のことです。

 

2 相続トラブル

 妊娠したら出産の当然出てきます。そうすれば、認知、遺産相続などのトラブルは避けられないものとなってしまいます。

 

3 家族崩壊トラブル

 パートナーの信頼をなくし、家族がバラバラになってしまいます。また子供はその被害者になります。

 

4 心のトラブル

 パートナーの裏切りによる人間不信などにより、トラウマを抱えてしまうこととなります。

 

浮気を放置すれば様々なトラブルに発展してしまいます。

 

トラブルになってからでは、解決するまでに時間も、金額も多くかかります。 トラブル回避のためにも私どもア

イ総合コンサルタントへご相談ください。

 

 

 

 

浮気トラブル解決 アイ総合コンサルタント

浮気トラブル解決ダイヤル

0120-007-808

大阪/兵庫/神戸/京都/岡山/広島


探偵