不倫トラブル解決 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

不倫トラブル

不倫トラブル

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

 不倫をしている人はは、多くのトラブルを抱えてしまうことがあります。実際に不倫が引きがなとなって、殺人事件に張ってしているケースも、ニュースでよく見かけます。

 当社の相談でも不倫がもとで脅迫をされているケースも多く、相談者に非があり、相手方からいえば権利の主張で脅迫とは言い切れないというのが現状です。

 そのような状況でも、問題を放置することは状況の悪化につながることを考えると対応を考えないといけません。


下腹部切断事件


 妻と不倫関係にあった男性弁護士の下腹部を切断したとして、傷害などの罪に問われた元法科大学院生の判決が、東京地裁であり、裁判官は「刑事責任は相当重い」と述べ、懲役4年6月(求刑懲役6年)を言い渡した。

  
  裁判官は、「妻が意に沿わない性交渉に応じさせられたと考え、強い憎悪を抱いた」切断した部位をトイレに流しており、「回復不能の傷害を負わせ、極めて危険性が高く、悪質だ」と批判した。

  実際に妻が関係を強要された事実は認められず、「深く後悔し、被害者に謝罪しているが、実刑が相当だ」とした。

  この事件の加害者は、ある面では被害者なのですが、この加害者は状況の分析をせず、感情に走った行動を選択したため加害者になりました。

 
 様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか?そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます。

 不倫のトラブルでは特に感情に左右された行動をとってしまいがちになりますが、そのような行動をとってしまっては、被害者が加害者に代わることも十分にあるのです。