精神疾患者トラブル解決 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

心神喪失

心神喪失

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島


 心神喪失とは、精神の障害等の事由により事の是非善悪を弁識する能力(事理弁識能力)又はそれに従って行動する能力(行動制御能力)が失われた状態をいう。心神喪失状態においては、刑法上その責任を追及することができないために、刑事裁判で心神喪失が認定されると無罪の判決が下ることになる。もっとも、心神喪失と認定されるのは極めて稀であり、裁判で心神喪失とされた者の数は平成16年度以前10年間の平均で2.1名である。

 無罪判決が出た場合は、検察官が地方裁判所に審判の申し立てをし、処遇(入院、通院、治療不要)を決める鑑定が行われるとともに、社会復帰調整官による生活環境の調査が行われる。


 弟と祖母を殺害したとして殺人罪に問われた男性被告の控訴審判決で、高裁は懲役8年とした一審・地裁部の裁判員裁判の判決を破棄し、被告を無罪とした。裁判長は「被告は心神喪失状態だった」として、刑事責任は問えないと判断した。

  一審では、被告が心神喪失状態だったことを弁護側が主張せず、判決は心神耗弱状態だったと認定。「自己中心的な意思決定で殺害に踏み切った」として、被告を有罪とした。

  だが、控訴審から担当した弁護人が「被告は心神喪失状態で、罪に問えない」と主張。被告を精神鑑定した医師とは別の医師の意見書などを提出した。高裁判決は、被告は統合失調症による妄想で「悪魔が祖母を使って弟を大量殺人者に育てた」と思い込んだと認定。妄想を適切に考慮しなかった一審判決は「事実誤認がある」と結論づけた。



統合失調症

脳をはじめとした神経系に生じる慢性の病気である

 統合失調症は、さまざまな刺激を伝えあう脳をはじめとした神経系が障害される慢性の疾患です。詳細は不明な部分もあるものの、ドーパミン系やセロトニン系といった、緊張‐リラックスを司る神経系や、意欲やその持続に関連する系列、情報処理・認知に関する何らかの系列にトラブルが起きているといわれています。

特殊な病気ではなく、100人にひとりくらいの割合でかかっている人がいる

 世界各国で行われたさまざまな調査により、統合失調症の出現頻度は地域や文化による差があまりなく、およそ100人にひとりは、かかった体験をもっていることがわかりました。これは、統合失調症が奇病のたぐいではなく、誰しもが体験しうるような病気のひとつであるということです。

精神に問題を抱えている人とのトラブルは当事者間でどの解決は困難なことが多く第三者の戸からを借りることが重要になってきます。

精神障害者が起こすトラブル

精神障害者が起こすトラブル


 精神障害を持っている者が係わるトラブルはあまりにも多く、対処を間違えてしまうと事件事故に発展してしまうケースが多く、本当はもっと問題として取り上げるべきである。


 精神障害は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会は、著しい苦痛や機能の障害を伴っているとしている。


死んだ親の声聞こえる


 埼玉県熊谷市で6人が殺害された事件で、関与が疑われているペルー国籍の容疑者(30)別の住居侵入容疑で逮捕状はどんな人物なのか。3年前に帰国した際、様子が一変し容疑者の姉は胸騒ぎを感じていた。

 リマ市東部の住宅街。低所得層が多く住む地域の一角に、容疑者が育った家がある。姉によると、同容疑者は11人きょうだいの末っ子。父親は子どもの頃にペルーに渡った日本人移民で、母親はペルー人だという。

 両親を早くに亡くし、6~13歳は別の姉の家に預けられた。子どもの頃からサッカーが好きで、家族に暴力的な態度を取ることはなかった。中学生の頃から「いつか日本に働きに行く」と話していたという。


事件前、複数の知人に電話を掛け「殺される」「誰かに追われている」と話したことが捜査関係者への取材でわかった。


犯罪のニュースが後を絶ちません。いまやいつ自分の身にその犯罪が降りかかってくるかも分からないのが現在の状況ではないでしょうか?ですが実際は犯罪被害の救援には、犯罪被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。私たちは今日まで、さまざまな犯罪被害者からの相談を受け解決してきました。

今お悩みの方は一度私たちにご相談下さい。

精神疾患者が起こした事件

精神疾患者が起こした事件


 私どもがコンサルタントに入る案件の中で、トラブル相手が精神疾患を患っていいる場合は少なくありません。トラブルになる原因はいろいろありますが、問題がこじれる原因はコミニケーションが取れないことで起こっています。

下記の事件は問題をおこした容疑者が生恣意疾患を患っていた可能性があります。

 様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか?そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます。


事件は、無職の(55)と、妻のパート従業員(53)が自宅2階の一室で血を流して倒れているのを美佐枝さんの父親と友人が見つけた。夫婦は胸や腹などを刺されており、県警は殺人事件として捜査していた。

  

  間もなく、近くの民家で2階の窓から上半身を乗り出した容疑者を捜査員が屋外から発見。容疑者は捜査員を見ると刃物で自分の腕を刺し、窓から転落して拘束された。この家の中では住人の(41)と長女(10)、次女(7)がクローゼットの中から血だらけの状態で発見され、死亡が確認された。

  ナカダ容疑者は負傷しており、意識不明の重体。県警は別の事件の住居侵入容疑で逮捕状を取っている。

  
  県警によると、ナカダ容疑者は14日の事件の数日前に群馬県伊勢崎市から熊谷市内に来たとみられる。正規のビザを持ち、万時九な日本語を話すことも理解もできないようである。また統合失調症を患っていた可能背も高い。


 

  秘密厳守も徹底しておりますので、安心してご相談ください。あらゆるネットワークを備え、どんなお悩みごと、問題ごとにも柔軟に対応し、解決させて頂きます。この状勢下、様々なお悩み事や問題事を抱えておられる方が近年増加しています。

解離性同一性障害

 解離性同一性障害

 

解離性同一性障害は、解離性障害のひとつである。かつては多重人格障害と呼ばれていた。

解離性障害は本人にとって堪えられない状況を、離人症のようにそれは自分のことではないと感じたり、あるいは解離性健忘などのようにその時期の感情や記憶を切り離して、それを思い出せなくすることで心のダメージを回避しようとすることから引き起こされる障害であるが、解離性同一性障害は、その中でもっとも重く、切り離した感情や記憶が成長して、別の人格となって表に現れるものである。

以前は人格の「統合」がゴールとして強調されたが最近はあまり云われていない。 彼らは記憶や意識を分離し、解離することによって、ギリギリで心の安定を保ってきたのであって、むやみに「統合」を焦るとその安定が崩れかねない。


別人格の犯行


責任能力争う方針

 「なぜ妊娠したのかも記憶がない」。"声優のアイコ"による連続昏睡強盗事件の裁判で、被告の女が「事件は自分の中にいる別の人格の犯行だ」と主張しました。

  無職の神いっき被告(31)は、去年、東京・杉並区で男性(当時22)に睡眠薬入りの酒を飲ませ、現金や腕時計を奪った事件など、5件で昏睡強盗などの罪に問われています。

  当初は無罪を主張していましたが、27日、東京地裁で行われた被告人質問で、神被告は、知らない人から"アイコ宛"のメールが届いていたことや、防犯カメラの映像が自分にそっくりだったことなどを挙げ、「事件前後の記憶はほとんどないが、自分の中にいる他の人格がやったと思います」と述べ、起訴内容を認め、責任能力を争う方針を示しました。

  神被告は「過去にも親に全く別の名前で脅迫まがいの電話をかけたことがあった」「弁護士との接見でも4歳の幼い人格が現れた」と述べ、拘留中に妊娠が発覚し、出産したことについても、「どうして妊娠したのか記憶がない」と述べました