横領 背任 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

横領・背任

 横領・背任


 信頼と実績のリピート率72.8%!!お悩み事、問題事の解決方法をお探しの方は是非ご相談ください!一人で悩まず、私共にご相談頂ければ、必ずやあなたのお力になれます!秘密厳守も徹底しておりますので、安心してご相談ください。あらゆるネットワークを備え、どんなお悩みごと、問題ごとにも柔軟に対応し、解決させて頂きます。この状勢下、様々なお悩み事や問題事を抱えておられる方が近年増加しています。「だけど、どこに相談すればいいのか分からない」というのが気持ちもある事と思います。


 総合印刷会社の元男性役員(61)がグループ会社の資金80億円超を不正に流用した疑惑で、インターネットバンキングを通じ資金を流出させた疑いが強まったとして、京都地検特別刑事部は24日、電子計算機使用詐欺容疑で25日午前にも、元役員宅など関係先の家宅捜索に乗り出す方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。同社側は被害をすでに地検に申告。地検は関係者への事情聴取も本格化させ、実態解明を進めるもようだ。

 

  同社の説明や捜査関係者によると、元役員は平成21年以降、取締役会の決議を経ずにグループ会社「エスピータック」(京都府亀岡市)の口座から80億~90億円の資金を流出させた疑いが持たれている。元役員がエ社の経理担当者らに指示し、ネットバンキングなどを通じ出金させたとみられる。これまでに判明した流用先は、元役員の知人男性(55)が主導したシンガポールのサーキット建設名目などの資金(約54億円)▽元役員が代表取締役を務めた別会社への資金(約15億5700万円)▽京都府南丹市のゴルフ場買収資金(7億2千万円)▽モンゴルの金融機関の増資に関する資金(4億円)。

  今年1月下旬、サーキット関係者から佐川側に実名の告発文書が届き、不正が発覚。同社の調査に対し、元役員は「将来の資金を確保するために投資をした」などと不正を認めて取締役を辞任したが、2月下旬から連絡が取れなくなった。同社の関係者によると、海外に渡航した可能性が高いという。

  同社側は2月以降、元役員のマンションや知人男性ら資金流用先の事務所など少なくとも不動産4件の仮差し押さえを京都地裁に申請し、認められている。

  佐川印刷は昭和45年創業。日本経済団体連合会(経団連)の企業会員。信用調査会社によると、大手運送会社「佐川急便」と同社の持ち株会社(SGHD)会長が計10%以上の株式を保有している。平成26年4月期の売上高(単体)は681億円。

横領

横領


 個人トラブルと同様に、企業のトラブルも増加しております。法人は備えるべき法律を徹底的に網羅しなければトラブルに負けることが多いです。

 それにも関わらず、ほとんどの法人は備えるべき法的対策を打っていません。法律のトラブルにあって、一発で会社がつぶれてしまう可能性のあるトラブルに遭遇するのはもう珍しいことではありません。

 そんなトラブルを回避するために私たちがサポートいたします!

4700万円着服か 

横領容疑でガラス会社元経理担当を逮捕 


 勤務先だったガラス製造販売会社の小切手を着服していたとして、警視庁亀有署は24日、業務上横領容疑で、東京都葛飾区新小岩、元同社員、坂本弘樹容疑者(74)を逮捕した。同署によると、「当時のことは思い出せない」と容疑を否認している。

  坂本容疑者は平成10~22年、同区のガラス製造販売会社で経理を担当し、預金や小切手の管理を1人で行っていた。22年4~9月、小切手を勝手に換金する手口で計約4700万円を着服したとみられる。

  逮捕容疑は22年4~6月、会社の小切手650万円分を銀行で換金し、着服したとしている。

  社内調査で使途不明の小切手を大量に振り出した記録が見つかり、同社が坂本容疑者から聴取したところ、着服を認めたため、同社は22年9月に坂本容疑者を解雇。26年3月、同署に同罪で刑事告訴していた。


クライアントの情報は外部に漏らさないのはもちろんのことですが、それ以外にもまずお客様を第一に考えており、常にお客様と連絡を取りながら解決していきますので、ご安心ください!私たちはトラブル解決はもちろん、お客様がお願いして良かったと思って頂けるように日々努めております。