セクストーション解決 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

現実 子供の性犯罪被害

現実 子供の性犯罪被害

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

教師が学校の施設などで教え子を盗撮するケースが相次いで発覚している。


中学校の男性教諭が授業中にタブレット端末を使って女子生徒の胸元などを盗撮したとされる事案が発覚

小学校の男性教諭が女子児童の更衣室として利用されていた校内の部屋に盗撮用カメラを設置したとして逮捕

高校の男性教諭が女子生徒の更衣室などに盗撮用カメラを設置したとして逮捕

学習塾の男性講師が塾の女子トイレに盗撮用カメラを設置したとして逮捕

修学旅行中、埼玉県の中学校の男性教諭がホテル風呂場の脱衣所に置き時計型カメラを設置し、女子生徒の裸を盗撮したとして逮捕

 上記は事件化した案件であり、実際にはもっと多く当社でも依頼を受けて対応している案件では、表ざたにせず当事者間での示談となっているカースが多くあります。 加害者、被害者ともに公にせずトラブルを解決することが望ましい案件が多く、あらゆる対応の中で最適を選ぶことが重要なことです。

 様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか?そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます。

 上記のような案件では刑事事件にするだけが解決策ではないのです。画像などを撮影されていたケースもあり、あらゆるリスクを想定した対応が望ましいのです。

 秘密厳守も徹底しておりますので、安心してご相談ください。あらゆるネットワークを備え、どんなお悩みごと、問題ごとにも柔軟に対応し、解決させて頂きます。この状勢下、様々なお悩み事や問題事を抱えておられる方が近年増加しています。

 当コンサルタントでは、フォロー体制も万全です。相談時はもちろんですが、案件の経過期間中であっても、随時専門スタッフによるサポートを受ける事が出来ます。常に見守るスタッフがいるので安心です!

警察OBも在籍

不正アプリで性的脅迫

不正アプリで性的脅迫


 セクストーション解決の依頼が多くインターネットを使ったモノだけでなく様々な性的脅迫の方法を目にします。具体的なことは書けませんがさまざまな方法を脅迫をしようと考えている輩は考えていることが分かります。
 
 インターネット上で知り合った女性と性的な写真を交換するうちに、スマートフォンに登録したメールアドレスなどを不正アプリを通じて抜き取られ、女性の関係者から「写真をばらまく」と現金を要求される被害が全国に広がりつつある。女性から届いた写真を開くと、アプリが勝手に取り込まれるケースが目立ち、兵庫県警にも複数の相談があった。写真は半永久的に消去されず、将来的に悪用される恐れもあり注意を呼び掛けている。

 「性的な」と「ゆすり」を意味する英単語を組み合わせた造語で「セクストーション」と呼ばれる手口。関係者によると、5年ほど前に米国で被害が確認され、日本でも昨年ごろから出始めた。

 県警によると、手口はこうだ。男性のスマホに突然、無料通信アプリを通じ、面識のない女性からメッセージが届く。やりとりを重ねる中で、女性から「恥ずかしい姿を見せ合おう」と持ち掛けられ、女性から送られてきた写真を開くと、電話帳のデータなどが抜き取られる不正アプリがインストールされる。

 「動画をやりとりするアプリ」と称し、同様に抜き取り機能を備えたアプリを入手させられる場合もあるという。いずれも男性側はデータ流出に気付かず、自らの性的な写真や動画を送った後、見知らぬ男から「電話帳の情報を使ってあなたの画像をばらまく。嫌なら金を払え」などと脅迫の電話が入る。

 県警サイバー犯罪対策課によると、県内では今年に入り、複数の中高年の男性から「数十万円を要求された」などの相談があった。現金被害は出ていないが、同課は「事件の性質上、被害者は申告しにくく、実際の事件はもっと多い」とみる。

 ネットのセキュリティー対策に取り組む独立行政法人情報処理推進機構(東京)にも昨年秋以降、相談が寄せられた。同機構は「現金を払っても女性側に渡った写真は消えない」とし、信頼できるアプリ以外は使わない▽見知らぬ相手に私的な動画像を送らない-などの対策を呼び掛けている。

行為を撮影し脅迫 セクスト―ション

 行為を撮影し脅迫



 いまやいつ自分の身にその犯罪が降りかかってくるかも分からないのが現在の状況ではないでしょうか?ですが実際は犯罪被害の救援には、犯罪被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。私たちは今日まで、さまざまな犯罪被害者からの相談を受け解決してきました。

今お悩みの方は一度私たちにご相談下さい。

詐欺被害、恐喝、脅迫、横領、背任,、美人局などあらゆる犯罪の対応が可能 

誰のも知られることなく犯罪のトラブルを解決します。


 犯罪トラブルとは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。ひょっとしてこれ犯罪かもしれない?と少しでも疑問に思われるのであれば、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。
必要であれば各種専門家をご紹介いたしますのでご安心ください。警察OBも在籍


セクストーション
 
 広島県警は18日、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)や強要などの疑いで、山口東京理科大3年武藤圭祐容疑者(21)を再逮捕した。

 再逮捕容疑は昨年3月11日、香川県内のホテルで、女子高校生(17)に18歳未満と知りながら、みだらな行為をして、携帯電話で写真を撮影。8月3~4日に「インターネット上に公開する」と脅迫し、新たに動画を送らせるなどした疑い。

 広島東署によると、2013年秋に短文投稿サイト「ツイッター」で知り合ったと話している。

 武藤容疑者は4月、広島県の女子高校生(16)にみだらな行為をして撮影した疑いで逮捕、起訴された。


盗撮、男女トラブルから始めるセクストーション早期対応が問題を悪化させない方法です。

変態教師

変態教師


 変態が教師をしてほしくないと思うのは私だけではないだろう。採用基準の中に適性検査を入れてほしいと思うのは私だけではないと思う。

 また塾講師も同じである。私どもがかかわった案件で、塾生徒に手を出していた講師がいる。その講師は今でも塾の講師をしているのだ。彼ら小児性愛者からするとす最高の職場なのである。

 

 変態性欲は、人間の性的行動や性欲のありようにおいて、正常と見なされない種類の嗜好を指す。大正時代から昭和初期にかけては、精神医学における用語でもあったが、現代では青少年育成条例などに法律用語としても用いられている。今日では、性的倒錯も術語として使われる。

 通常生活において性的魅惑を生じない、あるいはそう個々人で考えられている行為や状況に対し、性的興奮を覚える心理を指す。ときとして異常なまでに性に執着する様態を意味する場合がある。異常性欲、変態とも言うが、微妙に意味が異なっており、変態性欲の意味内容自体に曖昧さがある。変態性欲を(主に対外的に)行動に移すとき、場合によって、痴漢や痴女や変質者と呼ばれることがある

「きれいな体の男性を...」スーパー銭湯で男子高校生盗撮 


 スーパー銭湯で男子高校生の裸を盗撮したとして、大阪府警鶴見署は16日、大阪府迷惑防止条例違反と児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、大阪市立小学校の男性教諭(24)=同市中央区=を書類送検した。「男性の体にも興味があった」と容疑を認めているという。

  書類送検容疑は6月28日午後7時20分ごろ、同市鶴見区緑地公園のスーパー銭湯の脱衣所で、男子高校生(16)の裸をスマートフォンで動画撮影し、保存したとしている。

  同署によると、周りの客が盗撮に気付き、従業員が110番。駆けつけた同署員に容疑を認めたため、在宅で捜査していた。

  教諭は「きれいな体の男性がいたら盗撮しようと思った。盗撮したのは初めてだった」と話しているという。

  市教委によると、教諭は今年4月に採用されたばかりだった。

セクストーション 不正アプリで性的脅迫

セクストーション


不正アプリで性的脅迫


インターネットやメールのやり取りの中でアプリをインストールすることで携帯電話の電話帳機能を取られてしまうことも起こっています。アプリケーションをインストールする際は、信頼できるサイトから行うように注意しましょう。

セクストーションと言えば、女性だけが陥るイメージがありますが、男性の被害者も増えています。

スマートフォンの普及から、いつでも誰とでも、どこに居てもつながることが可能です。

スマートフォンにダウンロードされたアプリから、電話帳機能が乗っ取られたり、画像や映像を取られることも可能になります。


 インターネット上で知り合った女性と性的な写真を交換するうちに、スマートフォンに登録したメールアドレスなどを不正アプリを通じて抜き取られ、女性の関係者から「写真をばらまく」と現金を要求される被害が全国に広がりつつある。女性から届いた写真を開くと、アプリが勝手に取り込まれるケースが目立ち、兵庫県警にも複数の相談があった。写真は半永久的に消去されず、将来的に悪用される恐れもあり注意を呼び掛けている。(初鹿野俊)

  「性的な」と「ゆすり」を意味する英単語を組み合わせた造語で「セクストーション」と呼ばれる手口。関係者によると、5年ほど前に米国で被害が確認され、日本でも昨年ごろから出始めた。

  県警によると、手口はこうだ。男性のスマホに突然、無料通信アプリを通じ、面識のない女性からメッセージが届く。やりとりを重ねる中で、女性から「恥ずかしい姿を見せ合おう」と持ち掛けられ、女性から送られてきた写真を開くと、電話帳のデータなどが抜き取られる不正アプリがインストールされる。

  「動画をやりとりするアプリ」と称し、同様に抜き取り機能を備えたアプリを入手させられる場合もあるという。いずれも男性側はデータ流出に気付かず、自らの性的な写真や動画を送った後、見知らぬ男から「電話帳の情報を使ってあなたの画像をばらまく。嫌なら金を払え」などと脅迫の電話が入る。

  県警サイバー犯罪対策課によると、県内では今年に入り、複数の中高年の男性から「数十万円を要求された」などの相談があった。現金被害は出ていないが、同課は「事件の性質上、被害者は申告しにくく、実際の事件はもっと多い」とみる。

  ネットのセキュリティー対策に取り組む独立行政法人情報処理推進機構(東京)にも昨年秋以降、相談が寄せられた。同機構は「現金を払っても女性側に渡った写真は消えない」とし、信頼できるアプリ以外は使わない▽見知らぬ相手に私的な動画像を送らない-などの対策を呼び掛けている。

セクストーションとは、性的な脅迫です。交際相手などの性的な関係を持った相手から脅迫される被害です。性癖についてや浮気や不倫関係などをネタにして脅迫される被害です。羞恥の面でも相談出来ない事を知って被害に泣き寝入りしても解決にはいたりません。

セクストーション


セクストーション


 セクストーションとは、性的な脅迫です。交際相手などの性的な関係を持った相手から脅迫される被害です。性癖についてや浮気や不倫関係などをネタにして脅迫される被害です。羞恥の面でも相談出来ない事を知って被害に泣き寝入りしても解決にはいたりません。アンバサダー調査事務所は秘密厳守ですので安心してご相談ください。


教育学部教授を懲戒解雇 女子学生にセクストーション 千葉大


 千葉大学は20日、教え子の女子学生へのセクシュアルハラスメント・セクストーション(性的嫌がらせ)があったなどとして、教育学部の男性教授(54)を同日付で懲戒解雇処分にしたと発表した。
  同大によると、教授は2014年8月、調査先のネパールのホテルでビールを飲んだ際、同行した女子学生2人のうちの1人に、3回キスしたとされる。
  この学生が9月、大学に相談したため発覚。教授は「酔っていた学生を起こそうとしただけ」と説明したが、大学は状況などからハラスメント行為を認定した。
  大学側は昨年4月、教授が研究室で使用していた外付けハードディスクを無断で持ち出し、自宅でインターネットに接続したため、多数の学生の個人情報が流出したなどと発表。こうした経緯を踏まえ、懲戒解雇処分が相当と判断した。 

買春容疑で逮捕され主婦 

買春容疑で逮捕され主婦 

 


 長野県内で昨年9月、耳を疑うような事件が起こった。無職女性のA子(35)が男子中学生と性的行為に及んだとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(児童買春)と脅迫容疑で、同県警安曇野署に逮捕されたのだ。大人の男が未成年の女子に「みだらな行為」など淫行をはたらく例は後を絶たないが、女が未成年の男子に手を出す例は珍しい。そこで、世間の注目を集めたのだが、女性はその後、児童買春の容疑については証拠不十分として不起訴となり、脅迫容疑で略式起訴され、昨年10月中旬に長野地裁松本支部で有罪判決が下されたが、罪は罰金10万円のみだった。

  全国の都道府県で唯一、未成年に対する淫行の禁止などを定めた「青少年健全育成条例」を持たない長野県。ある捜査関係者は「もし条例があれば、買春の証拠が不十分でも淫行容疑で起訴できたはずだ」と話す。長野県に同条例がないことによる弊害を象徴する事件となった。

  逮捕容疑は昨年7月、A子女性が当時15歳の男子中学生B君に、現金数千円を渡す約束をして自宅に連れ込み、みだらな行為に及んだというもの。その後、「縁を切りたい」と言った少年に、女性は無料通信アプリ・LINEを通して「私との関係を続けないと、今までのことを知り合いにばらす」などとメッセージを送って脅した。女性に脅されて不安になった少年が家族に話し、家族から県警に相談があり事件が発覚した。

  県警によると、同県内で女性による児童買春行為を立件したのは、平成11年の児童買春・ポルノ禁止法施行以来、初めてのことだという。

  女性は約4年前から、中学生の長女と小学校低学年の長男と3人で、安曇野市内のアパートに暮らしていた。被害にあったB君は長女の同級生。以前から、現場となった築28年で間取りが2DK、家賃4万5千円のアパートに、B君が頻繁に出入りする姿が近隣住民らに目撃されていた。

  少年が女性の家に繰り返し出入りするうち、2人の関係は、性行為に及ぶ関係になった。女性の親族が女性から聞いたところによると、「女性は少年から『セックスを教えて』『やりたい』などと頼まれて行為に及んだ」という。


画像、映像トラブル 性脅迫

画像、映像トラブル 性脅迫


セクスト―ション

裸画像送らせた容疑で男を逮捕


 埼玉県警朝霞署は21日、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、東京都中野区の男(37)を逮捕した。

 逮捕容疑は4月中旬から5月中旬までに2回、茨城県の女子高校生=当時(16)=が自身で撮影した裸などの画像計11枚を男の携帯電話に送信させて取得したほか、昨年4月中旬に4回、東京都の女子中学生=当時(12)=に自らの裸体を撮影させ、同様に画像計5枚を入手した疑い。

 男はインターネット上のブログを通じて2人と知り合った。対面したことはないが、命令口調も交えるなどして裸体画像を撮影させていた。男は「やりとりが楽しかった」などと容疑を認めている。

 同署管内の同様の事件で被害者の母親が被害届を提出。捜査で押収した男の携帯電話を調べたところ、今回の容疑が浮上した。


児童ポルノ違反容疑で横浜の23歳男再逮捕


 埼玉県警少年捜査課と東松山署は12日、児童買春・ポルノ禁止法違反(提供目的所持)などの疑いで、横浜市西区浜松町、溶接工大坪湧也容疑者(23)=児童福祉法違反容疑で処分保留=を再逮捕した。

 再逮捕容疑は、4月22日、大分県の当時10代の女子中学生の裸体画像データなど51点を、インターネット利用者に有償提供する目的で、自宅のパソコンに所持した疑い。

 同課によると、大坪容疑者はポルノ画像などの公開サイトに同中学生の画像50点、動画1点を掲載。利用者は料金3200円を支払えば同データを見ることができ、この女子中学生だけで120万円を売り上げていた。

 同容疑者はインターネットの掲示板を介して女子中学生と知り合い、「ネットでできる援助交際をしないか」などと提案。1枚5千円を支払うと偽って中学生に自身の裸体画像などを撮影させ、同容疑者に送らせていた。同容疑者は「生活が苦しかったので販売していた」などと容疑を認めている。

 同容疑者は、芸能プロ社長を名乗って横浜市内のホテルで女子高校生=当時=にわいせつな行為をさせた疑いで、県警が4月に児童福祉法違反で逮捕。自宅を捜索した際、中学生の裸体画像などが入ったパソコンを押収していた。同容疑者は2012年6月から今年4月まで、女子中学生を中心に、同様に42作品をインターネット上で公開、計約800万円を売り上げていた。


セクストーション

セクストーション

大阪 京都 神戸 岡山 広島

セクストーションとは


「sex(性的な)」と「extortion(強要)」を掛け合わせた造語。


 性的なプライベート画像をインターネット上に掲載する「リベンジ(復讐)ポルノ」が社会問題化する中、出会い系サイトなどで知り合った相手に性的な動画を送り、その後、動画を流出させると脅されて現金を要求される事案が去年末から以上にに発生している。


  相談を寄せる被害者のほとんどが男性でこの被害者の多くが即日金銭を要求されている。スカイプ、ラインなどを利用している。

 スマートフォンの出会い系サイトで知り合った女性に「動画アプリを使って恥ずかしい姿を見せ合おう」などと誘われ、指定されたアプリをインストール。その後、裸などの動画を投稿すると、後日見知らぬ電話番号から着信があり「動画をばらまかれたくなければ金を払え」と要求された-という。


 もうひとつの特徴として、「電話帳の友人や家族にばらまく」と脅されたケースがあまりのも多い。


 インストールした動画アプリが、スマホに登録されている電話帳情報を抜き取る機能を持っていた可能性がある。


水面下で解決したい 誰にも知られず解決したいなら 


アイ総合コンサルタントへご依頼ください。


 問題が公になると、夫婦関係はもちろんのこと家族の関係が悪くなり、また近所では誹謗中傷されるといった二次被害も確認されています。外に出た被害は、なかなか収拾がつかず、子どもが学校でいじめの対象となったり地域での孤立を余儀なくされ耐え切れず引っ越しに至ることもあります。

 自分を守ること。そして、家族を守ること。その第一歩は早期解決より他は無いのです。


 当社では、誰にも知られないように解決を望むクライアントの方も多くいます。諦めずに解決に向けて頑張りましょう




セクストーション解決なら



アイ総合コンサルタント



セクストーション解決ダイヤル 0120-007-808