男女トラブル解決・相談 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

男女トラブルの対応

男女トラブルの対応

大阪 京都 兵庫 岡山 広島

男女トラブルの対応

 私どもの仕事でコンスタントに対応しているトラブルは、男女トラブルです。男女トラブルに関するご相談は近年増加し、なおかつ複雑化しています。恋愛相談から、交際相手との金銭トラブル、浮気、離婚についての話し合い、セクハラ、ストーカー行為、DV暴言・暴力・リベンジポルノ、画像、映像脅迫など様々な問題の対応を行っています。

 トラブルの原因の一つでコミニケーション問題があります。

 交際当時は問題にならなかったのですが、話や意思の疎通がかみ合わずトラブルに発展するケースがあります。

 このコミニケーションが問題のトラブルは、話し合っても解決するどころか問題を複雑にし悪化させてしまいことが多く、当事者間での解決が困難になります。

 交際していた相手がトラブル相手なら警察に相談できないことも多く対応に困ってしまいます。また友人に対応をお願いしてトラブルにまここまれたらと思い、相談を躊躇してしまう人もいます。

 男女の交際当初は、毎日楽しくて仕方がないという感情で疑問や不審点は気付くことは困難というのは誰でも経験があると思います。現実は時間が経つにつれ、交際相手の事をたくさん知ってしまうと、不安などが出てくるのも事実だと思います。そんな時、相談できる相手というのは中々見つからない方も多くおられます。その様な時には当社に相談下さい。

 男女トラブルは殺人事件まで発展することも多く、間違った対応をすることで自分が思っている方向に進むことはなくなってしまいます。命を奪われるまで行かなくても職場を失ったり、家族を失うことは日常的のあることです。

男女トラブル

男女トラブル

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

 大阪府南部の民家で、住人ら親子3人が刺され、長女が殺害された事件があった。事件直後、長女のの交際相手とみられる男性が飛び降り自殺を図って死亡。府警は交際トラブルから男性が一家を襲ったとみているようである。男性には10年以上も同棲しているとみられる交際相手がいたようである。男性は事件の約1週間前から欠勤し、下見や犯行道具の用意など入念に準備をした上で凶行に突き進んだ形跡が残っていた。

 異性問題でトラブルを起こす人の特徴として、人に対して執着を以上に持ちすぎる傾向が強くあり、常識では考えられない行動をしてしまうことが多い。

 ストーカーなどはその典型である。人に対して執着を持ってしまうと警察などでは抑止が聞かないケースも多々あるのはみんな知っていることです。

 ストーカー

 つきまといをする人のことを指している。人を執拗に追跡したり、それによって相手を悩ませたり怖がらせる人がいる、ということが社会的に知られるようになり、犯罪行為である、違法である、ということが明確化されるにつれ、がそういう犯罪行為や犯罪者を指すためにも用いられるようになったわけである。

 ストーカー規制法の定義によれば、ストーカーとは同一の者に対し、つきまといなどを反復してすることを指し(第2条)、「つきまといなど」とは、「恋愛感情その他の好意」や「それが満たされなかったことに対する怨恨」により、相手やその関係者に以下のいずれかの行為をすることをさすとされている。

 またストーカーをしている人、ストーカー状態の人は精神的に健全でない状況であることが多く、一般的は考えや対応は一切通じなくなっていることがある。警察などから注意ぐらいではないも解決しないケースがあり、個人での対応が必要で、他人任せでは何も解決できないことがある。

 ストーカー状態にある人は精神的に問題を抱えているケースも多く、依存心などが異常に高く普通の対応では対処しきれないことが多いが、大半のケースはストーカー対象者を傷つけようとは思っていない。

 加害者はストーカー行為をやめたいと思っていることが多い。しかし執着信があり本人ではどうしようもできない。

ストーカーでお困りなら当社に相談ください。あなたの力になります。


男女トラブル LINEで告白

男女トラブル LINEで告白

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

 LINEで告白とは時代が変わったものである。私が若いときには携帯電話すらなかったのでこのような告白は経験がない。


男女トラブルの原因

 男女トラブルの原因の一つがコミニケーション不足とコミニケーションそのものが取れてないということですがこのケースもまさにそのことが原因のような気がする。

 本来なら交際をしていて、時が経つにつれ、出会った頃からは想像もつかないトラブルや問題に発展してしまい、どうしたら良いのかわからず対応に困っていることが多いのですが、このケースは交際もしていなかったようです。


少年は昨年4月に予備校に入って女性と知り合った。捜査関係者によると、少年はスマートフォンの通信アプリ「LINE」で、女性へ好意を伝える内容のメッセージを送っていた。

 路上で2月27日夜、女性が殺害された事件で、県警は、殺人容疑で逮捕した同じ予備校に通う少年(19)が女性と供述していることを明らかにした。取り調べ中に涙を流すこともあり、少年は「交際を断られたことなどを恨んでいた。殺すつもりで刺した」と説明しているという。

  県警は少年が昨年夏ごろ以降、凶器とみられる、おの1本、ナイフ2本を2回に分けてインターネットで購入したことも明らかにした。

  事件当日は昼過ぎから女性と少年ら予備校の友人計6人(うち女性は2人)で焼き肉店で飲食し、その後カラオケ店で遊んだ。

  女性宅の最寄り駅である地下鉄駅の防犯カメラには同日、少年が女性より前に到着する様子が映っていた。県警はカラオケ店で女性と別れた少年が、先回りして待ち伏せし、その後、駅から女性をつけて路上で襲ったとみている。


 近年男女トラブルに関するご相談が増加しております。また恋愛相談から、交際相手との金銭トラブル、浮気、離婚についての話し合い、セクハラ、ストーカー行為、DV(暴言・暴力)リベンジポルノ、画像、映像脅迫など様々な問題を抱えられています。そんなお悩みを私たちが一緒に解決のお手伝いをさせて頂きます。

男女トラブル 無理難題

男女トラブル 無理難題

大阪 京都 神戸 兵庫 岡山 広島

高級車が欲しいといわれて二人の女性が逮捕される事件がありました。

 どうして思われる事件がまたありました。次のような事件が起こるには複雑な背景があると考えられます。当事者でなければわからないことなどがあります。

 男女トラブルで起こる事件は、当事者でないとわからないことばかり、また当事者では解決することも困難です。

  逮捕された2人は2013年10月から去年12月までの間、3回にわたって「高級車が欲しいなど無理難題を言われている」と警察に相談していたことが分かりました。

 また、警察の調べに対し、「殺すつもりで2人で石で殴った」と容疑を認めています。3人は十数年来の知り合いで、A容疑者とB容疑者が、今回、事件があった男性の家に泊まりにいくこともあったということです。

 警察では、金銭トラブルが事件の動機になっているとみて詳しく調べています。22日の現場検証では、凶器とみられる石などの発見には至らなかったということです。また、メモやノート類数十点を証拠品として押収しています。

 ここで不思議に思うことは、「高級車をかって」と言われても買うことなないのにと思うのです。

 私が思うに、殺された男性は、二人の女性たちをマインドコントロールをし、車の購入をしないといけないと思い込ませたのではないかと思います。

マインドコントロール

他人の思想や情報をコントロールし、個人が意思決定する際に、特定の結論へと誘導する技術[を指す概念である。「マインドコントロール」の存在について、心理学的にも医学的にも宗教学的にも議論されたが、理論的学問的な根拠はなく、虚構や似非科学とも言われ、一般社会で言われる心理操作ことをいう。

男女間ではこのようなことがしばしば問題となることがあり、当事者間での解決は大変困難なものです。


男女トラブル解決ならアイ総合コンサルタント

大阪 京都 神戸 兵庫 岡山 広島

男女トラブル解決

男女トラブル解決


大阪 京都 神戸 岡山 広島
本質と事実

 トラブル解決はトラブルの本質と事実の分で気により解決の糸口が出てくるものである。男女トラブル解決でも当然本質と事実をもとに十分に対応を考えない、問題が悪化するこちになる。

事実とは、

実際に起こった事柄。現実に存在する事柄。

実在的なもの、とされるのであるから、幻想・虚構・可能性などと対立する。


本質とは

物事の根本的な性質・要素。そのものの、本来の姿。 哲学で、存在するものの基底・本性をなすもの。



下記に事件は不幸にの問題が最悪な結果となった事例である。


元妻を殴り母親刺殺
 

  
 アルバイト従業員の女性から「元夫に、自宅で母親が刺された」と付近の住民を通じて110番通報
 

 母親(52)は胸など数か所を刃物で刺され、病院に搬送されたが、死亡が確認された。女性も頭などを殴られて重傷を負った。元夫(30)は逃走中で、警察署は殺人未遂容疑で逮捕状を取り、行方を追っている。

 警察幹部によると、女性は昨年1月、元夫の家庭内暴力などを理由に離婚。その後、数回にわたって道警に「元夫が家に押しかけてくる」などと相談していた。事件当日の7日、元夫に対し女性と接触しないよう電話で注意したばかりだった。

 発表などによると、元夫は女性を殴った後に母親を刺したとみられ、同署員が駆けつけたところ、母親は2階建て住宅の1階居間で倒れていた。室内のテーブルの上には凶器とみられる包丁があったという。元夫は逃走する際、女性の息子(1)を連れ去ったが、8日未明に親類宅で無事に保護された。


 男女トラブル解決は十分なヒアリングから始めます。当社ではヒアリングの段階から費用をいただいています。無料でできることは当社ではないのです。

男女トラブル事件

男女トラブル事件


男女の関係は交際中だから許されていたこともあります。
 別れるような相手なら、今までしてきたことを清算したいと考えるのも仕方がないことかもしれません。
しかし、だからと言って脅迫をする行為が許されるわけではありません。
アイ総合コンサルタントでは、ヒアリングの際に様々なリスクも考えます。
 解決に向けて取り組むためには、クライアントにとってのリスクも考慮しなければならないのです。
 決して無料相談では浮き彫りに出来ない問題が隠れており、その部分が後になって自らの首を絞めることになりかねないのです。

脅迫されるには、それなりの理由があるはずです。その理由を踏まえた対策が解決するカギになるのです。
 真剣に解決を望む方は、ヒアリングのご予約をお取りください。

 

エステティシャンの女性が殺害された事件で、知人の男が逮捕されました。

  現場で「自ら胸を刺した」と話し、約2週間、入院していた男が事件に関与した疑いが高まったとして、埼玉県の東松山署で逮捕されました。会社員の神山翔太容疑者(25)は先月、東松山市の駐車場で、知人でエステティシャンの原嶋友梨(当時27)さんの胸など数カ所を刺して殺害した疑いが持たれています。原嶋さんの傷は心臓の近くまで達していたということです。警察は、2人の近くに止まっていた原嶋さんの車から刃渡り約19cmの包丁を押収していましたが、鑑定の結果、原嶋さんと神山容疑者の血が付いていたということです。取り調べに対し、神山容疑者は「原嶋さんを包丁で刺した」などと容疑を認めています。神山容疑者と原嶋さんは同じ中学校の出身で、神山容疑者は最近、電話やメールなどで原嶋さんに連絡していたということです。警察は、2人が交際を巡ってトラブルになった可能性があるとみて、動機や当時の状況について詳しく調べを進めています。

男女 トラブル

男女 トラブル


男女の出会い方が増えていく一方人間関係が希薄化している現在男女トラブルもとても増えています。
当アイ総合コンサルタントに寄せられるトラブルの多くが男女にまつわるものです。
 交際相手の浮気や配偶者の不倫、結婚詐欺や美人局、セクハラ、ストーカー、DVなど数え上げれべきりがありませんがその多くに豊富な経験と知識を持ってサポートさせていただきます。
秘密厳守なので外部に情報が漏れることはなく今まで通りの生活を行うことができます。

鹿屋市女性遺体事件 交際相手の男から事情聴


鹿児島・鹿屋市の住宅で4日、飲食店経営の川野 由香利さん(32)が殺害された事件で、警察は、酒気帯び運転の疑いで逮捕された女性の交際相手の男から事情を聴いている。
 遺体が発見されたのは、この交際相手の兄の自宅で、事件との関連を調べている。


鹿児島・鹿屋市の住宅で4日、胸に刺されたような傷がある女性の遺体が見つかった事件で、警察は、交友関係を中心に捜査を進めている。
4日午後4時20分ごろ、鹿屋市の自営業の男性の住宅で、飲食店経営・川野 由香利さん(32)が死亡した状態で見つかり、警察は、殺人事件として捜査している。
 警察によると、川野さんの胸には、刃物のようなもので刺された傷が1カ所あり、死因は、出血性ショック死ではないかとみられている。
この家に住む川野さんの知人で、自営業の男性(45)が1人で帰宅した際に、居間であおむけに倒れている川野さんを発見し、通報したという。
 警察は、鹿屋警察署に捜査本部を設置して、5日朝から80人態勢で、現場付近の聞き込みをするとともに、交友関係を中心に調べを進めている。

出会った時には大好きな相手だったのに・・・ 時が経つにつれ、出会った頃からは想像もつかないトラブルや問題に発展してしまい、どうしたら良いのかわからず、精神的に参っていませんか? 東京の女子高生殺人事件もありましたが、『リベンジポルノ』被害で悩んでいる方もたくさんいます。誰にも相談できない問題です。早期解決が、あなたを守ります。今すぐお電話ください。


セックス離れ

 セックス離れ

若い男性、性の「絶食化」 3000人調査


 
 若い男性の「セックス離れ」が進んでいることが、一般社団法人日本家族計画協会がまとめた「男女の生活と意識に関する調査」で分かった。夫婦の約半数がセックスレスという実態も判明。専門家は「男性は『草食化』どころか『絶食』傾向。若年層の労働環境の悪化など、社会背景も関係しているのではないか」と分析している。

 10代後半の3割超

 調査は昨年9月、全国の16~49歳の男女3000人を対象に実施し、1134人(男519人、女615人)から有効回答を得た。2002年から隔年の調査で、7回目になる。

 今回、特に目を引いたのが、29歳以下の男性の性行動を巡る事情だ。性交経験率が5割を超える年齢は「29歳」で、08年の「23歳」、10、12年の「26歳」と比べて一気に高年齢化した。一方、女性は「28歳」で、過去の調査結果(24~27歳)より高かったが、男性ほどの変化はなかった。

 また、セックスについて、「あまり、まったく関心がない」と「嫌悪している」を合わせた男性の割合が18.3%で過去最高に。特に若年層ほど関心が低く、16~19歳で34.0%▽20~24歳で21.1%▽25~29歳で21.6%--となり、45~49歳(10.2%)も上回った。

 若い男性のこうした傾向は10年の調査で初めて明らかになった。以降、「無関心」または「嫌悪している」割合が年々高くなり、今回は08年に比べほぼ倍増した。「草食男子」だった10代が20代半ばになっても草食のままで、かつこうしたケースが珍しくなくなってきたのかもしれない。なお、女性の場合、08年に比べすべての年齢層でセックスへの無関心・嫌悪の傾向が広がった。

 ◇学歴・収入負い目?

 なぜ若い男性の草食化が進んでいるのか。調査を分析した医師の北村邦夫・同協会理事長によると、異性との関わりを面倒と感じたり、結婚に利点がないと考えたりしている男性に、その傾向が強かったという。「相手との関係を築くには相応の時間とお金と労力がかかる。セックスに至るまでのコミュニケーションを難しいと感じる男性が増えているのではないか」。北村さんはこう話したうえで、「一般的に男性は相手より優位に立ちたいと考えがちだ。学歴や収入面で同年代の女性に負い目を感じれば、結果的に関わりを避けるのかもしれない」と分析している。

男女間の強要

 

男女間の強要


一人の男と出会い、交際を始めた。「会社に着いた」「今から昼休み」。携帯電話メールの普及に伴い、自分の行動を逐一報告するよう要求された。


 連絡を怠れば、怒鳴り声を上げて勤務先に電話してくる。メールの頻度は15分ごとに増えた。連絡を絶つと実家や祖母の入院先にまで押しかけてきた。


 限界を感じた21年10月、わらにもすがる思いで県の相談機関に連絡。一時保護施設(シェルター)にかくまわれた。女性の携帯電話に1週間で40回以上連絡してきた男は翌11月、ストーカー規制法違反容疑で逮捕された。


 安心したのもつかの間、3カ月後に下った判決は懲役6月、執行猶予5年。すぐに男は野に放たれた。


 予想を裏切る軽い罰則。迫り来る男の"影"への恐怖に身震いした。


軽犯罪法以上、刑法未満


 ストーカー規制法は、21歳の女子大生が元交際相手の男らが雇った男に殺害された埼玉県桶川市のストーカー殺人事件(11年)を受け、12年5月に議員立法で成立、11月に施行された。


 通常の罰則は懲役6月以下か50万円以下の罰金で、公安委員会の禁止命令に背いた場合は懲役1年以下か100万円以下の罰金。懲役刑でもほとんど執行猶予が付くのが実情だ。


 なぜ、罰則が軽いのか。


 被害者を街角で待ち伏せて見つめ続ける。ふられてもあきらめず、交際を迫る。こうした個々の行為は一般的に犯罪としてとらえにくく恋愛との線引きも難しい。だが、反復・継続すれば被害者の平穏な生活を害する犯罪となる。

 この場合、「拘留または科料」と罰則の軽い軽犯罪法で取り締まるだけでは不十分だ。一方、刑法で対処する脅迫などの事件や殺人などの凶悪事件に発展してからでは遅すぎる。

SEX依存症と恋愛依存症

SEX依存症と恋愛依存症


SEX依存症 性依存症(せいいそんしょう・せいいぞんしょう)は、性的な行動に対する嗜癖であり、精神疾患である依存症の一つである。主に性行為(性交渉)への依存が多いため、セックス依存症もしくはセックス中毒とも称される。


  性的対象に依存している間は、脳内より快感物質が放出されるため、不安から一時的に逃れられるメカニズムにより起こる。幼児期や成人への成長過程で肉親からの愛情が得られなかったことに起因する場合が多い、その他にも性善説を基本とし成人となり、通常の生活をしていたものが、常識の範囲を超えた人間たち(私利私欲のためなら何でもする)により、人間不信となり、 そのメンタル的なストレスを取り除く為に知らず知らずに「性依存症」になった者も見受けられる。


  頻繁に「セックス依存症」という呼称が用いられることもあるが、依存する対象は実際に相手のある性交渉だけでなく、自慰行為やポルノへの過度な耽溺および収集、強迫的な売買春、乱交、露出や覗き行為、性的ないたずら電話、インターネットを介したアダルト・チャットなど全ての性的な活動が考えられる。依存者はそれらに性的な興奮や刺激に溺れることが習慣化し、徐々に自己コントロールを失っていく。ギャンブル依存や買い物依存などと同じく「行動への依存」に分類される。


 性依存症は1970年代から主にアメリカで研究されてきたが、1998年にクリントン大統領の不倫スキャンダルが性依存症に起因したものであるという説が取り上げられて以来、一般での認知度が急激に高まった。


 私の今まで扱ってきた案件を見ると恋愛依存症を感じる対象者で、実際に異性と交際しているケースではこのSEX依存症と重なっていると思われます。


 男女トラブルを解決する上ではこのようなことも念頭に置いて対応する必要があるのです。

いかつい女性

 

いかつい女性


ここ最近世間をにぎわしている女性


色ボケした相手の金銭をむしり取る割り切り方がいかつすぎる。


金銭をむしり取るまでは、いっぱいいるが殺すとこまで行くとさすがにいかつすぎる。




京都・夫毒殺 出会い直後に遺産話 容疑者、別男性の財産目的か


 京都府向日(むこう)市で昨年12月、無職の筧(かけひ)勇夫さん=当時(75)=が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された妻の千佐子容疑者(67)が筧さんとは別の交際男性に対し、出会った直後に遺産や遺言の話を持ちかけていたことが22日、捜査関係者への取材で分かった。京都府警向日町署捜査本部は、財産目的で高齢男性との交際を繰り返していたとみて調べている。


 捜査関係者によると、千佐子容疑者は筧さんの死亡前後、結婚相談所で知り合った複数の男性と交際。うち1人には、出会って1カ月もたたずに遺産や遺言の話を持ちかけていた。この男性は「遺産目的の可能性がある」と不審に思い、交際を打ち切ったという。


 別の男性も親密になった直後に、遺産や財産遺贈の公正証書の作成などを持ちかけられたという。


 千佐子容疑者は筧さん殺害を否認した上で、結婚相談所に登録した理由について「年金暮らしで生活が苦しかった。(高齢男性と結婚することで)年収が倍になると思った」と供述。入籍よりも事実婚を望んでいたという。


 筧さんとも結婚相談所で知り合い、昨年11月1日に結婚。「筧さんの結婚願望が強く、仕方なく結婚した」と説明。筧さんは遺産に関する公正証書や遺言を残していなかった。


 司法解剖の結果、筧さんの死亡推定時刻は昨年12月28日午後9時ごろで、筧さんの胃に死亡前の食事とみられる内容物が残っていたことも判明した。捜査本部は、千佐子容疑者が夕食後に青酸化合物入りのカプセルを服用させた可能性があるとみて調べている。

元交際相手の女性を脅迫

元交際相手の女性を脅迫

大阪 京都 神戸 岡山 広島


「死ね」「消えろ」元交際相手の女性を脅迫容疑 



○○○大学院職員を逮捕 


 元交際相手の女性に脅迫電話をかけたとして、警視庁三鷹署は脅迫容疑で、○○○大学大学院経理課職員、○○○○○○容疑者(42)=東京都○○○市○○○町=を逮捕した。同署によると、「ひどい口調になったことはあるが、脅迫はしていない」と容疑を否認している。



 ○○○容疑者は平成23年秋ごろから大学院の20代の同僚女性と交際。25年春ごろに女性に別れを切り出された後、「家族をめちゃくちゃにしてやる」「俺の前から消えろ」などのメールを1千回以上送り付けたほか、脅迫電話をかけるなどしていた。



 逮捕容疑は8月28日午前11時半ごろ、都内の20代女性に「死ね」「すぐに退職してこい」などの電話を複数回かけたとしている。



 女性が8月に同署に被害を相談し、「相手と距離を置いた方がいい」という助言に従って9月に大学院を退職。その後も脅迫メールが続いたことから、11月26日に被害届を提出していた。


 男女の別れ話がこじれてこのようなトラブルに発展したのでしょう。別れ話は法律で何とかなるものではないのです。感情のもつれです。当事者間で解決をするのが困難と感じた時には当社に依頼ください。あなたの力になります

性生活トラブル

 

性生活トラブル


 男性が性生活を一度断った際、妻は「なんで言うこと聞いてくれへんの」と激怒。毎日の"義務"はその後もしばらく続き、1年半ほどで終わった。男は「助かったと思った」と振り返った。


 18年ごろ、マンションから一戸建てに引っ越した。そこでは「アダルトビデオを見た夜はエッチする」というルールができた。ビデオを見ていない夜の場合、男が誘っても妻はきっぱりと断った。

 ほかにもルールがあった。男が下着を脱ぎ、いざ事に及ぼうとすると、潔癖症の妻から「手、洗ってへんやろ」と注意された。「萎えますよね」。男は証言席でうなだれた。


 破産、別居、再び同居

 一方で家計は圧迫されていた。検察側の冒頭陳述や男の供述によると、妻の発案で買ったキャンピングカー2台(計約540万円)に加え、以前のマンションと一戸建て(購入金額計約7500万円)のローンも残っていた。男は妻に言われて土日もアルバイトに出たが窮状は好転せず、22年に自己破産するに至った。

 自宅の売却も余儀なくされ、男は妻と別居することにした。だが一人暮らしを数カ月続けたころ、妻から食事の誘いのメールが届き、23年9月ごろから同居生活を再開。2人は事件現場となるマンションに引っ越した。


 正月やゴールデンウイークは、妻がビデオ店で映画のDVDを10~20枚借り、鑑賞する日々が続いた。男は「勘弁してくれと思った。でも、けんかを避けたかったので口には出さなかった」と打ち明けた。


 切れた「糸」

 そして事件当日の昨年5月17日も、男は妻と映画のDVDを見てから寝た。だが欲情して目が覚める。隣で寝ている妻を誘ったが、妻は「手も洗っていないし、(アダルト)ビデオも見てないやんか」と拒んだ。


 この一言が引き金となった。「また、そんなこと言ってと思って...。今まで我慢していたけれど、このときは、ずっと張り詰めた糸が切れた」。法廷で声を震わせ、当時を振り返った。

 男は妻の体に馬乗りになり、両手で数分間にわたり首を絞めた。妻の胸に耳をあて、ゴクンと息が止まる音を聞いた。自分のしたことが怖くなった男は犯行の隠蔽を図った。


 翌18日未明に遺体に布団を巻き、破れないよう布団袋を二重にして梱包(こんぽう)。遺体を車で勤務先の駐車場に運び、目撃されないよう警戒しながら穴を掘って埋めた。

 遺体の腐敗により遺棄現場が沈下し発覚するのを防ぐため、セメントをまいて固めた。さらに妻の勤務先に電話し、「鬱病で出社できない」と伝えた。

 不審に思った勤務先の関係者が大阪府警に通報。男は任意の事情聴取を受けた後に逃亡して九州や四国を転々とし、5月28日に徳島県で身柄を確保された。


 「ばかだった」と謝罪


 「妻は、これからしたいことがいっぱいあったと思う。その思いを一生忘れずに死ぬまで償いたい。遺族にはつらく悲しい思いをさせ、私はばかでした。すみませんでした」


 妻の遺族も被害者参加制度を利用して出廷していた。男は遺族に謝罪し、泣き崩れた。


 地裁は12月25日の判決公判で、男に懲役15年を言い渡した。


 裁判長は判決理由で「強固な殺意に基づく悪質な犯行」と指弾。情状をめぐる被告側の訴えを「被害者との生活に不満を感じていたにせよ、殺害に及ぶほどの事情とは到底いえず、身勝手だ」と一蹴した。


 男は「死ぬまで償う」との言葉を忘れなかったのか控訴せず、1審判決はそのまま確定した。

セックス拒否で妻殺害

 

セックス拒否で妻殺害

セックス拒否で妻殺害51歳男、裁判所に一蹴された「我慢の半生」

 夫婦の性生活に不満を抱えた男は、理不尽にも妻の命を奪う凶行に及んだ。殺人と死体遺棄の罪に問われたトラック運転手の男(51)の裁判員裁判で、○○地裁は昨年12月、懲役15年(求刑懲役20年)を言い渡した。いかに妻に束縛され、我慢を重ねる生活だったか。男は性生活をめぐる"苦悩ぶり"を法廷で切々と語ったが、傍聴者にとっては耳を疑う内容ばかり。凶行に及んだ動機を「セックスの誘いを断られた」と真剣な表情で吐露したが、裁判長からは「殺害するほどの事情とはいえない」と一蹴された。

 「常に我慢」を決意

 ○○府○○市内の自宅で、妻の首を両手で絞めて窒息死させ殺害。同日午前9時45分ごろまでの間に、遺体を勤務先の駐車場まで軽乗用車で運び、埋めた

 男は初公判で起訴内容を素直に認めると、被告人質問では、妻に振り回されたという生活の詳細を明らかにしていった。

 離婚歴が1度ある男は平成12年ごろ、仕事の配送先で妻と知り合った。結婚前に同棲生活を始めると、妻の要求は徐々にエスカレート。トラックの長距離配送で関東や九州に行った際、妻から「寝られへん。はよ帰ってきて」との電話があり、疲労した体にムチ打って高速道路を飛ばして戻ったことも何度かあった。

 妻の要求に文句も言わずに従う理由について、男は「バツイチで失敗したくなかった。妻と一緒になるには我慢するしかないと思った」と説明。同棲(どうせい)から約1年後の15年末に結婚したとき、男はこう決意した。「自分が我慢すればうまくいく。常に我慢することを心がけた」。

 だが、この決意が男の心を徐々に締め付けていく。

 結婚後は妻の意向でマンション(約3千万円)を購入し、犬を同時に5匹飼った。男は「妻は潔癖症で犬の毛が付くのを嫌がり、面倒は私が見ていた」と供述。リビングに犬のスペースを作り、男は犬の毛が付かないように下着姿で世話をさせられたという。「妻が決めたルールに従うしかなかった」と声を落とした。

 

 男と女にはトラブルか常に付きまといます。

 そんな時には当社にご相談ください。

デートDV 経験3割 

デートDV 経験3割 


大阪 京都 神戸 岡山 広島


県調査、高校生・大学生が被害 


 県内の高校生や大学生のうち、異性との交際経験がある男女の33・1%が、交際相手からの暴力「デートDV(ドメスティックバイオレンス)」の被害経験があることが27日、県の調査で分かった。相手を心理的に追い詰める「精神的暴力」をDVと捉える意識が薄かった。県は「正しい知識を持つことが防止につながる」と注意を呼び掛けている。



 調査は昨年9~10月、県内の高校、大学を通じて生徒・学生を対象にアンケートを実施。441

3人(男性46・1%、女性53・8%)から回答を得た。「交際相手がいる・いた」と答えたのは2553人で、このうちデートDVの被害経験があると回答したのは844人。男女別では、男性の24・8%、女性の38・8%が被害経験があると答えた。



 ばかにしたり傷つく言葉を言う▽携帯電話の履歴やメール内容のチェック▽友人と会うことや外出など行動の制限▽無視--など精神的暴力を受けたことがあると答えた人は全体の30・1%。身体的暴力は8・4%、性的暴力は10・8%だった。



 一方、身体的暴力をDVと認識している割合は高いが、精神的暴力に含まれる「無視」や「メールチェック」などについては、2割前後がDVと思わないと回答していた。



 県男女参画青少年課の若山典係長は「暴力としての認識がなかったり、自分にも悪いところがあるから仕方がないと思ってしまうケースは少なくない。やってはいけないことだという正しい知識の普及に努めていきたい」と話している。


浮気の始まり 男女トラブル

浮気の始まり 男女トラブル

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島


 他人同士が結婚をし、一緒に生活していく中で、育った環境、考え方も違うので、当たり前のように小さなトラブルが頻発しストレスも溜まってくる。

 この小さなトラブル、ストレスでがお互いの意見をとうそうと思った時に、男女、夫婦の関係がが悪化してしまう。小さなトラブルの積み重ねが、埋めようもない溝となってしまうのです。

 また、そうならない為にも夫婦は、相手に合わせようとして、我慢しお互いを尊重しあいながら夫婦として子育てなどをしていく。それもかなりのストレスを抱えながらの生活です

  それでも、相手の考え方や、育った環境があまりにもかけ離れていたり、どうしても許されない部分を相手がもっていたりすると、破たんに近づいていく。


 出来るなら離婚は避けたい。


 そんな時に、別の異性に目がいってしまい、周りも意外と浮気をしていることに気付く、パートーナー以外の異性との出会いに、心ときめく。それが浮気の始まり。


 例外的には、結婚前から他の異性と付き合っているなどというケースもいくつも見てきましたが、病気のレベルの人たちです。



浮気のトラブル解決なら

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

男女トラブル解決

男女トラブル解決 

 

 大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

結婚前や交際中の男女間にトラブルは当社では、多い相談の一つです。


  同棲や交際期間が長くなると、交際相手の浮気などのトラブルは頻繁に起こるものです。


  浮気という物は、交際をしていれば自然と相手がわかってしまう行動です。浮気をパートナーに隠し通すことはとても難しいのです。あなたに興味がなければわかることは少ないでしょう。


 

 パートナーの浮気や離婚についての悩みを相談する相手は慎重に選定すべきで、相談相手のミスで情報が筒抜けになってしまうこともあります。


 浮気トラブルはプライベートな問題だからこそ、深刻な事柄を一人で悩みを抱え問題を大きくさせている傾向があります。また事実の確認を怠りあらぬ方向へ事態が急変することもあります。


  当社では、まずは相談に来てもらい、それぞれの問題、トラブルを解決をしていきます。トラブル、悩みを抱えていている時間が長期になればなるほど、問題がこじれていたり、トラブルが大きくなったりして解決 が困難となります。


 

パートナーの浮気を解決なしでは、その先の幸せはありえないことです。


 

パートナーの浮気、金銭問題、親族の問題、妊娠、、ストーカー、DV暴力、結婚詐欺などあらゆる、男女トラブルの解決は当社へお任せください。


男女トラブル解決なら


アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

婚約破棄

婚約破棄


大阪 京都 神戸 岡山 広島


 婚約破棄の話を、する前に婚約とはそもっそも何かを理解する必要があります。



婚約とは



 将来結婚をしようという約束であるが、これについては民法に規定がなく、判例法によって規制されている。婚約は結納(ゆいのう)の取り交わしなどの儀式によって成立することが多いが、そのような儀式がなくても有効に成立する。

 

 婚約どおりに婚姻が成立するか、または両方の合意で婚約が解消される場合には問題はないが、どちらかが一方的に婚約を破棄した場合に問題がおこる。婚姻はあくまで当事者の自由な意思で成立させるべきであるから、心変わりして婚姻する意思がなくなった者を、裁判所に訴えて強制的に婚姻させることは認められない。



 しかし、正当な理由がなく婚約を破棄した者は、相手方の被った財産的あるいは精神的な損害に対し賠償をする義務がある。また、結納は将来の婚姻を目的として渡される金銭や品物であるから、婚約が解消されたときは、合意による解消であるか、一方的な解消であるかを問わず、返還しなければならないのが一般的である。



 

婚約破棄の正当な理由とは何か



 離婚時の正当な理由を基本的に当てはめるころができるが、結婚前、結婚後の違いがありすべてが当てはまるわけではない。同居義務が結婚前ではないのは当然の事と言える。




 理由なき婚約は



 理由なき婚約破棄こんなことが存在出来ないでしょう。婚約破棄の理由を言えないだけのことでしょう。



そんなときには当社に相談ください。貴方の力になります。




男女 トラブル相談・解決


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808



探偵 浮気調査








最近の浮気事情 浮気トラブル、問題解決

最近の浮気事情 浮気トラブル、問題解決


大阪 京都 神戸 岡山 広島 

 最近の不況によるストレスは、男性の欲望を高まらせているという研究結果が発表されたのです。実際にっ調査対象になってしまう「しょぼい男性」は多くいます。 仕事もせず浮気ばかりしている男性です。 


 男性は危機的な状況に直面したとき、自分の子孫を残すために短期間で広範囲にパートナーを探そうとする傾向にあると海外で報じていたほどです。


 私たち男性は生物学的に子孫を残すことが最も重要と考えているようです。とりまく環境が安全ではなく生存危機にある場合、飢饉や敵のある状況においては、短期間の関係性を育む戦略に変えていくそうです。 



男性は太古の昔から続いている自分の子孫を残すため、環境に合わせた最も良い戦略を生物学的に決定しているようなのです。結果、不況にあえぎ、ストレスにさらされた男性たちに浮気に走るのです。

 そんな浮気夫を持つ奥様方には薄給、浮気、とふんだりけったりですが、女性は不況が始まって17%以上も男性よりも多くセックスしているというデータもあります。ということは、男性の浮気心を逆手に取ってセックスを楽しむたくましい女子がいるという事でしょうか。当社でも最近どうも女性からモーションをかけられたケースが多く感じます。

 
浮気トラブル、問題のことなら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

女の勘 男の勘 男女トラブル解決 

女の勘 男の勘  男女トラブル解決 

大阪 京都 神戸 岡山 広島 

 

 危険察知や男性の浮気など、不思議と当たる「女の勘」。女性の多くは勘ではなく五感と、右脳左脳を上手に無意識に活用し、危険や男性の浮気に違和
感を抱いてわかってしまうようです。
 
 女性は、嗅覚、空間認識能力は男性よりも圧倒的に能力が高いといわれています。状況判断は女性のほうが早く 、たくさんの情報を直感的に分析する能力も、男性より優れているといわれています。それは右脳左脳をつなぐ神経が男性より女性のほうが太くでいているからなのです。神経が太いということは、右脳左脳の伝達量が多いということで、男性より複雑な思考もできるということです。
 
 基本的に、男性の脳と、女性の脳は違うところがあるのです。
 
 それでは、男性の勘はあたらないのかということについては、男性が疑うということは、直感ではなく理論的に判断をしての疑いなので、勘というより事実と認識するほうがいいでしょう。女性ならとっくにわかってしまっているでしょう。
 

 結局、勘ではなく情報を分析して異変を察知しているのです。何気ないしぐさ、言動、匂いなどの情報を瞬時に分析する能力があるのが女性と言えます。

 恐るべし女性と言ったところでしょうか。


パートナーに不信を感じたら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島

 

浮気の制裁 不倫の制裁 浮気不倫の問題解決 

浮気の制裁 不倫の制裁 浮気不倫の問題解決 

 

大阪 京都 神戸 岡山 広島 

浮気の制裁

 

 まず、浮気の制裁これについては「するべきが」、「しないべきか」この判断から悩んでしまうことがあるでしょう。客観的には現状を十分に把握して判断をするのが得策ですが、私なりの見解ですと、男性なら、まず制裁をすべきと考えています。

 なぜなら、男は女々しいのが普通のことで後からもやもやは当然出てきて我慢できないというケースで離婚に至ったケースは多々見てきました。

 なら女性の場合どうでしょう。基本男性と同じでかなり根に持ち永遠と攻め立てて最後には男性が家を出て行ったことも多く見てきました。

 浮気、不倫の問題は男女ともに深刻で、多くの宗教でもしてはならないこととされています。なぜなら浮気、不倫の嫉妬、嫌悪、憎悪などの感情は、通常の人間では制御しきれないからです。

 やはり人間は感情の生き物で、この感情をどうにかしないと「やり直すこと」や、「離婚すること」の判断をすることは非常に困難なことだといえるでしょう。

 また、それぞれの置かれている環境、状況で判断は変わってくるものと思われます。

 当社が開業以来15年間の離婚統計を取っているのですが、浮気相手にアクションを起こしたケースでの離婚率は34%となっていますが、他社の探偵社、弁護士などと話をしていると離婚率は50%位だそうです。この差はやはり真実を見て冷静に判断をできる状況を作れた結果ということだと思います。

 浮気の制裁を考えているなら当社へ相談ください。

  きっと貴方力になります。

 

 

浮気の制裁なら


アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

不倫の実態 不倫トラブル解決 

不倫の実態 不倫調査 不倫トラブル解決 


大阪 京都 神戸 岡山 広島

 不倫に関係するアンケートを成年男性に実施したところ、11パーセントが「現在不倫中」もしくは「不倫の経験あり」と回答した。不倫がスタートしたきっかけで最も多かったのが「相手に好意を示され、交際を申し込まれた」36%という結果になった。

 不倫相手との出会いは「会社の同僚(上司・部下を含む)」が30%でトップ、「仕事を通じて知り合った人物」が22%となった。仕事がらみの出会いが50%を超えているのは、当社で携わっている案件でもそのとうりである。

 

 不倫相手が「昔の恋人」という14%という結果にも驚いた。

 

 当社で携わっている案件も実に職場不倫は多く、仕事中にラブホテルに行くなんてよくあるケースです。また、飲み会と称して不倫をしていることなんか日常的です。実際に日中のラブホテルは不倫カップルでいっぱいです。

 

  職場で仕事もそこそこに不倫を励んでいるというのは、経営者としては何ともいえないのですが、こういうことは本人のモラルの問題と目をつぶるわけにもいきません。職場で不倫が蔓延していることも多く、早期に手を打つ必要があります。不倫トラブルは、意外と根が深く家族関係の崩壊も良くあることです。

 当社では不倫のトラブルも未然に防ぐことも、解決することも、証拠収集も様々な案件を受けていますのでご相談くださ。貴方の力になります。

 

 

不倫調査、不倫解決相談なら

 

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 

岡山 不倫 不倫は身を滅ぼす

岡山 不倫 不倫は身を滅ぼす

岡山 倉敷 津山 

 岡山県のある政党連連は常任幹事会で、次期参院選の岡山選挙区に現職の女性議員を公認候補として党本部に申請しないことを決めた。県連代表は記者会見でその理由について「出版活動やテレビ出演など(での発言)を通じ、県民の信頼を損ない、回復し得なかった」と説明。県連は今後、公募も含め候補者擁立を急ぐ。
 

 

 これに対し、女性議員は記者団に「一方的だ。私は現職として今まで通り岡山で頑張っていく」と述べ、県連の決定を批判した。 

  不倫騒動、詐欺事件等お騒がせが過ぎたためでしょう。またその政党自体逆風のためイメージを損ねるようなことには神経を使っているからでしょう。彼女は夫も子供もいるため、大きなお世話ですがそっちのほうが気がかりです。

 

 しかし日本は「不倫は文化」でないということです。不倫は、さまざまな幸せを、壊しかねない危険な行為と言えます。調子の乗って不倫に励んでいる方いつかばれてしまいますよ。その時は見苦しいことはやめてしっかり責任をとってください。

 

 

不倫事件

 

  岡山県人ならだれでも知っている高校の元職員との不倫事件、

 

詐欺事件

 

 2008年12月24日に岡山地方検察庁は、飲食店開店の際の有印私文書偽造と同行使、参議院選挙での詐欺の疑いについて、いずれも嫌疑不十分と判断して女性議員を不起訴処分とした。その一方で、元高校職員は、2007年12月に飲食店経営をめぐる契約違反などを理由として、総額6,000万円を要求する民事訴訟を起こしている。

 

 あまりにもトラブルが多すぎます。しかしそんなことにめげず頑張っています。男性ならならとっくにまいっていると思います。

 

 

 

不倫の解決なら

 

アイ総合コンサルタント 

相談ダイヤル 0120-007-808 

 

男女間のマインドコントロール

男女間のマインドコントロール

大阪 京都 神戸 岡山 広島

マインドコントロールとは

マインドコントロールとは、あらかじめ決められた結論へと誘導または強制する技術、またその行為のことで、

詐欺師などはこの様な手法を用いて相手を騙しいている者もいます。

また、悪い意味で男女間でマインドコントロールが行われていると、幸せなつもりが実は不幸ということもあり

その様な状況ではよい交際、良い関係を築くことは難しくなります。

 

 

どのような心理的要素を用いるか

 

先入観による思い込み

 

後悔を避けようとする心理

 

現状が最も良いと思い込む心理

 

習慣放棄の不安感

 

閉鎖集団内における思考力低下

 

恐怖心

 

優越感

 

などの人間の心理を利用し、目的へ誘導をしていく。マインドコントロールは一人、あるいは少数の人間

 を、多数の人間で取り囲み寄って集って避難または説得する。通常人間は一対一ならば冷静な判断が出

 来たとしても、多数で精神的に追い詰められた状況の中では冷静に判断ができなくなる。

 また、長時間一緒にいることで精神的に依存させ、その状況から逃れることに不安感を覚えさせたり、自己

のその場の必要性を感じさせる。特にこれは「ヒモ」と呼ばれている者に多い手法である。

また、マインドコントルールどのような人でもかかっているのが当たり前で、マインドコントロールをしているのも

当然でただ犯罪目的や、悪意を持って行っていないだけである。

 

 

洗脳、マインドコントロールを解くなら

 

アイ総合コンサルタント 

相談ダイヤル0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

男女トラブル解決 各種トラブル解決

男女トラブル解決 

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

 

結婚前や交際中の男女間にトラブルは当社では、多い相談の一つです。
同棲や交際期間が長くなると、交際相手の浮気などのトラブルは頻繁に起こるものです。
浮気という物は、交際をしていれば自然と相手がわかってしまう行動です。浮気をパートナーに隠し通すことはとても難しいのです。

 

またパートナーの浮気や離婚についての悩みを相談する相手は慎重に選定すべきで、相談相手のミスで情報が筒抜けになってしまうこともあります。
浮気トラブルはプライベートな問題だからこそ、深刻な事柄を一人で悩みを抱え問題を大きくさせている傾向があります。

 当社では、まずは相談に来てもらい、それぞれの問題、トラブルを解決をしていきます。トラブル、悩みを抱えていている時間が長期になればなるほど、問題がこじれていたり、トラブルが大きくなったりして解決 が困難となります。

 パートナーのトラブル解決なしでは、その先の幸せはありえないことです。

パートナーの浮気、金銭問題、親族の問題、妊娠、、ストーカー、DV暴力、結婚詐欺などあらゆる、男女トラブルの解決は当社へお任せください。

 

 

 

男女トラブル解決なら 

アイ総合コンサルタント

男女トラブル解決ダイヤル 

0120-007-808

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

婚約破棄の慰謝料請求 婚約の不当破棄

婚約破棄の慰謝料請求

 

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

婚約の定義

 

婚約とは、法的に婚姻(結婚)契約の予約です。婚約が有効に成立すると、当事者は将来に婚姻(結婚)するように努める義務を負います。もっとも、一方の相手が婚姻(結婚)なかなかしようとはしないからといっても、強制することはできません。

 

婚約破棄の慰謝料が認められる場合

婚約があること

 

 

婚約は、口約束でも有効に成立します。結納が必要なわけではありません。

ただ、婚約があったという証明するということを考えると、客観的な証拠があるほうが、証明しやすいとこ言うまでもありません。

一方の当事者が、正当な理由なくして、婚約を破棄した場合

 

 

脅すことは恐喝罪です。不倫(不貞行為)の慰謝料請求するのであれば、合法的にすることをお勧めします。示談も合法的対処方法です。

婚約の証拠

 

婚約は、上記のように、当事者の口約束でも有効に成立しますが、口約束は言った言わないの水掛け論になりやすいです。よって、婚約があったことを推測させる、客観的な証拠があれば、強いです。婚約指輪、結納、親族、両親への挨拶

慰謝料請求に証拠が必要か

 

証拠がなくても、慰謝料請求はできますが、相手がそれに応じて、不倫の慰謝料を支払ってくれればいいのですがそんなに簡単にいくことばかりありえません。

 当然、証拠があるほうが、いろんな面で強いということは当たり前です。

婚約破棄の慰謝料の相場

 

裁判上は、通常ならば30万円から200万円というのが多いでようです。

 慰謝料は、心の損害ですので、具体的にはケースバイケースということになりますし、相手に悪意がある場合の慰謝料の増額も考えられます。慰謝料はいくらです、とは言いにくいです。

また婚約破棄に伴う慰謝料請求(心の損害)でだけでなく、婚約破毀にともなう実損害も、損害賠償請求できます。

 

 

婚約破棄 慰謝料請求 婚約トラブル解決なら 

アイ総合コンサルタント

婚約破棄 慰謝料請求 婚約トラブル解決ダイヤル 

0120-007-808

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

婚約解消の正当な理由

正当な婚約解消の理由の例

 

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

 

当事者同士の合意

 

婚約相手の不貞行為

 

婚約相手に重大な嘘をついていた

「学歴詐称も認めた判例ある」

 

なお、婚約中であっても、不貞行為に及んだ場合には夫婦間における貞操義務違反に準じるものとして婚約相手に対する不法行為責任等が生じる場合がある。また、不貞行為の相手方も婚約相手の法的地位を侵害したとして不法行為責任(民法709条)を問われうることもある。

 

 

婚約解消 婚約トラブル解決なら 

アイ総合コンサルタント

婚約解消 婚約トラブル解決ダイヤル 

0120-007-808

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

婚約破棄 婚約とは

婚約破棄

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

 

婚約とは

 

将来結婚をしようという約束であるが、これについては民法に規定がなく、判例法によって規制されている。婚約は結納(ゆいのう)の取り交わしなどの儀式によって成立することが多いが、そのような儀式がなくても有効に成立する。

婚約どおりに婚姻が成立するか、または両方の合意で婚約が解消される場合には問題はないが、どちらかが一方的に婚約を破棄した場合に問題がおこる。婚姻はあくまで当事者の自由な意思で成立させるべきであるから、心変わりして婚姻する意思がなくなった者を、裁判所に訴えて強制的に婚姻させることは認められていない。

しかし、正当な理由がなく婚約を破棄した者は、相手方の被った財産的あるいは精神的な損害に対し賠償をする義務がある。

また、結納は将来の婚姻を目的として渡される金銭や品物であるから、婚約が解消されたときは、合意による解消であるか、一方的な解消であるかを問わず、返還しなければならないのが一般的である。

婚約破棄で悔しい思いをした方は、ご相談ください。力になります。

 

 

 

 

婚約破棄 婚約トラブル解決なら 

アイ総合コンサルタント

婚約破棄 婚約トラブル解決ダイヤル 

0120-007-808

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

浮気調査を依頼する探偵社をお探しなら無料紹介します

優良探偵社 浮気調査を探偵社に依頼するなら 

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 

男女トラブル解決には、探偵社の力を借りるることが多くあるので探偵社を無料紹介します。

 

優良探偵社とは

 

調査料金が安い探偵社

調査料金が素行調査の場合1日8時間で10万円以下の探偵社はほとんどが調査員一人(社長も含む)しかいない探偵社でしょう。当然失敗は多く当然です。また安い仕事しかしたことがないので、難しい案件はほぼ不可能です。

 

調査力がある探偵社

特にネットで調査力を売りにしているところはほぼ調査力なしひどい調査をするところばかり。

 

親切な探偵社

親切を売りにしている探偵社はお金大好き探偵社と考えていいでしょう。

 

 

などネット広告で探偵社を選ぶことは基本的に得策はないといえるでしょう。

 

 

またどの企業でも、経営年数などを取引などでは考慮するように経営年数は探偵社選びには重要になります。当社では、探偵社として15年以上の営業経験のある探偵社としか取引していませんので安心して調査依頼をできる探偵社を無料で紹介します

 

探偵調査のことなら当社に相談ください。無料で優良探偵社を紹介します。

 

 

探偵社の無料紹介なら アイ総合コンサルタント

 探偵社の無料紹介ダイヤル

0120-007-808

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

 

 

 

浮気調査のメリット

浮気調査のメリット

 

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

浮気調査を行うことで、どのようなメリットがあるのでしょうか。そんな質問をよく聞きます。第一にクライアントとなるあなた自身が「真実」、「事実」を知ると言 メリットがあります。

当たり前のことですが、この「真実」、「事実」こそが常に今後の行動で重要な判断基準になるのです。「真実」「事実」を知ることで様々な情報があなたの元に入り、浮気の事実を知り「離婚」を考えた場合、浮気調査で入手した"不貞"の証拠は、あなたの慰謝料や、親権問題にも重要な判断材料として役に立ちます。

貴方の パートナーの浮気に気がついたとしても、浮気相手の素性が分からなければ、相手に慰謝料請求したくても内容証明すら送りつけることが不可能です。浮気相手のことを知らずして、浮気相手への法的手段は出来ません。  浮気してるパートナーを問い詰めても浮気をすなりと認める事は稀にあるようですが、ほとんどの人は否定されたり、逆切れされています。

 

浮気調査で入手する事が出来るの浮気の証拠で、パートナー、浮気相手との交渉に有利な立場で挑んでいかないと、状況によれば2対1の対決になったりします。言い逃れができない動かぬ証拠が重要です。

当社の実例だと、パートナー性格の不一致を理由に一方的に離婚を言い渡されたのですが、不安に思 クライアントが、当社に相談に来られ、へ浮気調査を依頼。 浮気調査を着手したところこの対象者であるご主人には、彼女がいて、彼女との間に子供がおなかの中にいることが発覚。性格の不一致を理由とした円満離婚と丸め込まれるところでした。 

浮気調査とは、浮気の事実を知ったあなたと子供がいれば子供も人生を変えるほどの、重要な真実が判明する調査と考えてよく、調査しようかどうかを悩んでいるなら、私は浮気調査をお勧めいています。

 

 

浮気調査のメリット  

アイ総合コンサルタント

優良探偵社紹介ダイヤル 

0120-007-808

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

男女トラブル解決 ハメ撮り画像で脅迫・恐喝

ハメ撮り画像 携帯動画 携帯映像の男女トラブル事件 

恐喝・脅迫  

 

当社で最近増えている相談で最も多い案件は、交際している彼女の裸を携帯電話やビデオカメラ、デジタルカメラなどでを撮影をしたがる男性がいます。なかには、当然セックスしているビデオを撮影する男女もいます。男女ということであれば仲良くお互いを信頼しあえている時は良いのですが、関係が壊れた時は大変です。

女性の中には好きな男性から頼まれたら断れない方も多いようです。被害女性から信頼や愛情の証しとも考えていたとのことです。

 

男性の場合「趣味」、「コレクション」としての映像撮影をしているようで、なかにはそれを利用して、悪いことを考える男性は少ないようですが、中には悪用を考えたり、悪ふざけを考える輩もいます。その映像をインターネットに流出、自宅に郵送、近所にばらまき たくなければ、「よりを戻せ」、「金をよこせ」、肉体関係を迫られたり、恐喝、脅迫してきます。

 

最近では出会い系サイトなどで知り合った男性と会ったその日に関係を持ち、写真をとられ、恐喝・脅迫されるという事件も多発していているようです。そのため、恐喝している相手がどこの誰だかわからずに、電話やメールでで、恐喝・脅迫されているのが現状です。また携帯電話で手軽に撮影ができ、さらに携帯のメール機能で簡単に出回ってしまうので大変恐ろしいのです。

 

当社では、恐喝、脅迫の被害を調査し、犯行の証拠をおさえ、犯人を特定するなど、解決に向けてのサポートと、被害を拡大させないようあらゆる対策を施し被害者の救済をしてきました。この様なことでお悩みの方は当社にご相談下さい。貴方の力になります。

 

 

男女トラブル解決 アイ総合コンサルタント

男女トラブル解決ダイヤル

0120-007-808

大阪/兵庫/神戸/京都/岡山/広島