結婚相談所トラブル | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

婚活問題

婚活問題

税金を使っての公務員限定というのは問題があります。

しかし、職業別での婚活イベントもありではないでしょうか、もちろん税域でやってはだめだと思いますが。

地方の人口減少問題はかなり深刻で、役所も対応を考える必要が実際にあるのです。


人口減少に悩む鳥取市がイベント会社と共同で運営する「婚活サポートセンター」が、婚活パーティーの企画で「男性は公務員に限る」としたところ、「職業差別」などと批判が寄せられた。鳥取市は5日、パーティーの中止を決めた。

 婚活パーティーは市内の飲食店で13日に予定されていた。鳥取市によると、昨年11月にセンターを開設して以来、3回の公募イベントを開いてきた。女性は毎回定員割れだったため、安定した職業を求める参加者の声を踏まえたという。

 今回は男女各20人の募集に79人の女性が応募したが、税金が使われることに疑問を投げかける報道が5日にあり、電話やメールで23件の批判が寄せられた。「公務員限定は職業差別」「税金での運営は問題」という声が多かったという。

 鳥取市は今年度のセンター運営費の9割以上にあたる500万円を負担している。担当者は中止の理由について「参加者が不安に思うことが想定されるため」と説明した。


人口減少は地方都市にとって重大な問題です。このようなイベントは今後もっと必要なことだとお見ます。また結婚するなら相手の職業は重要なことですので、違った方法で考えてみる必要があります。そのほうが参加する側も安心できます。

高齢婚活トラブル

高齢婚活トラブル

 結婚は人生においても、すごく重要なものであり、誰もが幸せになりたいというのが当たり前であると思います。しかし、結婚してから金銭トラブルや、夫/妻が多額の借金をしてしまっていたなどの御相談が多く寄せられています。さらに家族トラブルに関してはなかなか相談が出来ないケースが多いのが現状です。そんなお悩みをお持ちの方は、一度私たちにご相談下さい。

 少子高齢化が進む中、結婚相談業界が、孤立しがちな高齢者層をターゲットに顧客の取り込みに力を入れている。ただ、遺産相続をめぐるトラブルや金銭のみを目的とする交際などを懸念する業界関係者もおり、専門家は、高齢者同士の結婚が必ずしも孤独の解消につながるわけではないと指摘する。

 夫を殺害したとして殺人容疑で逮捕された筧千佐子容疑者は、結婚相談所を通じて複数の男性と交際や結婚を重ねていたという。「結婚相談業界全体の信用を傷つけかねない事件だ」。高齢者の「婚活」に力を入れる加盟業者が増えるだけに、全国規模の婚活サイトを運営する団体の男性職員は20日、取材に不愉快そうに話した。

 大阪市内のある結婚相談所の仲人の女性は「少子化で主な顧客層だった若年世代が頭打ちになる」と打ち明ける。生涯未婚率や離婚率の高まりを踏まえて高齢世代の顧客開拓を目指すが、「遺産相続のもめ事が心配」と不安も漏らす。

 一方、同市内の古株の結婚相談所は高齢者の利用を断っている。同業者から、交際の初期から相手に経済的に依存したり、成婚料目当てで見合いしたりするなどのトラブルを耳にするからだ。

 国民生活センターによると、結婚相手紹介サービスをめぐりトラブルがあったとして、全国の消費生活センターに寄せられた相談のうち、60歳以上の割合は2005~10年度にかけて年々増加している。

 高齢男性の連続不審死事件を描いた「後妻業」の著者で直木賞作家の黒川博行さんは「孤立した高齢者には疎遠な息子や娘より自らを思ってくれる異性が魅力的に映る。一方、財産など人柄ではない要素に興味を持って結婚相談所を通じて接触し、感情がない場合もある」と分析し、高齢結婚のトラブルが今後増加すると予測する。

 働くことに重きを置いてきた男性は退職後、女性に比べて地域社会との関係を築きにくい。結婚という手段以外にも、精神的にも経済的にも、孤立した高齢者の居場所が多様な社会をつくり出す必要がある。


家族トラブルは、近年遺産相続の問題であったり、金銭トラブルなど、避けては通れない事も多々あるのが現状です。しかし家族の事に関してはなかなか相談出来ないのが現実ではないでしょうか?そんなお悩みを私たちが全力でサポートさせて頂きます。安心してご相談下さい。宗教トラブル、結婚詐欺,いじめなどは家族が先に気がつくことが多いので両親、身内からの相談も多いのです。

結婚相談所トラブル事件

結婚相談所トラブル事件


大阪 京都 神戸 岡山 広島


容疑者は、結婚相談所を利用して、金銭を搾取する相手を物色していたようです。


 この様な仕事の依頼は年に数件はいって来ますが、当社にしては珍しい案件ではないのです。結婚相談所には、結婚したいと思って入っている人が大半なので、詐欺師などにとっては、カモが大勢いるところなのです。


結婚後も複数交際、トラブル捜査中


 京都、大阪府内で死亡した高齢男性の体内から相次いで青酸化合物が検出された連続変死事件で、京都府向日(むこう)市の無職、筧(かけひ)勇夫さん(当時75歳)への殺人容疑で逮捕された妻千佐子(ちさこ)容疑者(67)が、筧さんとの結婚後や筧さんの死亡後にも結婚相談所などを通じ複数の男性と交際していたことが、捜査関係者への取材で分かった。京都府警は千佐子容疑者が1000万円以上の借金を抱えていたことをつかんでおり、交際男性との金銭トラブルなどがなかったか慎重に調べる。


  容疑者は昨年11月に筧さんと結婚する前、大阪府や兵庫県で3回結婚していたが、元夫は全員死亡した。このほか、接点のあった男性数人の死亡情報がある。筧さんを含む数人とは、結婚相談所を通じて知り合ったとされる。


 捜査関係者によると、容疑者は、筧さんとの結婚前に交際し、昨年9月に死亡した男性の遺産を巡って遺族と金銭トラブルを抱えていた。また、千佐子容疑者は逮捕前の取材に対して、筧さんの死亡後、数千万円の預貯金を遺産として得たが、一部の銀行口座は凍結され、金銭的に困っていたと説明していた。


 京都府警は、千佐子容疑者が今回の事件の前後、結婚相談所を通じるなどし、婚姻の事実を伏せたまま複数の男性と交際していた事実をつかんだ。「資産がある」との条件を付けて相談所に登録していたという。


交際していた男性の中には、死亡した際に遺産を渡すことを約束する「公正証書遺言」づくりを持ちかけられていた人もいた。


シニアの結婚相談所トラブル


 結婚相談所の活用は、若い世代だけではありません。近年増えているのは、シニアの登録件数だと言うのです。当社にも多く寄せられ結婚相談所のトラブルは、事業所側との金銭トラブルだけではありません。

 結婚相談所に登録された会員情報の詐称も問題になっています。人生経験の長いシニア世代、離婚や死別で一人になったシニアも多く、その結婚歴に虚偽報告があるケースはもちろん、収入や年金、中には負債を隠しているケースもあります。

 また、京都で起こった青酸化合物を使った殺人事件でも問題になっていましたが、結婚相談所を介して結婚しても、別の結婚相談所で相手を探していたなどと言う結婚詐欺も起こっています。結婚相談所は結婚詐欺師の温床になっているという指摘もあります。

 また、大きな問題を引き起こしているのは、病気です。中でも認知症を隠しているケースが大きなトラブルに発展しています。子供に反対されても押しのけて結婚したのに相手に認知症が・・・。認知症を隠して結婚相談所に登録している人は多いのです。結婚してからの発症ではなく、以前から分かっていた病気を隠しているのもシニアの結婚相談所トラブルではよくある問題です。中には、黙認している業者もあります。結婚相談所はビジネスです。交際期間が長ければ気付くことも気付かせないように結婚をせかす業者もあります。

 そして介護や遺産の問題は、シニア世代には切り離せないトラブルです。少しでも優位な再婚をしたいと言うの欲望を叶える反面、リスクも大きいと言えるのかもしれません。若い時とは違い、失敗が大きな痛手となるシニア世代、トラブル解決はアイ総合コンサルタントへご依頼ください。



結婚相談所トラブル解決なら

アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


結婚相談所トラブル

 

結婚相談所トラブル


大阪 京都 神戸 岡山 広島

周辺で6人死亡、遺産8億円=千佐子容疑者、結婚相談所介し


 京都府向日市の筧勇夫さん=当時(75)=殺害容疑で逮捕された妻の千佐子容疑者(67)周辺では、筧さんを含め、結婚相談所を通じて結婚・交際していた男性ら6人が相次ぎ死亡している。捜査関係者らによると、同容疑者は遺産の大半を相続、総額は約8億円に上るという。

 他の5人は、兵庫県西宮市の医薬品卸会社社長=同(69)=▽大阪府松原市の農家の男性=同(75)=▽奈良県内の男性▽大阪府貝塚市の本田正徳さん=同(71)=▽兵庫県伊丹市の元内装業経営=同(75)。

 千佐子容疑者は佐賀県出身。北九州市の高校卒業後、市内の都市銀行支店で働いていた1969年、大阪府貝塚市の男性と知り合い結婚した。同市に移り印刷業を営んでいたが、男性は94年に54歳で病死した。

 卸会社社長とは2006年に知り合い再婚。社長は同年8月28日、自宅で亡くなり、検視の結果「脳梗塞」とされた。08年2月ごろには農家の男性と3度目の結婚をしたが、男性は同年5月17日、自宅から救急搬送され死亡。「心筋梗塞」だった。

 千佐子容疑者はいずれも遺産を相続し、自宅などの不動産を全て売却。億単位の金を得たとみられるが、社長の場合は親族に民事調停を起こされ一部を返還した。

 09年ごろには交際相手の奈良の男性が病死。末期がんだったという。

 さらに11年9月ごろ、千佐子容疑者は本田さんと「婚約」したが、本田さんは12年3月9日、泉佐野市でミニバイクを運転中に急死。司法解剖で「致死性不整脈」とされた。同容疑者は「内縁の妻」を名乗り、遺言を盾に親族への遺産分与には応じなかった。

 13年9月20日には交際中だった元内装業の男性が死亡。がんを患い、千佐子容疑者と近くのファミリーレストランで食事をした直後に容体が急変した。自宅は死後、同容疑者が売却した。この約2カ月後の同年11月1日、同容疑者は筧さんと4度目の結婚をした。



結婚相談所トラブルなら

アイ総合コンサルタント

0120-007-808

大阪 京都 神戸 広島 岡山