婚活トラブル 結婚詐欺 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

婚活トラブル

婚活トラブル

大阪 京都 神戸 岡山 広島


婚活政府支援に46都道府県から求愛殺到


 結婚しない大人が急増するなかで、政府や地方自治体も「婚活」に乗り出している。政府が2013年度補正予算で、自治体の結婚支援事業に対する助成制度を創設したところ、46都道府県が申し込んだ。男性の5人に1人、女性の10人に1人が結婚しない今、役所が「キューピッド役」を買って出る事態になっている。


 今年2月成立した13年度補正予算に政府は、「地域少子化対策強化交付金」(30億円)を盛り込んだ。政府が婚活支援の予算を設けるのは初めてだ。予算を計上した内閣府は「少子高齢化に歯止めをかけるために、対策が必要だった」と説明する。



 内閣府によると、当初は男女が飲食店で集う「合コン」への交付金活用を認める案もあったという。自民党幹部などから「税金で飲食させるのは国民理解が得られない」と反対論が続出して見送られた。その他の事業に絞られたが、それでも沖縄県を除く全都道府県がそれぞれ複数の事業案を申請する「人気」の支援策となった。



 都道府県からの申請は、結婚希望の男女を支援する「独身者のための結婚フォーラム」(島根県)、就職活動などに追われ恋愛に興味を示さない若者に結婚の良さを説く「高校生や大学生など若い世代を対象にした結婚を考える講義」(香川県)など、事業案は多彩だ。子どもに「結婚して」というプレッシャーをかけすぎる親に子どもの説得方法を教える「親向け冊子」を提案している県も。



 少子高齢化対策に悩む地方自治体では数年前から婚活に独自予算をつぎ込むところが増えてきた。08年から「出会いの場作り」を予算化して婚活支援に取り組んできた香川県の担当者は、「独自事業をしてきたが、国の支援は大きな後押しだ」と歓迎する。



 国立社会保障・人口問題研究所によると、生涯未婚率は10年現在、男性20.14%、女性10.61%。1980年の男性2.6%、女性4.45%から急増している。



 「人口減少により、介護や税収減、空き家、孤独死などの問題が生じ、地方は大きな影響を受ける。児童手当などは結婚しない人には関係ないので、少子化問題の解決にはならない」と指摘。「婚活パーティーなどに税金を投入することへの議論はあるが、参加者が結婚して子どもを産み、その地域に住んでもらえれば将来的に元はとれる。男女を引き合わせるだけでなく、そこまでのフォローが大切だ」と話している。


婚活トラブル 婚活サイト

婚活トラブル 婚活サイト

大阪 京都 神戸 岡山 広島


婚活で知り合った交際相手が実はセールス マンション購入後疎遠に


 「婚活サイト」で知り合った交際相手は実はセールス目的で、勧められるまま不要な投資用マンションを買わされた後、遠ざかっていった。同様の被害に遭ったと主張する男女12人が26日、元交際相手が勤務する不動産関連業者などを相手に総額約2億円の賠償を求める集団訴訟を東京地裁に起こした。



 国民生活センターによると、同じ被害が全国の都市部などで急増しており、恋愛感情や結婚への期待から発覚が遅れて解約が難しくなるケースが多いという。センターは1月からホームページなどを通じ注意を呼び掛けている。



 集団訴訟の原告は30~40代の女性10人と男性2人。訴状などによると、サイトを通じて知り合った相手とデートなどを重ねていたところ、勧められてローンを組み、平均約2600万円のマンションを購入した。



 中には1人で3戸買った原告もおり、どの原告も購入後、相手と疎遠になったと主張。それぞれの元交際相手は、都内の5業者の従業員で、ほとんどの場合、交際時には肩書や目的を明かしていなかった。



 被害者はインターネットのブログで同様の事例が報告されているのを知り「単なる交際の失敗ではなく最初から標的にされていた」と弁護士に相談するなどしたという。 原告側は「結婚を望む真剣な気持ちに乗じ、利回りが期待できない物件を高く買わされた」と批判。安易に融資審査をした責任があるとして、金融機関3社にも賠償を求めている。



 国民生活センターの集計では、被害相談のあった契約者の平均年齢は35・1歳で、女性の数が男性の2倍以上。被害額の平均は3000万円余りで、恋愛感情を利用してアクセサリーなどを売りつけるデート商法などに比べかなり高額だという。


婚活 トラブル  女性を脅迫

 

婚活 トラブル  女性を脅迫

大阪 京都 神戸 岡山 広島

「デート代18万円返せ」婚活相手の女性を脅迫

 婚活パーティーで知り合った女性に脅迫文を送ったとして、○○庁○○井署は13日、○○市○○区○○東、生命保険会社社員○○○○容疑者(48)を脅迫の疑いで逮捕した。

 発表によると、宗像容疑者は昨年12月から今年1月にかけて、○○都○○区の女性事務員(27)宅に「身の回りに気をつけてください。何が起こるか分かりませんよ」などと書いた文書を郵送したり郵便受けに入れたりした疑い。

 ○○容疑者は昨年9月に婚活パーティーで女性と知り合い、食事や行楽地に約10回、一緒に行った。女性が12月初旬に付き合いをやめると連絡すると、「デートに使った18万円を返せ」と電話などで迫ったという。

 女性から相談を受けた同署が電話やメールをやめるように○○容疑者に口頭で警告していた。調べに対し、○○容疑者は「交際費は請求したが、脅迫はしていない」と供述している。

 別れ話トラブルは、当事者間での解決は難しい面があり、帰って問題をこじらせてしまうことがあります。また警察などを利用することにも抵抗がある方も多くいます。事件にせずに問題を解決しようと考える方は、当社に依頼することも一つの解決策だとお考えください。




婚活トラブル解決なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島

婚活トラブル 婚活に潜む罠 結婚詐欺

婚活トラブル 婚活に潜む罠 結婚詐欺

 

大阪 京都 神戸 岡山 広島


結婚の現状

 18~34歳の未婚者のうち、「異性の交際相手がいない」とする男性が61・4%、女性が49・5%と、いずれも過去最高となったことが、国立社会保障・人口問題研究所の調査で分かった。一方、結婚願望を持つ未婚者は男女とも8割以上に上り、「結婚したくても、出会いが」という独身者の実態が浮き彫りになった。と新聞に載っていた。

  未婚独身社の8割以上が結婚願望があるとのことだが、その様な希望を持った相手をだます結婚詐欺師もいることを忘れてはならない。最近も当社への相談で婚活イベントで知り合った相手に騙されたという相談があったが、詐欺師は女性で、同時に3人の男性を騙していたのである。しかも同じ婚活イベントに訪れていた男性を騙していたのである。

 

 私たちにとっては、日常的な事件であったが当事者にすれば大変なことで、何とも言えない気持ちにさせられる。人の気持ちをもてあそび金銭をだまし取ることを生活の糧としている人間がいることを忘れてはならない。

 

 

 結婚願望がある人物を物色するのに一番確実な方法は、結婚相談書に入会している人、婚活イベントに出席している人です。これは誰の目にも明らかなことです。当然結婚詐欺師はそのようなところでターゲットを探すのです。

 

 交際相手に不審を感じたら当社にご相談ください。あなたの力になります。





婚活トラブル 結婚詐欺解決なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島