脅迫解決 恐喝解決 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

マイナンバー制度 脅迫

マイナンバー制度 脅迫

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

 マイナンバー制度を移用し脅迫をされていたからの依頼です。犯罪者は環境変化に応じて最適な脅迫方法を選択しています。その犯罪者はどこに目をつけて脅してきたのでしょうか。

 マイナンバー制度について少し説明をします。


マイナンバー制度とは

  マイナンバーは、住民票を有する全ての方に1人1つの番号を付して、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されるものです。
   マイナンバーは、行政を効率化し、国民の利便性を高め、公平かつ公正な社会を実現する社会基盤であり、期待される効果としては、大きく3つあげられます。

   1つめは、所得や他の行政サービスの受給状況を把握しやすくなるため、負担を不当に免れることや給付を不正に受けることを防止するとともに、本当に困っている方にきめ細かな支援を行えるようになります。

   2つめは、添付書類の削減など、行政手続が簡素化され、国民の負担が軽減されます。また、行政機関が持っている自分の情報を確認したり、行政機関から様々なサービスのお知らせを受け取ったりできるようになります。(国民の利便性の向上)

   3つめは、行政機関や地方公共団体などで、様々な情報の照合、転記、入力などに要している時間や労力が大幅に削減されます。複数の業務の間での連携が進み、作業の重複などの無駄が削減されるようになります。


 私どものクライアントは、 マイナンバーでは副業やアルバイトの収入が明らかになることが報道されていることに目をつけられての脅迫でした。副業で収入がありにもかかわらず申告していないことを公にするとの脅迫でした。 

 そのような状況では警察に相談することも、弁護士に依頼することもできないため知り合いを通じて当社に解決依頼をしてきたのです。

脅迫事件

脅迫事件


 教授は、高等教育を行う教育施設において、最上位の教員の職階のこと、または、その職階にある者のことである。教授とは、高等教育機関の教員のうち最上位の職階にあたる。高等教育機関の教員一般に対し「先生」に代わる敬称としても用いられる傾向があるが、これは職種名称である「教員」と地位名称である「教授」を混同した誤解である。日本で教授になるための基準については、各大学、専攻分野、所属組織によって違いがある。

 

教え子の学生を包丁で脅して殴ったとして、香川県警高松東署は15日、香川大農学部教授、川田和秀容疑者(63)=高松市伏石町=を暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕した。容疑をおおむね認めているという。
   
        
 逮捕容疑は、香川大農学部キャンパスの加工室で、自身の研究室の男子学生(22)に包丁を突きつけて「本当に刺すぞ、本当に殺すぞ」と脅迫し、顔面を1回殴った、としている。

 同署によると、川田容疑者は「男子学生に頼んだ加工室の掃除の仕方が気に入らなかった」と供述しているという。学生は包丁を突きつけられて一旦部屋を出たが、謝罪に戻った際に再び包丁で脅され殴られたという。

 香川大のホームページによると、川田容疑者の専門は園芸科学で、スダチの長期貯蔵など果実や野菜の保存を研究していたという。

弁護士の恐喝

弁護士の恐喝


大阪 京都 神戸 岡山 広島

弁護士、500万円恐喝容疑


弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とします(弁護士法1条1項)。弁護士は、この使命にもとづいて誠実に職務を行います。

弁護士が胸につけている記章があります。この記章は、外側にひまわり、中央にはかりがデザインされています。ひまわりは自由と正義を、はかりは公正と平等を追い求めることを表しています。 

 

 司法書士の男性から500万円を脅し取った疑いが強まったとして、大阪府警が恐喝容疑で、大阪弁護士会所属の女性弁護士(45)の自宅と事務所を家宅捜索していたことが16日、捜査関係者などへの取材で分かった。
  
  捜査関係者などによると、弁護士は昨年3月から今年2月まで、強盗致傷や覚せい剤取締法違反などの罪で起訴された飲食店経営の男(30)=大阪市北区=の弁護人を務めていた。
  昨年春ごろ、男と共謀し、30代の司法書士に「(男の)取り調べで、未成年者買春や盗品売買への関与についてあなたの名前が出ている。(男が)しゃべったら終わり」と伝えて金を要求し、500万円を脅し取った疑いが持たれている。


弁護士の恐喝解決なら

トラブル解決コンサルタントのアイ総合コンサルタント

大阪 京都 神戸 岡山 広島

強要罪

 強要罪


 意思決定の自由を脅かし身体活動の自由を侵害する罪。本罪が成立するためには、相手方またはその親族の生命・身体・自由・名誉・財産に対して害を加える旨を告知して脅迫し、または暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、または権利の行使を妨害することが必要である(刑法223条)。本罪が脅迫罪(同法222条)と異なるのは、相手方になんらかの作為または不作為を余儀なくさせる点にある。判例によれば、「義務のないことを行わせる」とは、たとえば、水入りバケツなどを長時間持たせたり、謝罪文を書かせる場合がこれにあたり、また「権利の行使を妨害する」とは、告訴権の行使を思いとどまらせる場合などである。なお、この暴行または脅迫が、財物奪取や姦淫(かんいん)などの目的でなされる場合には、恐喝罪、強盗罪、強姦罪などにあたり、本罪の適用はない。


第223条

1.生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、3年以下の懲役に処する。
2.親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者も、前項と同様とする。
3.前2項の罪の未遂は、罰する。


第222条

1.生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。
2.親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

脅迫事件の起訴状

脅迫事件の起訴状



被害女性を「源氏名」で記載 ○○区検



脅迫事件の起訴状で 裁判所も認める


 ○○市で2月に無職の男が飲食店の女性従業員2人を脅す事件があり、○○区検が男を略式起訴する際、被害者を実名でなく店での○○氏名で記した起訴状を提出、○○簡裁が認めていたことが13日分かった。被害者保護が理由とみられる。



 起訴状によると、男は2月10~13日、2人に「あと10日以内で殺す」などと書いたメールを送った。脅迫罪で略式起訴され、○○簡裁は3月7日に罰金30万円の略式命令を出し、男は即日納付した。起訴状には被害者について源氏名や年齢だけが記された。



 平成24年に○○○○県○○市で起きたストーカー殺人事件で警察官が逮捕状に書かれた女性の住所を読み上げたことが犯行につながった事態を受け、検察当局はストーカー事件などの起訴状で被害者を匿名にするケースがある。一方、起訴内容がはっきりしなければ被告が具体的に反論できず、防御権(自分を守る権利)を行使できないという批判もある。○○弁護士会刑事問題対策委員長の○○○○弁護士は「防御権が十分確保できない場合は反対していく」と話している。


 

ここで私は警察はどのように取り調べをしたか、犯行は認めたかなどの疑問がある。しかし被害者の保護は重要なことではあるが今後どのようになっていくのか注意していきたい。


現役ミス世界一 脅迫されていた

 

現役ミス世界一 脅迫されていた


現役ミス世界一の〇〇〇〇、脅迫されていた ブログで胸中激白


 日本代表として初めて世界一に輝いた2012ミス・インターナショナルグランプリの〇〇〇〇(26)が11日、自身のブログを更新し、ある男性からの脅迫と嫌がらせで、ミスとしての最後の役目を奪われたと告白している。


 「心配してくれている皆様へご報告」と題したブログには衝撃の事実が記されていた。

 2013ミス・インターナショナル世界大会は7日から〇〇〇〇で開催されており、17日のファイナルステージで世界一が決定する。〇〇〇〇は現役のミスとして審査期間の10日間、各国代表と行動をともにし、新しいミスに王冠とガウンを受け渡して、その役目を終えるはずだったという。

 ところが、ある男性からの脅迫と嫌がらせがあり、「〇〇〇〇協会からマスコミがミスインターナショナル以外のことで騒ぐと困るから、〇〇〇〇さんは大会期間中、体調不良を理由に自粛してほしいと言われました」という。「先日行われた、ミスインターナショナルの記者会見の場にも私がいなかったのは、そのためです」と説明している。

 〇〇〇〇によると、ある男性とは「大手芸能プロダクションの幹部であり、芸能界やマスコミには影響力のある人物」で、「1年前からずっと、つきまとい、嫌がらせ、脅迫、脅し、業務妨害を受けていました」といい、「ミスインターナショナルの協賛企業に幾度となく、脅迫とも言える電話をしたそうです」とも。


 「やっと掴んだ大きな夢を一瞬にして、ハンマーでぶち壊された気分でした。この感情というのは、容易に言葉に表すことのできないものです。1年間、誇りとプライドを持って様々な活動をしたつもりです。最後はきちんと次のミスに王冠を渡したかった...。」と辛い胸中を吐露。


 警察にも相談したが、〇〇〇〇が期待していたような行動、返答がなく、「同じ悩みをもつ多くの女性のためにも、自分の問題をこのままにしておいてはいけないと思い、行動したい」と告発の理由を説明。「明日発売される週刊〇〇〇〇の取材にも応じました」と明かしている。

 この様な業界権力者の場合、外部的に圧力を可決必要があります。芸能界で力を持っていてもそれいがいの業界にまで力が及ぶことはなかなかないものです。



トラブル解決なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島

女性の裸撮影 はめどり脅迫 

 

女性の裸撮影 はめどり脅迫 

大阪 京都 神戸 岡山 広島

○○○○市立○○小教諭の男性を逮捕

 最近増えてきている男女トラブル相談は次のような内容のものが増えてきています。

 女性の裸を撮影して脅したとして、○○県警○○署は10日、脅迫の疑いで、○○○○市立○○(○○○○)小学校教諭、○○○○容疑者(○○)=○○○○市○○区=を逮捕した。同署によると「これからも会ってもらいたいので裸の写真を撮った」と容疑を認めているという。

  逮捕容疑は9日午後9時5分ごろ、○○○○市○○区のホテルで、同区内の女性(○○)の裸をスマートフォン(高機能携帯電話)で複数枚撮影し、「これからも会ってくれるよね。裸の写真撮ったから。現像してばらまくよ」などと脅迫したとしている。

  ○○署によると、○○容疑者は同日朝に電車内で女性を見かけ、帰りの電車も乗り合わせたことから声を掛けた。女性がホテル内で「帰りたい」と話したため脅迫行為に及んだという。

 

 

  ○○市立○○小学校によると、○○容疑者は4月から同小で勤務し、4年生の担任をしていた。○○○○校長は「事実ならば教員として許されざる行為。厳正に対処したい」としている。

 

 この様な、脅迫、恐喝の相談は、ここ5年ぐらいで急増しています。裸の映像を撮影され金銭を要求され、1,000万円以上支払っていたケースもありました。

 

 この様な状況では、警察にも、家族にも相談できないため被害が大きくなっていることが多く問題です。

 

 この様なときには当社に相談ください。アイ総合コンサルタントでは誰にも知られず解決しています。

 

 

 

アイ総合コンサルタント

 

 

 

 

 

美人局 売春 援助交際 恐喝

美人局 売春 援助交際 恐喝
大阪 京都 神戸 岡山 広島

 会社員男性(独身47歳)が中学2年生の女子生徒B子(14歳)に、路上で援助交際を目的で声をかけたことから交際が始まり、その後B子に紹介された友人A子(15歳)中学3年生とも援助交際をすることになった。

1回4万円で交際を繰り返していたが、後輩のB子が妊娠したことをA子が「警察に言う」と脅迫。男性は自分が父親ではないと思ってはいたものの、「警察に知らされてはまずい」ということで、A子に言われるがままに、計350万円をA子に渡した。

 さらに、A子は自分の交際相手の男(23歳)に車を運転させて、男性を複数の消費者金融の現金自動支払機に連れていき、計200万円を借りさせてその金を奪った。合計550万円を奪われた男性は、その上またしても現金150万円を要求されたことで耐えきれずに県警に被害届を提出。児童買春禁止法違反の疑いで事情を聴かれることになった。

 A子はこの47歳男性への恐喝などの疑いで逮捕されたが、別の37歳会社員男性にも同じような手口で現金約50万円を脅し取っていたことから、恐喝容疑で逮捕されており、少年鑑別所で観護措置中の再逮捕であった。

 「買う大人が悪いのか、売る少女が悪いのか」問題でもなく、「家族や生活のため」でもなく、「遊ぶ金欲しさ」「欲しいものを買う金欲しさ」で売春をするというのは、世界的に見てもめずらしいことだと言われ、日本人のモラルを問われるところです。

 今回のケースは、表ざたになっているのですが、美人局(つつもたせ)」による脅迫事件などはこれまでにも報告されています。違法行為をすれば脅迫される危険性がある、ということを十分に理解し、援助交際をしている為少女も恐喝したのでしょう。

 「児童買春・児童ポルノ禁止法」では、児童買春をした場合「3年以下の懲役又は100万円以下の罰金」ですから、この男性は脅迫に屈して500万円以上支払するなら自らもう出ても100万円で済むのですが、なかなか犯罪者になっても平気な人はいないのが当たり前の事です。社会的地位、現在の職を失う恐怖、家族に迷惑など様々なことを考え少女に金銭を払ったのでしょう。


このような、脅迫にあって困っている方は当社に相談ください。あなたの力になります。





美人局 売春 援助交際 恐喝解決


アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

美人局 つつもたせ ゆすり たかり の解決

美人局 つつもたせ ゆすり たかり の解決

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 最近以前のように、美人局トラブルの相談は増加傾向にあります。

 原因としてはやはりインターネットの普及による出会いの場の増加と景気の上昇が望めない為こんなことでもして稼ごうという輩が増えたからと考えられます。

美人局トラブルの20年ぐらい前はテレクラがメインで、10年ぐらい前は、デリヘルで、現代では出会い系サイトやSNS,出会い掲示板などネットを利用したものが主流となっています。
ネットの特性でもある「顔の見えない相手」との接触に起因して、援助交際や児童買春などの刑罰法規に抵触する行為へと発展し、恰好の美人局被害者へなってしまうのです。

当然現在でも、不倫・不貞行為や,妊娠を理由とした美人局トラブルも数多く発生しています、背後に潜む男(夫)の影や、ヤクザの存在をちらつかせて、金銭を要求する手法が現在でも横行しています。

美人局の手口は、「相手の弱みに付け込む」点は20年ぐらい前から変わっていません。

美人局の加害者は、不貞行為や援助交際の事実を家族や勤務先にばらすことをほのめかしたり、裁判や警察沙汰にすることをちらつかせ、美人局の被害者を不安と恐怖、逃げることが出来ない状況に追い込み法外な金銭の要求をしてくるのです。

正常な判断能力を失った美人局の被害者が、相手方の要求に応じ示談金や慰謝料を支払うと、ここぞとばかりに追加でお金の要求をしてくる者もいます。
 一度目をつけた相手からは徹底的にお金を搾り取る手口と、組織的に多くの案件を抱え逮捕されにくい対応を取っているところさえあります。
 安易に金銭を支払った為に、美人局加害者にまだ十分に金をとれると思われ事態の悪化を招いたケースもありました。

かといって相手にしなければ、家族や勤務先への通知や警察への通報等の報復行為をされ、取り返しのつかない事態を生じさせてしまったケースもあります。
表沙汰にせずに「穏便に且つ秘密裏に」美人局を解決したいとお考えの方は当社にご相談下さい。

「家族や勤務先に知られずに」美人局を解決することを目的としそれに対応した手法で対処しています。 
豊富な経験と各種専門家による対応で美人局トラブルを解決に導くことが出来ます。

当然、恐喝・脅迫事件や美人局トラブルに対応可能な弁護士・司法書士などの専門家のご紹介も可能です。

勇気を持って相談することが解決の第一歩です。 当社に相談くださいあなたの力になります。


美人局 つつもたせ の解決なら

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

脅迫を解決

脅迫を解決

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 

知人女性に脅迫文を郵送したとして、脅迫容疑で○○容疑者(41)を逮捕した。この女性が連れ去られ、監禁された事件についても関連を調べている。

  逮捕容疑は、同僚だった20代の女性に「約束破ったら次の行動に移す。子供?親?」などと書いた脅迫文を4回郵送した疑い。○ ○野容疑者は否認している。

  女性は、警察にストーカー被害に遭っていると相談していたとのこと。被害当日には目隠しをされて連れ去られ、○○市内の空き家に監禁されてわいせつ行為の被害に遭ったが、○○容疑者が助けに現れた。警察は○○容疑者が連れ去りにも関与したとみて、監禁容疑などでも調べている。

  この様に、脅迫は被害者、加害者ともに面識があるケースが多く、そのことが原因で早期の解決にならないことがあります。

  脅迫を解決したいと思っているなら当社へ相談ください。当事者間だけでは解決出来ないことが多く、事態を悪化させてしまう結果になることもあります。

 トラブル解決、問題解決の基本は、現状把握そして当事者だけでの解決をしようとしないこと。なぜなら当事者で解決できないから今のような状態になっているからです。また状況分析、判断も第三者の方がより冷静に判断できるのです。当事者だと感情的になり解決できることでも難しくなってしまいます。


脅迫を解決したいなら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島


訴訟詐欺の手口 大阪 神戸 京都 詐欺で脅迫 恐喝

訴訟詐欺の手口 大阪 神戸 京都 詐欺で脅迫 恐喝

不倫をばらすぞ」と、ラブホテルの駐車場で撮影したビデオテープ、DVDと一緒に現金を要求する脅迫状が送りつけられるなどの事件を訴訟詐欺という。不倫などやましいことをしている相手に対して行う詐欺で、不倫相手の夫、妻を装おうタイプと、そのことを周囲や会社などにばらすとかなどである。


 

この様なことで、脅迫や、恐喝を受けている方はご相談ください。力になります。

 

 

~

訴訟詐欺を解決 大阪 神戸 京都

アイ総合コンサルタント

恐喝事件 恐喝脅迫解決ダイヤル  

0120-007-808

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

脅迫・恐喝解決 岡山 恐喝事件

脅迫・恐喝解決 岡山 

「万引きを警察に通報する」と50万円恐喝容疑 スーパー店長ら逮捕 

 
1377円相当の商品を万引きした男性らから50万円を脅しとったとして、岡山県倉敷市の スーパーセンタートライアル倉敷店の店長や保安員ら3人が恐喝容疑で逮捕された事件で、 岡山県警が、別の2人に対する恐喝容疑で26日にも3人を再逮捕することが、捜査関係者への 取材でわかった。

岡山県警は、スーパーを経営する「トライアルカンパニー」(福岡市)の関与についても 引き続き捜査を続ける。

捜査関係者によると、3人は今年2月ごろ、約千円の
商品を万引きした中学生の母親から 現金約10万円を脅しとったほか、約2千円の商品を万引きした30代女性の親族から 約10万円を脅し取った疑いがあるという。いずれの場合も、「払わないと警察に突き出す」 などと脅していたとされる。2010年事件

明らかにスーパー側の万引き対応は、間違って現在は改まっていると思うが、私かコンサルタントしているところでは、このような対応は、最初からしていなかった。又店長が会社方針と証言しているとも、社員教を徹底すべきである。

恐喝 脅迫を解決 岡山恐喝脅迫事件

アイ総合コンサルタント

岡山恐喝事件 恐喝脅迫解決ダイヤル  

0120-007-808

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島