隣人トラブル 相談・解決 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

思想 思考

思想 思考

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

 隣人トラブル事件の加害者となる人の特徴として思想と思考に問題がある人に多い。実際の犯罪者にもこの問題を抱えている人が多い。こんな人と話し合いをしても問題の解決にはつながらない。

思想
 思想は、人間が自分自身および自分の周囲について、あるいは自分が感じ思考できるものごとについて抱く、あるまとまった考えのこと。

思考
思考は、考えや思いを巡らせる行動であり、結論を導き出すなど何かしら一定の状態に達しようとする過程において、筋道や方法など模索する精神の活動こと。


 福祉施設で19人が殺害された事件で、容疑者の男が措置入院をしていた時、「ヒトラーの思想が2週間前に降りてきた」と話していたことがわかった。

  施設の元職員が福祉施設で入所者を刃物で襲い、19人が死亡、26人が重軽傷を負った。

  容疑者が精神科の病院に措置入院していた際、医師に対し「ヒトラーの思想が2週間前に降りてきた」と話していることが分かっている。

  治療中、「重複障害者がいなくなることで、国家的に経済的な負担が軽くなる。自身が抹殺事件を起こせば、法律が変わるきっかけにもなる」とも話していたということの様です。

 このように、思考と思想に問題を抱えれしまうと、犯罪加害者になってしまうことがあります。宗教団体が起こす事件も、この思想と思考が大きくかかわってくることが多く、宗教的な思想と思考が問題の場合多くの被害者、多くの加害者を生むこととなります。

 隣人トラブルで大きな事件に発展するケースは、加害者が思考と思想に問題を抱えていることが多いのも事実として知っておくべきです。

 隣人トラブルに関しては、近年爆発的に増加しており、相談件数も増えております。隣人トラブルには様々なケースがあります。些細な口論から大きな事件にまで発展してしまい、精神的に大変追い込まれてしまう事もあります。隣人トラブルは、早めに解決しておかなければすぐに泥沼化して、解決が困難になってしまう性質を有しています。そんな方のために私たちが全力でサポートいたします。

生ごみ投棄トラブル 近隣トラブル

住民トラブル 近隣トラブル

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

 近隣トラブル、隣人トラブルで多いのがゴミにかかわるトラブルで、他人の敷地内に生ゴミを捨てる人、もっと迷惑な粗大ごみを置いていく人、様々な迷惑な人がいます。そのゴミを捨てる人は近所の人ならなおさら厄介なことです。

 このようなことをする人は常識や法律を使って対応しても効果がないのです。ゴミを他人の家に投げ込んだとしても大した罰を法律では与えることは不可能です。事件にしてもすぐにごみを捨てられた人もいました。

生ごみ投棄トラブル



 近くの民家に生ごみなどを捨てたとして、の無職の女(74)を廃棄物処理法違反(不法投棄)容疑で逮捕し、発表した。容疑を否認しているという。この民家の住民が所有する近くの空き地には、計約7トンのごみが投棄されていたといい、県警はこれを回収し、女の関与を慎重に調べる。

 軽擦によると、逮捕容疑は、近所の住民が集積所に出した家庭ごみ1袋(約4キロ)を勝手に回収し、この住民宅の玄関先に捨てたというもの。この住民は取材に「空き地の所有権をめぐってトラブルになり、(女が)空き地に数十年間、プラスチックゴミや段ボールなどを捨て続け、高さ数メートルに積み上げられていた」と話した。

 
 トラブルを起こす人

 トラブルを起こす人は、コミニケーションをとることが苦手で話で何とかなると思って対応していては一向に解決することはありません。また、話の趣旨を理解することも困難な人が多いので話をすること自体がトラブルの原因であるということが多いのです。


 近隣の方とトラブルを起こさないために大事なのは、そこに住んでおられる方々とのコミュニケーションが大事となってきます。ですが、近年は昔とは違いそのコミュニケーション自体が希薄になってきている傾向があり、トラブルにも発展しやすいのが現状です。

 もしあなたが現在近隣トラブルでお悩みなのでしたら、一度私たちにご相談下さい。盗聴、盗撮、ペットトラブル,嫌がらせなど必要であれば各種専門家をご紹介いたしますのでご安心ください。


認知症問題

認知症問題

これからもっと増えてくる問題です。

現在、様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか?そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます。


信頼と実績のリピート率72.8%!!お悩み事、問題事の解決方法をお探しの方は当社へ相談ください!一人で悩まず、私共にご相談頂ければ、必ずやあなたのお力になれます!秘密厳守も徹底しておりますので、安心してご相談ください。あらゆるネットワークを備え、どんなお悩みごと、問題ごとにも柔軟に対応し、解決させて頂きます。この状勢下、様々なお悩み事や問題事を抱えておられる方が近年増加しています。「だけど、どこに相談すればいいのか分からない」というのが気持ちもある事と思います。確かな知識を備えた専門のスタッフがあなたのお悩みや問題を徹底的にサポートし、早期解決とへ導くべく、お客様の幸せの一助になる事を志し、誠心誠意、まごころを持ってお手伝いをさせて頂きます。男女のもつれや近隣とのやっかい事、金銭や犯罪にまつわる問題だけでなく、家族・親族間での心配事は勿論の事、職場や企業における悩み事、商取引における衝突などにも対応させて頂きます。これら以外にも諸々のご相談事を承っておりますので、該当するものがないと思われるケースに遭遇しておられる方も、是非一度当方までお問い合わせ頂ければ、専門スタッフがご相談に応じさせて頂きます!


 同居する男性に猿ぐつわをしたとして、神戸西署は7日までに、長男の会社員西谷昇容疑者(29)=神戸市西区森友=と、男性の妻早苗容疑者(59)=同=を逮捕の疑いで逮捕、送検した。男性は既に死亡しており、同署が因果関係を調べている。

  2人の逮捕容疑は5日午後8時半~6日午前5時ごろまでの間、自宅で、無職西谷喜久男さん(68)に、タオルのようなもので猿ぐつわをした上、手足を縛った疑い。2人は「認知症で暴れるので縛った」などと容疑を認めているという。

  同署によると、喜久男さんは両容疑者と3人暮らし。6日午前5時20分ごろ、昇容疑者が「父が亡くなったかもしれない」と消防に通報し、発覚した。救急隊員が到着した際、既に死亡していたという。司法解剖の結果、死因は不詳だが、遺体の顔や喉に傷痕があったといい、同署は日常的な暴行の有無についても調べる。

生活音トラブル

生活音トラブル

「隣人刺した男逮捕 被害者は負傷後、男を部屋に上げて酒提供

埼玉・川口市で、アパートの隣に住む男性を刃物で切りつけた疑いで、64歳の男が逮捕された。隣人トラブルが招いた事件の一部始終を、被害者自らが語った。
 刃物で切りつけられた被害者の男性(70)は「ここに骨がある。そこにぶつかった。やっこさん(容疑者)、横にしてきましたから、刃を」と語った。
 男性の胸に生々しく残る傷。
この男性を刃物で切りつけたのは、アパートの隣の部屋に住む男だった。
1月7日夕方、川口市にあるアパートで事件は起きた。
アパートに住む男が、隣の部屋に住む男性のもとを訪れ、突然切りつけて逮捕された。
 殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、無職の筒井真悟容疑者(64)。
 筒井容疑者は、隣に住む70歳の男性の部屋を訪ね、胸に刃物で切りつけた疑いが持たれている。
 動機について、隣人が出す生活音がうるさかったと話している筒井容疑者。
FNNは、被害に遭った男性に、当時の状況を聞くことができた。
 男性は「(筒井容疑者がドアを)バーンと、何も言わずに。20cmくらいの刃渡りの(包丁)。(刃が)パキンと折れて。(わたしは)痛みなんかあまり感じない。わたしもお酒が入っているから」と語った。
 筒井容疑者が突き出した刃物は、男性の胸の骨に当たり、刃が折れたという。
すると男性は「なんで刺されたのかわからないが、『まあまあ、いいから上がれよ』と。(そのままおうちに?)上げて、わたしは飲んでいたから、お前も飲めよと。缶ビール2本飲ませてやって」と語った。
お互い高齢者の1人暮らし。
 普段から食料品などを分け合う仲だったこともあり、男性は、筒井容疑者を部屋に上げ、1時間ほど酒を飲んだという。
 男性は「(わたしは)『今度、素手でやるんだったら、お前、おれの方が絶対強いからな』と言った」と語った。
また、男性は病院に行った時のことについて「(医者は)当たったところが骨だから、それ以上、(刃が)行かなかったと。刃物が入らないのに血が出るということは、かなりの力だったということですね。あの野郎、殺意があったのかと」と語った。
 被害に遭った男性は事件後、筒井容疑者に会うことはなく、謝罪の言葉もなかったため、11日、筒井容疑者が部屋にいることを確認し、110番通報したという。
 生活音が原因で起きたとされる事件。
 被害男性は、その音について、「音はここが1カ所。(ミシミシという音?)そうです。音に敏感なのかな」と語った。
 警察は、トラブルの原因をさらにくわしく調べている。

隣人トラブル 騒音

隣人トラブル 騒音

また隣人トラブルで殺傷事件です。

隣人トラブルは、我慢の限界を超えたところで起きているケースが多く次のように事件に発展しています。

「床の音うるさい」 64歳男が隣人切り付け

 埼玉県川口市のアパートで、「床の音がうるさい」と隣に住む男性を包丁で切り付け、けがをさせたとして64歳の男が逮捕されました。

  川口市の無職・筒井真悟容疑者は7日夕方、自宅アパートの隣の部屋を突然訪れ、住んでいた男性(70)の胸の辺りを包丁で切り付け、けがをさせた疑いが持たれています。警察によりますと、11日の朝になって被害者の男性から「胸を刃物で切られた」と110番通報がありました。通報を受け、駆け付けた警察官が筒井容疑者から事情を聴いたところ、「かっとなってやった」などと容疑を認めたため逮捕しました。筒井容疑者は、「以前から床の音がうるさかった」などとも話しているということです。警察は、生活音を巡るトラブルが動機とみて捜査しています。

アイ総合コンサルタントが調査を行い証拠をもって明らかにします。
その後、周辺住民と交渉を重ね解決へと導きます。
生活を行う上で欠かすことができない物の一つが近隣住民との関係と我々は考えています。当然近隣トラブルが発生すると生活に悪影響が起こるのは当然のことです。
もし、あなたが近隣トラブルに巻き込まれているのなら早急に解決することが必要です。
あなただけではなく家族も巻き込まれるケースもよくあるのがこの手のトラブルです。



ペットトラブル

ペットトラブル


被害女性を助けず帰宅 逮捕の飼い主供述


 北海道白老(しらおい)町の海岸で2月、散歩中の女性が○○犬2匹に襲われ水死した事件で、23日に重過失致死容疑で逮捕された飼い主の無職、佐治清容疑者(65)=同町=が道警苫小牧署の調べに対し、犬を放した後、女性の悲鳴が聞こえたので駆け付けたが、女性を助けずに自宅へ犬を連れて帰ったと説明していることが、同署への取材で分かった。



 ○○署によると、女性が襲われてから約3時間後の2月26日午後1時ごろ、佐治容疑者は「海岸に女性が倒れている」と近くの駐在所に届け出たが、自分の犬が襲ったことは隠した。その後、佐治容疑者が海岸で大型犬を放していたとの目撃情報に基づいて、○○署が任意で事情を聴いたところ、「倒れていた女性に自分の犬がかみついていた」と、うその説明をしたという。



 ○○容疑は同日午前10時ごろ、同町の海岸で、大型の○○犬2匹が凶暴なことを知りながら、周囲を十分に確認せずにリード(引き綱)を放した結果、2匹が散歩中の同町、無職、橋場トミ子さん(当時59歳)を襲って転倒させ、海で水死させたとしている。橋場さんの顔や腹などに、かまれた傷が多数あった。



 2匹は3~4歳の雄で、いずれも体重約50キロ、体長1メートル超。事件後、苫小牧保健所で殺処分された。



 北海道○○犬普及会の三戸俊裕(さんのへ・としひろ)理事長代行(63)=函館市=は「犬をリードにつなぐという基本すら守っておらず、考えられない。責任は重い」と憤る。○○犬は普段はおとなしいが、子犬の時でもじゃれ合っているうちに闘争本能が働くことがあるという。「ストレスさえため込まなければ人間の言うことを聞くが、それでもリードを放すようなことはしない」と話した。


除雪 トラブル

除雪 トラブル


 除雪をめぐる住民同士のいさかいで男性が暴行を受け、心筋梗塞で死亡する事件が12日、○○市であった。今回は命が失われるという最悪の事態を招いたが、県内では除雪にからむ近隣トラブルは毎年のように発生し、警察や自治体に相談、訴えが寄せられている。大半の地域では住民同士が協力して円滑な除雪を行っており、トラブルは日ごろの近所付き合いの関係性を反映しているようだ。


 ○○県警広報相談課によると、昨年1年間に県警に寄せられた除雪をめぐるトラブルは52件(業者とのトラブルも含む)。今年に入ってからは5件あり、うち3件は隣人同士の問題だった。



 相談内容で目立つのは 自分の敷地に雪を捨てられた 道路に雪を捨てている―など。自分の駐車スペースを除雪せず公道に車を止めて道をふさいでいるという苦情もあるという。道路の安全確保に支障が出る場合、道交法に基づき当事者に指導するが、隣人間の問題は町内会長や区長など第三者を交えて話し合うよう求めている。「当事者だけでは言い合いになり、事件に発展しかねない」と同課。近年では2012年12月、○○市で除雪をめぐる口論から隣人を雪かき用のプラスチック製スコップで殴った男が逮捕される事件も起きている。


 相談は自治体にも寄せられる。○○市土木課によると、「除雪機で飛ばした雪が敷地に入ってきて困る」「水路上流の住人が大量の雪を捨てるため、下流で水があふれる」といった内容が毎年あるという。



 ○○市消費生活センターには「家同士の境界を越えて雪が寄せられた」「隣家の落雪で物置が損傷した」などの相談があるといい、担当者は「個人間の問題に行政が立ち入ることができず、当事者や地域での話し合いによる解決を促すしかないので難しい」と話す。建物の損傷など、事例によっては弁護士への相談を提案している。


 ○○市では過去に、屋根からの落雪が原因で近隣トラブルが発生し、当事者では解決できず、調停に発展したケースがあった。同様の事例で調停委員を務めたことがある男性は「普段の近所付き合いが円満でないと、感情的なトラブルに発展する可能性が高くなる。火種は冬だけにあるわけではないようだ」と推察する。


 ○○県内有数の豪雪地域である○○町の担当者は住民同士のトラブルについて「隣家の屋根に積もった雪が自宅敷地内に落ちてきたなど、大なり小なりある」とする一方、「それで言い争いになることはほとんどない。多くは『お互いさま』と理解している」。同様に屈指の降雪量で知られる○○市の担当者も「豪雪地なのでマナーを分かっている」と話している。



近隣トラブル解決なら



アイ総合コンサルタント



相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

隣人トラブル相談 隣人トラブル解決


 隣人トラブル相談 隣人トラブル解決


大阪 京都 神戸 岡山 広島


近隣トラブル 住人刺す 殺人未遂容疑で緊急逮捕 無職の男を逮捕
 
 
 近隣住人の男性を包丁で刺して殺そうとしたとして、○○府警は9日、○○都市○○区○○○○○○町、無職○○○○容疑者(61)を殺人未遂容疑で緊急逮捕し、発表した。男性は死亡し、○○府警は容疑を殺人に切り替えて調べる。○○容疑者は「10年来の恨みがあった。殺すつもりはなかった」と話しているという。

 ○○署によると、○○容疑者は9日午前10時半ごろ、近所に住むクリーニング店経営、○○○○さん(75)の首や腹を複数回包丁で刺し、殺害しようとした疑いがもたれている。

 ○○署によると、○○さんは別の近隣住人と立ち話をしているときに刺され、まもなく搬送先の病院で死亡。○○さんと話していた住人が110番通報した。

 現場は東映太秦映画村の近くの住宅街。

 

 隣人トラブルの相談は、良く受ける相談の一つです、当事者間で何とか素養としても状況が悪化するケースが多々あります。そんな時には当社が役に立ちます。このような隣人トラブルの案件は多数扱っています。

 隣人トラブルの放置はこのような事態を招きかねません。隣人トラブルでお悩みの方は当社に相談ください。あなたの力になります。



 

隣人トラブル解決・トラブル相談


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島