ハメ撮り 脅迫 恐喝 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

強姦被告側弁護士 示談脅迫

強姦被告側弁護士 示談脅迫

「示談なら暴行ビデオ処分」被害女性を脅迫


 宮崎地裁公判、20代の被害女性「脅された」と証言

  宮崎市のオイルマッサージ店で女性客ら5人に性的暴行などを加えたとして強姦(ごうかん)罪などに問われている経営者の男(44)の宮崎地裁での16日の公判で、20代の被害女性が「被告側弁護士から『暴行の様子を撮影したビデオがある。告訴を取り下げれば処分する』と脅された」と証言した。被告側の男性弁護士は取材に対し「選択肢として提示した。脅されたと思われるなら仕方ない」と交渉の事実関係を認めた。

  女性は証人尋問で、経営者逮捕後の2014年3月、自らの代理人弁護士を通じ、被告側弁護士から「『法廷でビデオが流されると分かっているのか。流されたくなかったら告訴取り下げをしろ。示談金はゼロ』と言われた」と述べた。さらに女性は「(ビデオが)流出したらどうしよう、なぜこんな思いをしなければいけないのか」と訴えた。

  宮崎県弁護士会所属の被告側弁護士は閉廷後、取材に対し「『告訴を取り下げたら(ビデオを)処分するが、どうする』とは言った」と認めたが「法廷での被害者の不利益が大きいのではないかと考え、選択肢として示した」と脅しではなかったとした。ビデオの動画は示談交渉決裂後、捜査側に提出したという。

  起訴状によると、経営者は10~13年、店で20~40代の女性客らに暴行したなどとして14年2~7月、強姦と強姦未遂、強制わいせつ罪で起訴された。起訴内容を否認している。

ハメ撮り 画像脅迫 映像恐喝

ハメ撮り 画像脅迫 映像恐喝

 大阪 京都 神戸 岡山 広島

 

 

 誰にも知られることなく、ハメ撮り恐喝 ハメ撮り脅迫を解決します。ハメ撮り脅迫のトラブル解決の基本は誰にも知られることなく対応をし解決をするのが基本となります。

 当社で最近増えている相談で最も多い案件は、交際している彼女の裸を携帯電話やビデオカメラ、デジタルカメラなどでを撮影をしたがる男性がいます。なかには、当然セックスしているビデオを撮影する男女もいます。男女ということであれば仲良くお互いを信頼しあえている時は良いのですが、関係が壊れた時は大変です。

 女性の中には好きな男性から頼まれたら断れない方も多いようです。被害女性から信頼や愛情の証しとも考えていたとのことです。


 男性の場合「趣味」、「コレクション」としての映像撮影をしているようで、なかにはそれを利用して、悪いことを考える男性は少ないようですが、中には悪用を考えたり、悪ふざけを考える輩もいます。その映像をインターネットに流出、自宅に郵送、近所にばらまき たくなければ、「よりを戻せ」、「金をよこせ」、肉体関係を迫られたり、恐喝、脅迫してきます。

 

 最近では出会い系サイトなどで知り合った男性と会ったその日に関係を持ち、写真をとられ、恐喝・脅迫されるという事件も多発していているようです。そのため、恐喝している相手がどこの誰だかわからずに、電話やメールでで、恐喝・脅迫されているのが現状です。また携帯電話で手軽に撮影ができ、さらに携帯のメール機能で簡単に出回ってしまうので大変恐ろしいのです。


 当社では、恐喝、脅迫の被害を調査し、犯行の証拠をおさえ、犯人を特定するなど、解決に向けてのサポートと、被害を拡大させないようあらゆる対策を施し被害者の救済をしてきました。この様なことでお悩みの方は当社にご相談下さい。貴方の力になります。



ハメ撮り脅迫解決 アイ総合コンサルタント

ハメ撮り脅迫 ハメ撮り恐喝解決ダイヤル

相談ダイヤル0120-007-808

大阪 兵庫 神戸 京都 岡山 広島