リベンジ ポルノ 相談・解決 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

盗撮賠償命令

盗撮賠償命令

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

 芸能人が自宅内にいる姿を盗撮した写真が週刊誌に掲載され、精神的苦痛を受けたとして、週刊誌に2200万円の損害賠償を請求した訴訟の判決が27日、地裁であった。裁判長は「芸能人であることが、自宅で過ごす姿をのぞき見られることの違法性を軽減する理由にはならない」として、週刊誌側に550万円の支払いを命じた。

  判決によると、掲載された写真は週刊誌から委託を受けたカメラマンが、芸能人方近くのアパートの廊下から撮影した。判決は、カメラマンがこの撮影行為でのぞきで有罪になったことなどに触れ、「撮影の態様は悪質」と指摘とし。週刊誌は写真の違法性を認識しながら掲載に踏み切ったとして「会社ぐるみで不法行為をしており、コンプライアンス上の問題が大きい」と結論つけた。



駅で、女性会社員のスカートの中を盗撮した疑いで、現行犯逮捕されました。

 迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕、容疑者は駅のホームに上るエスカレーターで女性会社員のスカートの中を携帯電話のカメラで動画撮影した疑いがもたれています。

 警察によると女性会社員の背後にいる容疑者を別の女性が不審に思い駅員に通報したということです。

 容疑者は「間違いありません」と容疑を認めていて、他にも携帯電話に盗撮したとみられる映像が複数あることから警察は余罪についても追及する方針です。

 このように携帯電話普及から盗撮事件が頻繁に起こるようになり、特別な道具を用いず、手軽に盗撮ができるようになりました。

 盗撮件数は、最近明らかに増えているように思われます。盗撮した画像で脅迫などの事件も増えてきており、今後画像映像を活用した犯罪も増えてくるでしょう。



リベンジポルノ 恐喝 脅迫 

 上記以外にもご相談の方承っておりますので、該当するものがない場合でも、一度お問い合わせ下さい。専門スタッフが有料となりますがご相談に応じます。

リベンジポルノ 兵庫県 姫路市

リベンジポルノ  兵庫県姫路市


大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

リベンジポルノ

元生徒にリベンジポルノ 県立高校教諭を懲戒免職
 教師が教え子に対してリベンジポルノの犯罪犯した事件は時々聞く話です。このような事件は表ざたになることは非常に少なく、実際にはかなりの数があると思われます。


 いわゆるリベンジポルノで教え子だった女性を脅迫していたということは、不適切な関係を持ったうえで、映像、画像までも撮影していたということで、兵庫県の高校教諭が懲戒免職処分となったようです。

 当社で扱った事案では、塾講師が中学生と不適切な関係を持ち画像を撮影され、関係を強要されていたことがありました。

 子供の教育に携わる人の中に、ある一定数小児性愛者 10歳から18歳ぐらいまでの子供すら恋愛対象とみているものがいると感じられることがあります。

  商業高校の教諭被告は、過去に交際していた元教え子の女性に「俺のことを言いちらかすと容赦なく画像をばらまくぞ」などと言って、交際中の写真などを使い脅したとして今年1月、逮捕・起訴されていました。

  これを受け県の教育委員会は、この教諭を懲戒免職処分にしました。


未成年者だからといって、セックスをしないわけではない。

 むしろ14~18才くらいの性欲はもっとも強く、性的興味は尽きないのが現実で、現実的にそのような年齢でも性交渉をしていることは明らかです。


 子供を安心して預けることができる大人を見分けることは大変困難なことで、子供嫌いの大人は子供教育の現場で仕事をすることはごくまれなことで、実際は子供が好きでなければそのような教育現場場での仕事は苦痛でしかないのです。

 

リベンジポルノで追加捜査へ

リベンジポルノで追加捜査へ


最近では交際期間に撮られた裸の写真などをネタに復縁を迫られたり、恐喝されることがあります。 一度画像や映像をネットに流されてしまうと、就職や結婚にも影響がでる恐ろしい被害です。


リベンジとは「復讐」です。復讐されるほど相手は追い詰められているのです。復讐心を抱かせるほどの出来事を起こしていませんか。復讐心が解消されるための対策が必要です。


2013年10月8日に三鷹ストーカー殺人事件があり、加害者の男性が元恋人である被害女性のプライベートの写真および映像をウェブサイトを通じて拡散させたことで問題となった。谷垣禎一法務大臣は同年10月23日の参議院予算委員会で、「現行法で対応ができる」とし、新しく規制をかけることには慎重な姿勢を示した。

 東京都三鷹市で高校3年の女子生徒が刺殺されたストーカー事件で、殺人罪などに問われた元交際相手の無職、池永チャールストーマス被告(23)が生徒のプライベート画像をインターネットに投稿したとして、遺族が児童買春・ポルノ禁止法違反罪で東京地検立川支部に告訴し、受理されたことが17日、分かった。生徒の両親の代理人弁護士が明らかにした。

  受理は13日付。代理人は「両親はリベンジポルノ(復讐目的の画像投稿)についても処罰を求めている」と説明した。立川支部は今後、追加捜査を行う。

  1審の東京地裁立川支部判決は、起訴されていないインターネットへの投稿行為を「殺害と密接に関連する特に悪質な事情」と重視。しかし、2審の東京高裁判決は「別の罪に当たる行為を殺人罪の刑を重くする要素として過大に評価した」と判断、懲役22年とした1審判決を破棄して審理を差し戻した。

  1審判決によると、池永被告は平成25年10月8日、生徒宅に侵入し、生徒の首や腹部をペティナイフで刺して殺害した。

リベンジポルノ

リベンジポルノ


近年増え続けている被害で、海外では自殺者も出ている大きな問題です。
リベンジポルノを直訳すると「復讐ポルノ」。
 言葉の通り、復讐という意味が込められています。
リベンジポルノとは、元交際相手や元配偶者から交際中のベッド写真や映像を公にされる等の被害です。
 裸の写真など、かなりプライバシーに踏み込んだ映像をネットに流出され、結婚や就職などにも影響をきたすこともあります。
このリベンジポルノ被害の恐ろしいところは、放置することで被害が拡散すると言うところです。
インターネットは、世界中いたるところに普及しており、パソコンだけではなくスマートフォンやタブレット端末などを使い誰でもが見る可能性があります。家族や会社の同僚、町のパン屋さん、交際相手、その両親など
絶対に見られてはならない人物が目にする可能性があるのです。


41歳パート女性の「裸画像」投稿

 
 群馬県警は30日、元交際相手の裸の画像をインターネット掲示板に投稿したとして私事性的画像記録の提供被害防止法違反などの疑いで、群馬県高崎市井野町、自営業、田中辛二容疑者(43)を逮捕した。

 逮捕容疑は、元交際相手のパート女性(41)の裸などが写った複数枚の画像を携帯電話からインターネット掲示板に投稿。昨年12月17日~今年1月10日、不特定多数に閲覧できるようにして名誉を傷つけた疑い。

 県警によると、田中容疑者はインターネットのサイトで女性と知り合い、2012年ごろに1年間交際していた。画像の投稿は昨年10月で、県警は同法の罰則規定が同12月に施行されて以降を逮捕容疑とした。今年1月11日に女性が県警に相談し、画像は削除された。

 

 札幌・東署は9日、女性を装い、同じ大学に通う男性にストーカー行為をされているとウェブサイトに書き込んだとして、名誉毀損の疑いで札幌市手稲区、大学生、千葉慎太郎容疑者(22)を逮捕した。

 東署によると、千葉容疑者は「彼女を取られて仕返ししてやりたかった」と話しているという。

 逮捕容疑は1月25日ごろ、札幌市厚別区の男性(22)からストーカー行為をされているとウェブサイトに書き込み、男性の写真を掲載して名誉を傷つけた疑い。

 東署は、千葉容疑者がかつて交際していた女性の裸の写真をインターネット上に投稿していることを確認しており、リベンジポルノ(復讐目的の画像投稿)に当たるとみて、私事性的画像記録の提供被害防止法違反の疑いでも捜査している。

リベンジポルノ 防止法成立で何が変わる

リベンジポルノ 防止法成立で何が変わる




 リベンジポルノを防ぐための「私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律」が、平成26年11月19日、成立しました。



 この法律は、第三者が撮影対象者を特定できる方法で、個人的に撮影した性交又は性交類似行為や性器等が写っている画像記録などを、インターネットに掲載したり、不特定多数に提供するなどした場合に、3年以下の懲役、または50万円以下の罰金に処することなどを内容にしています。



これによりリベンジポルノ の取締りに効果があるのか。



リベンジポルノは現行法でほとんど対応が可能です。



リベンジポルノが公開された場合に該当し得るのは以下の罪になり得ます。



わいせつ物公然陳列罪(刑法175条1項)

2年以下の懲役もしくは250万円以下の罰金
※ただし、少なくとも現在の日本では、性器が写り込んでいる必要がある。



児童ポルノ公然陳列罪(同法7条4号)

5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金
※被写体が18歳未満の場合



名誉毀損罪(刑法230条1項)

3年以下の懲役もしくは禁錮または50万円以下の罰金



ストーカー規制2条8号

6カ月以下の懲役又は50万円以下の罰金

このように色々な罪を当てはめ得るというのが実際のところであり、法定刑も名誉毀損罪と実質的に同じです。


リベンジポルノ防止法に意味はあるのか



 リベンジポルノを直接的に法律違反であると規定されることで、このような行為がダメなことであるということが周知される効果はあるといえます。



 このような法律ができらからといって、リベンジポルノがなくなるというわけでは当然ないと思います。被害に遭わないためには、撮影をしない・させないということが重要です。

被害を減らすためには、個々人がこの点をきちんと徹底する必要があるでしょう。

リベンジポルノ 問題点

リベンジポルノ 問題点


大阪 京都 神戸 岡山 広島 

誰にも知られずリベンジポルノを解決


 事件を取り巻く問題は山積みだ。まず、一度アップされた画像は回収不可能という問題である。友人限定のSNS等であればまだ拡散を防げる可能性もあるが、ポルノサイト等の第三者が閲覧可能なサイトにアップされたものは、半永久的に誰かの手に渡ったままとなり、常に世界のどこかのサイトにアップされてしまう怖れがある。



 リベンジポルノ犯罪に関する報道は、例え匿名で事件を伝えたとしても、インターネットで検索すれば簡単に当該ファイルにたどり着けてしまう恐れがある。ただでさえ事件によってショックを受けた被害者を、報道が二重に傷つけてしまうのである(したがって、本稿では具体的な事例については言及しない)。訴えを起こしたりその報道によって逆に事件を有名にしてしまうことを、実際にそうした被害に陥ったアメリカの有名芸能人の名前を取って「ストライサンド効果」というが、こうした問題にマスメディアが敏感にならなければ、二次被害を恐れて被害者が声を挙げることができなくなってしまう。




 スマートフォンで容易に情報発信が可能になったことが、根本的に事件の増加を引き起こしてしまっている。近年、リベンジポルノと似た構造をもち、英語圏で「セクスティング(sexting)」と呼ばれる問題がある。これは、sex(性ないし性行為)とtexting(携帯電話でメッセージを送る)をかけた言葉で、携帯でポルノ画像を相手に送る行為である。主に10代の少年少女が互いのポルノ写真を送りあうことが多いが、それを一方が学校内の友達に送ってしまい、被害者が学校に出られなくなるといった事件が多発しているという


 日本でもLINEを通して生じており、実際に高校教師からこの種のトラブルを相談を受けている。

 スマートフォンで簡単に実行できることや、また友人間の内輪ノリが、誰も送りたくないのにポルノを送らせてしまう、奇妙な空気を作り出してしまっている可能性が考えられる。

 リベンジポルノは以前から存在していたであるが、技術の発達によって画像の拡散が世界中に及ぶようによい深刻な問題となってしまったのだ


誰にも知られずリベンジポルノを解決

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

リベンジポルノ 相談

 

リベンジポルノ 相談

大阪 京都 神戸 岡山 広島


金もうけに悪用、リベンジポルノ募るサイト続々



 「申し訳ないが、君の過ちをお金にしようって頭が、俺には働くんでね」。黒い野球帽を後ろ向きにかぶった男が挑発的に語る。そんな約12分の動画が昨秋、投稿サイト「ユーチューブ」に掲載された。

リベンジポルノ、米で深刻化 削除しきれず氏名変更も

 この冬、個人情報の窃盗や共謀罪などで起訴され、無罪を主張しているハンター・ムーア被告。「リベンジポルノ」の映像を募る投稿サイトを数年前に立ち上げ、広告収入を得るビジネスにしてきた。映像を掲載された女性に刺されてもサイトを続け、米フォーブス誌によると、一時は月約1万3千ドル(約130万円)を売り上げた。

 スマートフォンで手軽に写真を共有できるようになったことで、リベンジポルノの問題は深刻になっている。米国の同種の別のサイトは集団訴訟を起こされて閉鎖したが、関係者が再開を宣言。第三者が不正アクセスで取得した写真を掲載し、当事者に買い取らせるサイトもある。

 被害者は主にプライバシー侵害や映像の著作権を根拠に訴えてきたが、サイトの運営者がわからない場合が多い。映像をいったん削除できても別のサイトで復活するケースも多く、いたちごっこだ。注目を集めたくない、と訴訟に尻込みする被害者も目立つ。

 「非難されるべきだが、犯罪には当たらない」。ニューヨークの地裁で2月18日、こんな判決が出た。

 判決文によると、男が昨年7月、元交際相手の女性のみだらな写真をツイッターに投稿し、女性の上司らにも送信。悪質な嫌がらせや不快な性的素材の公然陳列罪などに問われたが「ツイッター投稿や一部の個人への送信では公然陳列罪を問えない」と判断された

リベンジ ポルノ

リベンジ ポルノ


大阪 京都 岡山 神戸 広島


米の15歳少女自殺、



レイプ画像がネットで拡散 少年3人逮捕


米の15歳少女自殺、強姦画像がネットで拡散

米カリフォルニア州サンタクララの保安官事務所は13日までに、酒を飲ませて酔いつぶれた15歳少女を集団強姦(ごうかん)して写真を撮影、画像をインターネット上などに流していた16歳の少年3人を逮捕したと発表した。

少女は、画像がネットで拡散したことを知った後、人生が破滅したとの言葉を残し、数日後に自殺していた。少年3人は画像を学校内でも流すなどしていた。

暴行は昨年9月、同州サラトガの民家で少年らが家族などに無断で行ったパーティーで発生。3人は今月11日に逮捕された。

少女の弁護士はCNN系列局に、この悲劇は起きるべきでなかったと強調。少女は自分に起きたことを暴行翌日の朝まで知らなかったと指摘した。局部を含めた少女の体にはいたずら書きのようなものも残っていたという。

少年3人は、重度の性的暴行罪2件などに問われている。

少女と同じ学校の生徒は地元テレビ局に、少年3人の逮捕に長時間要したことは馬鹿げていると主張。学校内では少女死亡の衝撃が走ると共に、事件の関与者が在校し続ける是非などの話が飛び交っていたという。

今回と似た事件は、東部オハイオ州ストゥーベンビルでも昨年8月に発生。この事件では高校のアメリカンフットボール部のスター選手2人が学校の16歳女子生徒を泥酔させてレイプしていた。みだらなメッセージを携帯メールで送信し、犯行の画像もソーシャルメディア上に流すなどして米社会を揺るがしていた。17歳と16歳の少年2人には有罪判決が下された。

レイプ画像、レイプ映像のネットの拡散は、深刻な婚大です。一度インターネット上に流出したら、拡散を防ぐことは非常に困難となります。

 裸の映像、画像をとられている方は、当社のご相談ください。今現在はインターネット上に流出してからでは、回収は困難となってきます。


 まだ流出されていなないなら、直ちに回収を考えましょう。当社はあなたの力になります。

リベンジポルノ

「リベンジポルノ」疑いで男逮捕


 交際期間に撮られた裸の写真などをネタに復縁を迫られたり、恐喝されることがあります。 一度画像や映像をネットに流されてしまうと、就職や結婚にも影響がでる恐ろしい被害です。


 リベンジとは「復讐」です。復讐されるほど相手は追い詰められているのです。復讐心を抱かせるほどの出来事を起こしていませんか。復讐心が解消されるための対策が必要です


元交際相手の半裸の画像を投稿「リベンジポルノ」疑いで男逮捕


 元交際相手の女性の半裸画像をインターネット上に投稿したとして、○○県警○○署は25日、名誉毀損の疑いで、○○県○○市、無職○○○○容疑者(46)を逮捕した。女性から別れ話を切り出された後に、執拗にメールや電話を繰り返していたといい、南署は、画像の投稿も腹いせの「リベンジ(復讐)ポルノ」だったとみている。



 元交際相手や元配偶者の私的な画像を、恨みなどからネット上に投稿するリベンジポルノは若者を中心に社会問題化しており、自民党が特命委員会を設置するなど対策の検討に乗り出している。



 逮捕容疑は昨年○○月○○日、以前に交際していた○○○○市○○区の女性(37)が半裸で写っている画像1枚を、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に投稿。不特定多数の人が閲覧できるようにして女性の名誉を傷つけた疑い。



 ○○署によると、2人は2012年3月にインターネットを通じて知り合った。○○容疑者は女性からの別れ話に腹を立てて女性へのメールや電話を繰り返したため、同年9月に同署が電話で警告していた。13年8月になって、女性がインターネットで自分の画像を発見し、被害を届け出た。


大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島


リベンジポルノ スマホで拡散

 リベンジポルノ スマホで拡散

大阪 京都 神戸 岡山 広島

リベンジポルノ スマホで拡散 「恨み」の拡散


 「リベンジ(復讐(ふくしゅう))ポルノ」と呼ばれる行為がインターネット上で問題化している。恋人にふられた恨みから、交際中にプライベートで撮った写真や動画をばらまく卑劣極まる行為で、いったんネットに流出すると半永久的にさらされ続ける。米国で規制が始まり、わが国の国会でも議論された。われわれはどう向き合えばよいのか、どう対応したら良いのか。

              

 「リベンジポルノといわれる、嫌がらせがあるんだそうですが」

 参院予算委で10月23日、野党議員が切り出した。「今の日本の環境を考えると、規制をかけていくべきではないのか」との問いに、〇〇〇〇法相は「名誉毀損(きそん)罪が適用できる。被害者が18歳未満なら児童買春・児童ポルノ禁止法の可能性がある」と答弁、現行法で対処できるとした。未成年でなかれば対応できないのか。



 ネット上の中傷問題持当社では扱っているが、年に数件の依頼がある。「元交際相手により裸の画像が出会い系サイトの掲示板に投稿された。「スマホで画像を撮られ松柏を受けている」「削除してほしい」「援助交際で撮られた写真がアップされた」。アイ総合コンサルタントは現在も2件の案件を抱えていす。



 ツイッター上では「安易に裸を撮らせないように教育したほうがよくないか?」「撮らせなければよい論もわかるが、以前より容易になったのも事実。新しい悪事が増えたのなら、法も新たな対応を考えた方がよい」といった議論が起きているが当事者間で納得の上撮影している。


 法律だけでは、リベンジポルノは解決できるものではないと対応をしていると感じてしまいます。

なぜなら、最初は信頼関係にあっての映像撮影許可で、誰も関係があったすることを考えて行動してないのが通常です。




リベンジポルノ相談なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島

リベンジ ポルノ 相談 解決

リベンジ ポルノ 相談 解決

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 

 リベンジポルノこんな言葉がネットで言われています

 当社では、はめ撮りなどの画像、映像を持ちた恐喝、脅迫の解決をは15年前から対応しています。

 

 15年ぐらい前は、金銭の要求、肉体関係の要求ぐらいのものですが、今では何も要求しないでネットに画像、映像を流されているのどの相談が増えてきています。


 

 以前では、隠し撮りや、無理やり映像をとられていたケースもありますが、いまでは同意の上の撮影が大半を占めるようになってきています。


 また撮影機材は、フィルムカメラ、ビデオカメラが主流でしたが、デジタルカメラから、携帯カメラ、スマートフォンカメラと変わってきています。


 そのことで、簡単にインターネットに投稿できるようになっているようです。また簡単に拡散してしまう可能性もあり、早期の対応が重要となってくるのです。


 また仲間内だけの秘密のはずが、何故か出回っていたりと対応も大変です。拡散する前に対応をとらないと、画像、映像をインターネット上から消すことは大変困難と言えます。

 

 リベンジポルノは、被害者自身の将来や、家族の将来にも当然影響してしまいます。結婚問題だ度は特に起こりやすいトラブルとなってきます。

 

 リベンジポルノの対応は、素早く、的確にしないとまたいつその画像、映像があなたや、家族を脅かすか分かりません。


 

 当社では、家族や他人に知られず、フィルム、テープなども回収してきました。


 対応で重要となるのは、誰にも知られずというのが重要です。


 

 誰にも知られず対応したければ当社に相談ください。

 

 

リベンジポルノの相談なら
アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島