別れ話トラブル・解決・相談 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

あなただけではない、別れ話トラブル

あなただけではない、別れ話トラブル


別れ方次第で、相手がストーカーになることも・・・。

出会いがあれば、必ず別れはやってきます。特に男女間での別れの際は、トラブルが起こりやすく取り返しの付かない事が起こるケースもあります。
 交際相手からストーカーへと変貌したり、不倫相手から、嫌がらせや恐喝にあったり・・・女性一人では対応できない問題へと発展することもよくあります。

まず、貴方にできることは相手の気持ちを逆なでしないことです。すでに相手が怒っている場合や、嫌がらせを受けている場合は、今すぐご相談ください。すでにトラブルが始まっています。

 


脅迫容疑イスラム国映像

 元交際相手の女性のスマートフォンに「首を切り落とす」などとメッセージを送り、脅したとして、警視庁多摩中央署は16日までに、脅迫容疑で横浜市南区六ツ川、会社員三須慎一郎容疑者(33)を逮捕した。同署によると容疑を認め、イスラム国で後藤健二さんが殺害された映像にヒントを得たなどと供述しているという。
  逮捕容疑は2月15日未明、無料通信アプリ「LINE」で、元交際相手の20代女性のスマホに「恐怖と痛みを与えてから首を切り落とす」などと計7回メッセージを送信し、脅した疑い。
  同署によると、三須容疑者は今年になって「復縁してほしい」と繰り返し連絡していた。女性が同署に相談し、被害届を出していた。

別れ話トラブル

別れ話トラブル

 別れ話、交際トラブルから発展する殺人事件は後を絶ちません。男女の関係は、良い時はよいのですか、関係が悪くなると修復が困難で、嫉妬、相手への固執などで様々な問題を抱えてしまうことが多くあります。そうなときは当社にご相談ください。

女性殺害容疑、警官逮捕 交際めぐるトラブル

 

 知人女性を殺害したとして、大阪府警捜査1課などは25日、殺人容疑で同府警阿倍野署地域課巡査長、水内貴士容疑者(26)大阪府寝屋川市幸町を逮捕した。容疑を認め、「警察署や妻に(交際していることを)言うと言われて、かっとなり、ベルトを使って首を絞めて殺した」などと供述しているという。
  逮捕容疑は24日午前7時45~同8時40分ころ、大阪市東住吉区のマンションで医療事務員白田光さん(23)の首を絞めるなどし、窒息死させた疑い。
 
 同課などによると、白田さんは24日朝、病院に出勤する予定だったが姿を見せなかったため、病院側がマンションの管理会社に連絡。管理会社が東住吉署に通報した。部屋を訪れた警察官が浴槽で亡くなっていた白田さんを発見した。

  同容疑者は事件後の同日午前9時半から、阿倍野署で剣道の練習に参加し、午後に帰宅していた。殺害に使われたと思われるベルトは阿倍野署のごみ集積所にあったゴミ袋から見つかった。
 
 白田さんの父親の話やマンションの防犯カメラの映像から水内容疑者が浮上。同課によると、水内容疑者は昨年8月に別の女性と結婚したが、白田さんとも恋愛関係にあった。2013年4月から1年間、宮城県警に出向していた時に知り合ったという。

  巡査長は06年4月に採用され、昨年4月から阿倍野署の地域課に勤務している。
 
 大村喜一大阪府警警務部参事官の話 現職警察官が殺人容疑で逮捕されたことは遺憾の極み。被害者のご冥福をお祈りするとともに、今後、捜査結果を踏まえ、厳正に処分する。

別れ話トラブルと恋愛依存症

別れ話トラブルと恋愛依存症


大阪で次のような別れ話トラブルがありました。


別れ話トラブルと恋愛依存症の関係を読み解く。


元カノ宅の鍵穴に接着剤流し込む


別れ話トラブルで「困らせようと思った」


 大阪府警都島署は11日までに、交際していた女性の自宅玄関などの鍵穴に瞬間接着剤を流し込んで壊したとして、建造物損壊の疑いで京都市山科区、会社員円将也容疑者(28)を逮捕した。


 都島署によると、円容疑者は昨年8月まで女性と交際し、別れ話からトラブルになったとみられる。「相手の家族を困らせようと思った」と容疑を認めている。昨年11月~今年8月、女性は同様の被害に4回遭っており、関連を調べる。


 逮捕容疑は7月21日午前5時25分ごろ、大阪市都島区に住む20代女性の自宅玄関のドアとガレージのシャッターの鍵穴に瞬間接着剤を流し込んだ疑い。12月9日に逮捕した。


 接着剤が固まって鍵が開かなくなり、流し込まれるたびに交換していた。被害に悩んだ女性が玄関近くに防犯カメラを設置し、今年7月の事件発生時、金色のかつらとマスクを身に着けた男を写した。相談を受けた都島署が捜査していた。



恋愛依存症の特徴の一つとして


感情表現が苦手であるというのが挙げられます


 自己表現がうまく出来ないのは、相手の顔色を常に伺ってしまうことが原因です。交際相手の機嫌を損ねることがないように、自分の気持ちは押さえ込んでしまうなどです。
 お付き合いをする上で多少の思いやりは必要ですが、度がすぎると恋愛依存症になってしまいます。


 上記の事件の状態は、相手の顔色すらうかがえなくなって、ゆがんだ行動で精神のバランスを保っていたのかもしれません。


別れ話トラブル解決

 

女性殺害事件 元交際相手とみられる遺体発見



○○県○○市の駐車場で、26歳の女性が頭を銃で撃たれ殺害された事件で、行方がわからなくなっていた元交際相手とみられる男の遺体が21日朝、○○県○○市で発見された。
遺体は、白い軽自動車の中から見つかった。
その際、白い軽自動車の中からは、拳銃のようなものが見つかったという。

 この事件は19日、○○市のディスカウントストアの駐車場に止められた軽自動車の中で、○○町に住む○○○○さん(26)が頭を銃で撃たれ、殺害されているのが見つかったもの。

○○さんは、元交際相手の男と別れ話からトラブルになり、男は、○○県警に暴行容疑で逮捕され、その後、ストーカー規制法に基づく警告を受けていた。

 警察は、男が何らかの事情を知っているとみて、行方を捜していたが、21日朝、○○県○○市で、この男とみられる遺体が発見された。

発見された時、車の鍵は全てかかっていて、車内からは、拳銃のようなものが見つかったという。

警察は、遺体の身元の確認を進めるとともに、事件との関連を調べることにしている。

21日午前9時すぎに現場を通りかかった人から、「男性が車の中で血を流している」と110番通報があり、警察が現場に駆けつけると、白い軽自動車の中に男が倒れていたという。

男が、いつからこの場所にいたかについて、目撃者によると、20日午後4時すぎに、この場所にすでに車が止まっていて、その際、運転席には男性が座っていて、たばこを吸っていたという。

別れ話トラブル

別れ話トラブル

別れ話トラブル

大阪 京都 神戸 岡山 広島



別れ話 トラブル パートナーを車ではねる


また別れ話トラブルで事件が起きてしまいました。


別れ話もつれ「殺すぞ」と絶叫 26歳女、彼氏を車ではねる


 別れ話のもつれから、交際相手の男性を車ではねて殺害しようとしたとして、○○府警○○署は20日、殺人未遂容疑で、○○県○○町○○、パート従業員、○○○○○○(○○)容疑者(26)を現行犯逮捕した。「殺すつもりはなかった」と殺意を否認しているという。

 逮捕容疑は同日午前5時40分ごろ、○○○○市○○○○町の路上で、建築作業員の男性(23)=○○市○○○○町=を軽乗用車ではね、殺害しようとしたとしている。男性は両足打撲などの軽傷。

 ○○署によると、2人は軽乗用車内で別れ話をしていたが、男性が車外へ出て立ち去ろうとすると、○○容疑者が後をついていくように車で追いかけ、はねたとされる。男性は、○○容疑者が「殺すぞ」と叫びながらぶつかってきたと話しているという。

 ○○容疑者は事件前日の19日夜、「(男性に)電話してもつながらない。拉致されたのでは」と110番したが、同署が男性からも話を聴き、拉致の事実がないなどと判断していた。また、2人は4月にも、車内でけんかしていたところをパトロール中の○○署員に職務質問されていたという。


 別れ話トラブルは時としてこのような事件にまで発展することがあります。



大阪 京都 神戸 岡山 広島

別れ話でトラブル

別れ話でトラブル



殺人未遂



別れ話でトラブル 元交際男に刺され女性重傷


 27日午前5時20分ごろ、○○市○○区○○2のマンションで、住人で飲食店経営の女性(48)から「元交際相手の男に刺された」と110番通報があった。○○府警○○署によると、女性は包丁で首や背中などを数回刺され重傷。近くに住む元交際相手の男が関与を認めたため、駆け付けた○○府警捜査員が男を殺人未遂容疑で緊急逮捕した。



 ○○署によると、男はトラック運転手の○○○○容疑者(48)。27日午前5時ごろ、マンション1階のエントランス付近で、勤務先から帰宅した女性を包丁で何度も刺して殺害しようとした疑いが持たれている。「別れ話でトラブルになっていた。殺すつもりで5、6回刺した」と容疑を認めている。



 女性の勤務先から昨年9月と今年1月の2回、「○○容疑者が店で暴れている」という相談が淀川署にあった。しかし、女性からストーカー相談や被害届の提出などはなかったという。


 また別れ話トラブルの事件です。別れ話はこじれてしまえば、殺人事件に発展するケースも多々あることは皆さんもご存じのことでしょう。



 警察沙汰にする必要はありませんが、別れ話がこじれそうなら第三者とともにトラブルを避ける検討をしてみては、いかがでしょうか。



 私どもがあなたの力になります。別れ話自体法律で対応すべき案件ではないのです。



大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

別れ話 トラブル 解決 相談

別れ話 トラブル 解決 相談

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 

 別れ話でトラブルを抱えてしまっている人の相談を多く受けます。一人で悩まず私どもに相談ください。

 別れ話で 、トラブルになり相談にみえるクライアントは多く、あらゆる問題を抱えています。その中でもトラブルを放置していたため深刻な状況に陥っていることも多く解決までに時間を要していることも多いのです。当然警察にも言えない、弁護士にも言えないなど状況は様々ですが、ほっといたら状況が悪くなるだけです。

 別れ話のもつれで殺人事件に発展するケースもあります。別れ話でトラブルになりそうなら当社へ社へ相談ください。 

 

 ○○府○○市の遊歩道で女性が殺害された事件で、逮捕された元交際相手の男が、女性の帰宅時間を狙って犯行に及んだとみられることが分かりました。


 ○○市○○区の会社員・○○○○容疑者(○○)は○○日夜、同僚で元交際相手の○○○○さん(○○)の首をナイフで数回刺して殺害したとして、○○日に逮捕されました。犯行時間帯の前後には、現場付近の防犯カメラに○○容疑者の姿が映っていて、○○警察は、岡本容疑者が事前にナイフを準備し、○○さんの退社時間を狙って犯行に及んだとみています。

 ○○容疑者の親族:「普通に心優しいまともな人。動揺して、勘弁して頂きたい」

 ○○警察に対し、○○容疑者は「別れ話を持ち出され、口論となったことを恨みに思って殺害した」と話しているということです。

 

当事者だけでの解決が困難と考えたり、警察、弁護士などに相談でき中たな相談くださいあなたの力になります。

 

 

 

別れ話 トラブル 解決 相談 ならアイ総合コンサルタントへ

 

相談ダイヤル 0120-007-808