嫌がらせ解決・相談 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

夜道に「唾液男」出没 

夜道に「唾液男」出没 


狙われるのは 駅で物色、後付ける 


 ○○市○○区で昨年9月以降、夜間に帰宅中の女性が、自転車に乗った男から顔に唾液などを吐きかけられたり、手で押しつけられたりする事件が相次いでいることが1日、分かった。○○府警○○署によると、6月末までに少なくとも14件確認され、被害女性の半数近くが携帯電話の使用中など無防備な状態を狙われていた。



 現場では黒のスーツ姿の20~30代の男がたびたび目撃されており、○○署は同一犯とみて暴行容疑で捜査。犯行場所はJR○○駅の南側半径約500メートルの地域に集中していることから、男が駅で女性を物色し、後を付けて犯行に及んでいる可能性もある。

 

○○署によると、昨年9月17日午後9時半ごろ、帰宅中の店員の女性(29)が自転車で後ろから近づいてきた男に唾液を顔に押しつけられた。約45分後にも300メートル離れた路上で、女性が顔に液体を塗りつけられたという。



 翌10月以降も、すれ違いざまに顔に向かって唾液を吐きかけるケースも含め、月に1~2件のペースで発生。女性が被害に遭った状況を調べたところ、携帯電話で通話やメールをしていたほか、イヤホンをして音楽を聴いている最中が6件あった。



 被害女性は10~40代。犯行時間は午後8時~11時の帰宅時間帯で、現場は街灯が少なく、人通りが少ない場所だった。一方、男は身長170~180センチのやせ形で、サラリーマン風という。



 ○○署幹部は「男は犯行後に立ち止まり、女性らの反応をうかがうなど極めて陰湿な犯行。パトロールを強化して犯人摘発に全力をあげているが、女性も歩きながら携帯電話に集中しないなど、防犯意識も持ってほしい」と呼びかけている。


被害妄想 被害 解決 相談  嫌がらせ

 嫌がらせ 被害妄想 被害 解決 相談

大阪 京都 神戸 岡山 広島

嫌がらせトラブルの相談は多く受けます。

そんな中で感じるhことがあります。

加害者は被害妄想と思える人があまりも多いことです。

 

 被害妄想とは、

自分が他人から危害を加えられていると

思い込む妄想。

 

病理性・薬物での症状

 

心的外傷後ストレス障害やうつ病、統合失調症などの

精神病患者たちに多く見られる症状の一つで、

他人への根強い猜疑心等が生まれる。

覚醒剤など薬物の使用によって現れることもある。

必要以上な妄想

 

そのような重大な精神疾患に限らず、

ごく日常生活でありがちな軽度の勘違いや猜疑心なども「被害妄想」としてみなすことがあり、

精神的に比較的不安定な思春期では珍しくないともいえる。

 

それらは精神医療の対象とはならず、周囲の人間関係や本人の考え方の問題とされる。

また、個人間における感情や心理の行き違いなど、

本当に被害を受けているのか単なる被害妄想なのか

判別することが難しいケースも日常生活上では少なからず存在する。

 

証拠なき決めつけ

 

また、実際に何かの被害を受けた人間が、

決定的な証拠が無いにも関わらず「あいつの仕業だ」と思い込み、

見当違いの怨恨が生まれることもある。そして、今度は何の実害も被っていないのに、

「あいつが裏で自分を攻撃し(ようと)ている」等といった被害妄想を膨らませていくケースもある。

 

現実には不可能であるにも拘らず、

「思考盗聴されている」「電磁波で攻撃されている」、

どのように自分の存在が重要かも説明出来ず

「集団ストーカーの被害に遭っている」と主張し出す例もある。

 

ただし、これらのケースは、事実被害にあっていないことが証明できないうちは

被害妄想と決め付けることもできないために、

被害妄想という言葉そのものが中傷行為ととられることもある。

これには以下の事件性の関連を参照のこと。

 

事件性の関連

 

ストーカーや嫌がらせの事件・トラブルにおいては、

警察や周囲の者が「被害妄想じゃないの?」などと

問題回避・責任転嫁に及ぶことでより深刻な事態に陥る場合があり、

それに対してまったく根拠のない「ストーカー妄想」と「嫌がらせ妄想」

もまた存在しないわけではないので、客観的で公平な状況分析が求められる。

 

被害妄想 対応

 

被害妄想の被害当事者になった場合の対応として、

自ら行って状況の悪化、殺人事件までにも発展したケースもあり

距離を置くか、第三者に依頼するのが賢明。

 

また話し合おうとすることは、

最も避けるべき行動である。

 

被害妄想でお困りの方は

当社に相談ください。あなたの力になります。

 


嫌がらせ 被害 解決 相談なら

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120--007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

チョコと偽り「排泄物」贈った ストーカー

チョコと偽り「排泄物」贈ったストーカー

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 

 約40年前に交際していた女性に対し、自分の排泄物を送りつけたなどとして、京都府警○○署は2月末、ストーカー規制法違反容疑で大阪府高石市○○の無職、○○容疑者を逮捕した。その後の調べで、女性と別れてから約20年たって突然連絡を取り、執拗(しつよう)に無言電話や大量の届け物などの嫌がらせを繰り返していたことも明らかになった。

 妻子ある身の○○容疑者が、淡い思い出を共有するかつての恋人にストーカー行為を重ね、ついには汚物を送りつける奇行、ストーカー行為に及んだ。

  今年1月下旬、京都府○○市の無職女性(61)宅に女性宛ての小型小包が届いた。中身は品名欄には「チョコ」の文字。女性が不思議に思って小包を開けると、排泄物が姿を現した。さらに、約1週間後の2月上旬、再び小包が女性宅に届く。また排泄物が入っていた。

 2回ともだいたい、大人の"1回分"くらいの分量だったとのこと。

実は女性には送り主に心当たりがあった。 年賀状の一通に不自然なものがあった。そこで浮上した○○容疑者の自宅を訪れた捜査員に対し「自分の大便を送りました」と容疑を認めたそうである。また約20年間にわたって執拗にストーカー行為を繰り返していたことが明らかになった。

 当社への相談でも、汚物、排泄物を家に投げ込まれたりの相談は、年に数回ある案件です。

 この様なことで悩んでる方は当社へ相談ください。貴方の力になります。

 

ストーカー・トラブル解決なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

企業の嫌がらせ解決 クレーマー 営業妨害

企業の嫌がらせ解決 クレーマー 営業妨害

大阪 京都 神戸 岡山 広

 

ある企業にに約1000回クレームの電話をかけたなどとして警察には、会社員(50)が威力業務妨害容疑で逮捕したと発表があったそうです。「サービスが終わることが納得いかなかった」と供述しているという。

 

 逮捕容疑は昨年12月~今年2月、企業店舗のフりーダイヤルに964回にわたって電話したり、来店して怒鳴ったりしたそうです。

 

 このように、企業などはいわれのないことでクレームをつけられ業務を妨害されることがあります。

 

 一般的には、顧客を訴え刑事事件にするのは、いかがなものかと思われますか、やはり他の顧客に迷惑がかかるなら仕方のないことでしょう。上記のような加害者の場合まともに当事者を対応すること自体問題が大きくなったり、長引く原因となったります。

 

 クレームと、苦情の判断は数回対応すればわかることですので、できれば専門家に任せてしまうのが得策でしょう。

 

 当社で依頼を受け、嫌がらせ対策、クレーム対策を実施した時にはかなり状況が悪化してからのケースが多々あります。その様なケースでは、当事者間のコミニケーションはまずできなくなっています。こうなったは解決などできるはずはありません。

 

営業妨害、クレーム解決なら

 

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

   大阪 京都 神戸 岡山 広島

嫌がらせ対応 岡山

嫌がらせはだめです

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 

岡山で起こった事件ですが、同僚の言動に腹を立て知人に嫌がらせをして逮捕されたケースがあります。

 

 

ハラを立てるのは分かりますが、嫌がらせをしてはだめです。まして知人に頼むなんて、そんなことをすれば、

情報はどこから漏れるかわかりません。

 

 

嫌がらせをしないと気が収まらない方は相談ください。犯罪を犯す前に相手に対しての対策を考えましょう。当

然大儀名分がある形で、正々堂々と対処してくことが肝心です。

 

嫌がらせ対応なら

アイ総合コンサルタント

嫌がらせ相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

嫌がらせ対策 最近の傾向

嫌がらせ対策 最近の傾向

 

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

最近嫌がらせ犯人と会話をする機会がありました。

 

 

結論から言うと、話し合いで解る相手ではないことに気が付きました。育った環境、宗教などははるかに超えた違いを感じるとともに、通常的な考えではとても彼らを図れないことと、当事者が対応する危険さが改めて感じることとなりました。

 

嫌がらせで困っている方はまず、加害者の接点を持たないことを進めます。当社へ相談ください力になります。

 

 

嫌がらせ対策・解決 トラブル解決なら 

アイ総合コンサルタント

嫌がらせ対策・解決トラブル解決ダイヤル 

0120-007-808

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

嫌がらせ解決 

嫌がらせ 解決 

嫌がらせを解決するには

嫌がらせを解決しようと思うと、まず犯人である加害者の特定が一番重要なことです。その次にどのように犯行におよんでいるかの犯行証拠が必要となります。

その次にどのように嫌がらせをしている犯人に対応をとるかですが、被害者と犯人の関係、どのくらいの損害が出ているかなどの状況を判断して、対応を考えていかなくてはなりません。

 

嫌がらせの例

怪文書、脅迫文

汚物、動物の死骸の敷地内投げ入れ、玄関先に

放置、庭に除草剤をまかれる。

洗濯物に絵具を投げつけられる

など様々ですが、勘のいい人はお判りでしょうが、犯人は普通の人だと思ってはいけません。このようなことを対応するのを当事者だけでするのは得策ではないのです。状況が悪化し、嫌がらせをエスカレートさせる結果になることが、多くあります。

 

嫌がらせを解決したい思うなら当社へ相談ください。アイ総合コンサルタントでは、この様な嫌がらせを数多く解決してきました。踏査なら貴方の力になれます。

 

 

嫌がらせ解決 アイ総合コンサルタント

嫌がらせ解決ダイヤル

0120-007-808

大阪/兵庫/神戸/京都/岡山/広島