隠ぺい 隠蔽事件・相談 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

いじめ隠蔽

いじめ隠蔽

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

 知られては都合が悪いことは、だれでも隠したがるものです。公にならなければ責任問題の追及など、自分の立場を守ることができるのです。

 一方では、事実を隠されることで不利益を被ることがあるのも事実です。このように立場が変わることで状況が変わってくるのです。

 下記の件は、いじめで骨折をしてしまうような事件を隠蔽してしまったのです。通常このような傷害事件を隠蔽する教師がいるとは思えないのですが実際の話の様です。

 市立中学校の男性教諭が、部活動中にいじめでケガをした生徒について、「階段から落ちたことにしろ」と指示し、いじめを隠蔽しようとしていたことがわかりました。

  県教育委員会によりますと、市立の中学校で運動部の男子部員2人が、練習中に1年の男子生徒にひざ蹴りなどの暴行を加え、胸の骨を折るなどの重傷を負わせました。

  男子生徒が病院に搬送される際に顧問の男性教諭(58)が「階段から転んだことにしておけ」と、副顧問に嘘の説明をするよう指示をしたということです。

  またこれを知った学校長は、男性教諭に暴行を加えた男子部員の大会出場停止を命じたものの従わなかったということです。

  教育委員会の調べに対し男性教諭は「警察に通報され問題が大きくなると思った。隠す意図はなかった」と話しているということです。

  教育委員会は「教員がとるべき行為ではない」として、男性教諭を停職6か月の処分にした事件があったのです。


 家族の事に関してはなかなか相談出来ないのが現実ではないでしょうか?そんなお悩みを私たちが全力でサポートさせて頂きます。安心してご相談下さい。宗教トラブル、結婚詐欺,いじめなどは家族が先に気がつくことが多いので両親、身内からの相談も多いのです。

 アイ総合コンサルタントでは、お客様の情報は外部に漏らさないのはもちろんのことですが、それ以外にもまずお客様を第一に考えており、常にお客様と連絡を取りながら解決していきますので、ご安心ください!私たちはトラブル解決はもちろん、お客様がお願いして良かったと思って頂けるように日々努めております。

いじめ100%解消

いじめ100%解消 


大阪 京都 神戸 岡山 広島

ある自治体の教育委員会が公表


データ

 データとは、基礎的な事実や資料をさす言葉。情報処理や考察によって付加価値を与える前提で集められており、基本的に複数個の事象や数値の集合となっている。

これでは集計の意味がないうえに、問題を洗い出すこともできない。

 このようなものが教育にかかわっているのであれば教育自体他人にゆだねることはできないと改めて感じた。データの改ざんといえる行為で教育の現場でも行われているということである。


 ある自治体の教育委員会が、2013、14年度の小中学校のいじめ解消率について、年度内にすべて解消していないにもかかわらず、「解消率100%」と公表していることが10日、分かった。年度が替わった後に解消した事案を含めているためだが、息子がいじめ被害を受けた男性らからは「隠ぺいにつながる」などと疑問の声が上がった。

  「全国学校事故・事件を語る会」のメンバー2人と面談したある自治体の教育委員会が明らかにした。

  ある自治体の教育委員会によると、文部科学省の調査には年度内の解消率を報告。13年度のいじめ解消率は小学校95・4%(認知件数262件)、中学校97・7%(同172件)。14年度は小学校95・6%(同180件)、中学校95・3%(同127件)だった。

  昨年9月に発表した教育振興基本計画などの点検評価報告書には13、14年度とも「解消率100%」と記載。年度をまたいで指導を続けた結果、すべて解消したためこう表記したといい、有識者や保護者代表らでつくる評価委員会にも伝えていた。

  後日の面談で、約10年前に小学5年だった息子が同級生から恐喝などの被害にあった男性(52)は「解消率100%が表に出ると、教員は途切れさせてはいけないと思い、解消してなくても解消したと報告したり、いじめの報告自体をしなくなったりすると指摘した。

  面談後、市教委指導部の指導推進担当課長は「隠ぺいのつもりはないが、誤解を生む。公表の仕方を再検討したい」と話した。

 悪意を感じるデータの公表でも、「誤解を生む公表」とは今後も教育に期待はできないと感じてしまった。

 子供のいじめ解決は学校任せでは解決できるものではありません。自分の子供は「自分で守る」当然のことが必要です。

隠蔽事件・相談 基本的な考え方

隠蔽事件・相談 基本的な考え方
 
大阪 京都 神戸 岡山 広島

隠ぺい 隠蔽事件
 
○○県警覚醒剤使用警官隠蔽事件
 
概要
  1996年9月頃、隠蔽事件・相談 基本的な考え県警の外事課の警部補は飲食店で知り合った女性と不倫をし覚せい剤を使用するようになった。12月12日に妄想にとりつかれるようになり県警外事課当直に電話をして赴き、覚せい剤使用を自供した。腕には注射痕があった。
 
 外事課長代理は翌13日に監察官室長と監察官に通報し、監察官室長は警務部長と県警トップの本部長に報告した。また、生活安全部長(覚せい剤事件を扱う部署の長)に、事後処理方法につき相談。その際に、○○県警本部長の意向の下で、1996年12月、○○県警は現職警察官の覚せい剤使用を隠ぺいすることに決定。警部補の尿から覚せい剤使用の「陽性」反応が出なくなるまで、同警部補を横浜市内のホテルに軟禁した。その間、警部補は不倫という理由で諭旨免職となった。
 
 1999年9月、これらの事実が発覚。同年12月、この事件で立件の対象となったのは9人であり、最終的には当時の県警本部長、警務部長、生活安全部長、監察官室長、監察官の5人が犯人隠匿罪で起訴された(○○県警本部長を除いた4人は証拠隠滅罪でも起訴された)。本部長経験者が現職当時の犯罪で刑事被告人となるのは初めてであった。2000年5月29日、5人に対して執行猶予付きの有罪判決が言い渡された。
 
 この様に、さまざま状況を組織は隠蔽する体質があります。ならどうすればよいのかというと、その業界でないところかのアプローチが必要となります。実際に、〇〇協会・〇〇会などその業界に関係しているところに相談をしたばっかりに、事実の隠ぺいをされ状況が悪化してしまったり、被害が拡大していることも数多くあります。
 
 その様な状況で、困っているなら当社に相談ください。貴方の力になります。
 


隠蔽事件・相談 基本的な考え方
 
トラブル解決のアイ総合コンサルタント
 
相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島