誹謗中傷解決・相談 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

中傷書き込み削除命じる

中傷書き込み削除命じる

 

数々の誹謗中傷で心身ともに疲れ果ててしまうこと、これは大きな問題です。
しかし、自分ではどうにも出来ない状況になってしまっていませんか?
 長引く誹謗中傷は、当事者間では解決できない深刻な問題に悪化していることがあるのです。
ライバル企業、近所の住人、ママ友、会社の同僚、友人、元交際相手など
誹謗中傷の相手は身近に生活している人物であることもあり、毎日が苦痛でウツになってしまう被害者もいます。
 見かねたご家族からのご依頼も多いのです。

 

大手検索サイト「グーグル」に対しての裁判所の仮処分決定が出た

 

  大手検索サイト「グーグル」が提供する「口コミ」サービスへの書き込みを巡り、関東地方の医療機関が「口コミで名誉を毀損(きそん)された」として米グーグルに削除を求め、千葉地裁松戸支部(飯塚謙裁判官)が医療機関側の主張を認めて削除を命じる仮処分決定を出していたことが分かった。7日付。

  ネット上の口コミサービスは、飲食店、観光名所、医療機関などの評価を第三者が書き込む。多数のサイト運営会社が展開し、削除を巡り裁判になる例もあるが、書き込みの削除を運営会社に命じる判断は珍しい。グーグルは「ネット上の口コミは、利用者が意見を共有できる重要な手段だ」と反論している。

  今回、問題となったのはグーグルが運営する地図検索サービス「グーグルマップ」上の口コミ。検索すると、場所が地図上に示され、連絡先とともに第三者が評価を書き込んだ口コミが閲覧できる。

  関係者によると、医療機関側は、医療機関を紹介する口コミの中に中傷する内容が含まれているとして削除を求めた。グーグル側は「社内のガイドラインに基づき、不適切な口コミは自主的に削除している。安易な削除は表現の自由を脅かす」などと主張したが、退けられたという。

  グーグルを巡っては昨年10月、自分の名前を検索すると犯罪に関係したかのような結果が表示されるとして男性が検索結果の削除を求めた仮処分で、東京地裁が削除を命じる決定を出している。


リーダー格少年の父親コメント

リーダー格少年の父親コメント


 つい数日まではこんなコメントをしていました。ここで私の疑問です。リーダー格少年の父親とその弁護士への批判は少ないと思うのは渡瀬だけでしょうか。厳しい追及と批判は当然あってよいと思うのです.親としては子供を守りたいという気持ちはあって当然ですが、公然と「息子は殺害とは無関係」と言ってしまったのは問題です。また弁護士は事実確認を怠った上での発言ですから席には弁護士にも当然あると思うのです。

 加害者の人権というぐらいなら、被害者の人権、被害者家族の人権も考慮し発言をするべきです。


「息子は殺害とは無関係」 リーダー格少年の父親コメント

 


逮捕された18歳の少年が取り調べを受けている、捜査本部が置かれた川崎署

 
 川崎市川崎区の多摩川河川敷で同区の中学1年、上村(うえむら)遼太さん(13)が遺体で見つかった殺人、死体遺棄事件で、殺人容疑で逮捕されたリーダー格の少年の父親は27日、代理人の弁護士を通じて産経新聞にコメントした。全文は次の通り。

 


 上村君の事件につきましてはあってはならないことであり、ご遺族の気持ちはいかばかりかと察してあまりあります。また、犯人には事件相応の罪を受けてほしいと思っております。これを前提に、息子は上村君の殺害とは無関係です。ただ、上村君と息子とは面識がなかったわけではないので、事件の真相解明に協力できることがあれば協力したいと思っております。

誹謗・中傷・嫌がらせ

誹謗・中傷・嫌がらせ

 大阪 京都 神戸 岡山 広島

今日も、ブログを読んでくださってありがとうございます。

東京都教育委員会は15日、2012年度の学校非公式サイト(以下、裏サイト)などの監視結果を発表した。

都教育委員会は2009年6月より、都内公立学校全校を対象とした裏サイトなどの監視を開始。サイト上にある特定個人に対する誹謗・中傷、いじめや犯罪につながるおそれのある有害情報などの不適切な書き込みについて、サイトの運営者らに対して削除要請を行うとともに、削除の履行確認および新たな不適切な書き込みの有無の確認などを継続的に行っている。

それによると、都内公立学校全8,737校のうち、2012年度に裏サイトが確認されたのは1,802校に上った。詳細を見ると、最も多かったのは中学校等で901校。次いで、高等学校の715校、小学校の169校、特別支援学校の17校となった。

裏サイトにおいて不適切な書き込みと認められたのは1万772件で、前年度の1万1,438件から666件減少。このうち、事件性・緊急性が低く、学校が定期的に指導する必要性のある「レベル低」の書き込みは1万670件(99.1%)で、前年度より768件少なくなった。一方、事件性は低いが、学校がすぐに指導する必要性の高い「レベル中」は102件(0.9%)で、前年度より15件増加し、悪質な書き込みが多くなったことが判明。なお、事件性が極めて高く、警察への通報を要する「レベル高」の書き込みは今回確認されなかった。

レベルの判定方法など定かではありませんが、

調べただけ、見つけたら削除するだけです。

学校だけではなく、誹謗・中傷・嫌がらせなど

個人を標的にした悪意のある行為は身近にあります。

悔しい思いをしている方は、当社にご相談ください。


誹謗 中傷 嫌がらせでお困りなら

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

誹謗中傷解決 インターネットでの誹謗中傷解決

誹謗中傷解決 

インターネットでの誹謗中傷解決



大阪 京都 神戸 岡山 広島



 インターネットでの誹謗中傷の相談は数多く寄せられます。また誹謗中傷の被害は、精神的被害、身体的被害、金銭的被害など様々な被害があります。ネットでの誹謗中傷は、数年に及ぶ被害も少なくありません。そんな時には当社に相談ください。貴方の力になります。



 いじめを受けていた大津市立中学2年の男子生徒=当時(13)=が自殺した問題で、加害者とされる同級生とは無関係の女性をインターネット上で中傷したとして、滋賀県警捜査2課などは19日、名誉毀損(きそん)の疑いで東京都目黒区中目黒の会社員の男(30)を書類送検した。同課は認否を明らかにしていない。
 送検容疑は、7月8日ごろ、自身のブログに、いじめ問題と関係のない大津市の60代女性が関係者であるかのような書き込みをして、名誉を傷つけた疑い。
 この問題をめぐっては、今回送検された男以外にも似たような書き込みをした人物がいるとみられ、同課が捜査している



 大津市で昨年10月、いじめを受けていた中学2年の男子生徒=当時(13)=が自殺した問題に絡み、全く関係のない男性をインターネット上で中傷したとして、滋賀県警捜査2課などは21日、名誉毀損(きそん)容疑で、兵庫県西脇市の無職の男(36)を書類送検した。
 送検容疑は7月6日、自身のブログに、いじめ問題とは関係のない男性を関係者であるかのように書き込んだ上、顔写真を掲載し、名誉を傷つけた疑い。







誹謗中傷解決 インターネットでの誹謗中傷解決



アイ総合 コンサルタント



解決ダイヤル 0120-007-808



大阪 京都 神戸 岡山 広島

誹謗中傷被害対策

インターネット 誹謗中傷 
大阪 京都 神戸 岡山 広島

 

 アイ総合コンサルタントでは、お客様の情報は外部に漏らさないのはもちろんのことですが、それ以外にもまずお客様を第一に考えており、常にお客様と連絡を取りながら解決していきますので、ご安心ください!私たちはトラブル解決はもちろん、お客様がお願いして良かったと思って頂けるように日々努めております。

誹謗中傷被害対策

 インターネット上での書き込みは自分の意見を発することのハードルが他のメディアに比べ格段に低く、また対話する相手の生の感情を読み取る材料が少ない。そのため、相手の事を配慮せず、安易に高圧的な言葉・アスキーアート等を掲示板やホームページで書き込む人物が数多く存在し、誹謗中傷が頻繁に発生している。また、著名事件が発生した場合に、その加害者や関係者を特定する行為も多く行われている。 しかしながら、これらは情報が誤りであった場合はもちろん、真実であった場合でも名誉毀損が成立しかねない行動である。
 
 電子掲示板では、その場のネチケットを平然と無視して好き勝手な書き込みを行う者も存在し、加えて管理者が常に監視しているサイトはごく一部にとどまることから、誹謗中傷が発生し易い環境にある。 特に2ちゃんねるでは、その体質と規模から殆ど全ての板で誹謗中傷が発生しており、時には事実無根のデマ、恐喝・犯罪予告まで書き込まれているので、名誉毀損の旨等で訴訟が多数起こっている他、業務妨害による逮捕者も出ている。2ちゃんねるでも「誹謗中傷はやめましょう」というルールが存在するが、それを厳守しない書き込みが後を絶たない。あまりにも悪質だと投稿ブロック(アクセス規制)処分となる。最悪の場合、アカウント停止に陥ることもある。
 
 またウィキペディアでは、個人攻撃を行うことが禁止されており(Wikipedia:個人攻撃はしない)、誹謗中傷を行う投稿者は荒らし行為とみなされるため投稿ブロックの対象になる。しかし現実には、論争等が勃発しているノートページや各種依頼に於いて、投稿や要約欄を通じて誹謗中傷が発生する事が少なくない。その場合、記事に対して保護または半保護がかけられる事がある。Wikipedia:中立的な観点の対象にもなったりする。ウィキペディアでは中傷を履歴ごと削除することはほとんど無い。
 
 ネット上の誹謗中傷について日本の警察に寄せられた被害相談件数は、2001年には2267件、2006年にはその3.5倍の8037件に膨れ上がり、被害は年々急増している。被害者の中には精神的苦痛で自殺・自殺未遂をする者もいる。多くのケースでは発信者を特定できずにいる。また、警察も名誉毀損に対して本腰を入れた捜査を行わないことがある。なお、現時点でのインターネットに関する法規制はプロバイダ責任制限法以外に無いことから、被害者の対応は非常に限られたものとなっている。このため、インターネット上での発言の責任に無自覚な者が少なくない。
 
 しかしながら、発信者の責任が問われたケースもあり、2009年には"スマイリーキクチが女子高生コンクリート詰め殺人事件に関与した"という前提でブログのコメント欄に誹謗中傷する書き込みをした18人の男女が名誉毀損の疑いで書類送検されている。(スマイリーキクチ中傷被害事件)


 

誹謗中傷被害対策

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島