営業妨害を解決・相談 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

業務妨害

 業務妨害


 企業のトラブルも増加しております。法人は備えるべき法律を徹底的に網羅しなければトラブルに負けることが多いです。

 それにも関わらず、ほとんどの法人は備えるべき法的対策を打っていません。法律のトラブルにあって、一発で会社がつぶれてしまう可能性のあるトラブルに遭遇するのはもう珍しいことではありません。

 そんなトラブルを回避するために私たちがサポートいたします。

誰にも知られず 企業トラブルを解決


虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の業務を妨害すること(偽計業務妨害罪)。または威力を用いて人の業務を妨害すること(威力業務妨害罪)を内容とする犯罪である。

前者は間接的、無形的な方法で人の業務を妨害する行為を処罰し、後者は直接的、有形的な方法で人の業務を妨害する行為を処罰すると観念的には区別できるが、実際の境界線は不鮮明である。威力の認定に要求される有形力の程度は、公務執行妨害罪の成立に要求される暴行、脅迫よりも軽度のもので足りると解されており、この意味で業務の方が公務よりも手厚く保護されているとも言える。保護法益は業務の安全かつ円滑な遂行である。

なお、本罪について判例は危険犯であるとしているが、侵害犯であるとする説も有力である。


 インターネット掲示板に女性の声優を脅迫する内容の書き込みをしたとして、警視庁中野署は30日までに、威力業務妨害容疑で、東京都千代田区平河町の専門学校生佐藤豊容疑者(22)を逮捕した。
  同署によると、容疑を認めているという。
  逮捕容疑は4月22日午後2時50分ごろ、自分のスマートフォンからインターネット掲示板に「事務所に押し入ってぶち殺す」と、中野区の声優事務所に所属する女性声優を脅迫する内容を書き込み、同事務所の業務を妨害した疑い。 

 クライアントの情報は外部に漏らさないのはもちろんのことですが、それ以外にもまずお客様を第一に考えており、常にお客様と連絡を取りながら解決していきますので、ご安心ください。

 私たちはトラブル解決はもちろん、お客様がお願いして良かったと思って頂けるように日々努めております。



大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

威力業務妨害容疑

 

威力業務妨害容疑


大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島


尾行中に脅迫文投函


リュック決め手、大阪で発見


「○○のバスケ」事件

 人気漫画「○○のバスケ」をめぐる一連の脅迫事件で、犯人が特徴的なリュックサックを所持していることを警視庁捜査1課が防犯カメラの解析で割り出し、15日早朝によく似たリュックを持った派遣社員・○○○○容疑者(36)=威力業務妨害容疑で逮捕=を発見、身柄を確保する決め手になったことが16日、捜査関係者への取材で分かった。

 ○○課が今年10月以降に回収した防犯カメラの映像から、黒地に白い線が2本入った特徴的なリュックを持った不審人物が捜査線上に浮上した。15日早朝、○○駅で似たリュックを持った○○容疑者を捜査員が発見し、尾行。上京後、○○区内のポストに脅迫文とみられる封書を投函(とうかん)したのが確認された。


 さらに別のポストに近づいたところで捜査員が職務質問し、リュックから脅迫文の束を発見。○○課は○○容疑者が身元を隠すために自宅から離れた複数のポストを利用しようとしたとみて、自宅マンションを捜索するなどして事件の全容解明を急ぐ。

 当社で扱った案件では、被害者宅のポストに脅迫文を投函しているところを撮影に成功し、脅迫の解決に結びつく事例がありました。加害者にも少なからず理由があるのですが、聞いてびっくりの内容でした。ここでは詳しく書けませんが、こんなことが理由なら当事者間での解決は、まず見込めるものではありません。

 脅迫や脅迫文でお困りの方は当社に相談ください。あなたの力になります。




威力業務妨害解決なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

風評被害対策

風評被害対策  

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 

 

 風評被害(ふうひょうひがい)とは、

 風評によって、経済的な被害を受けること。事実を伝えない・正確な情報を提供しない事が原因ともなっている。なお、この定義に合致しない事象に対しても風評被害という語が用いられることがある。また最近では、ネットなどで、事実とは違う書き込みなどの風評被害事案も出てきている。

 風評被害の原因

事実を伝えない・正確な情報を提供しない

 内閣府の原子力委員会専門委員も務めた中部大学教授の武田邦彦は、東日本大震災での例を挙げて、福島原発の事故が起こった際にNHKが政府のコメントとして「この程度の放射線であれば大丈夫である」といった旨の紹介の報道を何度もやっており、また政府のコメントだけでなくアナウンサー自ら「安全である」と繰り返している。更には、福島県の海から規制値1250倍の放射性のヨウ素を検出した時に「ただちに健康への影響はない」という保安院のコメントのみ紹介している。こういった事例から風評被害は正しい情報を伝えないことによって起きる、というように結論付けている。具体的な理由としては情報が不完全な場合には人間の性質上自分の身の安全を守ろうとする際余計に不安になって慎重な行動を取るようになるからである。そして、風評被害を悪いこととしている風潮に対しても情報が不足した際に起こる「正常な人間の社会活動」であるとし、風評被害をなくすには「正確な情報を提供する」必要があると説いている。


風評被害ではないもの

 事実ではないデマによるものではなく、実際に放射性物質により汚染された飲食物(牛肉の放射能汚染例)や工業製品(中古自動車の放射能汚染例)が購入されない事による経済的な被害は風評被害ではない。また、正しい情報を元に自己判断によって不買を決めた事も風評被害ではなく誤用である 。

 それに関して、現代ビジネスにおいて、「消費者が買わないのは「風評被害」ではない。「健康被害よりパニックが怖い」という政府が信用できないからだ」と述べている。

 ネット掲示板などの書き込みによる、風評被害、嫌がらせによる、被害も頻繁に相談を受ける。

今後 、このような案件は当社では増えつ傾向にあると思います。

 

 

風評被害対策


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808

インターネットを利用した 営業妨害

インターネットを利用した 営業妨害 誹謗中傷
 


 ○○県豊田市の会社のパソコンを利用して犯行予告のメールを送りイベントを妨害したとして威力業務妨害の疑いで逮捕・勾留されていた○○○○氏について、東京地検は3日、処分保留として釈放した。続いて、警視庁など4警察によるPC遠隔操作事件の合同捜査本部は、かつて○○府警が誤認逮捕した2件について、偽計業務妨害とハイジャック防止法違反の疑いで再逮捕した。弁護人の佐藤博史弁護士は、処分保留となったことについて、「現時点では起訴できる証拠はない、ということ。検察は正しい判断に一歩近づいた」と評価しつつ、匿名で様々なコメントを発信している警察の姿勢を厳しく批判した。

 本人は「処分保留になってよかった」
 ○○氏が留置されている○○湾岸警察署
 ○○弁護士によれば、逮捕状を執行した警察官は関西弁とのこと。この2件は大阪府警が取り調べを行いたいらしい。ただ、片山氏は「身に覚えがありません」と述べ、弁解録取書の作成には応じたが、録音・録画がなされない取り調べには応じない旨を告げると、警察官はすぐに留置場に戻す手続きを始めた、という。

 ○○氏は、弁護人に対して「処分保留となったのはよかった」と述べ、落ち着いて受け止めたようだった。数日前までは「3月3日が限度です。気付いたら独り言を言っていたり、床や壁を叩いたりして留置場の係官に注意された」と語るなど、精神的に疲弊している状況だった。しかし、再逮捕後の接見では「あと20日が限度」とは言うものの、動揺はなく淡々としていた、という。

 「鯛は頭から腐る」と警察批判
 
新聞報道の中で「捜査関係者」「警視庁幹部」が匿名でコメントし、「弁護士に励まされているうちに、自分が無実だと思い込んだのではないか」「今回も誤認逮捕というなら真犯人からのメールが逮捕以来途絶えていることをどう見ればいいのか」などと述べていることを挙げ、佐藤弁護士は「いったい何を考えているのか」「真犯人からのメールは1/5以降途絶えているのではないか」「こういう馬鹿なことを言う人が幹部というのはとんでもない」となどと憤慨。「鯛は頭から腐るというが、警察組織はおかしくなっている」と批判した。

 「 ウィルスの痕跡や通信履歴など客観証拠を積み上げれば有罪は揺るがない」という「警察幹部」のコメントに対しても、佐藤弁護士は強く反発。 

「誤認逮捕の時も、それなりの客観証拠はあった。その客観証拠を被疑者に突きつけて、反論や弁解を聞くべき。言い分も聞こうとしないで、有罪に持ち込もうなどとありえない。目の前にいる被疑者が真実を知っている。その言い分に冷静に耳を傾けるべき。そうではなく自白を取ろうというのは間違っている、というのが足利事件の教訓だったはず。(警察にとって)有力な情報があるのは認めるが、それを1つひとつ本人に当てて聞いていけば、犯人ではないと分かるはず。取り調べもやらないのは、職務放棄だ。しかも再逮捕までして煽っている」
 
一方で、「冷静に考えれば、検察は決して警察に同調していない。今日、処分保留になったことがそれを示している」として、検察の対応に期待を寄せた。そのうえで、「録音・録画をして、しっかり取り調べを行って欲しい」と、改めて要望したことを明らかにした。
 
 
 この一連の行動にはまた別の一面があるような気がする。それは彼が逮捕されている間に、同様の事件があれば彼だけではないと判断できるということ。しかしこんなにマスコミが騒いでいたのでは、このことを真犯人は知っているため、わざと事件を起こさない可能性もある。
 

この様なことは、国家権力があるからできること。自分で何とかしたいと思うならやはり十分な証拠が必要となります。
 



営業妨害 誹謗中傷
 
トラブル解決のアイ総合コンサルタント
 
相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島
 


業務妨害 営業妨害

業務妨害 営業妨害

大阪 京都 神戸 岡山 広島


 ○○市母子殺害事件弁護団懲戒請求事件、○○市母子殺害事件の弁護団に多数の懲戒請求が届き、業務を妨害したとして、弁護団が○○徹弁護士を訴えた事件。
 

1999年4月14日に発生した○○市母子殺害事件について、死刑廃止運動で有名な○○○○率いる弁護団が「強姦目的ではなく、優しくしてもらいたいという甘えの気持ちで抱きついた」「(乳児を殺そうとしたのではなく)泣き止ますために首に蝶々結びしただけ」「乳児を押し入れに入れたのはドラえもんに助けてもらおうと思ったから」「死後に姦淫をしたのは小説『魔界転生』に復活の儀式と書いてあったから」と母子を殺害する意思がなかったと主張し世間を驚かせた。
 

 ○○府知事に就任する前にタレントとしても活躍していた○○が、2007年5月27日に放送された○○テレビの番組『○○○○のそこまで言って委員会』において、このようなむちゃくちゃな弁護をする弁護団には懲戒請求を送る方法があると提案。この時の放送では○○だけでなく、司会の○○○○やその他のパネラーも、弁護団に対してあまりにもひどい弁護団だと非難。そしてテレビを見ていたたくさんの人達が○○の意見に賛同、この弁護団の懲戒請求を実施した。これは『懲戒請求』制度についての存在を世間へ広めるのに大きな影響を及ぼし、国民の司法への関心が高まるきっかけとなったが、実際に懲戒請求の結果その件で懲戒された弁護士は一人もいなかった。
 

 これに対して対象の弁護士4人は業務を妨害されたとして、○○に対して1200万円の損害賠償を求めて広島地方裁判所に提訴した。
 

 2008年10月2日の地裁判決は名誉毀損と業務妨害を認めて、原告4名に合計800万円の賠償を命じたが、○○は控訴した。一方で○○側は遅延金が増えることを回避するため和解金856万円を支払った。弁護団側は11月16日に付帯控訴し、一審で認められなかった差額400万円と弁護士費用を求めた。
 

 2009年7月2日、広島高等裁判所は一審で認めた名誉毀損を否定して業務妨害のみ認め、360万円に減額する判決を言い渡した。しかし、○○敗訴に変わりなく、○○は上告した。
 

 2011年に最高裁判所は弁論を開き、7月15日に損害賠償を認めた一審・二審判決を破棄し、原告逆転敗訴が確定した。判決は、○○の発言が配慮を欠いた軽率な行為だったこと及び弁護団が○○の発言及びそれによる懲戒請求によって一定の負担を余儀なくされたことを認定したが、発言の態様、発言の趣旨、弁護士会の懲戒請求の処理が一括で終えた事、原告らの弁護人としての社会的立場等を考慮し、原告の受忍限度の範囲を越えないものとした。
 

 この裁判とは別に、2009年(平成21年)11月27日、○○市母子殺害事件の弁護団のうち19人が、○○と○○テレビに対して、総額約1億1500万円の損害賠償と謝罪広告を求めて広島地裁に提訴した。原告弁護団は、「弁護団があたかも被告の弁解を捏造し、意図的に遺族感情を傷付ける弁護活動を行っているかのように番組で放送された」と主張している。しかし、7月15日の最高裁による橋下の逆転全面勝訴により、○○や○○テレビに対する損害賠償および○○テレビへの謝罪広告の請求への判決に大きな影響を与えることが考えられる。
 
但し、○○はこの事件をきっかけに「刑事弁護の社会的品位をおとしめた」とされたため、2010年9月17日、「弁護士としての品位を害する行為」を行ったとして、○○弁護士会から業務停止2ヵ月の懲戒処分に処せられた。
 


業務妨害 営業妨害 
トラブル解決のアイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

京都 営業妨害

京都 営業妨害


大阪 京都 神戸 岡山 広島

京都でも営業妨害があります。

スーパーの食料品売り場で、スイカの陳列台にゴキブリの死骸を置いて業務を妨害したとして、京都府警伏見署は10日、軽犯罪法違反(いたずらによる業務妨害)容疑で、同府宇治市木幡の無職の○○(52)を現行犯逮捕した。同署によると「置いたことは知りません」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は10日午後2時15分ごろ、京都市伏見区の大型スーパーの食料品売り場で、スイカの陳列台にゴキブリ1匹(体長約3センチ)の死骸を置き、同店の営業を妨害したとしている。

 同署によると、同店ではこの数日間、同様にスイカの陳列台でゴキブリの死骸が複数回見つかっており、警戒していた男性警備員が、素手でゴキブリをスイカとスイカの間に置く容疑者を発見、取り押さえたという。

 このような、営業妨害は、卑劣極まりないが、店員などの店側の対応だと、逆恨みをされかねないリスクもあり、慎重な対応を要求されます。また対応に不慣れな職員の対応だと、言いがかりをつけられ金銭を脅し取られたという案件もありました。

 クレーム講習、クレーマー撃退法などの講習もしていますので、営業妨害、クレーマーでお困りの方は当社にご相談ください。あなたの力に当社はなります。



営業妨害解決 クレーマー撃退

アイ総合コンサルタント

営業妨害解決 クレーマー撃退ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

営業妨害を解決

営業妨害を解決

大阪 京都 神戸 岡山 広島

営業妨害(えいぎょうぼうがい)とは、営業活動を行っている者のその活動等の妨げになる行為をいう。故意に企図されたもの、故意によらずして行われるものを含む。

法的な概念ではないため、確たる定義は存在しない。
 
民法の定める不法行為などに該当する場合は、差止請求や損害賠償請求の対象となる。
 
また、例えば威力業務妨害罪に該当したり、不正競争防止法に違反する行為であれば犯罪とみなされ、刑事罰の対象となる。
 
しかし現状では、「それらに該当する行為のみを指す用語なのか」は定かでない。


あらゆる形態の営業妨害

ネット営業妨害

来店営業妨害

電話営業妨害

脅迫営業妨害

手紙営業妨害

チラシ営業妨害


など様々な形態の営業妨害があります。



 また、部外者からの営業妨害、内部の営業妨害があり、解決への対応も様々となります。元社員などの営業妨害は、内部として当社は分類しています。

 営業妨害の放置は、エスカレートの傾向が見られ、取り返しのつかない状況に追い込まれたり、対応を誤った結果、営業妨害の激化につながったりと大変なことになります。

 憎しみ、恨みからの営業妨害は、相手が嫌がらせをすることに固執しているため、法律などの対応をしても、状況を悪化させてしまうケースをよく見かけてしまいます。

 当社は、あらゆる角度から営業妨害を解決するために様々な専門化とともに活動しています。営業妨害でお困りの方は当社に相談ください。あなたの力になります。



営業妨害解決ならアイ総合コンサルタント

営業妨害解決ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島