近隣トラブル解決・相談 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

近隣トラブルと認知症

近隣トラブルと認知症


大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

高齢者の近隣トラブル 本質


 最近の近隣トラブルの相談高齢者が絡んでいることが大変多い。
 65才以上の7人に1人、約462万人が認知症とされる。10年後には、5人に1人になるという。認知症の人と、その暮らしを家庭や地域で支える人。それぞれ戸惑いや悩みを抱えながら、互いに生活をしている現在の日本社会。


認知症

 正常に発達した知能が脳の後天的な障害によって正常なレベル以下に低下した状態を指し、知能の発達がもともと悪い状態(知的障害)とは区別が必要であること、意識障害、統合失調症、うつ病などや、記憶障害のみの健忘とも区別されるべきであることという特徴をもつ。



 認知症の直接の原因である「脳の細胞が壊れる」ことで起こる症状を「中核症状」といい、認知症の方であれば誰しもが抱える症状のことを言う。

  周辺症状とは「行動・心理症状」とも言われます。認知症は本人が元々持ち合わせている性格や置かれている環境が大きく作用し、症状もある程度分類は出来ますが複数の症状が重複する方もおられる為多様化します。人によって症状が異なるので、全く同じ症状の方は居ないと言っても過言ではない。

 このような症状を表している方絡んでいるトラブルを解決することは大変困難なことです。そのような症状が出てきている人との話し合い自体そもそそも会話が成り立たなくなっています。



 様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか?そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます。

最近の近隣トラブル

最近の近隣トラブル


65歳以上のトラブル

 ニュースで毎日のように、高齢者の、「高速道路逆走」、「車のアクセルとブレーキの踏み間違え」などの高齢者の事故があります。本人は勘違いなので、事故を起こそうという意思は全くないのです。

 近隣トラブルで、高齢者同士のトラブル相談も多く、認知症を疑われている人が加害者となっているケースもあります。

 近所をズボンの上からパンツをはいて徘徊していた男性を向かいの主婦が注意したら、ズボンの上からパンツをはいた男性が持っていた杖で主婦に殴り掛かってけがをさせてしまったケースでは、その男性は認知症を患っていたとのことです。

警察庁によると、昨年8月までの2年間において、高速道路での逆走は447件。約7割が65歳以上の運転者だった。そのうち認知症の人あるいは認知症が疑われる人は、約4割にのぼるという。

 改正道路交通法により、75歳以上の運転者が「逆走」や「信号無視」などの交通違反を犯し「認知症の恐れがある」と判定された場合には、認知機能検査を義務づけることとなった。

 しかし認知症高齢者の自動車運転による事故は後を絶たず、認知症と診断されながら車の運転を続けている人は、予想以上に多いとみられている。とくにそれは、ほかに交通手段のない地方で顕著であるということだ。

 上記のようなトラブルが今後も増えてくることが考えられます。運転免許証の更新でも高齢者のことも触れるようになってきています。

近隣トラブル解決 ゴミ屋敷

近隣トラブル解決 ゴミ屋敷


行政も対策に乗り出しているゴミやしき問題

ゴミ屋敷 ごみが異常にあふれかえっている住宅。家主がごみを蓄積・収集することが原因。景観の破壊・放火の危険性・悪臭などにより近隣住民に迷惑をかけることも多く,社会問題になっている。

解体工事をしていた男性作業員が、 室内からごみを運び出していたところ、頭蓋骨を発見した。

 通報を受けて駆けつけた愛知県警守山署員らが確認したところ、運び出されたごみの中から、 成人のものとみられる両脚の骨などが見つかった。

 この民家には高齢の男性が一人暮らしをしていたが、10年ほど前から姿が 見えなかったという。同署で身元の確認を進めるとともに、ほかの部位の骨を捜している。民家の 室内には大量のごみがたまっていたという。


 男性宅から出火。隣接する民家にも延焼し、木造2階建て住宅2棟が焼けた。男性宅は屋外にまでゴミがあふれる「ゴミ屋敷」として近隣で知られ、7月から対策強化に乗り出していた。男性のほか、住人は逃げて無事だった。出火原因を調べている。

  男性は出火後「家が燃えてしまった」と近くの交番に駆け込んだ。その後、西隣の家に延焼したという。

  男性は2003年ごろから近くのゴミ集積所からゴミを持ち帰るようになり、10年と13年には行政代執行でゴミ計72.5トンを撤去した。その後もゴミがあふれる状況が続き、市は7月、庁内11課で構成する対策チームの結成を決めていた。



大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

近隣トラブル解決

近隣トラブル解決

 

 

 

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島


 最近、嫌がらせ・近隣トラブル解決の依頼が急激に増加しており当社でも受件件数上位に挙がってきています。些細な口論から発展するケースや誤解などならまだしも、全く身に覚えがなく知らず知らずの内に相手が根に持ち恨みに変わっていくケースがここ数年で以上に増えてきていると感じます。

 

 ストーカーと同様に小さな事から徐々にエスカレートし、最終的に傷害・殺人事件にまで発展します。年々手口は陰湿化や巧妙化してきており、犯人が特定できない場合や犯人が特定出来ていてもどうする事も出来ずに泣き寝入りしてしまう事が多いようです。事態が大きくなる前に証拠を入手し、犯人への示談の持ちかけや警察への早期立件・立証が必要でが、実際に犯人を特定して話をしてみると、まともな相手はほとんどいないのが実情です。

  なるほど、これなら近隣トラブルで殺人事件もあり得るなと思える人が犯人となっているケースが大半で、精神に異常があると思える人ばかりです。これは当事者が直接話し合いをすると、相手に憎悪だけうえつけるだけだと思います。また犯人が夫婦で二人とも、精神的におかしい感じたうえ、さらに子供まで会話にならないなどという例もありました。この様な人にとって警察、法律全く通用しないのは当たり前のことです。

 

 このような近隣トラブルを解決する手段として、私どものような第三者機関を利用するのは、解決のための賢い選択になってきたようです。

 


近隣トラブル解決なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808

近隣トラブル解決 殺人

近隣トラブル解決 殺人

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 ○○都○○区の住宅街で、女性が男に首を切られ死亡した。男は警視庁の元警視で、女性の家に一時立てこもり、警察官が突入したが、男はすでに死亡していた。被害者の女性と男には、ごみ出しなどをめぐりトラブルがあったとみられている。
 住宅2階のベランダから突入する警察官。
 白昼の立てこもりで、高級住宅地に緊張が走った。
 「男が日本刀を振り回し、人が倒れている」と110番通報があったのは、10日午前11時半ごろ。
 警察官が駆けつけると、○○○○さん(62)とみられる女性が、○○区○○の路上で、首から血を流して倒れていて、その後、死亡が確認された。
 目撃した人は「刺してるみたいな音は聞こえた。(刃渡りはどれくらい?)わたしが見るかぎり、このへんしか見えなかった。長いのかなと思って...」と話した。
 ○○さんを切りつけたのは、向かいの家に住む警視庁の元警視○○○○容疑者(86)で、一時、久保さんの家に立てこもった。
 警察官が突入した際、○○容疑者は、1階の玄関脇の部屋で血を流して倒れているのが見つかり、死亡。
 首を切った痕があり、自殺とみられている。
 近所の住民によると、2人の間には、以前からごみ出しをめぐるトラブルがあったという。
 近所の住民は、「その1軒(久保さん)が散らかしているんだよ、一帯。(何を?)ごみだよ、ごみ」、「○○容疑者は昔刑事で、民生委員もやっていて。あの女○○さんが越してきてから、常識も何もないし、頭にきてるんだということは言っていた」と話した。
 また、○○容疑者は2012年7月、「自宅前で殺虫剤をまいていたら、○○さんに体当たりされてあおむけに倒された」と、警察に相談に訪れていたという。
 警視庁は、トラブルの詳細を調べるとともに、○○容疑者を被疑者死亡のまま、殺人の疑いで書類送検する方針。




近隣トラブル解決 殺人 

近隣トラブル解決ならアイ総合コンサルタント

近隣トラブル解決相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島