性犯罪被害解決 相談 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

チャイルド・マレスター

 チャイルド・マレスター


 チャイルド・マレスター は、子供にみだらなことをする人間のことを指す用語。日本語では児童性虐待者または小児性犯罪者などと訳される。ペドフィリアが医学的用語として多く用いられるのに対し、こちらは犯罪分析によく用いられる用語である。チャイルド・マレスターが複数の子どもを性的に虐待している状況をセックス・リングと呼ぶ。


顔見知りの犯行が8割


 社会的地位、血縁、性別、年齢、性的指向にかかわらず性的虐待は行われていることが明らかとなっている。また、子供に対する性犯罪の8割が顔見知り教師、塾講師、家族・親族や家族の信用できる友人などによるものであるため、事件として表面化することはまれで、大半が隠れているケースがほとんどである。

 教師、塾講師などは子供と接する仕事なだけにチャイルド・マレスターにとっては最高の職場である。もちろんすべてに人が小児性愛者なわけではないが、そのような職業に付くものは精神鑑定を義務つけてほいいものである。

  犯罪トラブルとは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。ひょっとしてこれ犯罪かもしれない?と少しでも疑問に思われるのであれば、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。


 信頼と実績のリピート率72.8%!!お悩み事、問題事の解決方法をお探しのお客様はアイ総合コンサルタントへ是非ご相談ください!一人で悩まず、私共にご相談頂ければ、必ずやあなたのお力になれます!秘密厳守も徹底しておりますので、安心してご相談ください。あらゆるネットワークを備え、どんなお悩みごと、問題ごとにも柔軟に対応し、解決させて頂きます。この状勢下、様々なお悩み事や問題事を抱えておられる方が近年増加しています。「だけど、どこに相談すればいいのか分からない」というのが気持ちもある事と思います。そのようなお悩みをお持ちのお客様がいらっしゃいましたら、是非私共、アイ総合コンサルタントへとご相談くださいませ。

必要であれば各種専門家をご紹介いたしますのでご安心ください。警察OBも在籍



成人3割がHIV感染の王国 

成人3割がHIV感染の王国 


  成人の約3人に1人がエイズウイルス(HIV)に感染している南部アフリカの王国スワジランド。世界で最も感染率が高いとされる小さな国を訪ねると、一夫多妻制といった固有の文化と風習が、感染予防の妨げとなっている現実が見えた。

 首都ムババーネ近郊。国内全土の集落から、少女や、未婚で子どものいない成人女性らが長さ約2~3メートルの「リード」と呼ばれるアシを持ち、王宮目指して行進してきた。

 その数、約8万人。裸の上半身に伝統的な飾りを身につけ、「今こそ王家に集う時」などと足を踏みならして歌う。王家への忠誠を示し、女性たちの連帯を深めるため、年に1度開かれる「リードダンス」と呼ばれる祭りだ。古来の風習を取り入れて、1940年代に始まったとされる。

 女性たちは王宮にアシを献上すると近くの競技場に移り、観客席にいる国王ムスワティ3世(46)の前で踊りを披露した。終盤には国王も競技場に下り、駆け足で女性たちを見て回る。

 女性たちがリードダンスに熱狂するのは、国王が毎年のように、この祭りを通じて新たな妃を選んできたからだ。一夫多妻制の風習が残るスワジランドで、国王の妻は14人いるといわれる。見初められれば、裕福な暮らしが約束される。

 

避妊や検査を見下す風潮

 2011年の政府統計によると、成人(18~49歳)の感染率は31%。特に30~34歳の女性では54%、35~39歳の男性では47%だ。「ここまで広まってしまった原因の一つに、この国の文化や風習があることは否めません」。現地でHIV対策に取り組む国際協力機構(JICA)の持田敬司調査員は話す。

 一夫多妻制の風習が残るスワジランドでは、男性の多くが、交際している女性の数を誇ったり性交渉の回数を自慢したりする傾向がある。その一方、避妊したりHIV検査に行ったりすることを見下す風潮があるという。

 既婚の中年男性と10代の少女が交際することも、当たり前のように行われている。男尊女卑の傾向も強く、レイプや家庭内暴力が後を絶たない。

市立中校長児童ポルノ問題

 市立中校長児童ポルノ問題


 信頼と実績のリピート率72.8%!!お悩み事、問題事の解決方法をお探しのお客様はアイ総合コンサルタントへ是非ご相談ください!一人で悩まず、私共にご相談頂ければ、必ずやあなたのお力になれます!秘密厳守も徹底しておりますので、安心してご相談ください。あらゆるネットワークを備え、どんなお悩みごと、問題ごとにも柔軟に対応し、解決させて頂きます。この状勢下、様々なお悩み事や問題事を抱えておられる方が近年増加しています。「だけど、どこに相談すればいいのか分からない」というのが気持ちもある事と思います。そのようなお悩みをお持ちのお客様がいらっしゃいましたら、是非私共、アイ総合コンサルタントへとご相談くださいませ。確かな知識を備えた専門のスタッフがあなたのお悩みや問題を徹底的にサポートし、早期解決とへ導くべく、お客様の幸せの一助になる事を志し、誠心誠意、まごころを持ってお手伝いをさせて頂きます。男女のもつれや近隣とのやっかい事、金銭や犯罪にまつわる問題だけでなく、家族・親族間での心配事は勿論の事、職場や企業における悩み事、商取引における衝突などにも対応させて頂きます。これら以外にも諸々のご相談事を承っておりますので、該当するものがないと思われるケースに遭遇しておられる方も、是非一度当方までお問い合わせ頂ければ、専門スタッフがご相談に応じさせて頂きます!


呆れた事件です。教育者の問題とは言えないです。

こんなことでは学校は、子供にとって安全な場所と言えないです。


フィリピンで延べ1万2千人以上買春、自宅からは写真が15万枚...児童ポルノ製造の疑いで元横浜市立中校長の男を逮捕

 

 神奈川県警少年捜査課などは8日、フィリピンで女児とのみだらな行為を撮影したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、横浜市金沢区富岡西、同市立中の元校長、高島雄平容疑者(64)を逮捕した。同課によると、26年間で延べ1万2660人の女性をフィリピンで買春、自宅から写真約15万枚が発見された。

  横浜市教育委員会などによると、高島容疑者は平成23年3月末まで校長をしていたという。

  逮捕容疑は、平成26年1月1日ごろ、フィリピン・マニラ市のホテル内で、13~14歳の女子児童とのみだらな行為をデジタルカメラで撮影し、データを保存したとしている。「間違いない」と容疑を認めている。

  同課によると、高島容疑者は昭和63年~平成26年のまでの26年間で延べ1万2660人の女性をフィリピンで買春。インスタントカメラやデジタルカメラで行為を撮影し、女性ごとに番号を振っていた。高島容疑者の自室からは、写真約15万枚が発見された。「1割くらいが18歳未満だった」と供述しているという。

  高橋容疑者は、昭和63年4月に仕事でフィリピンに滞在後から、年に3回フィリピンに出かけるようになり、買春を行っていた。同課によると、「仕事のプレッシャーが強く、倫理観のたがが外れたときに、より解放感を味わえた」と供述しているという。

学校長のわいせつ行為

学校長のわいせつ行為


  私たちの国でも、日夜犯罪のニュースが後を絶ちません。いまやいつ自分の身にその犯罪が降りかかってくるかも分からないのが現在の状況ではないでしょうか?ですが実際は犯罪被害の救援には、犯罪被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。私たちは今日まで、さまざまな犯罪被害者からの相談を受け解決してきました。

 今お悩みの方は一度私たちにご相談下さい。


中学校長を懲戒免職

女性教諭にわいせつ行為


 千葉県教育委員会は6日、30代の女性教諭にわいせつ行為をしたとして、千葉県袖ケ浦市の市立蔵波中学校の男性校長(59)を同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。
  県教委によると、校長は2月2日、勤務終了後に女性教諭をドライブに誘い、同市内の公園の駐車場に止めた乗用車内で突然抱き付き、複数回キスした上で胸を触った。
  女性の家族が、勤務先を通じて県教委に相談した。校長は「女性に好意があった」と話しているという。県庁で会見した内藤敏也教育長は「あってはならない行為で、誠に申し訳ない。深くおわびする」と謝罪した。


セクハラで職員処分

女性部下を「愛人1号、2号」セクハラで職員処分

 
セクハラで職員処分 秋田県教育委員会は26日、部下の30代女性2人にセクハラ行為をしたとして、秋田市内の教育機関に勤める50代の男性職員を同日付で停職1年の懲戒処分にしたと発表した。職員は「大変申し訳ない」と話しており、2人に謝罪したという。


 教委によると、男性職員は今年1月下旬~2月下旬、女性2人を「愛人1号、2号」と呼んだり、頬をつつくなどの身体的接触をしたりしたという。うち1人が2月下旬に職場内で訴え、発覚した。
 男性職員は2005年3月にも、以前教諭として勤務していた公立中学校で、顧問を務めていた女子バレー部員にキスを強要し、車でつけ回すなどしたとして、停職3カ月の処分を受けていた。

児童ポルノ事件 児童ポルノ事件の摘発件数

児童ポルノ事件


今日、私たちの国でも、日夜犯罪のニュースが後を絶ちません。いまやいつ自分の身にその犯罪が降りかかってくるかも分からないのが現在の状況ではないでしょうか?ですが実際は犯罪被害の救援には、犯罪被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。私たちは今日まで、さまざまな犯罪被害者からの相談を受け解決してきました。
今お悩みの方は一度私たちにご相談下さい。

詐欺被害、恐喝、脅迫、横領、背任,、美人局などあらゆる犯罪の対応が可能 

誰のも知られることなく犯罪のトラブルを解決します。

 

アマゾン、違法商品排除に対策強化 児童ポルノ事件受け


児童ポルノ事件の摘発件数


 ネット通販大手アマゾンジャパン(東京)の通販サイトで児童ポルノが売られていたとされる児童買春・児童ポルノ禁止法違反事件で、愛知県警が同社に要請した再発防止策の内容が明らかになった。同社は「違法な商品を排除するため、対策を強化する」としている。

  県警は3月12日付でジャスパー・チャン社長に宛てて、要請文を送付した。再発防止策として、児童ポルノの販売が違法であることをサイトのトップページに掲載する▽商品が児童ポルノと判明した場合、サイトから削除し、出品者の利用を制限する▽児童ポルノの保管や受注、配送がされないよう社内管理を徹底する――の3点を求めた。

  同社は要請を受け止めるとともに、違法サイト監視団体への入会や、サイト内に通報窓口を設け、違法・有害商品の情報収集に取り組むという。

  一連の事件では、同法違反容疑で書類送検された関連会社勤務の男性社員が不起訴(起訴猶予)処分となっている。

「他社より緩い」 検挙された古書店男性

  昨年11月中旬のある朝。古書店を経営する男性宅に愛知県警の捜査員6人が児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で家宅捜索に入った。男性によると、アマゾンの通販サイトを通じて販売した写真集が児童ポルノに該当すると指摘され、その日のうちに逮捕された。

  男性は古書業界に長年身を置く。アマゾンは他のサイトに比べ、手数料は高いものの、利用者が多く売れやすいため使っていた。さらに最大の理由は、他のサイトでは削除されてしまうような児童ポルノの疑いがある商品も販売できたからだという。


性犯罪被害トラブル解決

性犯罪被害トラブル解決


 犯罪トラブルとは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。ひょっとしてこれ犯罪かもしれない?と少しでも疑問に思われるのであれば、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

 必要であれば各種専門家をご紹介いたしますのでご安心ください。警察OBも在籍

約100人にわいせつか 「血圧測定」偽り眠らせ犯行


 千葉県警捜査1課と松戸署などの合同捜査班は2日、血圧測定のモニターのアルバイトと偽って集めた女性に酒などを飲ませて抵抗できなくしてわいせつな行為をしていたとして、準強制わいせつなどの疑いで住所不定、無職の男(54)=準強姦(ごうかん)罪などで公判中=を地検松戸支部に追送検し、捜査を終結したと発表した。

  被害女性は2011年9月ごろから約2年間で約100人に上るとされるが、捜査班は県内外の10~40代の女性39人で計40事件を立件した。

  捜査班によると、男は自ら立ち上げたホームページや新聞広告で架空会社を名乗るなどして、飲酒して寝ている際の血圧を測定するモニターのアルバイト名目で女性を募集。「泊まって温泉に入れる」と誘い、県内や東京都内などのビジネスホテルのほか、栃木県内や静岡県内の温泉宿で、女性に酒や睡眠導入剤を飲ませて眠らせたうえで、わいせつな行為をしていた。男は容疑を認めいる。

  県内の20代女性が13年9月、県警に相談。県警は同11月に準強制わいせつ容疑で男を逮捕、画像を分析するなどして詳しい捜査を進めていた。

 上記のように勇気を出して警察に被害届をたすことにためらいを感じ、表沙汰にせず何とかしたいと感じた方は、当社に相談ください。力になります。

性犯罪

 性犯罪


他人の自由を奪う性犯罪としては、暴行又は脅迫により行われる性犯罪である強姦が代表的なものである。また社会の風俗を乱す性犯罪として、公然わいせつ、わいせつ物陳列などがある。性犯罪の被害にあっても、世間体をはばかり恥と考えたり、報復をおそれたりして、訴え出ない場合(暗数)が多いと言われる。日本でも、海外でも、軽い性犯罪を届け出ない場合(暗数)は多い。

参考として警察庁の資料をみると、下記のように暴力的性犯罪という分類がみられる。ただし、他の報告では強姦、強制わいせつを性犯罪と呼んでいる箇所もあり、統一した定義というより、統計上の便宜的な定義のようである。

以上のことから、性犯罪かそうでないかの線引きは、当該行為を相手の同意を得て行っているかどうかによって定義するのが最も適切である。

但し、同意を得ていても13歳未満の女子に対する姦淫は強姦扱いであり、児童買春は、相手が児童であり尚且つ同意を得る手段に金銭を用いている為、性犯罪に該当するものと考えられる。

また、淫行条例に関しては、性的同意年齢以上の人間との同意による性的行為であること、児童ポルノ単純所持に関しては被害者が存在しない為、性犯罪の定義に当てはめないのが適切である。

 


80代女性を強姦未遂の疑い 和歌山・紀の川市職員を逮捕

 
 和歌山県警岩出署は29日、女性を乱暴しようとしたとして強姦未遂の疑いで、同県紀の川市保健福祉部次長の西坂善行容疑者(58)=同市北大井=を逮捕した。

 捜査関係者によると、女性は紀の川市に住む80代の1人暮らし。

 逮捕容疑は10月23日午後9時ごろ、女性宅を訪れ、乱暴しようとした疑い。岩出署によると、西坂容疑者は容疑を認め「酒を飲んでから訪問した」と話している。同署は2人に面識があったかどうか明らかにしていない。女性が10月25日、同署に相談した。

 中村慎司市長は「市政に対する信頼を損ねたことを深くおわびする。早急に事実を確認し厳正に対処する」とのコメントを出した。

医師の強制わいせつ 処分が軽すぎ

医師の強制わいせつ 処分が軽すぎ


医師が強制わいせつ 停職6月、依願退職 千葉県病院局

依願退職なら退職金出てるかもと思うのは私だけでしょうか

 

 千葉県病院局は7日、同僚女性に対する強制わいせつ容疑で逮捕された県立病院医長の医師男性(33)を停職6月、知人男性を殴り傷害罪で起訴された同局の主査男性(45)を停職1月の懲戒処分にしたと発表した。医師男性は同日付で依願退職した。

 同局によると、医師男性は4月2日午前1時半ごろ、千葉市内で行われた職場の送別会後、自宅前まで車で送ってくれた同僚女性に車内で抱きつき、胸を触るなどのわいせつ行為をした。

 翌3日に職場からの連絡で発覚。5月23日に女性が千葉中央署に被害届を出し、6月9日に逮捕され、同16日に示談が成立し釈放された。医師男性は「酒の酔いに任せた」と話しているという。医師男性は昨年度から非常勤で同病院に勤務。本年度から正規職員になったばかりだった。

主査男性は傷害で1月

  一方、主査男性は1月18日午後1時45分ごろ、いすみ市内の飲食店で知人男性の顔面を手拳で2回殴り、首に10日の軽傷を負わせた。

 6月5日に千葉一宮区検が傷害罪で略式起訴、同11日に千葉一宮簡裁が罰金20万円の略式命令を出した。主査男性は同20日に納付した。主査男性は、家族から借りた金を知人男性が返さないことに激高し殴ったという。

 県病院局は県庁内の内規を理由に職員の職種や名前などを公表していない

児童性的虐待


児童性的虐待




 児童性的虐待を行う犯人は大抵身体的暴力や脅迫を使って被害者を服従させていると思われている方がいるようですが事実は違います。



 大半の事件では虐待者は欺きや誘惑を使って被害者に近づいており、威圧が使われるのはまれです。



一般的に虐待は犯行者と被害者の間で長期に渡って続いている関係の中で発生し、時間が経つにつれエスカレートしていきます。



児童性的虐待を行う犯人の殆どは校庭や遊び場等へ行って被害者を見つけ出していると思われている方がいますが事実は違います。



 児童性的虐待の犯人の殆どは自分が知っており、既に自分との関りあいが有る子供に対し犯行を行っています。成人の婦女に対する性的暴行事件の多くは犯行者が被害者との親しみを使って被害者に近づく「信頼レープ」としてみなされています。




下記は児童性的虐待事件です



 わいせつ目的で小学2年の女児(8)を誘拐したとして、警視庁荒川署が26日に東京都台東区、無職中野雅章被告(57)(ピッキング防止法違反などで起訴)をわいせつ目的誘拐と強制わいせつの疑いで再逮捕していたことが、同署幹部への取材でわかった。  同署幹部によると、中野被告は今年4月下旬、都内で女児に「すぐに終わるから来て」と声をかけ、神社に連れ込んで誘拐し、わいせつな行為をした疑い。女児にけがはなかった。

性犯罪者リスト


性犯罪者リスト


大阪 京都 神戸 岡山 広島


 アメリカでは、性犯罪は薬物で服役している人の次に多い犯罪です。このような法律できたのですが、日本では性犯罪事態刑事事件になることが少ないことが事実なのです。



メーガン法



2004年以降、カリフォルニア州のメーガン法に基づき、地元の警察機関に登録を義務付けられている性犯罪者の情報を、市民が閲覧できるようになりました。 それ以前は、個人的に警察署や郡保安官事務所を訪れたり、あるいは900番の無料電話番号にかけた場合にのみ、情報を入手することができました。 本法律は、2004年8月24日、最終法案が州議会を通過、2004年9月24日に州知事により是認署名されました。

カリフォルニア州は、1947年以降、性犯罪者に対し地元の警察機関への登録を義務付けてきました。 カルフォルニア州のメーガン法は、地域社会の市民が自分自身や自分の子どもを守るために、市民に対し性犯罪者の所在地に関する確かな情報を提供しています。 メーガン法は、すでに性犯罪登録者として登録されていた者によって殺されたニュージャージー州の少女、7歳だったメーガン•カンカに因んで名付けられました。この性犯罪者は、少女の家族が気づかないうちに通りを挟んだ向かいに引っ越してきたのでした。 この悲劇をきっかけに、カンカ夫妻は、地元の市民にその地域にいる性犯罪者についての警告を与えるよう求めました。 現在、すべての州が何らかの形でメーガン法を設定しています。

この法律は、登録者を処罰することを目的としておらず、特に登録者に対し嫌がらせをしたり犯罪を行うために情報を使用することを禁じています(刑法第290.46条)。

強制わいせつ容疑者逃走

 

強制わいせつ容疑者逃走


強制わいせつ容疑者、入院治療のため釈放後4日間逃走


性的犯罪を行う大部分の男性は被害者との面識関係


被害者が子供である事件の90%では加害者が知人であり、そのうち半数弱が家族の一員です。被害者が12歳以上の事件では、およそ80%の場合加害者が被害者の知人です。


また日本ではありませんが、性犯罪者リストを公にしている国もあるぐらい、発生率、再犯率の高い犯罪です。


下記はそんな容疑者が逃走した事件です。


 宮崎県内で強制わいせつ容疑で逮捕された容疑者が、入院治療を理由に釈放された後に行方不明となり、4日後に身柄を確保されていたことが1日、わかった。

 宮崎県警の発表によると、逮捕されたのは同県高原町の無職の男性(63)。男性は11月1日夕、自宅を訪れた宅配業者の女性従業員に対し、服の中に無理やり手をいれて胸を触ったとして、25日に同容疑で逮捕された。だが、取り調べ中にけいれんを起こし、同県小林市内の病院に搬送。糖尿病などで入院治療が必要と診断され、同日釈放された。ところが、27日の一時帰宅後、行方が分からなくなった。

 県警は男性を同容疑で指名手配し、同県えびの市で車を運転しているところを1日未明に発見。男性は「胸は触ったが、服の中に手を入れていない」と容疑を一部否認しているという。

 県警は「殺人事件とは違うので、地元住民に注意は呼びかけてはいない。釈放中で対応に問題はなかった」と説明している。

性犯罪の仮釈放後犯行

性犯罪の仮釈放後犯行



再犯の可能性は裁判員裁判で審理できるのでしょうか。



 裁判員裁判で犯罪者の今後の行動予想は判断できるとは思えないのですが、素人に重荷を負わしてしまうのではと考えてしまいます。下記のケースは仮保釈後に起こした犯罪です。


19人強姦、無期判決 性犯罪の仮釈放後犯行 



 若い女性19人を強姦(ごうかん)したなどとして、強盗強姦罪などに問われた無職中西康浩被告(50)=住所不定=の裁判員裁判の判決が27日、大阪地裁であった。登石(といし)郁朗裁判長は「性犯罪で服役して仮釈放された約20日後から犯行を重ねた」と述べ、求刑通り無期懲役を言い渡した。

 判決によると、中西被告は2006年4月~12年9月、飲食店や衣料品店で働く10~20代の女性や女子中学生に電話をかけて「暴力団からあなたに復讐(ふくしゅう)するよう頼まれた」「身に覚えがなくても実行する」などと脅迫。「助かりたければ従え」と言い、19人を計141回にわたって襲い、計162万円を奪った。



 判決は「被告は(名札を見るなどして)被害者の情報を入手した」と指摘。被告側は被害の一部弁済などを理由に情状酌量を求めたが、「被害者は尊厳を踏みにじられ、人生を大きく狂わされた」と述べ、被告の行為を批判した。



 裁判員を務めた50代の男性会社員は判決後の記者会見で「(証人尋問で出廷した被害女性の3人は)勇気を振り絞って証言していると感じた。裁判に真剣に向き合おうという気持ちを強くした」と語った。


性犯罪の恐怖

性犯罪の恐怖




 性犯罪のホントの恐怖は、加害者が見た目では判断ができないこと。下記の事件のように犯人の職業は教師で、一般的には信用がある職業である。当然人は外見で判断できないがこの様な事をする人は、見分けがつきにくいということ。これが性犯罪のホントの恐怖である。



強制わいせつ致傷 



 元中学校教諭が同市内で女性3人の体を触り、けがをさせるなどしたとして、強制わいせつ致傷などの罪に問われた、被告(25)の裁判員裁判の判決公判が21日、さ地裁で開かれた。裁判長は懲役4年(求刑・同5年)を言い渡した。



 裁判長は裁判員からの希望と断った上で「あと数年で、あなたが教えた子どもたちも被害者の方々と同じくらいの年齢になる。そういう方々の心の傷について考えてほしい」と諭した。



 判決で裁判長は、徒歩で帰宅途中の女性を背後から襲うなどの犯行について言及。「相手の人格

を顧みず、同様の犯行を3度繰り返したことは強く非難される」と述べた。田村被告は、強制わいせつ致傷事件について、被害女性にけがを負わせていないと主張していた。判決は女性の母親やけがを診断した医師の供述などから、女性が傷害を負ったと認定。「肉体的苦痛はもちろん、精神的苦痛を与える悪質な犯罪」と執行猶予付き判決を求めた弁護側の主張を退けた。

 判決などによると、被告は2013年1月8日午後10時55分ごろ、路上を歩いていた当時17歳の女性の背後から近づき、腕で体を押さえ付けるなどしてわいせつな行為をし、顔や手に約5日のけがを負わせるなどした。



梅毒の患者数 若年層に増加

梅毒の患者数 若年層に増加


大阪 京都 神戸 岡山 神戸


「梅毒」患者数、若年層に増加 昨年1200人超え


梅毒の患者数の推移



 主に性行為で感染する感染症「梅毒」の昨年の患者数が、現行の統計法になった平成12年以降、初めて1000人を上回ったことが6日、分かった。過去には大流行も引き起こした病も、現在は抗生物質で治療可能。そのため「過去の病気」と思われがちだが、ここへ来て若年層を中心に感染者がじわじわ増加中だ。専門家は「早めに治療を受け、感染拡大を防いでほしい」と話している。



 国立感染症研究所(東京)によると、25年に梅毒と診断された人は前年比351人増(1.4倍)の1226人(速報値)。22年の621人から3年連続で増加している。男性が989人と8割を占め、特に25~39歳と若年層での感染が目立つ。感染研細菌第1部の大西真部長は「増加の原因は不明だが、患者の多くは男性同士の性的接触の経験を持っている。こうしたコミュニティーに梅毒が入り込んでいる可能性がある」と指摘する。



 梅毒は梅毒トレポネーマ菌が性行為などによって皮膚や粘膜の傷口などから侵入することで感染する。皮膚が赤くなったり、リンパ節が腫れたりすることから始まり、現代ではまれだが進行すると脳や神経が侵され死亡することもある。



 感染初期の発疹などの皮膚病変から移りやすく、治ったように見えても再び皮膚に異常が出ることもある。大西部長は「早期に治療することが感染拡大の予防となる。ためらわずに病院で検査を受けてほしい」と呼びかけている。


児童わいせつで被害者匿名の起訴状認めず

児童わいせつで被害者匿名の起訴状認めず



 東京地裁が氏名記載要求、公訴棄却も


 強制わいせつ事件の起訴状で、東京地検が被害児童の氏名を加害者に知られないよう氏名を伏せたところ、東京地裁が記載を命じていたことが13日、関係者への取材で分かった。地検と地裁は対応を協議しているが、起訴状の不備を理由に公訴棄却が言い渡され、裁判が打ち切りとなる可能性もある。


 刑事訴訟法は起訴状に日時、場所、方法を明記したうえで、罪となるべき事実を特定するように求めている。被害者の氏名に関する規定はないが、通常は記載されている。



 関係者によると、問題になったのは、児童が面識のない男に公園のトイレでわいせつな行為を受けたとされる事件。起訴状の謄本が被告に送達されることから、2次被害を恐れた両親の要望を受け、地検は起訴状で児童の氏名を伏せて、年齢のみを記載した。



 これに対して、地裁は起訴内容の特定に支障が出ることなどを理由として、児童の氏名を記載するよう命じた。被告の男の弁護人は氏名を伏せることに同意しており、地検は被害者が特定可能な別の記載がないか地裁と協議を続けている。



 検察当局では、昨年11月に神奈川県逗子市で起きたストーカー殺人事件で、警察官が逮捕状に書かれた女性の住所を朗読したことが犯行につながった事態を受け、一部事件で起訴状での被害者名の匿名化を進めている。被害者名の代わりにメールアドレスを記載したり、勤務先と姓だけを書いたりするといった配慮を行っているという。


誰にも知られずトラブルや問題を解決したいなら当社に依頼ください。


強姦被害57%が家 

 

強姦被害57%が家 

オートロックは「共連れ」に注意

 春を迎え、一人暮らしを始める人も多いのではないだろうか。初めての一人暮らしで気を付けたいのが防犯。女性の場合は特に注意が必要だ。なかでも強姦被害の現状をみると、家での対策の重要性が分かってくる。


 強姦約200件、強制わいせつ約900件、痴漢(迷惑防止条例違反)約2千件。これは2013年に東京都内で発生した性犯罪の件数だ。警視庁によると、被害者の女性は、いずれの犯罪も10~20代が約80%を占めている。そして発生場所は強姦の約57%、強制わいせつの約32%が住宅だ。


 一人暮らしの若い女性がこうした性犯罪から身を守る方法として、警視庁生活安全部生活安全総務課も、まずは鍵かけの徹底を呼びかける。

「地方から出てきて間もない人は2階以上だとベランダの窓に鍵をかけない傾向がありますが、2・3階はそばに電柱やブロック塀、排水管などの足場があれば簡単に登ってくるし、最上階でも屋上から下りてきます。何階であっても鍵をかけずに寝たり外出したりするのは極めて危険です」


 安全生活アドバイザーの佐伯幸子氏は、オートロックのマンションでも油断は禁物、と警鐘を鳴らす。


 「オートロックだからと安心し、郵便物を取りに行くときやゴミ出しのときなどに鍵をかけない人がけっこういますが、オートロックでも誰かの後ろについて"共連れ"で入れます。ましてやオートロックがない物件の場合は、自室のドアの向こうは路上と同じです。オートロックやエレベーターの前で男性と一緒になったら"お先にどうぞ"と言いましょう。そうやって、ひと手間かけるだけで安全レベルを上げることができるのです。窓には補助錠やアラーム、ベランダにはセンサーライトなどの防犯グッズを取り付けてセキュリティーを高めることをお勧めします」


 覚えのない訪問者にはドアを開けることはもちろん、インターホン越しでも応答してはいけない。宅配便の受け取りもドアチェーンをかけたままで行うのが鉄則だ。大きい荷物は玄関先に置いていってもらえばよい。


野村総研 わいせつ事件 3

 

野村総研 わいせつ事件 3


被害者への謝罪も一切の交渉も拒絶

 被害女性の弁護士は、Y氏からの謝罪と和解の成立を受け、警視庁の指導に基づいて次は野村総研に対して通知をした。その内容は「野村総研は幹部の強制わいせつ行為に加えて、隠ぺいのための組織的な脅迫行為も裁判所で事実認定されている以上、被害女性代理人として謝罪を求める意向である。これに誠意を持って解決のために対応されるか否かを警視庁の指導に基づいて確認するので、誠実な回答を求める」という趣旨の文である。

 これを受けた野村総研は謝罪を拒否。さらに一切の交渉も拒絶し、和解の余地などないとする書面を被害女性側に送付したことが明らかとなった。


野村総研は、幹部の性犯罪および組織的脅迫を事実無根として、名誉棄損の被害を警視庁丸の内署に届け出ていた事実も発覚した。

 このように、大手上場企業が性犯罪加害者側として、警察の指導も拒絶して、挙げ句に虚偽の内容で名誉棄損を主張する行為は、どのように評価されるものなのだろうか。東京都内の弁護士は次のように述べている。

「警察の指導には法的な強制力はありませんが、しかし社会的な責任の大きい大企業としては、誠実に従うべきものです。ましてや、そもそも被害者側を脅迫している事実が裁判で認定された法人が、警察の指導の上でも謝罪を拒絶し、さらに自社の性犯罪や脅迫行為被害者側への嫌がらせを続けた挙げ句に、『事実無根』だとする虚偽の内容で警察に被害を届け出ていたという行為は、稀に見るほどの悪質なケースであり、とてもではありませんが、倫理上も許さるべき行為ではないと思います」


野村総研 わいせつ事件 2

 

野村総研 わいせつ事件 2

 野村総研は裁判の中で、警察の捜査を受けた後も「警察の捜査など受けていない」と虚偽の証言をしていた事実が明らかとなっている。この一連の野村総研の対応が一部メディアで報じられて以降、大企業としてあるまじき態度であり、倫理上大きな問題があるとして、同社への批判が高まっている。

野村総研を警視庁が指導

 さらに野村総研は、警視庁の捜査を受け、裁判で強制わいせつ・脅迫の事実が認定された後も、被害女性に謝罪をするどころか、逆に被害女性や支援者にさまざまな嫌がらせと取れる行為をしていたことが今回、発覚した。

 その内容は、野村総研側の強制わいせつ・脅迫が認定された判決について「野村総研が『概ね』勝訴した」と、虚偽ともいえる内容で報道発表を行い、被害女性側の名誉を棄損している。また、被害女性と交友のある人物が社長を務める会社に対して、それを理由に一方的に取引中止を宣告していた事実も発覚。さらには野村総研の代理人を務める森・濱田松本法律事務所が、被害女性のことを「名誉棄損を疑われた被害女性」と事実無根の誹謗中傷を行うなど、反省するどころか、逆にさまざまな手口での嫌がらせが続いているという。野村総研は一連の行為について、強制わいせつ事件発覚時の社長で現会長の藤沼彰久氏が承知した上で行っていることを、同社代理人の弁護士が認めている。よって、今回の嫌がらせ行為も組織ぐるみである疑いが強い。

 これらの嫌がらせ行為を受け、被害女性側が警視庁に被害相談をしていたところ、3月13日、警視庁は被害女性側に「野村総研の嫌がらせ行為を止めるには、根本的な解決のために、和解可能性について弁護士同士で協議してほしい」という趣旨の指導を行った。これを受けて被害女性の代理人弁護士は東京地検と協議。そして東京地検がY氏側に謝罪するよう促した結果、Y氏は弁護士を通じて犯行を謝罪し、賠償金を支払うとして和解を申し入れてきた。被害女性は、検察に促されるまで謝罪しなかったY氏の態度に誠意が感じられないとして和解を拒んでいたが、警視庁の指導でもあり、今後野村総研の脅迫や嫌がらせがなくなるようにするための和解だという趣旨の指導であったため、やむなく応じたという。ちなみに、性犯罪は親告罪と呼ばれ、被害者からの告訴が維持できなければ立件はできないため、この和解により今後、この事件についてY氏が罪を問われることはなくなった。

野村総研、わいせつ事件 1

 

野村総研、わいせつ事件 1


わいせつ裁判敗訴後も、

被害女性へ嫌がらせ行為継続、警視庁が指導へ


 日本を代表するシンクタンク・株式会社野村総合研究所(東証一部4307、以下「野村総研」)の中国・北京社上海支社副総経理(副社長に相当)が、2008年1月に上海で取引先の日本人女性営業担当者に強制わいせつ行為を働いたとされる、いわゆる「野村総研強制わいせつ事件」。この事件において、大きな動きがあった。

 本事件の概要としては、野村総研の上海支社副総経理(事件当時)のY氏が、取引候補先の日本人女性社員を誘い出し、酒を盛んに飲ませて酔わせ、帰路に就く女性のタクシーに乗り込んで体を触り、さらに女性が家に着くと、一人暮らしの女性宅に上がり、嫌がる女性に抱きついてキスまで迫った事件。

 この事態を知った野村総研は、「Y氏は恋愛と思ってやった」と主張し、Y氏に対してなんの処分もしないことを決定。さらにY氏を近辺に配置しないでほしいとする被害女性からの要求も拒絶。そしてY氏自身も、被害女性が求める謝罪や、今後被害女性に近づかないとする誓約も拒絶し続けていた。

 しかしY氏の強制わいせつ行為の被害は、ほかにも中国のミスコンテストで優勝した女子大生、JALや中国東方航空の上海基地の客室乗務員、取引先の日本人女性社員など多数に広がっていることがわかった。これを受けて被害女性の友人などが集まって被害者支援を行い、この事実を支援者たちが野村総研に通知した。すると、野村総研は被害を告発されたのは名誉棄損だとして、支援者の一人と被害女性を提訴した。

 民事裁判で野村総研は、被害女性について名誉毀損に該当する事実を何も立証できず、和解もできずに訴えを取り下げるという実質上の全面敗訴だった。さらに、支援者に対する裁判でも、野村総研幹部の強制わいせつ行為、そして野村総研による被害女性たちへの脅迫行為は真実であり、名誉棄損にならないと認定する判決が下っている。

 本事件については、民事裁判係属中も警視庁が野村総研側を捜査し、Y氏を強制わいせつ未遂容疑で送検していた事実が明らかとなった。Y氏は警察の取り調べに対して、事実を認めて「被害女性に謝罪したいと思っていた」としつつ、「会社(野村総研)が出てきたので、謝罪ができなくさせられていた」と述べているという。

 このように、Y氏自身が犯行を認めていたにもかかわらず、野村総研が隠ぺいのためにY氏の口を封じ、「事実無根」と虚偽の主張をして被害女性まで提訴し、さらに被害女性側に組織的な脅迫行為を行っている事実も明らかとなった。


医師性犯罪事件

 

医師性犯罪事件

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

「治療には性行為が必要」と乱暴 日赤医療センター医師を逮捕

 患者だった30代の女性を誤信させて乱暴したとして、警視庁本所署は準強姦容疑で、東京都渋谷区、日赤医療センター救急科医師、木村一隆容疑者(42)を逮捕した。同署によると、「性行為はしたが、医療行為だった」と容疑を否認している。


 逮捕容疑は3月、別の医療機関で診察した都内の女性宅で、「あなたの治療には薬と性行為が必要だ」などと言って信用させ、乱暴したとしている。

 同署によると、女性から「病院に行けないほど体調が悪い」と連絡を受け、木村容疑者が自宅に往診に行くと伝えていた。不審に思った女性が同月、同署に被害を相談していた。


 日赤医療センターは「当院の医師が逮捕されたという情報は把握しているが、内容を確認中で話せることはない」としている。


 木村容疑者は同センターに勤務しながら、インターネットに個人のホームページ(HP)を開設して往診していた。同センターによると、木村容疑者は日本救急医学会の救急科専門医の認定を受け、2009年から勤務している。

 性行為は医療行為だったとは初めて知りました。

 レイプ、セクハラ、パワハラは一人で悩まないでください。あなたの力になります。


 犯罪トラブルとは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。ひょっとしてこれ犯罪かもしれない?と少しでも疑問に思われるのであれば、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

必要であれば各種専門家をご紹介いたしますのでご安心ください。警察OBも在籍


性犯罪被害

性犯罪被害

大阪 京都 神戸 岡山 広島


 犯罪トラブルとは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。ひょっとしてこれ犯罪かもしれない?と少しでも疑問に思われるのであれば、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

必要であれば各種専門家をご紹介いたしますのでご安心ください。警察OBも在籍


性暴力被害者 半数が「死にたい」「消えたい」 10~20代女性調査


10代20代の女の子の生と性に関する調査結果


 性暴力を受けた10代、20代の若年女性の2人に1人が「死にたい」「消えたい」という自殺念慮を抱いていた。こんな実態が、繁華街で子供たちの声を聴くアンケートで浮かび上がった。性暴力の被害者20人への聞き取り調査では18人がリストカットなどの自傷行為を経験していた。

 おびえる子も

 アンケートと聞き取りは都の補助事業として行われ、対象者は、(1)渋谷区の繁華街にいた女性201人(2)都内や神奈川県内の大学構内で聞いた34人(3)その他女性134人-の計369人。このうち、性暴力を受けた経験がある女性は249人と67%に上った。渋谷では62%、大学では74%、その他では75%があると答えた。

 今月22日の調査結果で公表。渋谷と大学で結果に違いがない。誰の身にも起きる社会的リスクであると考えられる。

 性暴力の内容(複数回答)は、痴漢、無理やり体を触られた、性行為をされた、性的な画像や動画を撮られたなど。加害者は「知らない人」に加え、男の友人・知人や恋人、父親、先生といった面識のある相手が多かった。

 画像撮影について、インターネット上で起きるので、嫌なら切ればいいと思われがちだが、仲の良いふりをして学校や住所を聞き出され、殺されるとおびえる女の子もいて社会問題とされている。

 アンケートから分かったのは、性暴力のダメージが自殺を考えるほど強いことだ。性暴力を受けた女性の半数近い117人が「死にたい」「消えたい」と感じていた。しかし、このうち誰かに相談した女性は62人にとどまり、相談しなかった理由は「信用できない」が最も多かった。

わいせつ行為

 

わいせつ行為 教諭、懲戒免職 

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島


 下記のような相談が当社にも実際に寄せられ仕事をお受けしました。どこの都道府県とは言えませんが



相談の女子中生にわいせつ行為 30代の教諭、懲戒免職 

 ○○県教育委員会は○○日、部活動や勉強の相談を受けていた女子生徒にわいせつな行為をしたとして、○○県南部の公立中学校の30代の男性教諭を懲戒免職にしたと発表した。

 ○○県教委によると、教諭は○○月から○○月にかけて、教室や校外の駐車場に止めた自家用車内で生徒にキスしたり、抱きついたりした。「支えたい気持ちが恋愛感情に発展した」と説明している。

 ○○月上旬、帰宅が遅いのを不審に思った保護者が生徒を問いただし、行為が発覚した。


体罰での教員処分2253人 過去最多、わいせつも急増 文科省調査


 平成24年度に体罰で懲戒処分や訓告などを受けた教員は計2253人で、昭和63年度の調査開始以来、過去最多だったことが17日、文部科学省の調査で分かった。わいせつ行為などが発覚した教員も増加しており、訓告を含む処分の総計は1万827人(前年度4319人)。最も重い懲戒免職も過去最多の206人に上った。

 調査は、全国の公立小・中・高校と特別支援学校の教員約92万人を対象に実施した。それによると、体罰で処分を受けた教員は小学校652人(前年度81人)、中学校1093人(同180人)、高校488人(同139人)、特別支援学校20人(同4人)-に上った。

 急増の理由について文科省は、「大阪市立桜宮高での体罰自殺事件を受け、これまで指導の一環として見過ごされていたケースも体罰として処分されるようになった」としている。

 具体的な状況は、「素手で殴る」が最も多く全体の60%、「蹴る」が9%、「殴るおよび蹴る」が6%、「棒などで殴る」が5%-の順。場所は教室が37%、運動場や体育館が34%。状況は授業中が33%、部活動中が28%だった。



表沙汰にせずトラブル解決なら




アイ総合コンサルタント




相談ダイヤル 0120-007-808

性犯罪の増加

性犯罪の増加




 当社の相談で明らかに増えているのが性犯罪の相談です。誰に相談するわけにもいかず、また警察に行って表沙汰にするのもどうかということでの相談です。



増加する強姦

 あらゆる性暴力が性犯罪であることに間違いはない。ただ、現行法では知人からの被害や幼少時の性虐待を立件するのは難しい。

 その理由の一つは、強制わいせつや強姦罪の「暴行または脅迫を用いて」という要件を必要以上に厳格に適用しがちだということ。加害者が上司や肉親など「知っている人」だった場合、脅迫や殴るなどをしなくとも、恐怖心や混乱から抵抗できなくなる。結果、加害者が「合意があった」と言い張り、その主張が認められるケースが多いのだ。

 もう一つ、性虐待では、10年という強姦罪の公訴時効が壁となる。幼い被害者が、たった10年で加害者を訴える知識と行動力を身につけられるものだろうか。

 加害者は罪に問われず、被害者だけが苦しみ続ける。そんな不条理がまかり通っているのが現実だ。だが、最近では被害を乗り越えて前向きに人生を歩もうとする「サバイバー」と呼ばれる人の存在が増え、専門機関の拡充や子供への性教育を訴える活動も始まっている。「性犯罪を許さない」という社会の意識は、たしかに高まっている。



性犯罪の現状 犯罪白書によると、平成24年の全国の強姦認知件数は1240件(前年比55件増)で9年ぶりに増加。強制わいせつ認知件数も増加傾向にあり、同年は7263件(前年比393件増)だった。とりわけ大阪は多く、今年は11月末現在、強制わいせつ認知件数は1252件(前年同期比75件増)で、4年連続で全国最悪となる見込み。強姦認知件数も177件(同33件増)で、月に15件以上発生していることになる






犯罪被害解決なら


アイ総合コンサルタント



相談ダイヤル 0120-007-808

変態はいるのです

変態はいるのです


大阪 京都 神戸 岡山 広島

 異常性○○癖



靴フェチ男が法廷で語った



エスカレートし○○的暴行に



 「靴のにおいをかぐと興奮する」。当時16歳の少女の部屋から靴や下着などを盗もうとした上、乱暴したとして、窃盗や○○的暴行などの罪に問われた○○県○○市の無職、○○(○○)○○被告(40)は、○○地裁での裁判員裁判の公判で、自らの"靴フェチ(偏愛者)"という○○癖を裁判員らの前で吐露した。○○被告は幼稚園や学校にも侵入し、子供たちの上履きなどを盗んでいた。「事件の原因にフェチがあった。心の弱さから盗みを止められなかった」と法廷で語った○○被告に対し、○○地裁は8月30日、懲役11年(求刑懲役15年)を言い渡した。


「におい」重視→片足分だけ盗む


 「盗んだ靴のにおいをかいで自慰をしていた」



 8月26、27日の両日、○○地裁で開かれた裁判員裁判の証拠調べや被告人質問で、○○被告の○○癖や犯行手口が自身の口から明かされた。



 ○○県○○市内の幼稚園では平成24年11月17日、無人となる間に門を乗り越えて無施錠の窓から侵入。上履き35点に加え、「想像がかき立てられる」として、園児の顔写真付きの名札も盗んだ。



 3日後の20日には、「お嬢様学校」として名高い○○市内の○○聖心女子学院で、門を乗り越えて敷地内に忍び込み、小学校や高校で犯行を重ね、体育館シューズを盗んだ。ここでそのゆがんだ○○癖の一端を垣間見せる。


こうした靴を狙った犯行は○○被告だけに止まらない。



 今年6月、○○県警○○署が窃盗容疑で書類送検した男の自宅からは、女性用のブーツやパンプス、スニーカー、草履など108点が見つかった。男は「女性の靴を見るのが好きだった」と供述していた。



 また、○○府○○市では23年夏以降、約1年の間に10~40代の女性が路上で男に靴を奪われる事件が10件発生している。



 なぜ、このような犯行が頻発するのか、

 

そして、「においの方がより女性を感じるとして強い○○的興奮を覚える例もまれにある」と話した。

レイプ被害を解決

レイプ被害を解決

 大阪 京都 神戸 岡山 広島


 被害の相談先については、男性から無理やりに性交されたことがあった人(123人)に、その被害について、誰かに打ち明けたり、相談したりしたかを聞いたところ、「友人・知人に相談した」が22.0%と最も多くあげられ、次いで「家族や親戚に相談した」(8.1%)が1割弱となっている。これに対して、「どこ(だれ)にも相談しなかった」(62.6%)という人は6割を上回っている。

 

 また「どこ(だれ)にも相談しなかった」という人(77 人)に、相談しなかった理由を聞いたところ、「恥ずかしくてだれにも言えなかったから」が42.9%と最も多くあげられ、次いで「自分さえがまんすれば、なんとかこのままやっていけると思ったから」(29.9%)、「そのことについて思い出したくなかったから」(29.9%)、「相談してもむだだと思ったから」(27.3%)、などとなっている。

 

 当社ならこのようなことでも力になれことができます。また女性カウンセラーも在籍していますので、このような場合は、女性が担当します。


 ヒアリング中には話したくないことをお聞きすることがありますが、解決のためには必要なことなのでご了承ください。トラブル、問題を解決し第一歩を踏み出してください。



誰にも知られずトラブル解決

レイプ被害の解決は相談から


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808




強盗強姦未遂 性犯罪被害解決

強盗強姦未遂 性犯罪被害解決

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 兵庫県警は31日、強盗強姦未遂と窃盗などの疑いで元派遣会社員の無職、○ ○容疑者(24)を再逮捕した。○ ○容疑者の逮捕は4回目で、既に別の女性への強盗強姦罪などで起訴されている。

 新たな逮捕容疑は1月11日午後1時20分ごろ、神戸市内のマンションで外出しようとした女性会社員(25)を部屋に押し込み、両手を縛ってキャッシュカードを奪い、乱暴しようとした疑い。

 兵庫署によると、○ ○容疑者は平成22年の春ごろから、1人暮らしの若い女性を狙い犯行を繰り返していたとみられ、ほかに3件の被害届があり、裏付け捜査を進めている。

 このように、性犯罪者は犯行を繰り返す傾向があり、犯人に対するする対策をここが十分に行うことが必要である。無防備は狙われやすく、また無防備な女性を物色している。

 特に、狙われやすいのは一人暮らしの女性なのです。また最近の傾向として、携帯電話、スマートホンによる行為中の映像を取られてしまってるケースもあり、そのことにより泣きな入りといったことでの相談が多く、警察にすぐに駈け込めない状況を作られたなどの相談も増えています。

 また、金銭を要求されているケースもあります。当社で最近依頼を受け解決した案件も、映像を取られ金銭の要求をされ、ずるずると1,000万円以上払っていたのです。しかも顔の犯行でした。このまま何の対応もしなかったら今後の人生はどうなっていたかと思うと怖いことです。当然当社が対応したのですべて解決しました。

 性犯罪被害にあっているなら当社に相談ください。あなたの力になります


 強盗強姦未遂 性犯罪被害解決


 アイ総合コンサルタント


 相談ダイヤル 0120-007-808

 大阪 京都 神戸 岡山 広島

性犯罪被害解決 性犯罪トラブル解決

性犯罪トラブル解決 性犯罪被害解決

大阪 京都 神戸 岡山 広島 

 

 女性の自由、人権を奪う性犯罪は、暴行又は脅迫により行われる性犯罪である強姦「レイプ」が代表的なものである。また社会の風俗を乱す性犯罪として、公然わいせつ、わいせつ物陳列などがある。性犯罪の被害にあっても、世間体をはばかり恥と考えたり、報復をおそれたりして、訴え出ない場合が非常に多いと言われている。日本でも、海外おいても、軽い性犯罪を届け出ない場合は数多く発生している。
 
 性犯罪の問題として法廷や取り調べで被害者がフラッシュバックを起こしたり、証言・陳述の内容がレイプや性的被害の再現であったりする場合の被害者の精神的苦痛は、第二の性的被害(セカンドレイプ、セカンドハラスメント)と呼ばれて問題視されている。実際に事件の立証をするにあたって避けてはとうれないので、事件にするのであれば必要なこととなるためどうしようもないところがある。
 
 また、法廷において加害者側の弁護士が、あたかも「被害者側に原因があった(性的に挑発的な服装や行動をしていた)」かのように弁明したり、被害者側の性的交渉の履歴などを執拗に追求したりと、その法廷戦術が問題になることがしばしば見られるのが現状である。
 
 その上、現在日本の警察制度において被害者への対応は女性(性犯罪捜査指導官や性犯罪捜査指定官)が行ったり、科学研究所などが被害者から聞き取り調査を行ったり、司法制度において「性犯罪の告訴義務期間撤廃」「遮へい措置」「ビデオリンク方式」「心理カウンセラーの証人付き添い」「被
害者特定事項の秘匿」など、被害者へ配慮する制度が整備されるなどの改善への兆しはみられるようになってきているとはいえ、加害者が逮捕されても問題が解決するわけではない。
 
 セカンドレイプなどと批判される法廷での証言や取調べも、多くは正確な事実認定や反対尋問権の要請に基づくもの当然必要となるである。海外ではでは性犯罪の容疑で起訴された被告人の発言権を制限する法律が制定された結果、冤罪が増大したなどの問題も認識されている。

 

 現在、当社で相談が増えているのは、「はめ撮り画像」による、脅迫、恐喝が非常に増えているのが現状で、継続的にレイプを受けていたり、金銭の要求をされていたりと、あらゆる相談を受けています。このようなことは、警察に相談するわけにもいかないケースが大半を占めています。当社でも女性相談員が対応し問題、悩み解決をしています。何事もなかったかのごとく解決をしたいと思うなら当社に相談ください。あなたの力になります。





性犯罪被害解決 性犯罪トラブル解決なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島