騒音、生活音トラブル | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

騒音トラブル問題

騒音トラブル問題


歩く音やテレビの音など、ご近所さんの生活音が気になる!
ご近所さんの騒音がうるさいんだけど!?
という経験は、誰でもあるのではないでしょうか

 

ご近所さんの生活音(騒音)が気になるんですが

「ご近所さんの生活音(騒音)が気になる」というご経験は、誰にでも一度はあると思います。
でも、「生活音」というのは、人によって受け取り方が違うので、その音が、全然気にならないという人もいれば、うるさくて仕方ない!という人もいます。
ですので、

 「自分はうるさいと思うんだけど、これってどうなの?!」というケースも多いと思います。


アメリカでは、この「民間人同士のトラブルを地域のボランティア機関が調停する」ような組織があります。地域の住民が持ち回りでこの役を買い、必要なトレーニングを受けた上で調停に入るのです。

この制度のおかげで訴訟や事件になる前に両者が気持ちよく和解するケースが多いと聞きます。これは人種の坩堝(るつぼ)であるアメリカならではの知恵でしょう。

 
、日本では長らくムラ社会の中で譲り合いや忍耐の精神が浸透していました。

また建物も一戸建てか長屋が多く、集合住宅も木造アパートのような「音がして当たり前」のものばかりでしたので、他人の音に対して寛容であったと言えます。

 

しかしながら、近年のマンションブームと「鉄筋コンクリートの壁に囲まれた静かな生活」を謳ってきたマンションを販売してきたデベロッパーや不動産仲介業者による安易な説明、西欧から持ち込まれた「個人主義」が間違った形で浸透していった昨今では、他人の出す音に対して敏感にならざるを得ないようです。

 

すると音を出した人からは「言いつけられた」「大した音は出していない」「相手が神経質なだけだ」とネガティブな感情になり、むしろ自分こそ被害者である、と対決姿勢を強めていきます。

子供騒音問題 保育所は迷惑施設か

子供騒音問題 保育所は迷惑施設か

 

確かに子供の声は耳に付く、今から30年前に比べると住宅街はずいぶん子供の声をきかなくなった気がする。

少子化問題を服も子も問題は今後いろいろなとこで出てくる。

 

 

  安心して産み育てる環境を整えるため、保育所や幼稚園の整備が急がれる。しかし「子どもの声がうるさい」「親の送迎マナーが悪い」など近隣住民の苦情で建設が難航したり、園児の活動を制限したりするケースも出ている。子育て施設は迷惑施設なのか-。来週(25日)と2回にわたって考える。

 

  福岡県古賀市に1日、新設された認可保育所「舞の里バディ保育園」(定員110人)。建設を計画した2年前から近隣住民の反対運動に遭った。


(1)騒音対策として防音壁を設置

(2)住宅側にある幅6メートルの市道を送迎に利用しない-ことを求められた。資金不足のため、鶴丸理事長はブロック塀での代用や高さ1・5メートルの防音壁などを提案したが、「民家側の約60メートル全てに高さ3メートルの防音壁を設置」は譲ってもらえなかった。


  結局、約600万円掛けて防音壁を設置。駐車場や給食食材の搬入口の位置も市道を通過しないよう変更した。鶴丸理事長は「いろんな意見があると思うが、子どもの存在が活気あるまちづくりにつながると理解してほしい」と話す。

    

  約20年前に今の家を購入し、7年前に退職した。夫婦で老後を過ごしてきたが、保育所ができれば環境が激変してしまう。「この辺りの静かな環境を気に入って家を買った。子どもの声や送迎で騒がしくなると...。ついのすみかと思っていたのに」と戸惑いを隠せない。

  近隣約200世帯への説明会や意見交換会は4回開かれたが、住民でつくる「新設保育園建設計画の再考を求める会」は、見直しを求める3717人分の署名を市に提出した。同会代表の男性(50)は「保育所が迷惑施設とはこれっぽっちも思っていなかった。でもここは開発から約30年たった住宅地。60代、70代を超えた住民が多いことを配慮してほしかった」と振り返る。今のところルールは守られ、トラブルは起きていない。

   

 4月から始まった「子ども・子育て支援新制度」。深刻な待機児童問題の解消に向け、保育の量と質の充実を図るのが狙いだが、どのような施策を展開していくかは市町村に任される。

  福岡市のベッドタウンである古賀市(人口約5万8千人)では2013年度に待機児童が発生。「ありがたい話」(同市子育て支援課)と新芽会に建設費として国、県合わせて約1億7千万円を補助するなど支援してきた。しかし、防音壁設置など具体的なトラブルについては「民と民の問題」との立場だ。

  都市部で土地を探すのは難しい。住宅街に保育所が建設され、トラブルが起きることは増えてくるだろう。

マンションのトラブル解決

マンションのトラブル解決

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

マンションのトラブルと言えば騒音トラブル、ペットトラブルなど様々です。

 

騒音のトラブルの中には、生活音トラブルも含まれますのが、生活音では感じ方が個人差があり加害者、被害者ともに、苦痛を感じるので、体調を崩す原因にもなり、大変な問題です。

 

ペットトラブルでは、ペットか好きな人もいれば、嫌いな人もいるし、自分のペットはかわいくても、他人のペットはかわいく感じない人もいます。

 

子供の声をうるさく感じる人も多いようですが、もともと、大人は子供の声をうるさく感じるのが当たり前のようで、DNA的に子供を守るためにそのようになっているらしいです。

 

住まいでのトラブルを抱えたら当社へ相談ください力になります。

 

 

マンションのトラブル解決なら 

アイ総合コンサルタント

マンションのトラブル解決ダイヤル 

0120-007-808

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

騒音トラブル解決 騒音問題解決 

騒音トラブル解決 騒音問題解決 

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

 

住宅街、マンション、アパートなどご近所・近隣の問題解決するために、次に述べるようなルール・基準が存在します。

 

法律などに基づいて騒音問題に対処していくことになるのですが、騒音については、騒音規制法という 法律があります。

 

しかし、この法律は、「工場及び事業場における事業活動並びに建設工事に伴つて発生する相当範囲にわたる騒音について必要な規制を行なうとともに、自動車騒音に係る許容限度を定めること」を内容としています。

 

したがって、生活上の騒音については、原則として規制法の規制及びません。

 

法律

民法...共有関係、相隣関係、不法行為責任などの規定    

区分所有法

軽犯罪法

 

条例

地方自治体による条例

 

 

契約など

 

賃貸借契約の迷惑行為禁止条項など

 

マンションの管理規約...国土交通省が作成した「マンション標準管理規約」

 

過去の判例

 

最高裁判所や地方裁判所の判決

 

などを踏まえたうえで解決するための調査、証拠探しを行い、騒音問題を解決していきます。

 

 

騒音トラブル解決 アイ総合コンサルタント

騒音トラブル解決 騒音問題解決ダイヤル

0120-007-80

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

騒音トラブル解決 生活音トラブル解決

騒音トラブル解決 生活音トラブル解決

大阪/兵庫/神戸/京都/岡山/広島

 

最近、色々な不動産業の社長とお会いする機会が多く、近隣トラブルの相談をよく受けています。 多い相談内容は、騒音トラブル、生活音トラブルで、すぐに解決出来るはずもなく対応に困っているようです。

 その中で彼らが口をそろえて言うのが、「直接相手に言わないこと」、多くのケースはそれで人間関係がこじれて、収集がつかない状況になるとのことでした騒音トラブル、生活音トラブルで困っている方は、ご相談ください。貴方の力になります。

 

 

 

騒音、生活音トラブル解決ならアイ総合コンサルタント

騒音、生活音トラブル解決ダイヤル

0120-007-808

大阪/兵庫/神戸/京都/岡山/広島