家族のトラブル解決 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

認知症問題

 認知症問題


行き倒れ男性 消防や警察は保護せず2日後死亡


認知症の男性が行方不明になり発見された場所


 昨年8月に横浜市の認知症の男性(当時83歳)が行方不明になり、東京都中野区で倒れているのを発見されたが、駆け付けた消防や警察は救急搬送や保護をせず、2日後に死亡していたことが分かった。消防は「男性が搬送を辞退した」として現場を離れ、警察は「受け答えがしっかりしていて認知症の人とは思わなかった」という。認知症に詳しい専門家は「再発防止のため協議を」と呼び掛けている。

 

 警視庁や家族によると、男性は2014年8月19日夕、横浜市鶴見区のデイサービス施設から行方不明になり、家族は同日夜、神奈川県警に届け出た。

  21日午前10時20分ごろ、JR中野駅近くの路上で男性が倒れているのが見つかり、東京消防庁中野消防署の救急隊が先着、警視庁中野署の駅前交番の警察官も駆け付けた。男性はのどの渇きを訴え37.6度の発熱があったが、搬送を拒んだという。救急隊は「搬送の必要性を認めたが傷病者(男性)が辞退」との項目にチェックを入れた不搬送の同意書に、男性に署名させて現場を離れた。

  一方、警察官に対して男性は氏名を答え、住所は話さず、生年月日は「昭和26年2月26日」(実際は昭和6年2月4日)と答えたという。警察官は男性に水を飲ませ、「休憩できる安全な場所」と考えて約300メートル東側にある紅葉山公園に連れて行き、ベンチに座らせ、現場を離れた。

  ところが21日午後10時過ぎ、「男が公園で寝込んでいる」との通報があり、午前のやり取りを知らない同交番の警察官が駆け付けると、この男性が公園トイレの床で寝ていた。警察官が救急車を呼ぶかと尋ねると「大丈夫」と答え、「家はないんですか」と聞くとうなずいた。名前と生年月日の問いにも「大丈夫」を繰り返し、後に分かるが実際とは1字だけ違う氏名を答え、この時も警察官はそのまま現場を離れた。

  男性は23日朝、トイレ脇の地面で死亡しているのが見つかった。解剖の結果、死因は脱水症と低栄養状態の疑い。身元不明遺体として扱われ、家族が今年2月、警視庁のホームページで持ち物や特徴が一致する遺体情報を見つけ、ようやく身元が判明した。男性は最初の発見時に正確な氏名を答えていたが、警察はこの時、身元照会をせず、死亡後も家族が見つけるまで身元を特定できなかった。

  警察庁は2カ月前の昨年6月、認知症の行方不明者の早期発見や保護に努めるよう通達したばかり。保護や身元照会をしなかったことについて警視庁は「外傷や自傷他害の恐れもない」「受け答えがしっかりし不審点も認められない」などと判断したと説明。21日午前は「一時的に気分を悪くして横になった近所の人」、夜は「最近ホームレスになった人」と推測し、認知症と考えなかったという。

  警視庁地域部は「謹んでお悔やみ申し上げます。速やかに身元確認できなかったことは誠に残念です。警察官の取り扱いは必ずしも適正を欠くところがあったとは言い難いと思っていますが、今後に生かしたい」と話した。一方、中野消防署にも遺族の同意を得て取材を申し込んだが、同署は「個人情報保護条例があり、第三者に話せない」として一切、応じていない。

ギャンブル依存症の脅威 

ギャンブル依存症の脅威 



「カジノ解禁」は危険すぎる成長戦略


 成長戦略の目玉のひとつ「カジノ解禁」について、厚労省がギャンブル依存症増大の危険性を指摘。依存症が疑われるのは536万人、うち8割がパチンコ・パチスロ愛好家だという。それに対し、パチンコ業界が「ギャンブルでなく遊技」と反発したが、従業員教育など対応し始めた。また当然お金をかけることなので借金問題も出てくる。ギャンブル依存症は精神疾患のひとつで、のめり込むうちに借金、育児放棄、家庭内暴力、自殺など日常生活を破壊する方向に進むという。ギャンブル障害をどう見極め、どんな対策を行えばよいか。「病的賭博」の実例を示し、カジノ解禁法案の行方を注意する必要が出てきた。



カジノ解禁で依存症が「爆発」



 高校生のとき、中学時代の友人に誘われて初めてパチンコをした。そのとき、いわゆる「ビギナーズラック」に恵まれ、以後のめり込んだ。「大学に入ってから時間に余裕があるので朝から店に並び、出る台を確保しました。データも入念にチェックしていて、バイトをしなくてもいいぐらい稼ぎましたね」


 時に罪悪感にかられながらも抜け出せず、昼はパチンコ、夜はマージャンの日々。負けても、勝ったときの興奮が蘇り、また通ってしまう。卒業後に地方公務員になるが1年で辞め、パチンコとバイトで生計を立てた。その後、放射線技師の資格を取得。結婚してからはパチンコから完全に足を洗った。あれから9年。


 「借金をする怖さは何となく感じていたから、結果的に最後の一線を越えずに済んだんだと思う。それが自己破滅せず、離脱できた理由かもしれません」
  

 自分の意思で離脱できる人も確かにいるが、深刻な問題につながる例は後を絶たない。



当然お金の問題である。


 高齢者虐待

 高齢者虐待


 自分の人生を自分で決め、周囲からその意思を尊重されること、つまり人生を尊厳をもって過ごすことは、介護の必要の有無に関わらず誰もが望むことです。しかし現実には、家族や親族などが高齢者の人権を侵害する「高齢者虐待」が問題となっています。高齢者の中には、辛くても不満があっても、声を出せない人がいます。あなたの身近にも、そんな人はいませんか?
 様々な形態の虐待があります


「高齢者虐待」は、暴力的な行為(身体的虐待)だけではありません。暴言や無視、いやがらせ(心理的虐待)、必要な介護サービスの利用をさせない、世話をしないなどの行為(介護・世話の放棄・放任)や、勝手に高齢者の資産を使ってしまうなどの行為(経済的虐待)が含まれます。また、中には、性的ないやがらせなど(性的虐待)もあります。


 殴る蹴るなどの暴力...身体 高齢者を叱りつける・無視する...心理 年金などを勝手に使ってしまう...経済 劣悪な環境で放置...放棄・放任


 身体的虐待


 心理的虐待


 性的虐待


 経済的虐待


 介護・世話の放棄・放任


 自覚がない場合も少なくありません


「高齢者虐待」は、虐待をしている人に自覚があるとは限りません。高齢者が危険な状態におちいっていても、虐待の自覚がないことが多いのも特徴です。

 家族の気持ち「夜おもらししないように、水分は控えておこう。」 本人の状況「脱水症状を起こし一刻の猶予も許さない状況」

 虐待が疑われるケースの約1割は、生命の危険がある状態です。


ささいなことが積み重なっていることもあります


家族や親族などがちょっとしたこと、ささいなことと思っていても、積み重なることによって高齢者に大きな影響を与えることがあります。

 家族の気持ち「何度も同じことを言われると、つい怒鳴っちゃうのよね。」 本人「ご飯まだですか?」/家族「さっき食べたでしょ!」」 本人の気持ち「また怒らせちゃった。わたしはもういない方がいいのかしら。

また、ケアの方法が分からないために不適切な対応となって、高齢者のためになると思ってしていることが虐待につながることもあります。

 本人の気持ち「トイレに行きたい時に、車いすベルトで動けない」 本人の気持ち「ずっと座っていて身体が痛いし、少しは自由に動きたいよ。」 介護者の言葉「危ないからね」介護者の気持ち「立ち上がってまた転んだら大変。車いすベルトは絶対はずせない。」


家族のトラブル

家族のトラブル解決

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島 

家族のトラブル事例

1 離婚トラブル

  離婚を考えた時、離婚を告げられたとき

 離婚届を突き付けられたけど、納得いかないと相談がありコンサルタントを受けると、どうも相手の言動があいまい、要領を得ない。結局相手は不倫相手と結婚しようとしていたなど。離婚原因で一番多いのが不倫です。事実を基の対応を考える必要があります。

2 近隣トラブル

  家族が近隣から嫌がらせを受けているとき

  妻の自転車が毎日パンクさせられている。犯人を突き止めただけでは今後もされる恐れがあり、犯人捜し、犯行理由まで判明さし、仲直りまでお手伝いしました。近隣トラブルは長引くけいこがあります。正しい対応が必要となります。

3 結婚トラブル

  家族の結婚トラブル

 娘が不良男性と交際、二人で両親に挨拶に来るが両親とも、大反対十分なヒアリング、カウンセリングの上、双方納得で婚約破棄となる。一生のうちに何回もするものではありません。慎重な対応が求められます。

 

4 子供のトラブル

  子供がいじめにあったとき

 子供に元気がなく、ヒアリング・カウンセリングでいじめと判明、対策を打ち現在では楽しく学校に行っているらしい。また自殺に発展しているケースのあり、早期の正しい対応が重要となります。


5  家出をしたとき

 些細なことで喧嘩をし母親が家出をした。すぐに連れ戻すのではなく、十分なカウンセリングをし、双方納得の上帰宅、現在は喧嘩をしながらも仲良くしているとの連絡がありました。

 

あらゆる家族トラブルを私たちでは調査を通じて解決してきました。

この様な問題を抱えても、あきらめずに相談ください

さまざまな状況で、貴方の力になります。




家族のトラブル解決なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

家族の悩み・問題・トラブル解決

家族の悩み・問題・トラブル解決

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

家族のトラブル事例

1 離婚トラブル

  離婚を考えた時、離婚を告げられたとき離婚届を突き付けられたけど、納得いかないと相談がありコンサルタントを受けると、どうも相手の言動があいまい、要領を得ない。結局相手は不倫相手と結婚しようとしていたなど。

2 近隣トラブル

  家族が近隣から嫌がらせを受けているとき妻の自転車が毎日パンクさせられている。犯人を

突き止めただけでは今後もされる恐れがあり、犯人捜し、犯行理由まで判明さし、仲直りまでお手伝いしました

3 結婚トラブル

  家族の結婚トラブル

 娘が不良男性と交際、二人で両親に挨拶に来るが両親とも、大反対十分なヒアリング、カウンセリング

の上、双方納得で婚約解消となる。

 

4 子供のトラブル

  子供がいじめにあったとき

 子供に元気がなく、ヒアリング・カウンセリングでいじめと判明、対策を打ち現在では楽しく学校に行っているらしい。

  家出をしたとき

些細なことで喧嘩をし母親が家出をした。すぐに連れ戻すのではなく、十分なカウンセリングをし、双方納

得の上帰宅、現在は喧嘩をしながらも仲良くしているとの連絡がありました。

 

あらゆる家族トラブルを私たちアイ総合コンサルタントではコンサルタントを通じて解決してきました。

この様な問題を抱えても、あきらめずに相談ください

さまざまな状況で、貴方の力になります。

家族の問題・トラブル解決なら 

アイ総合コンサルタント

家族の問題・トラブル解決ダイヤル 

0120-007-808

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

 

家族の失踪調査 

家族の失踪調査 発見するために必要なこと

 

失踪者、家族の家出 発見の重要なポイント

失踪者、家出の場合1週間以内で調査依頼をされると、発見率は上がる上、調査料金も安く上がることが多く、反対に調査依頼が遅くなると発見率も下がり、調査料金も高くなることがあります。

 当然のことだとはいえ、調査依頼をする側から考えて見れば、「もう帰ってくるかもしれない」と思ってしまう気持ちは私にも、わかりますが何かあったあとでは遅いのです。当社で受けた案件のなかで、事件に巻き込まれていたケースもありました。

 

取り返しのつかなくなる前に、当社に相談ください。貴方の力のなります。

 

 

失踪/行方/家出 

アイ総合コンサルタント失踪/行方/家出発見ダイヤル

0120-007-808

 

大阪/兵庫/神戸/京都/岡山/広島