経営者トラブル解決・相談 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

危機管理 経営者のタブー 

危機管理 経営者のタブー 

 

大阪 京都 神戸 岡山 広島

経営者の3つのタブー

タブーとは

 タブー とは、もともとは未開社会や古代の社会で観察された、何をしてはならない、何をすべきであるという決まり事で、個人や共同体における行動のありようを規制する広義の文化的規範である。ポリネシア語tabuが語源。18世紀末にジェームズ・クックが旅行記において、ポリネシアの習俗を紹介する際に用いたことから西洋社会に伝わり、その後世界各地に同様の文化があることから広まった。禁忌という訳語も用いられる。

躾などを通して社会を構成する個々人の道徳の基となっていることも多いが、社会秩序の維持のためとして時の為政者に作為的に利用される危うさも孕んでいる。

 私は、コンサルタント業において経営者用、従業員用と分けて対応している。理由は簡単、経営者と従業員では立場が違うからである。立場が違えば当然考え方も違ってくるからである。


経営者のタブー 


行動のタブー


 経営者は,とってはならない行動がある。

 

思考のタブー


 経営者は考えてはならないことがある

 

言動のタブー


 経営者は言ってはならないことがある。


 このことを実行している経営者が利益をだし、優秀な人材を育てている。

 私にコンサルタントを依頼された経営者には、このことを大前提としてし仕事を進めさせていただいてます。


 事業の継続のコツは正しいことをする。これにつきます。誤ったことを一生懸命頑張っても成果は出ないものです。どうせなら結果を残したいものです。


アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

経営者の詐欺被害解決 

経営者の詐欺被害解決 

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 経営者は 、利益を出していようが、いまいが詐欺被害にあう可能性があります。詐欺被害にあうのは誰でも同じようにあうのですが、決定的に違うのは被害金額の大きさです。実際に被害にあわれた方の金額ですが、億を超える被害も珍しくないのです。利益が出来いる経営者には、その利益に群がる詐欺師が、利益が出てない場合は、融資などの話を持ちかけ詐欺をする輩がいます。今回は融資詐欺について書きます。

 実際には融資しないにもかかわらず、融資する旨の文書を郵送やFAXなどで送付して、融資を申し込んできた者に対し、保証金を名目に現金を預金口座に振り込ませて騙し取る手口です。
 低金利で多額の融資を受けられると信じてしまい、保証金は返還するなどと信用させ、現金を振り込ませると相手と連絡が取れなくなります。

「お金を借りるのに先に保証金を払え」は詐欺です。こんな都合のいい話はないのですが、なぜ騙されるのか、簡単なことです。お金が必要で、あらゆる判断が困難な状況の人を狙って行うのが融資詐欺の手口なのです。

  人からお金を巻き上げ自分のものにしようと、騙す人間はあらゆる手段を使い貴方に接触しようとします。どんなことでも相手に不信感を持つようなことがあれば当社に相談ください。貴方の力になります。

  詐欺でお金をとられる前に、手を打つ必要があります。

 

詐欺被害の解決なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808

解雇 経営者のトラブル解決

解雇 経営者のトラブル解決

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

経営者の直面する問題で、従業員、社員の解雇というのがありますが、対応を間違えてしまいと企業としては、大きな損害を被ることになります。

 

解雇の腹いせに、情報漏えいなど当たり前のように起こっています。

 

まず解雇の前にしておかないといけないことがあるのですが、解雇するには解雇する理由もいるし、その前に、解雇を避けるための手立てを当然打つ必要もあるでしょう。しかし避けられない解雇問題。

 

当社へ相談ください。力になります。

 

 

 

解雇 経営者のトラブル解決なら 

アイ総合コンサルタント

解雇 経営者のトラブル解決ダイヤル 

0120-007-808

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

経営者のトラブル解決

経営者のトラブル解決

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

 

繰り返して不正を犯してしまう組織は、いわば学習が不得手な組織です。
したがって、不正の再発を防ぐためには、学習できる組織へと変貌を遂げることが求められます。

企業の不正に対しては、たとえそれが特定の従業員が起こしたものであっても、企業としての責任が問われるようになってきています。
また、そうした不正を防止できなかった企業姿勢も問われることになります。

そして、不正行為そのものは、全社的に取り組まない限り、防止も含めて効果的な対策を講じることは困難です。
よって、不正に対しては、全社的な取り組みが必要不可欠となります。

全社的に不正防止を推進するためには、不正防止に対する全社的な基本方針が明確になっていることが必要です。

経営トップからの声明や、不正防止の目的、その範囲、罰則など、会社としての取り組みの全体像が明確に示されるものが必要なのです。
これに基づいて、不正を起こさないためにしたがうべきルールを明らかにし、不正であるかないかの基準を設定するわけです。
最後にこの基準にしたがって、具体的に日常的な業務遂行をするときに、どのような手順で不正防止を推し進めるかということを示すことになります。

このように、全社的に、「基本方針」・「行動基準」・「手続手順」が体系化されてはじめて、不正防止が推進されているということができます。

さらに、不正防止を推し進める組織的な態勢が全社的に確立されていることも、全社的な展開であることの必要条件です。

不正は、企業に危機をもたらすクライシス要因であるとの認識を組織全体で共有し、それに対応するための組織体制を整えるだけでなく、それが日常的に機能・運営できるように、日常的な臨戦態勢を確保することがポイントとなります。

 

 

 

経営者のトラブル解決なら 

アイ総合コンサルタント

経営者のトラブル解決ダイヤル 

0120-007-808

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島