パワーハラスメント対策 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

パワハラで元秘書女性が提訴

パワハラで元秘書女性が提訴


パワハラとは自分の職権的立場を利用し他人の人権や尊厳を執拗に脅かす言動のことです。

 維新の党の足立康史衆議院議員からパワハラを受け、残業代も支払われていないなどとして、元秘書の女性が、慰謝料などを求めて、近く大阪地裁に提訴することがわかった。

 足立議員は「わたし自身は、提訴されるような事務所の管理に問題があったとは、全く思っていない」と述べた。

  弁護人によると、維新の党の足立康史衆議員議員の元私設秘書の40代の女性は、およそ3,700時間分の残業代が、一切支払われていないと主張している。

 また元秘書は、足立議員から、いすをけられたり、水をかけられるなど、パワハラを受けたとして、慰謝料と残業代、あわせておよそ1,400万円を求めて、近く大阪地裁に提訴するという。

 足立議員は2015年3月、衆院厚生労働委員会で、「(国会議員は)24時間365日、仕事をしています。そういう中で、秘書だけ労働基準法に沿って残業代を支払うということは、わたしはできません。ふざけるなと思うわけです」と述べていた。

 足立議員は、3月に衆議院の委員会で質問に立ち、元秘書から残業代を求められたと明かしていた。

 足立議員は、秘書が労働基準法の定める残業代を支払う義務が適用されない「機密の事務を取り扱う者」にあたるため、払う必要がないと主張している。

 生きていく上で切っても切り離す事が出来ない"仕事"。そんな仕事上でトラブルが起こった際、一人で悩む必要なんてないんです。私たちが全力でサポートさせて頂きますのでご安心ください。人生の半分を費やす時間でもある仕事をより楽しくなる未来になるよう私たちにお任せ下さい。

パワハラ相談件数過去最多

 パワハラ相談件数過去最多


生きていく上で切っても切り離す事が出来ない"仕事"。そんな仕事上でトラブルが起こった際、一人で悩む必要なんてないんです。私たちが全力でサポートさせて頂きますのでご安心ください。人生の半分を費やす時間でもある仕事をより楽しくなる未来になるよう私たちにお任せ下さい。 

 

千葉労働局への職場トラブル相談 本年度上半期

 

 千葉労働局(小沢真一局長)へ本年度上半期(4~9月)に寄せられた、職場でのトラブルなどに関する相談のうち、「パワハラ」(パワーハラスメント=職場でのいじめ、いやがらせ)に関する相談件数が過去最多となったことが分かった。全相談の3割以上を占め、6期連続の増加。不安定な雇用情勢に加え、「パワハラ」の言葉が定着したためとみられ、企業からの相談も増えている。同局や弁護士は「解決につながるケースはあるので相談を」などと呼び掛けている。

  同局など県内10カ所の相談コーナーで上半期(4~9月)に受けた労働相談は2万1125件で、前年同期比1414件増。労働基準法違反などを除く、民事上のトラブル相談は過去最多の3734件に上り、32・4%に当たる1210件がパワハラに関する相談だった。

  2位が「解雇」(501件)、3位「労働条件の引き下げ」(500件)、4位「退職勧告」(336件)の順。パワハラに関する相談の具体事例は、▽上司から同僚の前で罵倒された(相談者=パート)▽現場の同僚から無視されたり、机の上を荒らされた(同)-など。

  同局によると、パワハラに関する相談は前年度同期比216件増で、2011年下半期から6期連続で最多件数を更新している。「パワハラ」や「ブラック企業」などの言葉が広く定着。「社内でパワハラ問題が起きないよう何か予防策はないか」など、企業側からの事前相談も増えている。

  同局は窓口や電話で相談に応じ、助言を与えたり、民事訴訟の手続きなども支援。事業主への直接指導も行っている。

労働者の心身をむしばむパワハラ

労働者の心身をむしばむパワハラ


件数も割合も年々増加

 

 職場でのパワーハラスメントがあとを絶たない。全国の警察では、パワハラが理由で今年1月から6月の間に昨年より多い11人が処分されたと発表されたばかり。今年6月には、秋田県横手市職員の男性(46)が上司のパワハラに追い詰められたとの遺書を残し、自殺した。パワハラはなぜ起こるのか?


  都道府県労働局などへのパワハラに関する相談件数は年々増加している。2002年度には6,627件だったものが、2012年度には51,670件に増加。労働相談全体に対する割合では、6.4%から20.3%へと、実に相談件数の5分の1にまでなるほど増加している。その中で精神疾患を発症し、労災補償を受ける人も増えている。労働者の25.3%がパワハラをされたと感じている。

 

 


 厚生労働省は、パワハラを

(1)精神的な攻撃

(2)過大な要求

(3)人間関係からの切り離し

(4)個の侵害

(5)過小な要求

(6)身体的な攻撃分類している。

企業の側もパワハラの存在を認識し、職場の雰囲気が悪くなり、社員にメンタル面の問題が生じ、退職する人がいることもある程度は理解している。

  

  実際に仕事ができないことを理由にしたパワハラが存在する。たとえば新入社員の場合、一般にすぐに仕事ができる、というわけではない。それゆえ、ターゲットとなる。新入社員は、仕事に慣れ職場になじんでいる社員に比べ、生産性が低い。

  ただ、それならまだ仕事で成果を見せられるようになれば解決できる(実際にはそのパワハラのため、仕事上のパフォーマンスを発揮することは困難だ)が、その中で「精神的な攻撃」や「過大な要求」などが起こりやすい。男性社員に童貞であるかどうかなどということを聞くような「個の侵害」も起こる。実際に私自身は、「童貞はダメだ。稼いだ金でソープに行け」などと言われたこともある。

  会社内にも競争があり、優位であることを社内で誇示して上司の歓心を得る人もいる。その中で、特定の人を無能でありダメだと烙印を押すために行われるパワハラもある。自分がいかに優れているかを示すため、ほかの社員をおとしめる。この場合には、「精神的な攻撃」「人間関係からの切り離し」「過小な要求」が起こりやすい。

  そしてさらに、会社内でのコミュニケーションのためにパワハラが行われることさえある。社内の人間関係を深め、団結を強くするために、特定の人をよってたかってパワハラする。学校のいじめと同じだ。この場合は「精神的な攻撃」「過小な要求」が多い。

  現在のパワハラは、特に「精神的な攻撃」の要素が強い。社内で大声で罵倒したり、無視したりということは私もさんざんやられてきた。こういったパワハラは、多くの働く人を傷つけるだけではなく、組織全体のパフォーマンスをも低下させる。のみならず精神疾患の患者を増加させる原因にさえなっている。

サントリーパワハラ訴訟 パワハラ問題

 サントリーパワハラ訴訟 パワハラ問題


社内トラブル、会社内でのいじめ問題から精神的にも肉体的に病んでしまう人が増えています。ウツになった挙句、退職後もウツが治らない状況の方もたくさんいます。何年たっても社会復帰できない方のご両親から相談を受けることも多いのです。しかし、トラブルは自分で解決できるうちに解決しましょう。精神的なダメージが大きいと社会復帰も難しくなります。

トラブルから逃げる時、問題が起こっているのにどうにもならないと諦めた時ウツになってしまいます。いろいろと対応を考えている時はウツになる暇もないのです。

 

クライアントの方の中には、ご自分のトラブルを公にしないことを前提に解決を望まれる方も多くいらっしゃいます。当社はクライアントのことを一番に考えた対応を行います。ヒアリングを十分に行いますのでご安心ください。

 


サントリーに賠償命令 上司の指導でうつ病


 サントリー(現サントリーホールディングス)で勤務していた男性が「上司のパワハラでうつ病と診断され、休職せざるを得なくなった」として会社側に約2400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で東京地裁は31日、「上司の言動は指導として許される限度を超えていた」と認め、約290万円の支払いを命じた。

 判決によると、男性は2006年4月に配属されたグループで指示通りの成果を残せず、上司から「新入社員以下だ。もう任せられない」「何で分からない。おまえはばか」と言われた。

 平成19年4月にうつ病と診断され、上司に休職を願い出たところ「有給休暇で消化してくれ」「休みを取るなら異動の話が白紙になる」などと返答された。男性は同年6月に別部署に異動後、20年7月まで休職した。現在は子会社に出向している。

 本多知成裁判長は「上司の言動でうつ病を発症し、回復のため速やかに休職する機会も奪われた」と指摘し、違法な対応だったと判断した。

パワハラ問題

パワハラ問題

生きていく上で切っても切り離す事が出来ない"仕事"。そんな仕事上でトラブルが起こった際、一人で悩む必要なんてないんです。私たちが全力でサポートさせて頂きますのでご安心ください。人生の半分を費やす時間でもある仕事をより楽しくなる未来になるよう私たちにお任せ下さい

職場では複雑に利害関係が絡んでいてトラブルを抱えてしまってもそれを誰にも言うこともできず一人で悩んでいる方が非常に多いと聞いています。
 職場トラブルには大きく分けて二つあります。セクハラ、パワハラ関係とそれ以外の契約問題や過労問題などや残業日の未払い問題などです。

 栃木県小山市消防本部は10日、部下にパワーハラスメントをしたとして、男性消防司令補(39)を停職3カ月、別の男性消防司令補(47)を停職1カ月の懲戒処分としたと発表した。また、上司の男性係長2人を戒告処分とした。

  同本部によると、39歳の消防司令補は昨年4月から10回にわたり、同じ係の男性消防士(28)が嫌いなマヨネーズを弁当に山盛りにかけて無理やり食べさせたほか、14回にわたって頭や腹部、すねなどを殴ったり蹴ったりしたという。また47歳の消防司令補は、39歳の消防司令補に指導と称して消防士に暴行するよう指示したほか、自らもすねを蹴ったり、消防士の腕時計を壊すなどしたという。昨年12月、消防士から上司に申告があり発覚した。

  同本部は今後、全職員を対象にパワハラに関する研修を行うほか、相談窓口を設置して再発防止に取り組むという。


パワハラ認定

 パワハラ認定

大阪府教育長、辞任否定 パワハラ認定「事実争わぬ」


 大阪府の中原徹教育長(44)が府教委職員にパワーハラスメントと評価される発言をしたとされる問題で、中原氏は20日朝、産経新聞などの取材に応じ、第三者委員会からパワハラを認定する内容の報告書を受け取ったことを認めた上で、「今まで進めてきた教育(改革の方向性)は間違っていない」と述べ、続投に意欲をみせた。ただし23日に開会する2月府議会で中原氏の辞任論が高まるのは必至で、中原氏は進退について、「最終的には(任命権者である松井一郎)知事の判断に従う」としている。

  中原氏は、第三者委がまとめた報告書について、自身が第三者委からの聞き取りで主張した内容がほとんど考慮されていなかったと強調する一方で、「議論が泥沼化するのは好ましくない」として、事実関係は争わない意向を示した。

  昨年10月、立川さおり教育委員(41)が中原氏から高圧的な発言をされたと指摘したことを受け、パワハラに詳しい弁護士らでつくる第三者委が、府教委職員4人(1人は退職)に対する発言についても調査。関係者によると、精神科に通院した方がいいのではないかという趣旨の発言をしたほか、配置転換を示唆するような発言がパワハラと指摘されたという。

  ただ、教育委員でもある中原氏と立場が対等な立川氏のケースとは異なり、部下である府教委職員への発言が「パワハラ認定」されたことで、府議会では中原氏の辞任論や、松井知事の責任論が追及されるのは避けられない情勢だ。

  今回の結果を受け、仮に府教委が中原氏を懲戒免職処分にした場合、中原氏は教育長を解任されるが、教育委員としての身分は残る。教育委員を解任するには、知事が議会に「罷免」を提案し、過半数の同意を得る必要がある。

議員のモラル パワーハラスメント モラルハラスメント 

議員のモラル

パワーハラスメント モラルハラスメント 大阪 京都 神戸 岡山 広島


強制わいせつ容疑で市職員逮捕


 顔見知りの女性にわいせつな行為をしたとして、兵庫県警西脇署は4日、強制わいせつ容疑で同県西脇市に住む市立学校給食センター主任の男(50)を逮捕した。

 同署によると、主任は容疑の一部を否認しているという。

 逮捕容疑は、8月25日午後3時15分ごろ、西脇市内の施設内で、同県加東市在住の30代の女性の手首をつかむなどして、裸になった自分の体を無理矢理さわらせたとしている。

 被害女性が9月に同署に相談に訪れ、被害届を出した。



 27歳の市議の、裏の顔



  史上最年少当選を果たし、期待の若手として注目された27歳の市議

ナンパした女子高生を自宅に連れ込んでわいせつな行為をしたうえ、その動画をインターネットに投稿したとして、児童ポルノ禁止法違反容疑などで奈良県葛城市の市議が逮捕された。県警が押収したパソコンなどを調べたところ、他にも複数の少女らとのわいせつ動画を投稿していたことが判明。「制服コスプレ」などのタイトルをつけ、トイレや車内で撮影したものや、行為をライブ中継したケースもあったといい、投稿によって収入も得ていた。「市民派」として支持を集めた議会のホープの背信に市民はあきれ、怒り、ショックを受けている。

 偽名でナンパ、アパートに連れ込む

 あきれた行状の数々が明らかになったのは、元葛城市議の吉武昭博容疑者(27)=逮捕後に議員辞職。今年4月中旬ごろ、同県大和高田市に借りているマンションの自室で知人の女子高生=当時(17)=とみだらな行為をしたとして、5月に県青少年育成条例違反(みだらな性行為)容疑で県警に逮捕された。


パワーハラスメント モラルハラスメント 

パワハラ・モラハラの解決なら アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

パワハラトラブル

パワハラトラブル

大阪 京都 神戸 岡山 広島


教授、パワハラで懲戒解雇 


被害の2人退職、3人休職



 5人の職員に退職を強要するなどのパワーハラスメントをしたとして、群馬大は20日、医学系研究科の40代の男性教授を同日付で懲戒解雇処分とした。教授は一部のハラスメント行為については認めているが、「指導の範囲だった」と否認しているものもあるという。

  大学の説明によると、教授は平成24年1月~25年夏までの間、男性4人、女性1人の計5人の職員に対し、「ポストを空けるために(外部機関の)全ての公募に応募しろ」などと退職を強要したり、女性職員には「女性研究者は結婚△(三角)、出産×(バツ)と書いてあるところもある」などとセクハラ発言をしたという。

  教授のハラスメントにより、3人がうつ状態などで休職を余儀なくされ、2人が退職した。

  24年1月に学内のハラスメント相談員に複数の職員から相談が寄せられ、同年1~3月にかけて3度、所属長の研究科長が注意、指導したが、翌年夏まで断続的に続いたという。

  大学がハラスメント調査委員会を設置したのは25年4月で、既に2人が退職した後だったが、井手孝行副学長は「大学側の対応に問題はなかった」との認識を示した。



  職場では複雑に利害関係が絡んでいてトラブルを抱えてしまってもそれを誰にも言うこともできず一人で悩んでいる方が非常に多いと聞いています。
 職場トラブルには大きく分けて二つあります。セクハラ、パワハラ関係とそれ以外の契約問題や過労問題などや残業日の未払い問題などです。


  パワハラとは自分の職権的立場を利用し他人の人権や尊厳を執拗に脅かす言動のことです。
 最近の主な職場トラブルでセクハラと同じぐらい当アイ総合コンサルタントにお問い合わせがあります。
コンサルティングを重ねクライアントの皆様の望む形で解決することが可能です。


社内トラブル、会社内でのいじめ問題から精神的にも肉体的に病んでしまう人が増えています。ウツになった挙句、退職後もウツが治らない状況の方もたくさんいます。何年たっても社会復帰できない方のご両親から相談を受けることも多いのです。しかし、トラブルは自分で解決できるうちに解決しましょう。精神的なダメージが大きいと社会復帰も難しくなります。

トラブルから逃げる時、問題が起こっているのにどうにもならないと諦めた時ウツになってしまいます。いろいろと対応を考えている時はウツになる暇もないのです。

今現在、行き詰っていても諦めない人は、今すぐアイ総合コンサルタントへご依頼ください。


パワハラトラブル 解決なら

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島



パワハラ相談が最多

パワハラ相談が最多

大阪 京都 神戸 岡山 広島



 厚生労働省は30日、全国の労働局が「総合労働相談コーナー」で2013年度に受け付けた相談の内容を発表した。パワハラにあたる「いじめ・嫌がらせ」が前年より15%増の5万9197件になり、2年続けて内容別のトップだった。



 パワハラ関係の相談は、集計がある02年度から11年続けて増えた。相談の中には、「仕事は遅いのに飯だけは早い」「馬鹿野郎」といった暴言や暴行を受けた、といったものがあった。内容に応じて、労働局長名で事業主に再発防止を求める指導などをしたという。



 集計は、労働法令違反にはあてはまらない労働紛争が対象。全体の相談件数は、前年度より4%少ない24万5783件で2年連続の減少だった。雇用情勢が回復したのを反映し、解雇関係の相談が15%減の4万3956件、労働条件の引き下げをめぐる相談が12%減の3万67件だった。



当社でもパワハラの相談は増えてきています。10年前ではセクハラの相談はありましたがパワハラの相談はなかったのです。



 パワハラの一番の問題は、一度逃げ出してしまうと経済的に窮地に追い込まれてしまうためすぐに対応を、本人が取らないことにあります。ここことが問題を深刻化してしまう原因に挙げられます。



 パワハラで悩んで何とかしたい方は



アイ総合コンサルタントにコンサルタント依頼してください。あなたのと空になります




0120-007-808

パワハラ訴訟

 

パワハラ訴訟で和解 4千万円支払い

大阪 京都 神戸 岡山 広島

○○生命、元社員に4千万円支払い ○○生命、元社員に4千万円支払い パワハラ訴訟で和解

 ○○生命保険(○○市)の元社員の女性が「上司のパワハラでうつ病になり、退職に追い込まれた」として、会社と元上司に計約6300万円の損害賠償を求めた訴訟が○○地裁(○○○○裁判長)で和解した。会社側が行きすぎた言動を認めて謝罪し、解決金4千万円を支払う内容で合意した。和解は11月13日付。

 原告の女性は保険外交員を束ねる出張所の元所長。訴状によると、女性は2006年ごろから、会議の席上などで出張所を所管する支部長に「成績がよくないのは所長のせい」「所長が致命傷や」と怒られたと主張した。

 女性は07年7月から体調不良で休職し、09年6月に退職。国の労働保険審査会は10年6月、「感情的な叱責(しっせき)が長期間行われた。指導の範囲を超えている」と指摘した上で労災認定した。

 女性は11年6月に提訴。会社側は「指導は奮起を期待する趣旨で、嫌がらせやいじめではない」などと反論したが、地裁の勧告を踏まえ和解した。原告、被告双方とも「コメントできない」としている。

 このように、指導自体慎重にしないと逆効果の場合もあります。また行き過ぎた指導も問題となることも多く、社内基準を設ける必要があります。

 パワーハラスメントの相談は近年増加している相談のひとつで、今まで、はしかないとあきらめていた方が多くいたのですが、最近は問題が表面化しやすくなってきています。

 パワハラで問題を抱えている人は、個人でも企業側でも相談に乗っています。


パワハラの解決なら

アイ総合コンサルタント

0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

パワハラ不倫と脅迫電話

パワハラ不倫と脅迫電話



○○○○知事 元秘書女性語る パワハラ不倫と脅迫電話


週刊誌にこんな記事が載ってました


 昨年○○月○○日、史上最多得票で○○○○知事に当選した○○○○氏(○○)。だが、じつは投票日前日の夜遅く、○○氏はかつての女性秘書A子さんの携帯電話に一本の電話を入れていた。


○○氏「僕は8割以上当選確実だから」


 A子さん「それはけっこうですね。ところで、(○○氏の件で)私の周辺を嗅ぎまわっているマスコミの人がいるけれど、私が情報を流しているわけじゃありませんからね」


 ○○氏「あのさ、A子ちゃんさ。息子さん、どこのテレビ局に勤めているんだっけ」


A子さん「関係ないじゃないですか。それって、脅しですか」


○○氏「脅しじゃないけど、黙っていたほうがいいよ。あんたのためにならないよ」


 A子さんと○○氏のやり取りである。当時40代だったA子さんと○○氏が知り合ったのは'92年1月、『朝まで生テレビ』の新年会でのことだった。同じ○○県出身だった2人はすぐに打ち解けた。もともとローカル局のリポーターの経験もあったA子さんは、テレビ局や芸能関係にも顔が広かった。すると、初対面にもかかわらず○○氏は彼女に「俺のマネジメントをやってくれないか、テレビに出してよ」と言ってきたという。


 出世作の『○○○○の肖像』が○○○○ノンフィクション賞を受賞したとはいえ、当時の○○氏はまだテレビ出演の機会は少なかった。A子さんは各局を回り、友人だった○○○○氏の「○○○○○○」のレギュラーコメンテーターとして売り込むことができた。すぐにA子さんは○○氏のマネージャーとして正式に働くことになった。


 「これがきっかけで、その後の他局の仕事にも広がったと思います。私も好奇心から○○さんの事務所に出入りするようになり、夕食を作ってあげたりしました。当時、私は独身で、○○さんと男女の仲になりました」


 2人は不倫の関係に陥った。○○氏からは連日のように、それも多いときは5分おきくらいに電話がかかってきたという。ひっきりなしの電話攻勢や、自宅まで押しかけてくるまるでストーカーのような行為にA子さんの熱は冷めて行く。そして、"別れの日"がやってきた。1年後のことだった。


 「私が起こした交通事故がきっかけでした。すべて○○さんが相手の弁護士と交渉し、勝手に和解してしまったんです。そして、ある日突然、もう事務所に来なくていいからと電話がかかってきました。俺は有名だから、テレビ局のほうから声がかかってくると」


 脅迫まがいの電話を受けたというA子さんの訴えについて、○○氏の代理人弁護士は「両者の和解合意書による守秘義務がありますから、○○側から語ることは一切ありません。A子さんの子息について発言したのは、マスコミに働く人ならばその合意を理解できるはずという趣旨です」と回答している。



大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島


セクハラ・パワハラ解決 強要容疑で逮捕

セクハラ・パワハラ解決

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 ○○県警捜査1課は1月19日、県警○○署員による集団セクハラ問題で、いずれも前署員の県警交通総務課巡査部長・○○○○容疑者(35)を強要と暴行の容疑で、県警暴力団対策課巡査部長・○○○○容疑者(38)を強要容疑で、それぞれ逮捕した。

 同課によると、○○容疑者は容疑を認めているが、○○容疑者は「セクハラ行為は謝りたいが、強要はしていない」と否認している。


 逮捕容疑は昨年3月11日午後1時半~午後4時頃、同県○○市のカラオケ店で、共謀して当時○○署勤務だった20代の女性警察官に対し、ブラウスとズボンを脱いで森容疑者が着ていたワイシャツとズボンに着替えるよう強要したとしている。さらに○○容疑者は自分たちの写真を撮る際、不意に女性警察官の頬にキスしたとしている。


 セクハラ現場にはこのほか、男性警部補(34)と男性巡査長(33)がいたが、同課は関与がないとして立件しない方針。県警監察官室は4人の懲戒処分を検討中で、森容疑者は退職する意向だという。


 県監察官室によると、4人は○○市内の居酒屋で開かれた○○容疑者らの送別会に出席後、カラオケ店で2次会をした。そこで、同日は公休日で異動が決まっていた部下の女性警察官に○○容疑者が電話し、○○容疑者が「異動先の上司は知っている。付き合いの悪い人間に仕事は務まらない」などと言って呼び出した。


 昨年4月に女性警察官が異動後、「今後同じような被害に女性が遭わないために許してはいけない」として、新しい上司に報告。7月27日に不祥事が発覚し、8月に被害届を提出していた。


 ○○○○警務部長は「警察官としてあってはならない行為であり、誠に遺憾」とコメントしているが、不祥事が表に出てから、すでに約6カ月が経過している。実際に事件に関わった2人を逮捕したこと自体は評価されるが、いまだに処分されていなかったとは、「身内に甘い」対応と思えてしまう。


セクハラ・パワハラの解決なら当社に相談ください。貴方の力になります。



セクハラ・パワハラの解決

トラブル解決のアイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

パワー・ハラスメントを解決

パワー・ハラスメント 大阪 京都 神戸

 

 

パワハラとは、パワー・ハラスメントの略称で、職権または立場」を濫

用した部下、取引先などの弱者への嫌がらせのことです。

 

「部下は上司に逆らえない」、「取引先は、元受には逆らえない」という立

場を活かした上で、弱者をいびったり、嫌がらせをすることをパワハラ

呼びます。

 

性的嫌がらせをセクハラ、性的嫌がらせでなくてもパワハラと言えること

があります。この様な嫌がらせ、いじめに悩んでいる方ご相談ください  

あなたの力になります。

 

 

パワ解決のことならアイ総合コンサルタント

パワハラ解決相談ダイヤル

0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島