離婚問題・トラブル解決 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

DV対応

DV対応


 結婚は人生においても、すごく重要なものであり、誰もが幸せになりたいというのが当たり前であると思います。しかし、結婚してから金銭トラブルや、夫/妻が多額の借金をしてしまっていたなどの御相談が多く寄せられています。さらに家族トラブルに関してはなかなか相談が出来ないケースが多いのが現状です。そんなお悩みをお持ちの方は、一度私たちにご相談下さい。


  長崎市の公園で5月、無職の中村由美さん(当時41歳)の遺体が見つかった事件で、殺人容疑で再逮捕された内縁の夫、二場(ふたば)勇次容疑者(50)が住む福岡県田川市の職員が、ドメスティックバイオレンス(DV)を疑い、中村さんの生前に3回、接触を試みていたことが分かった。うち1回は直接面会したが、中村さんがマスクをしていたことなどからDVを見抜けなかった。

 配偶者や内縁関係、恋人など親密な関係にあったり、過去に同様の関係にあった者による暴力。身体的暴力や心無い言動による精神的暴力、性行為を強要する性的暴力などがある。全国の「配偶者暴力相談支援センター」への相談件数は、2004年度の4万9329件から昨年度は10万2963件と倍増。警察が認知した被害件数も昨年は5万9072件で、04年(1万4410件)の4倍以上に増えた。

 ドメスティックバイオレンス(DV)被害者への対応は原則、本人からの訴えが前提だ。今回のように第三者(保育所)から情報が寄せられると、行政機関は第三者を通じ、被害者に申告を促す。本人の申し立てがあれば、DV防止法に基づきシェルター(一時避難施設)に避難させたり、警察が暴行容疑などで加害者を逮捕したりできる。


 家族の事に関してはなかなか相談出来ないのが現実ではないでしょうか?そんなお悩みを私たちが全力でサポートさせて頂きます。安心してご相談下さい。宗教トラブル、結婚詐欺,いじめなどは家族が先に気がつくことが多いので両親、身内からの相談も多いのです。

必要であれば各種専門家をご紹介いたしますのでご安心ください。

親権 離婚時によく揉めてしまう親権

親権

大阪 京都 神戸 岡山 広島

離婚時によく揉めてしまう親権


裁判所は何を基準に決めるのでしょうか



 離婚をしようとする夫婦に未成年の子がいる場合、どちらか一方を親権者と決めなければ離婚することができません。

夫婦の間の話合いで親権者が決まればいいですが、どちらが親権者になるのか夫婦間でもめた場合には、最終的には裁判所の「審判」によって親権者が決まることになります。

審判になった場合、裁判所は、どちらの親が親権者となるのが「子の利益」にかなうのか、という観点から親権者を決めることになります。

そして、下記のような父母の事情と子の事情を総合的に考慮したうえで、夫婦のどちらが親権者となるのが「子の利益」にかなうのかが判断されることになります。 家族



親(父、母)の状況


監護の意欲 子に対して深い愛情を持っているかどうか



監護の能力 子を監護するにあたっての経済的や時間的な余裕があるかどうか、心身が健康か、実家の援助を受けられるか



生活環境 子が生活するために十分な広さの住居か、近くに学校があるか


子供の状況


子の意思 子は、どちらの親と一緒に生活したいと思っているか



子の年齢



それ以外の状況


 
継続性の原則 これまで実際に監護をしてきたほうの親が優先される



兄弟姉妹不分離の原則 兄弟姉妹を一緒の親に監護させる



母性優先の原則 乳幼児については母親に監護させる


 上記のような状況を総合的に判断して、どちらの親が親権者となるのが「子の利益」にかなうのかという観点から、裁判所は親権者を定めることになります。



 子にとっては、どちらの親が親権者になっても、もう片方の親とは離れ離れになってしまうので、悲しい出来事であることには変わりはないと思います。



ろくでなしの親とは言え親ですかな私立ちでは、判断当然つくことではないのです



一番「子の利益」にかなうのは、両親と一緒に生活することですので、そのためにも夫婦仲良くしたいものです。

離婚の回避

離婚の回避 

 

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島


 妻、夫が離婚したいと思っている状態から、すぐに離婚を回避できるわけではありませんが、本人が離婚をしたくないという気持を持つことが離婚回避の一番重要なことです。


  些細なことからまず始めていくことで、相手の気持ちを取り戻すことができます。


  諦めてしまうことは簡単でが、どんな状況でも、全力で出来る限りの手を尽くすことが大事です。貴方が 離婚したくないなら、相手に対して誠意を見せて、あなたの想いに気づかせる必要です。

 

  貴方の素直な気持ち、今まで恥ずかしくて出来なかった愛情表現など、照れ臭くて出来なかったことなど一緒にいる夫婦のうちにしなければ、離婚した後ではいくらしようと思っても出来ません。


  「こうしてあげたい!」「ああしてあげたい!」と思うことがあるのなら、それを今行なうべきなのです。今しなくてはならないこと、今できることを後悔するようなことになってしまうのです。


  愛情を相手に伝えることが上手にできなかったのならいまするべきです。


 この様なことはやろうと思っても今までは、思うように表現できなかったのですから、私どもの力を借りてください。きっと貴方の力になることが出来ます。後悔しない人生を送るために当社の電話をください。



離婚の回避なら

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 兵庫 岡山 広島

離婚問題解決 離婚トラブル解決

 離婚と慰謝料            大阪 京都 神戸

現在さまざまな理由で離婚する方は増え続けています。周りを見渡せば必ず誰かいるものです。厚生労働省のデータでは離婚件数は年間731000組と発表されています。1年間の間にそれだけの夫婦が離婚に至っているわけです。単純に2分間に約3組の夫婦が何らかの理由により離婚している計算となるのです。これは、離婚が成立した件数ですので、婚調停や離婚協議中の件数はカウントしていないデータですから、現在も多くの方が離婚について悩でいることでしょう。

 

離婚する上で一番不安材料としては、やはりお金の問題ではないでしょうか。これからのことを考えると不安になるものは当たり前のことだと思います。

 

実際、ガル岡山中央の離婚カウンセリングをご利用されているクライアントからも慰謝料請求については全ての方から相談を頂いています。離婚と決めても慰謝料がどれだけのものなのか、算出できる方は少ないと思います。

 

将来性を見据え、幸せな人生を送れるように離婚問題に取り組んでいきましょう。

 

離婚問題、離婚トラブルで悩まれている方は当社へ相談ください。貴方の力にまります。

離婚問題 離婚トラブル解決のことならアイ総合コンサルタント

離婚問題 離婚トラブル解決相談ダイヤル

0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島