犯罪、事件トラブル解決 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

情報の裏どり

情報の裏どり


大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島
 
 私どもの仕事では、相談の段階から費用をいただいています。相談内容の精査、事実確認など相談時から仕事といえる内容から始めないと解決できることも解決できなくなります。

 ただ話を聞いてほしいだけでも費用をいただいて真剣に話を聞くようにしています。当社はクライアントからの費用で運営されているため、クライアントのために経費を使うことは当たり前のことですが、無料相談のために労力や時間を使えるような金銭的、時間的なようがないのが現状です。

 情報は十分な精査をし、事実確認をし、なおかつ証拠となる資料をもって情報活用にしなければ後で取り返しのつかない状況に陥ることが多々あります。

 下記の件はその情報の精査を十分にしなかったため起こったトラブルです。情報の精査はかなり手間のかかることですが重要なことです。

新聞編集委員に賠償命令 FBで議員の名誉毀損


 新聞の編集委員がフェイスブックに投稿した内容で名誉を傷つけられたとして、参議院議員が1100万円の損害賠償などを求めていた訴訟がある。裁判官は「投稿内容が真実とは認められない」として編集委員に投稿の削除と110万円の支払いを命じた。

 
  投稿では匿名だったが、判決は投稿の内容から「原告であると理解される」と判断された。「国会議員である原告の社会的評価を低下させる内容だ」とされ、前日に会食した議員から「元秘書官から聞いた話」として聞いた「また聞き」の情報で、裏付けとなる資料もないため、「真実と認めるに足りる証拠はない」と判断されてしまった。

 情報は、「正しい入手」、「真実な内容」、ことが重要なことで、嘘の情報ではないも対応できないのが当たり前のことです。

  

贈収賄

贈収賄

 犯罪トラブルとは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。ひょっとしてこれ犯罪かもしれない?と少しでも疑問に思われるのであれば、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

 大学病院が舞台となった贈収賄事件はこれまでに何度も起きている。

 平成4年には、心臓の治療用ペースメーカーの納入をめぐり、賄賂を受け取っていたとして、東大病院の助教授らが逮捕。昨年12月にも徳島大病院で、情報システム業務の受注をめぐり、収賄容疑で当時の大学の情報センター部長が逮捕された。

 専門性の高い医療機器などは、外部から購入の妥当性をチェックするのが難しいため、汚職の温床になると指摘されてきた。

 今回は、機器納入の実権を握る丸井容疑者に業者側が接近。容疑者や業者の担当者以外に、研究に必要な機器の細かい仕様などを把握していた人はほとんどいなかったといい、チェック機能は働かなかった。

医師の力

 医療現場で医師が持つ絶大な力が、問題の根底にあるのではないかと指摘する関係者もいる。

 ある医療機器販売会社の社員は、「大学の事務方に機器納入の決定権がある場合でも、医師の口添えがあるかどうかが契約の成否を分ける」と打ち明ける。

 特有の閉鎖社会が作り出す利権の構造。繰り返される事件を防ぐには、どうしたらよいのか。決定権を持つ人を定期的に代えたり、複数体制にしたりすることが癒着を防ぐ手立てになるのではないか


弊社では警察が動いてくれそうにない犯罪トラブルにもコンサルティングをさせていただいております。

複雑に絡み合った現代社会では気付かないうちに自分が犯罪トラブルに巻き込まれているということがよくあります。

早期解決が一番重要です。秘密厳守は絶対です。どうぞ気兼ねなくご連絡ください。

責任能力ありと判断 

責任能力ありと判断 


私たちの国でも、日夜犯罪のニュースが後を絶ちません。いまやいつ自分の身にその犯罪が降りかかってくるかも分からないのが現在の状況ではないでしょうか?ですが実際は犯罪被害の救援には、犯罪被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。私たちは今日まで、さまざまな犯罪被害者からの相談を受け解決してきました。
今お悩みの方は一度私たちにご相談下さい。

詐欺被害、恐喝、脅迫、横領、背任,、美人局などあらゆる犯罪の対応が可能 

誰のも知られることなく犯罪のトラブルを解決します。

 

 名古屋市のアパートで女性(当時77)を殺害したとして逮捕された女子学生(19)が、精神鑑定の結果、刑事責任能力があると判断されたことがわかった。愛知・宮城両県警は、宮城県の私立高校在学中、同級生の少年(19)にタリウムを飲ませたとして、女性に対する殺人事件の勾留期限となる15日にも、女子学生を殺人未遂容疑で再逮捕する方針を固めた。

  名古屋地検は刑事責任が問える心理状態だったかを慎重に見極めるため、鑑定留置を請求。女子学生は3カ月間の鑑定留置が終了した12日、鑑定を受けていた拘置所から名古屋市内の警察署に移送された。

  両県警などによると、女子学生は同級生の少年について「毒を盛った。どうなるか知りたかった」との趣旨の説明をしているほか、ツイッター上に「硫酸タリウムの半数致死量は1グラム(成人男性)だろ」と書き込んでいたという。両県警は、女子学生が危険性を十分認識しながら少年にタリウムを飲ませた疑いが強まったとして、殺人未遂容疑での再逮捕に踏み切る。

弁護士事件

弁護士事件


尊敬されるべき職業のはずですが、職業では人は判断できないという証拠です。

預かり金1260万円着服の疑いで元弁護士の男を逮捕 

 

 不在者財産管理人として預かっていた他人の預金を着服したなどとして、東京地検特捜部は3日、業務上横領容疑で、横浜市港北区の元弁護士、松田豊治容疑者(52)を逮捕した。特捜部は認否について明らかにしていない。

  逮捕容疑は、平成20年5月から21年5月までの間、7回にわたり、東京家裁の審判により不在者財産管理人として預かっていた銀行預金など計約1260万円を口座から出金して着服したとしている。

  特捜部によると、松田容疑者は着服した現金を生活費などに使ったという。

  松田容疑者は第一東京弁護士会所属の弁護士だったが、連帯保証人に資産があるとする虚偽内容を書いた契約書を作成したとして、昨年2月に除名処分を受けていた。

  不在者財産管理人は、行方不明となった人に対し、この不明者の財産などを保護するため、家裁が弁護士などから選任する制度。

個人間でトラブルに巻き込まれた場合どうすればいいのでしょうか?
そういった状況に陥った時、「どれだけ建設的な手段でそのトラブルを処理する事ができるか?」ではないかと思います。

一人でトラブルを抱えて悩んでいる方、アイ総合コンサルタントが力になります。
あなたがトラブル、悩みを解決したいと思ったら、私たちトラブル解決、悩み解決のアイ総合コンサルタントにご相談下さい。

お金に問題アリ

鳥取連続不審死事件 京都の事件との類似点


大阪 京都 神戸 岡山 広島

お金に問題アリ



お金にルーズな人は要注意です。京都の事件もそうです。



 2009年11月に女が別件の詐欺罪で逮捕された後に一連の不審死に関する捜査が行われた。2010年1月に女性は強盗殺人罪で逮捕され、最終的に2人を殺害した罪で起訴された。




上記の不審死事件



42歳男性不審死事件

2004年(平成16年)5月13日、女性の交際相手で、読売新聞鳥取支局に勤めていた男性記者(42歳)が段ボールに詰められた状態で鳥取市内で列車に轢かれ死亡した。段ボールには「出会って幸せだった」などのようなことが書かれており、鳥取県警は文面の様子などから遺書と判断し、男性記者の死因を「自殺」と処理して司法解剖などは行わなかった。男性記者は女性との金銭トラブルがあり、同僚などからたびたび借金をしていた。



27歳男性不審死事件

2007年(平成19年)8月18日、女性の家族と共に貝を採りに鳥取砂丘近くの海岸に出かけた会社員の男性(27歳)が海で溺れて病院に搬送、約10日後に死亡した。男性は泳げなかった。女性とは2001年頃にスナックで知り合い、2005年頃から同居するようになった。男性は女性から日常的に熱湯をかけられるなどの暴行を受けていた。



41歳男性不審死事件

2008年(平成20年)2月、鳥取市郊外の山中で鳥取県警所属の男性警察官(41歳)が首つり死しているのが発見。男性は女性が働いていたスナックの常連客であり、2人の間で金銭トラブルがあったという。



47歳男性不審死事件

(起訴事案)2009年(平成21年)4月11日早朝、北栄町沖の日本海でトラック運転手の男性(47歳)の水死体を発見。遺体からは睡眠導入剤、肺からは水死の場合入るはずのない砂が検出された。



57歳男性不審死事件(起訴事案)同年10月6日、自営業の男性(57歳)が「集金に行く」といい、車でどこかへ出発、翌日の午後2時、自宅から約4km離れている鳥取市内の摩尼川でうつ伏せの状態で死亡しているのが発見された。しかし、川は溺れるはずのない水深約20cmで顔を押し付けた可能性があり、遺体から睡眠導入剤が検出された。男性は女性とその同居人に140万円ほどの未収金があり、前日の発言はこのことだと思われる。現場から約10m離れたあたりに男性の車が発見され、カーナビの走行記録をみたところ、自宅を出発してから事務所そこから約7km離れた女性の自宅へ行き、数度、女性の自宅敷地を出入りし発見現場に到着。その後は移動していない模様。



58歳男性不審死事件

同年9月、女性と同じアパートに住んでいた無職の58歳男性が女の車を借りて運転中、鳥取駅前で乗用車と衝突。女性は「相手と示談する」といい、男性から8万円をもらったが、その後、ことは進展せず、男性が示談相手ともめることになった。その1ヶ月後、男性は突如体調が悪くなり、10月27日に死亡。前日にはこん睡状態に陥っていた。男性は女性のスナックの常連客で、自宅の鍵を女性に預けていたという

千佐子とサイコパス 精神病質


千佐子とサイコパス 精神病質



サイコパスの特徴



良心が異常に欠如している


他者に冷淡で共感しない


慢性的に平然と嘘をつく


行動に対する責任が全く取れない


罪悪感が皆無


自尊心過大で自己中心的


口が達者で表面は魅力的




 千佐子とは京都府向日(むこう)市の無職、筧(かけひ)勇夫さん(当時75歳)に対する殺人容疑で逮捕された妻千佐子(ちさこ)容疑者(67)が、再婚相手と死別するたび最初の夫の姓に戻す手続きを繰り返していたことが、捜査関係者への取材で分かった。短期間に結婚・死別を繰り返したことを隠す目的だったとみられる。逮捕から26日で1週間。千佐子容疑者は否認しており、府警は薬物の入手ルートの解明とともに、戸籍や相続なども複雑に絡んだ事件の容疑者




上記のサイコパスの特徴にあまりにも一致しているところが多いのではないかと思う。




良心が異常に欠如している



人子を殺して金銭を得ようとしているなどは松前両親のかけらもない。



他者に冷淡で共感しない


冷淡でなければ何人も人を殺せない




慢性的に平然と嘘をつく



戸籍を変え結婚歴を偽り平然と生活していた。





罪悪感が皆無



罪悪感なんかないからできたことでしょう。









当社は、費用を頂いたクライアントのみの対応です。
無料相談は、一切致しません。
クライアントから頂いた費用で、クライアントにとって最善を尽くすことを基本理念としております。

トラブル解決を業とするわたしたちは、十分なヒアリングで内容を精査いたします。そして、事実確認を行ったうえでの対応策を考えます。ヒアリングは大変重要で、これを基に各種専門家を交えた会議を行います。調査が必要な案件もございます。
 


サイコパスの特徴

サイコパスの特徴



良心が異常に欠如している


他者に冷淡で共感しない


慢性的に平然と嘘をつく


行動に対する責任が全く取れない


罪悪感が皆無


自尊心過大で自己中心的


口が達者で表面は魅力的



 現在は20項目(『HARE PCL-R第2版テクニカルマニュアル』)が新たに定められ、それを用いて個別診断で半構造面接を行い2時間半~3時間かけて評定をする。



 サイコパスは異常であるが病気(いわゆる精神病)ではなく、ほとんどの人々が通常の社会生活を営んでいる。そのため、現在では精神異常という位置づけではなく、パーソナリティ障害とされている。そのため、日本では反社会性パーソナリティ障害と名称されている。しかし、以前は精神病質の定義についてはっきりとした概念がなかったことから、家庭内暴力を起こしたりする者に対して、精神病質であると一概にまとめられ精神科病院への収容がされてしまい、これらの人々に対するロボトミー手術などの不用意な脳外科手術が行われ、手術をされた患者の人格や精神上不安定になるなどが起こるなど、医療上の人権侵害が行われた。



 実際、精神病質と社会病質が混合されているが、ヘアによると精神病質と反社会病質は似て非なるものであると記している。精神病質の原因と考えられているのは前頭葉の障害であるとされ、健常者の脳波とはまるで違う脳波を見せる。精神病質は遺伝病だとされる意見が主とされている。逆に、家庭・周囲環境や障害に因る心身の衰弱によるものなどによる、精神病質に似た性格異常は仮精神病質(偽精神病質)とされ、精神病質とは識別されている。

サイコパス 精神病質

 

サイコパス 精神病質


精神病質(せいしんびょうしつ、サイコパシー)とは、反社会的人格の一種を意味する心理学用語であり、主に異常心理学や生物学的精神医学などの分野で使われている。その精神病質者をサイコパス(英: psychopath)と呼ぶ。



「精神病質(その人格のために本人や社会が悩む、正常とされる人格から逸脱したもの)である人」と定義付けられている。


 サイコパスは社会の捕食者(プレデター)であり、極端な冷酷さ、無慈悲、エゴイズム、感情の欠如、結果至上主義が主な特徴で[2]、良心や他人に対する思いやりに全く欠けており、罪悪感も後悔の念もなく、社会の規範を犯し、人の期待を裏切り、自分勝手に欲しいものを取り、好きなように振る舞う。その大部分は殺人を犯す凶悪犯ではなく、身近にひそむ異常人格者である。北米には少なくとも200万人、ニューヨークだけでも10万人のサイコパスがいると、犯罪心理学者のロバート・D・ヘアは統計的に見積っている。


 先天的な原因があるとされ殆どが男性である[3]。脳の働きを計測すると、共感性を司る部分の働きが弱い場合が多いという[3]。


 日本の法律「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」の第5条では精神障害者と定義している。

警察トラブル

警察トラブル




岡山県警巡査、未処理の被害届など独身寮に持ち帰る


 岡山県警倉敷署地域課の20歳代の男性巡査が、被害届などの捜査書類数十点を処理しないまま自宅に隠していたことが、捜査関係者への取材でわかった。



 同県警監察課は、公用文書毀棄(きき)などの疑いで事情を聞いており、処分を検討している。



 捜査関係者によると、今年3月、巡査が担当していた交番関係の書類が提出されていないこと

に別の署員が気づいて上司に報告。調べたところ、巡査が入居する独身寮の室内から事件の被害届や交通関係の未処理書類が見つかったという。



 県警監察課の調べに対し、巡査は「処理が追いつかなかった」と話している。巡査は2013年にも書類を未提出のまま放置し、注意を受けたことがあった。



 同県警では、12年に50歳代男性警部補が19事件の捜査書類を未処理で放置していたことが発覚。13年にも40歳代警部補が交通違反切符などの書類約10件を放置していた。



 この被害届の未処理案件どのように対処するのでしょうか、被害届を出した被害者の方には連絡するのでしょうか、何件の未処理案件があるのか気になります。

 忙しくても、受理されていると思っているのだから、ちゃんと処理してほしいものです。


ネット犯罪 ネット犯罪トラブル解決 サイバー犯罪 

 


ネット犯罪 ネット犯罪トラブル解決 サイバー犯罪 


アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島


 

犯罪と洗脳、マインドコントロール

 犯罪と洗脳、マインドコントロール


大阪 京都 神戸 岡山 広島


 近年暮れに世間を騒がした 兵庫県尼崎市を中心に発生した連続変死・行方不明事件、いわゆる「尼崎事件」は、世間に大きな衝撃をもたらした。事件の全容はいまだ判明していないが、とりわけ注目を集めているのが、主犯格とみなされている角田美代子容疑者の「支配力」だ。全ての事件に同容疑者が深く関わっているとすれば、なぜ1人の女性にかくも多くの大人が翻弄され、さしたる抵抗もできずに命までをも奪われることになってしまったのか。「いつ自分も誰かの支配下に置かれてしまうかわからない」と不安を覚えた人も多く、日常に潜むマインドコントロールのリスクと対処法を徹底検証する。



多くの犠牲者を出し世間を戦慄させた「尼崎連続変死事件」
 

 兵庫県尼崎市を中心に発生した連続変死・行方不明事件、いわゆる「尼崎事件」は、世間に大きな衝撃をもたらした。事件が明るみに出たのは昨年11月。コンクリート詰めにされた○○○○さんの遺体が尼崎市内で見つかり、角田美代子容疑者を含む5人が逮捕されている。



 去年10月、兵庫県警による家宅捜索が行なわれ、床下から○○○○さん、○○○○さん、○○○○さんの遺体が発見されると、メディアの報道は一気に過熱し始めた。11月には岡山県の海からドラム缶に詰められた○○○○さんの遺体も発見され、美代子容疑者を含む8人が逮捕された。他にも、少なくとも4人の行方不明者がいると見られる。



 多数の死者や行方不明者が存在する事件の全容はいまだ掴めていないが、日本の犯罪史上、類を見ない凶悪事件に発展しそうな気配だ。



 加害者や被害者たちは、美代子容疑者のマンションで共同生活し、日常的に暴行が行なわれていたと見られる。毎日新聞の報道(11月7日付)によると、「橋本さんは昨年夏ごろ、美代子被告の自宅マンションのバルコニーにあった鍵付きの物置小屋に監禁、暴行されて衰弱死した」という関係者による証言もあるようだ。



 また容疑者たちは、高松市に住む一家に難癖をつけて乗り込み、居座った挙句、暴行などを働いていた。裸にして屈辱を与えたり、娘に親を殴らせたりする行為も強要していたという。遺体で見つかった○○○○さんは、この一家の長女だった。



 洗脳、マインドコントロールは、あらゆるところでもちいられています。会社の社員教育のそれに近い事をしていることがあるぐらいです。




トラブル解決



アイ総合コンサルタント



相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島

LINEきっかけの事件が多発

 

LINEきっかけの事件が多発 原因はスマホ利用 

LINEの運営会社では、10代向けの「LINE 安心安全ガイド」を作成して安全対策を呼びかけている

恐喝、美人局、少女売春、画像送信など事件が多発

 恐喝、美人局(つつもたせ)、援助交際などの事件が次々に報道されている。いずれもLINEでのコミュニケーションをきっかけとしたものだが、LINEだけに問題があるのではなく、安易なスマートフォン利用にも原因がありそうだ。
  今年に入って、LINEを悪用したり、LINEがきっかけの様々な事件が多発している。LINEはスマートフォンを中心としたメッセージ・無料電話サービスで、国内利用者はすでに4500万人を突破。スマートフォンでのコミュニケーションツールの定番となった。

  LINEをきっかけとする事件は昨年から増えており、未成年が被害者になるものが多かった。今年に入ってから起きた事件を見てみよう(カッコ内は報道された月)。

少女買春容疑。塾講師を逮捕(3月)
  ○○○・ ○○○署は、LINEで知り合った中学3年の女子生徒に2万円を渡し、みだらな行為をした疑いで、 ○○○・ ○○○区の学習塾講師を逮捕。

女子高生に淫行。会社員男性を逮捕(3月)
   ○○○署は、県青少年健全育成条例違反で、 ○○○県の会社員を逮捕。LINEで知り合った15歳の女子高生に対して、 ○○○市内のホテルでみだらな行為をした疑い。

高1女子に裸画像送らせた ○○○官 LINE端緒(4月)
   ○○○中央署は、 ○○○官を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで逮捕。LINEで知り合った高校1年の女子生徒に、裸を撮影させて画像を送信させた疑い。

  これらの事件は、いずれも未成年者が被害者になったものだ。淫行や援助交際、画像送信などで、大人が未成年者に被害を与えている。中高校生の利用者が多いLINEを狙って、大人が起こした事件といえるだろう。

  これとは逆に、未成年者が加害者になった例もある。
LINEで「美人局」、少年少女4人が恐喝容疑(4月)
   ○○○中央署は14~16歳の少年、少女計4人を恐喝容疑で逮捕。女子中学生がLINEで知り合った男性を呼び出し、殴る蹴るの暴行を加えて、現金約6万円入りの財布を脅し取った疑い。

  LINEで知り合った男性を呼び出し、暴行を加える「美人局」の事件だった。14~16歳の少年・少女が加害者であることから、全国ニュースでも報道された。また未成年者ではないが、同様の恐喝容疑の事件も起きている。


LINEで知り合った女に誘い出されて暴行を受ける(4月)
   ○○○市の男性が、LINEで知り合った女に誘い出され、男3人に羽交い締めにされ殴られた。加害者である男女4人は、携帯電話を奪って逃走した。

 

  上の ○○○の事件と同じように、犯人グループの1人である女性が被害者を呼び出して、お金を巻き上げる手口だ。LINEを出会い系の連絡手段として使う人が増えているため、このような事件が起きていると思われる。

 

犯罪トラブル 解決・相談

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

取り込み詐欺 一般家庭への乗っ取り行為 

取り込み詐欺 一般家庭への乗っ取り行為 

大阪 京都 神戸 岡山 広島

一般家庭でも、乗っ取り、取り込み詐欺はあります。当社で扱った案件では、現金2,000万円とマンションを取られかけていた案件がありました。
 

 尼崎連続変死 ○○○さん殺人・監禁容疑、親族ら4人を再逮捕

 ○○県尼崎市の連続変死・行方不明事件で、○○県警は3日午前、昨年10月に○○市内の民家の床下から遺体で見つかった○○○○さん(29)に対する殺人と監禁の疑いで、○○さんの夫、○○○○被告(43)=別の殺人罪で起訴=ら4人を再逮捕した。主犯格とされる○○○○○元被告(64)=昨年12月に自殺=の義理のいとこ、○○○○正則被告(38)=同=ら残る3人も午後に再逮捕する方針。

 ほかに再逮捕されたのは、○○○さんの実妹で○○○元被告の義理の娘、○○(27)▽○○○元被告の義妹、○○○(59)▽○○○元被告の養子、○○○(30)の3被告。県警によると、○○○容疑者は「自分から監禁、暴行はしていない」と容疑を一部否認。残る3人は「間違いない」と認めているという。

 再逮捕容疑は、平成20年7月ごろ以降、同居していた○○市内の○○○○元被告の自宅マンションで、○○○さんを監禁。暴行や飲食制限などの虐待行為を加え、同年12月ごろに殺害したとしている。

 この様な犯罪はごくまれに発生すると思っている方は多いと思いますが、当社ではこの様な案件は、年に一度は仕事を受けています。もちろん殺人までに至ってないケースですが、ほっとけばこのような事態になってもおかしくないような案件ばかりです。


 この様な事件に巻き込まれてしまっては、誰にも相談できないような状況に陥ってしまいますが勇気を出して私どもに相談くださいあなたの力になります。


犯罪トラブル解決

トラブル解決のアイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 神戸

犯罪者に法律は通用するか

犯罪者に法律は通用するか

大阪 京都 神戸 岡山 広島

「犯罪者に法律が通用するか」

 この議論をしたのは先週の金曜日、弁護士と食事をしたとき出た話題です。結論として通用しない面が多い。との意見に落ち着きました。これは、犯罪に対して法律は適応するが、個人の悩み、苦しみにはまったく意味をなさないことが今まで多く経験したそうです。そもそも法律は、問題、トラブルが発生したときに、どう判断をするかということを、あらかじめ取り決めをしたものという考えだそうです。

 悩み解決、トラブル解決という「解決」というより「処理」という様に法律を利用すべきだという考えの弁護士でした。私もその考えは同意でき、そのように感じていました。彼が言うには法律は、利用方法は限られているが、無知な人の味方をすることは難しい面がある。

 「悩みを解決」、「トラブル解決」には、あらゆる専門家とともに行うのが効率的だと言ってました。それは、法律家といえども何の情報もなく戦っても勝てる気がしないことがあるということと、もともと弁護士には強制力という権限がないので仮に裁判で買ったとしても、相手から強制的に金銭を回収できないという現実があり、回収できないということはたびたび起こってしまうのです。

 それでは、犯罪者相手に弁護士をどのように利用するのが良いかですが、弁護士は法廷の代理と代理交渉とアドバイス、助言を求めるには最適な職業の方だと思いいますし、そのための資格と考えてほしいと言っていました。実際どんな職業の人より法律を勉強している人たちが弁護士になっているのです。当社に相談にみえる方の中には、警察、弁護士はあてにならないといわれる方がいますが、本当はあなたが、無知だからですよと言ってます。警察、弁護士その他士業の方々はその資格の中で最大限いろいろな対策を考えてくれますが、当然のように制約の中での話と考えてください。

 悩み解決、トラブル解決には、あらゆる専門家を要して対応することで様々な状況に対応出来る様になるのです。法律家には法律面での力を借り、その他の専門家にもそれぞれの力を借りることが、解決への近道となるのです。


犯罪トラブル解決なら

アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島



犯罪の国際化 誰でも犯罪の被害者になる

犯罪の国際化 誰でも犯罪の被害者になる

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 

米連邦捜査局(FBI)は、インターネット上でクレジットカード情報を盗んだり、盗んだ情報を売買したりした容疑で、日米欧の8カ国で24人を逮捕したと発表
した。捜査は2年間にわたり、犯行を確認するための「おとりサイト」も開設。最終的に13カ国の当局が協力する大掛かりな摘発となった。
  
 発表によると、FBIは2010年6月、盗んだカード情報の売買などができると見せかけたサイトを開設。先月閉鎖するまで、サイト上に残された発言やメッセージなどを監視、記録した。
  
 日本で逮捕された23歳の容疑者は、119件のカード情報をタブレット型多機能情報端末「iPad(アイパッド)2」3台と交換。アイパッドの送り先を日本に指定していた。禁錮10年の容疑に相当するという。身柄を拘束した警視庁によると、この人物は東京都立川市在住のシンガポール人の男とのこと。

  この様に犯罪者はあらゆる手段を考え、普通に生活をしている人をも、ターゲットとして金銭を奪っていきます。いつ何時災難が降りかかるかは誰気もわかりません。またいくら気を付けていても犯罪を防ぐことは不可能と考えてもいいのです。貴方を狙う人間はあらゆる手段を講じて、落とし込みます。

 

犯罪被害にあったら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

盗聴 盗撮の目的 犯人捜し

盗聴 盗撮の目的 犯人捜し 

 

 大阪 京都 神戸 岡山 広島

盗聴の目的

 

 

相手の情報がほしいとき。

   

  これは、対象者と敵対している相手を盗聴して情報を必要としている場合と、ただ単に興味本位で相手をのことが知りたいだけというものがあります。

 

  ここで問題が大きく発展する場合は前者のほうで企業などでの情報漏えいは取り返しのつかないことになりまた損害が発生することもあります。具体的には、取引先への、発注単価を盗聴やその他の情報収集により、競合した場合にすべて仕事をとられたりしたケースがありました。

 

  このように盗聴は、情報収集の手段の一つとして考えていいのです。兵法として、相手の情報を入手すると戦略を立てやすくなるのです。

  また、離婚を考えているパートナーが相手の弱みを握るために盗聴器を仕掛けている場合、これも致命的な情報をとられた場合には取り返しのつかない結果をもたらしてしまいます。

 

 

盗撮の目的


 これも相手に情報がほしいときというのが当てはまりますが、それ以外のケースもあります。


  例えば 、当社の扱った案件では次のようなことがありました。

 

  スーパーの女性トイレに盗聴器を仕掛けていたケースです。これは顧客からの依頼でした。すぐに店に言わなかったのが幸いし犯人を特定することができたのですが、犯人はそのスーパーの店長でした。店長なら女性トイレに入って、掃除の点検をするのでそんなことができたのです。

 

 

盗聴、盗撮発見、犯人探しなら


アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

 

大阪 京都 神戸 岡山 広島

犯罪被害解決

犯罪被害をどう防ぐか

 大阪 京都 神戸 岡山 広島

 

東京メトロ副都心線の駅構内で、所沢市の新聞販売店の男性従業員(53)が刃物で刺された事件で、殺人未遂容疑で

逮捕されたアルバイト、男性容疑者(32)朝霞市が「身を守るために普段からナイフを持ち歩いていた」と供述していること

が捜査関係者への取材で分かったらしい。上記容疑者自宅から事件に使われたとされるサバイバルナイフ(刃渡り約30

センチ)を押収しており銃刀法違反容疑でも調べるとのこと。

 捜査関係者によると、押収されたナイフはさやに入った状
態で見つかった。片側に刻みがあるタイプで渡辺容疑者は

 「今年1月に購入した」と説明。ナイフには血痕などは確認できなかった。これまでの調べでは、同容疑者が事件直後、渋

谷駅のトイレに立ち寄ったことが分かっており、そこで血液を拭き取ったとみている。捜査1課はナイフを鑑定して凶器の特

定を急ぐとともに、入手した経緯などを追及する。

 

 そこで私が怖いと感じたことは、普段から護身用としてそなナイフを持ち歩いている事である。何を思ってそんな人を殺

すことのできるナイフを常に持ち歩いていたか、護身用とはいえ身の危険を感じるようなことがあったのかなどは気にな

る。

 

 

 私の経験上、そんなことをしでかす人の特徴として、目が 落ち着きがなく、「目が泳ぐといった」傾向がみられるような

 気がする。私なりの分析では、精神が不安定な状態の人が何かのきっかけでこんな犯罪を犯してしまっているような気

 がする。

 

 犯罪被害を避けるなら、その様な人を避けるるしかないのかもしれない。

 

 

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

犯罪被害 後悔しない対応

犯罪被害 後悔しない対応

 

大阪 京都 神戸 岡山 広島


 

 京都祇園車暴走事故で一部のマスコミが警察の対応について批判していました。事故当日に懇親会をした

と、しょうもないことを取り上げてニュースに流してるもんだと思いました。

 

 このように事件になってしまったあとでは、警察の対応よりも、再発防止対応、人権問題の配慮を考えた報道

を期待してました。

 

犯罪被害者、犯罪加害者双方どちらになっても大変です。当然被害者、加害者にならないようにするのが

 

重要なことですが、事後の対応は必ず必要となります。

 

 

犯罪被害解決なら

 

アイ総合コンサルタント 

犯罪被害解決ダイヤル 086-226-1099 

大阪 京都 神戸 岡山 広島


横領 犯罪トラブル回避 犯罪トラブル解決

横領 犯罪トラブル回避 犯罪トラブル解決

 

大阪/兵庫/神戸/京都/岡山/広島

 

単純横領罪(刑法252条)

 

自己の占有する他人の物を横領した者は、五年以下の懲役に処する。
自己の物であっても、公務所から保管を命ぜられた場合において、これを横領した者も、前項と同様とする。

 

業務上横領罪(刑法253条)

 

業務上自己の占有する他人の物を横領した者は、十年以下の懲役に処する。

 

遺失物等横領罪(刑法254条)

 

遺失物、漂流物その他占有を離れた他人の物を横領した者は、一年以下の懲役又は十万円以下の罰金若しくは科料に処する。

 

心無いものはこの様なことを、罪悪感も感じず、してしまうことがあります。適切な対応が必要となります。そう感じたらご相談ください。

 

 

 

横領トラブル解決ならアイ総合コンサルタント

横領のトラブル解決ダイヤル

0120-007-808

大阪/兵庫/神戸/京都/岡山/広島

大阪は殺害統計全国1位 犯罪被害救済


大阪は殺害統計全国1位 犯罪被害救済


都道府県別殺害統計を見ると大阪が1位で10万人あたり毎年0.8人が殺害されていることになる。大阪は犯罪が多いことで知られており、今回もそれを証明する結果となったようだ。2位には沖縄県が入っている。本土よりも高い失業率など犯罪を誘発しやすい状況を作り上げている要素の一つとして米軍の存在も考えられる。
香川県が3位に入っているが、あまり犯罪のイメージがないところだっただけに興味深い。特定の事件による影響かと思ったが、この10年間の死亡者数は7人→4人→10人→9人→5人→7人→7人→7人→9人→10人と推移しており関係はないようだ。

全般的に西日本の方が密度が高い。特に瀬戸内海周縁部で高くなっている。西日本は生活保護受給世帯の割合が高いなど低所得者層が多く、経済的理由により高い殺人率に結びついている可能性があるかもしれない。

 

 

犯罪被害解決ならアイ総合コンサルタント

犯罪被害解決ダイヤル

0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

犯罪被害者の救援 

犯罪被害者の救援

「岡山駅構内突き落し事件」「通り魔殺人」を始めとする悲惨な犯罪事件は絶える事がありません。家族がこの様な犯罪事件に巻き込まれて死亡あるいは就業不能な状態になると、経済的な損失も大きい上に精神的苦痛は計り知れないものがあります。犯罪の被害者には、犯罪加害者に対して損害賠償を求める権利があるのは当然のことであると当社は考えております。今までは個人で民事訴訟を起こすのも簡単な話ではなかったのが現状です。裁判に必要な証拠収集、資料収集の手間とコストは非常に高く経済的な苦境に陥りやすい犯罪被害者やその遺族にとって、そのコストが民事裁判の障害になっているのも事実です

当社では、そのような犯罪被害者の救援のために、2007年に「損害賠償命令制度」が制定されたことを受け犯罪被害者の救援を手助けしています。「損害賠償命令制度」は、刑事裁判中に被害者が申し立てれば、刑事裁判の有罪判決後、同じ裁判官が損害賠償の審理をして、賠償額を決める制度である。対象は故意犯による殺人や傷害、強姦や誘拐などに限られるが、複雑でない事件ならその日の内に審理が終わるという制度により、民事訴訟の負担は軽減された。

 

犯罪被害者の救援

犯罪被害の救援には、犯罪被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。私どもアイ総合コンサルタントでは、さまざまな犯罪被害者からの相談をうけ解決してきました。「泣きな入りはできない」など悲痛な叫びを聞き犯罪被害の解決をしてきました。泣き寝入りせず犯罪と立ち向かいたい方は、アイ総合コンサルタントにご相談ください。きっと私どもがあなたの力になります。

 

 

犯罪被害者の救援

アイ総合コンサルタント

犯罪被害者救援ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島


大阪 トラブル相談  大阪 盗聴相談 大阪 脅迫相談