クレーマー対策・相談 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

生活切迫型パートママ クレーマー

 

生活切迫型パートママ


 既に子育てを経験している、経済的な余裕はないが教育ママ度はそれなりに高い、パート勤務の母親が、学校、社会への信頼度の低さにおいていずれも突出した数値を示すことを明らかにしている。


 その他、地域の人間関係が希薄になった結果、かつては地域社会が緩衝材となっていた個々の親の不満が直接学校、企業に持ち込まれるようになった状況も背景にあるのではないかという意見も多い。


 生活苦などは、慢性的ストレスの原因となり、学校、企業への悪質なクレームとつながっている。


「ファッションセンターしまむら土下座事件」、「大阪コンビニ脅迫事件」などは、明らかに裕福と言えない人たちの犯行である。


 ここで勘違いしないで欲しいのが、裕福でない人が悪質クレーマーになるわけではない。もちろん裕福な人でも悪質なクレーマーになってしまうことこともあえう。あくまで統計的なことを言っている。


 ここ様な、悪質クレーマーは、企業や、学校の営業を妨げている。もちろん医療関係でのトラブルも常時起こしている。



 ここで重要なことは、なぜクレームを受けているかに注目するかである。


この様な悪質なクレーマーは、クレームをつけているときに立場が、強い立場いいると思ってあらゆることを主張しているのである。


 当然、初期対応が十分であれば、大きな問題に発展する可能性が低くなるのである。あくしなクレーマーといえども企業にとっては客であり、病院にとっては患者であり、学校にとっては保護者なのだから。


モンスターペアレント  モンスターチルドレン

モンスターペアレント  モンスターチルドレン



上記に分類される人は様々な問題やトラブルを巻き起こしています。



モンスターペアレント


モンスターペアレント、またはモンスターペアレンツとは、学校などに対して自己中心的かつ理不尽な要求をする親を意味する。元小学校教諭の向山洋一が命名したとされる。略してモンペア、モンペ ともいう。


 基本的には直接教員にクレームを行うが、校長、教育委員会、自治体などより権限の強い部署にクレームを持ち込んで、間接的に現場の教員や学校に圧力をかけるという形式も増えている。日本では、2008年には同名のテレビドラマが制作されるなど話題となった。さらにはモンスターペアレントの子供がモンスターチルドレンやモンスター大学生となるなど新たな問題を起こしている。

なお、要求を繰り返すことがあっても、当該の要求が常識の範囲内にあり、かつしかるべき理由を明示してくる場合は「モンスターペアレント」とは呼称されない。


モンスターチルドレン


モンスターチルドレンとは、

学校や教員に対して、狡猾に反抗する子供を指す和製英語である。モンスターペアレントからの派生語。従来の反抗が、反抗期を迎えた小学校高学年・中学生・高校生に多く見られたのに対し、小学校低学年から頻繁に見られるのが特徴である。

日本のみならず、ドイツでも問題行動を持つ子どもが増加しており、学習障害や学級崩壊の引き金となることが話題となり、ミヒャエル・ヴィンターホフが著書で問題提議している



クレーマー

 

クレーマー


クレーマーの種類


性格的問題クレーマー

精神的クレーマー

常習的悪質クレーマー

反社会的悪質クレーマー 




クレーマー問題


 クレーマー問題が日本国内で広く一般に知られたのは、1999年に発生した東芝クレーマー事件である。同事件では報道を見た一般の視聴者に「要求者=クレーマー」ではなく、「理不尽な要求をも辞さない請求者」であると認識させてしまった。なお「クレーマー=理不尽な請求者」という認識は、東芝側の通常対応不能な総会屋などを主に担当する「渉外監理室(警察OBなどからなる)」という部署の担当者による発言の中にみられ、同担当者の認識がそのような形であったとみられている。これに関しては報道側の取り上げ方にも問題があったと思われるが、この録音の一部がテレビでも放送され、視聴者が威圧的な態度の東芝担当者側の横柄な態度が感じられる声に反発、同社への非難や不買運動に走った点も問題視されている。また同事件では、関係者らの応酬で常識から逸脱した対応が行われたとする報道も見られ、今日でも「ごね得(しつこく要求を繰り返せば、少々の無茶も通る・大企業をも屈服させられる)」といった認識を世間に与えてしまった感も否めない。同事件報道以降、暫くは消費者による「インターネット上のウェブサイトで企業を告発する」という活動が目立つようになり、この中には多額の金銭を要求するものや関係者を論う(消費者側の不利な情報は伏せて、企業側の欠点を並べ立てるなど)ケースも発生、逆に名誉毀損で訴えられたサイト設置者も見られた。


 しかしその一方で、一見不当と思われる請求にも、よくよく話を聞けば、少なくとも請求者自身はもとより、企業側でも妥当だと考える妥協点が存在すると共に、それらの人々が発見し、また一般にはまだ表面化していない製品の問題点に関する情報が含まれるとみなされるようになってきている。一概にクレーマー(不当な請求者)であると無下に扱わず、責任の取れる担当者がきちんと対応することで、消費者の視点ではかろうじて問題提起できるが、メーカー側には全く見えていなかったビジネスチャンスが発見できると考える人もある。

モンスター クレーマー対策

モンスタークレーマー対策

 

大阪 京都 神戸 岡山 広島


モンスタークレーマーの標的は企業だけではない。

 

 「被害」はいまや自治体や国の機関、学校、病院、さらには芸能人や政治家といった個人にまで広がっている。また、「クレーム慣れ」しているはずの企業でも、消費者相談室などの専門部署ではなく現場の個人が標的になることがある。誰もがクレーマー被害に遭う危険があるのだ.今の学校の混乱もモンスター・クレーマーが一役買っている。


  常軌を逸したクレーム電話が続いたり、ネット上の誹謗中傷がやまなかったりしたときは、偽計業務妨害罪(刑法233条)にあたるケースもあるので刑事告訴といった対応も可能である。ただ、弁護士に相談しても、弁護士は告訴や損害賠償といった法的解決を想定出来るのは、それはそのうちごく一部。

 

 モンスタークレーマーの対応をしても良いのは、訓練を受けた職員と、もしくは専門家の第三者がよいのはモンスタークレーマーの対応をした人ならだれでも知っていると思う。


 クレーム対応のセミナーを事業所ごと、企業ごとに行ったきました。やはり個別の対応を個別に指導するほうが、即クレーマーに対応でき之ので好評です。

 

 

 クレーム対応のセミナー、個別指導なら当社のお任せください。あなたの知まらになります。




モンスター・クレーマー対策なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島

 

クレーマー対策 お客様とクレーマー

クレーマー対策

 

クレーマー対策 お客様とクレーマー

大阪 京都 神戸 岡山 広島

お客様 いいえ違います クレーマーとお客様は違うのです。

どこが違うのか、お客様は、お客様に迷惑をかけません。しかしクレーマーはあなたの大切なお客様に迷惑をかけるのです。

クレーマーとお酌様の違いを明確にするのた大変困難で、クレームは大切な経営資源で、無下にできないのは夕までもないのです。


 こんな記事を見かけました。

 

○○○○店員に「土下座」強要 非難殺到、炎上騒ぎ


 衣料品チェーン「ファッションセンター○○○○」の女性店員に土下座させ、その姿をツイッター上で公開した女性に批判が殺到している。


実名公開「土下座させるお客様凄い凄過ぎる」

 投稿者は9月3日、○○○○○○○○の「○○○○苗穂店」で撮影した画像をツイッター上に複数回アップした。そこに写るのは、売り場の床に正座し、手を膝の付近であわせて深々と頭を下げる2人の女性店員だ。

 

 ツイートはほぼ同じ文面だが、いずれも「店長代理○○と平社員○○」と実名まで晒している。

 

 土下座の理由については「従業員の商品管理の悪さの為に客に損害を与えた」とコメントしているのみで、具体的な問題には触れていない。

 

投稿者と店側の間に何があったのかは分からないが、土下座の強要、「土下座させるお客様凄い凄過ぎる怖い怖過ぎる」というコメント、さらに撮影してネット上に公開する行為は、多くの人の反感を買った。

 

関連スレッドが複数たち、炎上騒ぎに発展した。

 

 「理由はどうあれ、これは笑えないし不快」「土下座姿ってプライドを捨てた必死の謝罪なのに、それを嘲笑して晒しものにする行為は許せないわ」「こいつは客としての一線を超えた」「あーあー、名前まで出しちゃって。裁判なったら負けるよこの『お客様』」など多くの批判コメントがあがった。

 

 写真右端に子供の靴が写りこんでいることも「その場で見てた子供かわいそう」と、ネット民を怒らせる要因となったようだ。


 こんなクレームの付け方は、お客様といえること自体無理な話、企業はこのようなことには逃げ腰になるが、あえてこのクレーマーきついお返しをしてもらいたいものです。


 まだまだ被害が出るだろうな。

 

 企業側はこの対応どう考えているのだろうか。クレームは一時的と考え嵐がとうりすぎるのを待つだけでしょうか。

 

 お客様の考え方を企業側も考えて見たらどうかと思います。実際に当社がコンサルタントに入って、お客様と、クレーマーは別と考えるよう指導しています。

 

 お客様に迷惑をかけるのがクレーマーなのです。

 

 話せばわかるといった考え方もあるのですが、実際の現場ではそんなこと現実にありえないことは誰でも承知しています。人間は考え方の基本的なことが違えば分かり合うことに時間がかかりすぎます。そんなことでは時間の無駄と思います。

 

 


トラブル 解決の アイ総合コンサルタント

 

相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島

クレーマー対策 クレーマー解決

クレーマー対策     大阪/兵庫/神戸/京都/岡山/広島

 

クレーマー対策 

「悪質クレーマー」「モンスタークレーマー」会社、学校、病院、個人を標的に暴れまわっている現在クレーマーは誰も無視をできない存在となっている。

 企業や公的機関へのゆきすぎたクレーム行動が一般に広く日本で問題視されるようになったのは約15年ほど前からのこと。
 

 本来正当なクレームは、企業経営を改善し活性化するための重要な情報源となるというのが一般的であるが。ところが、客観的見て正当とはいえない悪質なクレームが増え始めた。ここ数年では、インターネットを最大限活用して苦情の中身を社会に広めようとするクレーマーが出現している。こうした事態への対処に企業でさえ頭を抱えているのに個人では到底対 しきれない。
 

 製品の不具合、サービス不良などを理由に企業へ因縁をつけ金銭を要求するタイプの悪質クレーマーは存在したが、いわば恐喝的な目的を持ったクレーマーと言える。現在も多く存在する。
 

 現在問題なのは、製品の不具合など苦情の入り口は同じでも、そこから非難の方向を変えて、企業の社会的姿勢などを声高に追及するタイプのクレーマーである。苦情の前提と要求の内容には著しい差があっり、苦情の相談がなかったりするからモンスタークレーマーといってもいい。背景に「我こそは正義」という思い込みがあるため、大変対応しにくい相手であるし、また長期化する傾向にある。

金銭目的の恐喝クレーマーの場合、直接的には金銭を要求していなくても、クレームの内容はわかりやすい。

 

これに対して、最近増えてきているモンスタークレーマーは、正義を主張しても意味不明、自己陶酔や憂さ晴らしといった、別の動機によって行動しているように思える。彼らモンスタークレーマーに金銭の提供を申し出たりすると、逆に相手の態度を硬化させ、問題を長引かせるケースも少なくない。当事者では対応しにくい相手と言える。 モンスタークレーマーの標的は企業だけではない。"クレーム被害"はいまや自治体や国の機関、学校、病院、さらには芸能人や政治家といった個人にまで広がっている。誰もがクレーマー被害に遭う危険があるのだ。

 個人的な見解だが、批判を受けるのを承知で言わせてもらうと、クレーマーの一部は発達障害を抱えている人たちの中のごく一部の人たちの行動のように思えてならない。これはクレーマー対応をとってみて感じたことですべてのことに当てはまっているわけではない。


 当社ではこの様な問題を解決するべく、研修会や実際にクレーム対応を行っているので、相談ください。

 

クレーマーのトラブル解決なら アイ総合コンサルタント

クレーマーのトラブル解決ダイヤル

0120-007-808

大阪/兵庫/神戸/京都/岡山/広島


クレーマー恐喝の狙いは中小零細企業

クレーマー恐喝の狙いは中小零細企業

大阪神戸京都で頻発

商品にクレームをつけて現金を脅し取ったとして恐喝の疑いで、会社員を逮捕。

同容疑者はクレームをつけた会社の名刺やわび状を保管しており、28都道府県で100件以上の余罪がある

とみている。調べでは、2つの和菓子店に「買った菓子に髪の毛が入っていた。店まで行ったタクシー代を出

せ」などと言い、計2万5000円を脅し取った疑い。「相手が善意で持ってきた」と容疑を否認しているという。

 

この様にクレーマー恐喝を考える輩がターゲットに選んでいたのは大企業ではなく、中小零細企業または個人商店などの規模の小さな所ばかりだったそうです。大企業や一部の法人は危機管理、安全管理、法務、などのリスク管理が整っているので避けるのが得策と考えているのです。 組織的弱者にのみ言い掛かりをつけていたのですから、ある意味、凄くたちが悪い上警察の手が及ばなうよう十分に考えています。また一回の金額が少ないのも特徴ですが、それは最初のうちだけで、そのうち何百万円もの要求が始まります。

 

この様にクレーマーなどに困らされている方は当社に相談ください。クレーマーの撃退をします。

 

クレーマーのトラブル解決なら アイ総合コンサルタント

クレーマーのトラブル解決ダイヤル

0120-007-808

大阪/兵庫/神戸/京都/岡山/広島