いじめ解決・相談 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

なくならない小児の自殺

一向になくならない小児の自殺 


いじめで自殺をする子供が依然と多い原因を十分に精査し対策を取ろうとしてないことに問題がある。



マスコミの報道は特に問題がある。

下記の様な報道をマスコミはいまだにしている。

 学校のいじめの把握はほぼ不可能なことで、いじめを子供は隠そうとしているため学校では子供のいじめの把握はできないと考えるべき、また親が子供のいじめを把握することも不可能と考えてよい、子供は親に心配をかけまいと親に相談をすることはまずない。

 しかしながら、子供のいじめに親が把握できないことを学校に求めても無駄と思えるのは私だけではないように思える。



直前のアンケートでいじめ訴える 


 沖縄県で昨年10月、小学4年生の男児が首をつって自殺していたことがわかった。

 男児は直前に行われた学校のアンケートで「いじめられている」と訴えていたということだが。市教委は、いじめの有無や自殺との関係を調査している。

  市教委や関係者らによると、秋季休暇中だった昨年10月中旬の夜、男児が自分の部屋で首をつっているのを母親が見つけ、病院に搬送されたが1週間後に死亡した。遺書はなかったが、男児が自殺を図った後、9月末に学校が行ったいじめに関する無記名のアンケートで、男児のものとみられる回答に「毎日いじめられている。転校も考えている」との記述があったことが判明。学校側は両親に「自殺を図るまでアンケートの内容に気づいていなかった」と説明しているという。

  市教委が昨年11月に立ち上げた第三者委員会も調査中。男児の父親は取材に「息子はSOSを出していた。なぜ気づかなかったのか、学校や市教委は真相を究明してほしい」と話している。


 「子供のいじめ」でだれの責任かということは重要ではありません。そのことをほっとくことによっていじめの悪質化、中途半端な対応で陰湿化と、真剣に対応をしなくては、最悪な場合自殺を選択してしまう子供がいるのも皆さんが知っているところです。

 ニュースでは学校の対応などと言っていますが、学校の責任、他人の責任にしているようでは何も解決できません。

まず親である貴方がどれだけのことをできるかが子供のいじめの解決には一番重要なことです。

児童虐待

児童虐待


児童虐待とは、児童に対して虐待を加える行為である。

  児童虐待防止法では、「児童虐待」を、「保護者(親権を行う者、未成年後見人その他の者で、児童を現に監護するものをいう)がその監護する児童(18歳に満たない者)に対し、次に掲げる行為をすること」とし、以下の行為を列挙している(2条)。

児童の身体に外傷が生じ、又は生じるおそれのある暴行を加えること。

児童にわいせつな行為をすること又は児童をしてわいせつな行為をさせること。

児童の心身の正常な発達を妨げるような著しい減食又は長時間の放置 いわゆる「ネグレクト(育児放棄、育児怠慢、監護放棄)」と呼ばれていることであり、児童の心身の正常な発達を妨げるような著しい減食、もしくは長時間の放置その他の保護者としての監護を著しく怠ること

 児童に対する著しい暴言又は著しく拒絶的な対応 いわゆる「心理的虐待」のことで、児童に対して心理的な後遺症が残るほどの言葉の暴力、極端な恫喝を行うこと、また、無視しつづけること、


 預かっていた女の子が高熱を出したにもかかわらず、放置して死なせたとして保育施設の元従業員3人が逮捕された事件で、死亡した女の子の顔にあざがあったことが分かり、警察が捜査しています。

  宇都宮市の認可外保育施設「託児室といず」の元責任者・木村久美子容疑者(58)ら3人は去年、当時9カ月の山口愛美利ちゃんが高熱を出したにもかかわらず、病院などに連れて行かず、そのまま放置して死なせた疑いが持たれています。その後の警察への取材で、死亡した愛美利ちゃんの目の周りには、殴られるなどしてできたとみられるあざがあったことが分かりました。当時、施設では、愛美利ちゃん1人が預けられていたとみられます。警察は、あざができた経緯や当時の保育の実態について慎重に調べています。

ネットさらし

ネットさらし


晒し(さらし)とは、公開されていない情報を本人の意思に反して電子掲示板などで広く公開することである。暴露ウイルスなどによって行われる機械的なものの他に、恨みを持った人などによる意図的なものも存在する。 また、既に公開されている情報(特定のWebページのURLなど)であっても、本人の意思に反して無関係なところで広く公開されることもそう呼ばれることもあるが、これは間違いである。

なぜなら*Webページは既に公開されている情報であり、そのURLを公開したからといって公開されている状態に何の変化も無い。あえて言うなら既に晒されているわけであり、それを広く公開したとしても晒しには当たらない。


川崎市の中学1年が殺害された事件で、逮捕された容疑者3人を特定し、「私刑」まがいの動きがネットで行われている。

容疑者はいずれも未成年のため、警察発表や報道では実名などすべての個人情報が伏せられているが、

「絶対に許すなよ」「再起不能に!」などとして、顔写真や住所を晒しあげる投稿が相次ぎ、矛先は家族にまで及んでいる。

 

警察はこうした情報を一切公表していないが、逮捕前から「こいつらしい」とまことしやかに拡散され続けていた。逮捕された3人のうち、全員ではないものの一部の年齢が一致したことでさらに盛り上がり、

「世間が忘れても、地獄の果てまで追い詰めてやる」
 「犯罪の抑止の観点から遠慮なく貼らせて頂きますね 」
 「犯人はこいつらだ。絶対に許すなよ」

などと投稿する人は後を絶たない。さらに、容疑者の家族とされる人物の顔写真を投稿したり、自宅とみられる場所まで行って動画を撮影、 配信したりする人まで現れた。

子供のいじめ原因

いじめの原因

 

 大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

ここではあえて批判を覚悟で書くこととします。

 

子供のいじめ問題の相談を受けると、よく誰が悪いなどという話が出てきます。だれの責任でいじめが起きているか解決の上で一番重要なことです。

  もちろんいじめる相手は、悪いのは当たり前ですが「学校の対応が悪い」、「先生が悪い」などといって怒っている親が多いことに驚きます。

  子供の異変に気付かない親が、いじめ問題の中で一番の問題で、私は、「あなたみたいな親に育てられたからいじめられるのですよ」と言ってあげます。私に言われてすぐ、理解できればまだ子供のいじめ問題は解決に向かいますが、理解できなければあなたの子供は社会人になってもいじめられ、ついには自分の居場所がなくなってしまいます。

 子供のいじめSOSシグナルに気が付き対応できることが重要なのです。

  「子供を守れない親」このことが一番問題で、学校先生の責任にしても何の解決にもならないのは分かっているのに他人のせいにしているから解決でいないのです。自分の子供なら親が責任をもって守ってやらないとと思います。過保護にならない程度にということが条件です。


子供のいじめを解決しようと思う方は、当社に相談ください。当事者だけでは対応しきれないとお考えなら力になります。



子供にいじめ解決なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

いじめの対応 いじめ問題解決

いじめの対応 いじめ問題解決


 

大阪 京都 神戸 岡山 広島


 大人がいじめにあっている場合と子供がいじめにあっている場合では、「いじめ対策」「いじめ解決」のアプローチの仕方が全く違ってきます。また大人が子供を「いじめている場合」虐待も対処方法が違ってきます.大人のいじめと子供のいじめは何が違うのかと問われても基本的な違いはないのですが」、対応は大きな違いがあります。

 

 子供同士のいじめの場合

 

  周りの大人の対応が最も重要になってきます。なぜなら子供では虐めの対応が出来ないのが当たり前のことだからです。子供は通常親の悲しむ顔を見たくないため、苛めを隠してしまう傾向があるからです。

  また現在に子供は、極端に仲間外れを嫌がることも覚えておく必要があるでしょう。この「仲間はずれを」どうするのかが重要です。

 

 

大人のいじめの場合

 

 

 状況、経緯、カウンセリングなどの十分な準備をして対応を考えていかないといけないケースが多く、対応を間違えると問題が長期化する傾向があります。ひきこもりの原因となることが多くあります。

  また、子供のいじめに比べ比較的根が深いことが多く、「いじめ」の中には様々な要素が含まれていることが多くあります。

  大人のいじめ、子供のいじめ共に解決に向けての共通点としては、当事者自身、子供の場合周りの大人が、一生懸命対応することが重要なことで、他人のせいにしたり、自分の責任と思い悔やんでも解決できません。そのようなときには当社に相談下さい。貴方の力になります。



いじめの対応なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島

結婚詐欺 結婚詐欺師の手口 

結婚詐欺 結婚詐欺師の手口 


大阪 京都 神戸 岡山 広島

 結婚詐欺 恋愛詐欺


 当社の扱った結婚詐欺、恋愛詐欺の一例を今回紹介します。


 私の知り合いから、相談に乗ってあげてと言われ、その紹介者が、その被害者をオフィスに連れてきたのが始まりでした。金額にして200万円ぐらい貸している相手がいるがどうも信用できないという内容でした。


 やはり、現状把握から始めました。案の定、彼は仕事もせず6人の女性の家を泊まり歩く日々を送っていました。私は、初めからどうやら彼は、他にも女性がいると考えていたので、その様な内容で最初から仕事を受けていたのです。


 その詐欺師は、6人の女性の内、3人に子供を産ませていました。その女性の家を出るとき、子供が出てきて、その詐欺師を送ったのを見てしまったのです。


 女性からせしめて金額は、1億円を超えていたようです。私どものクライアントが被害金額が一番少なかったのです。しかし金額の大小ではなく、信用を裏切られたことが、詐欺の一番の問題です。


 また、なぜ1億円もの被害金額になったかというと、毎月少しの金額と言っても、一人あらり6万円前後の金額を全員からもらっていたのです。これを何年にもわたればかなりの金額になる上、年に数回、あらるるイベントを考えまとまったお金を要求していたようです。


 私は彼をうらやましいとは思えませんでした。たかりで得た金を使っている自分を考えてみると、みじめま気持になったからです。


 当然、クライアントの要望をかなえ、その詐欺師には、血のション便が出るような思いをしてもらいました。


 パートナーに不信を感じたら、当社に相談ください。貴方の力になります。



結婚詐欺 恋愛詐欺


犯罪トラブル解決ならアイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島


 

子供のいじめ 敵は子供だけではない

子供のいじめ 敵は子供だけではない
大阪 京都 神戸 岡山 広島


痴漢校長に停職3カ月、教え子へのわいせつに懲戒免職など処分 兵庫県教委
 
 兵庫県教委は26日、教え子に対する強制わいせつ容疑で逮捕された三田市立上野台中学校の教諭の男(45)を懲戒免職、ひき逃げ事故を起こした小野市立小野小学校の男性教諭(34)を停職6カ月、痴漢行為で逮捕された県立尼崎小田高校の男性校長(58)を停職3カ月とするなどの懲戒処分を発表した。

 県教委によると、教諭の男は教え子の中学3年の女子生徒の胸をさわるなどわいせつ行為を繰り返したとして11月に三田署に強制わいせつ容疑で逮捕され、同月、県青少年愛護条例違反罪で神戸簡裁から罰金60万円の略式命令を受けた。

 小野小の男性教諭は10月下旬、大阪市内で追突事故を起こし、そのまま逃走。11月に大阪府警に出頭し、任意で取り調べを受けている。

 尼崎小田高の男性校長は不起訴処分となったが、大阪市内の路上で女子大生の上半身をすれ違いざまに触ったとして12月10日に大阪府迷惑防止条例(痴漢)容疑で府警曽根崎署に逮捕された。

 県教委はこのほか、重傷事故を起こした宝塚市立中学校の男性教諭(49)を12月26日付で減給10分の1(3カ月)とした。

この様に、子供と関わる職業の人でも、子供に対する犯罪加害者になっています。やはり子供のいじめに対しては親が対応するべきです。


虐め解決 イジメ対策

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島 

いじめ対応 学校のいじめ対応

いじめ被害解決 いじめ被害者に退学を求める


大阪 京都 神戸 岡山 広島

  先日、学校関係者からのいじめ対応について相談を受けることになった。学校というところは、教育の現場でありいじめ対応については大変、制約の多い場所で、さらにクレーマーなどの標的になりやすく職員は疲弊しきっている印象を受けました。一般的にトラブルに対応する考え方の講習をし、基本的考え方を話をしてきました。

  学校側のありえない対応

  仙台市の私立高校2年の男子生徒(16)が、同級 生からたばこの火を腕に押しつけられるなどのいじめを受けたとして、仙台東署に被害届を出した。
  同署は傷害事件として捜査を始めた。生徒側によると、傷痕が他の生徒に動揺を与えるとして、学校側から自主退学を求められたという。
 
 男子生徒の母親らによると、生徒は昨年11月頃から、同級生4人にいじめを受け始め、殴る蹴るの暴力を受けたほか、今年5月下旬には、4人のうちの1人から計22回にわたり「根性焼き」と呼ばれるたばこの火を押しつける行為を受けたという。生徒の左腕には今も傷痕が残っている。
 
 生徒と母親は6月に学校に相談したが、いじめは止まらず、担任の前で暴力を受けても、何も対処しなかったとしている。今月3日に学校側と話し合い、同級生らはいじめの一部を認め、生徒に謝罪。その後、生徒部長を務める教諭から口頭で「傷痕が尋常ではなく、ほかの生徒に動揺を与える」などとして退学を求められたという。
 
 学校側は読売新聞の取材に「傷があったことは認識しているが、いじめかどうかについては、事実関係を確認しているところなので答えられない」としている。

  ここで重要となるのが、それぞれの対応となるが、警察の対応は、傷害の被害届を受け付けるかどうか、そして学校側はいじめをどう認識するか、そして最も重要となるのが、いじめの被害者側の対応となる。いじめ被害者側の対応により学校、警察も対応が変わってくるのである。あらゆることを想定し、相手が逃げれない状況を作り追い込んでいく必要がある。特に学校側は、責任から逃げようとします。

 ここで感じたことは、学校の対応で、いじめに対する状況がすぐに変わるということです。学校というより大人でしょうか。

 

いじめ対応の事なら

 

アイ総合コンサルタント

 

相談ダイヤル 0120-007-808

 

大阪 京都 神戸 岡山 広島

子供の自殺真相究明 いじめの結末

子供の自殺真相究明  いじめの結末

大阪 京都 神戸 岡山 広島

  

子供の自殺の原因 多いのはイジメ 

 
 浜松市中区の市立中学2年生の男子生徒(当時13歳)が6月12日に自宅マンション屋上から転落死し、同中の校長が保護者会で「生徒はいじめを受けていた」と発言していたことが分かった。
 
 市教育委員会は11日、いじめの有無を調査する第三者委員会を発足させることを決めた。 静岡県警浜松中央署によると、屋上には生徒の靴跡しかなく、自殺の可能性が高いとみられる。遺書は見つかっていない。
 
 市教委などによると、同中は遺族の要望を踏まえ、いじめを調査。保護者対象のアンケートで複数が「生徒は学習塾帰りにいじめを受けていた」と記述していたため、同中が塾に確認した。校長は6月28日から10日にかけて行った3回の保護者会で生徒のいじめを報告していた。

  この様に子供の自殺の陰には「いじめ」は必ずあるがそのことを証明するには、自殺といじめの因果関係を立証する必要がある。証明するには様々な問題がある。「協力者を得ることが困難」 「学校側はまず協力的な対応は取りにくい」「子供に協力を求めても子供の世界でイジメの被害者になることを恐れて希望を持つのと事体無駄」など様々な障害が出てきます。

 

子供の自殺原因究明のことなら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

いじめ対策 いじめ問題解決

いじめ対策 いじめ問題解決

 

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

大人がいじめにあっている場合と子供がいじめにあっている場合は、「いじめ対策」「いじめ解決」のアプローチの仕方が全く違ってきます。また大人が子供を「いじめている場合」虐待も対処方法が違ってきます。

 

 

子供同士のいじめの場合

 

 周りの大人の対応が最も重要になってきます。なぜなら子供では虐めの対応が出来ないのが当たり前のことだからです。子供は通常、親の悲しむ顔を見たくないため、苛めを隠してしまう傾向があるからです。

 また現在の子供は、極端に仲間外れを嫌がることも覚えておく必要があるでしょう。

 

 

大人のいじめの場合

状況、経緯、カウンセリングなどの十分な準備をして対応を考えていかないといけないケースが多く、対応を間違えると問題が長期化する傾向があります。

 また、子供のいじめに比べ比較的根が深いことが多く、「いじめ」の中には様々な要素が含まれていることが多くあります。

 

 

大人のいじめ、子供のいじめ共に解決に向けての共通点としては、当事者自身、子供の場合周りの大人が、一生懸命対応することが重要なことで、他人のせいにしたり、自分の責任と思い悔やんでも解決できません。そのようなときには当社に相談下さい。

貴方の力になります。

 

 

 

いじめ対策・いじめ解決 トラブル解決なら 

アイ総合コンサルタント

いじめ対策・いじめ解決トラブル解決ダイヤル 

0120-007-808

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

子供のいじめ解決 

子供のいじめ解決 大阪 神戸 京都 兵庫  

子供のいじめ解決

 

 

「子供のいじめ」でだれの責任かということは重要ではありません。そのことをほっとくことによっていじめの悪質化、中途半端な対応で陰湿化と、真剣に対応をしなくては、最悪な場合自殺を選択してしまう子供がいるのも皆さんが知っているところです。ニュースでは学校の対応などと言っていますが、学校の責任、他人の責任にしているようでは何も解決できません。まず親である貴方がどれだけのことをできるかが子供のいじめの解決には一番重要なことです。

 

子供のいじめを解決するなら当社へ相談ください。

 

 

子供のいじめ解決 アイ総合コンサルタント

子供のいじめ解決ダイヤル

0120-007-808

大阪/兵庫/神戸/京都/岡山/広島