医療機関のトラブル解決 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

医療従事者も麻薬使用容疑

医療従事者も麻薬使用容疑

逮捕医師と同じ所属科

医療の世界において厳しい競争時代に突入しました。
そんな時代だからこそ地域に根付いた医療機関として発展を続けるには、まず強固な経営体質を築くことが求められます。
 弊社の考える解決策としてはその第一歩が収益力の向上です。

コストを効率化し、適正な売り上げを確保することで生まれた利益を、人材育成や医療サービスの質の向上のための次なる一手に投資することができれば、 さらに収益が向上するという好循環を生み出すことが可能となるでしょう。


 北海道の町立八雲総合病院の医師が麻薬取締法違反容疑で逮捕された事件で、道警函館方面本部捜査課と八雲署は15日、八雲町東雲町、同病院看護師後藤絵利香容疑者(29)を同容疑で逮捕した。

  発表によると、後藤容疑者は今月13日以前の数日の間に、道内で医療用麻薬「フェンタニル」を若干量、自分の体に使用した疑い。

  調べに対し、後藤容疑者は「自分で使用したことはない」と容疑を否認しているという。

  同課などによると、既に逮捕された同病院の医師阿部正幸容疑者(55)の捜査の過程で、後藤容疑者の尿を調べたところ、フェンタニルの成分が検出されたという。両容疑者は同じ心臓血管内科所属だった。

  一方、阿部容疑者は逮捕直後、「自分の体に使っていない」と容疑を否認していたが、使用したことを認める供述を始めたという。

人材教育を行っても、継続的に行わないと一時的な高揚感ですべてが台無しになってしまう事があります。
あなたは、このような事を不思議に思ったことがあると思います。

どんな高額な研修を受けても、どんな業種で研修を受けたとしても他社とは大きく人材教育の成果が違ってくる...。
 人材教育は、あなたの会社ではどのような方法で、行なわていますか?

ただ組まれているプログラムを実践しているだけではありませんか?
 具体的に、何を目的に行っているか、どんな人材を育成したいか、そしてどんな目的を持つかによって、人材教育の成果というのは大きく変わってきます。

偽診断書

偽診断書

 

肝臓手術を受けた患者が相次いで亡くなった群馬大学病院(前橋市)で、新たに深刻な問題が浮上した。

  3日開かれた記者会見で、執刀医による診断書の虚偽記載が明らかにされた。「何を信じたらいいのか」。遺族らは病院に不信感を募らせた。

  群馬大病院は、開腹手術を受けて死亡した患者10人のうち、手術から3日目に亡くなった1人について、死後、がんではなかったと判明しながら執刀医が遺族に伝えず、診断書にウソの病名を書いていたことを公表した。

  「命を預けた患者や家族のことを病院はどう思っていたのでしょうか。安全管理体制に問題があったことを重く受け止めてほしい」

  開腹手術で父を亡くした女性は、この事実を知り、声を震わせた。

  女性の父親の死亡は、腹腔鏡ふくくうきょう手術で患者の死亡が相次いでいた時期と重なる。「診療科で死亡症例の検討が徹底されていれば、父の死は防げたのでは」との思いが消えない。腹部の張りや痛み、縫合部からの体液の漏れが止まらないなどの手術後の症状は、腹腔鏡手術で死亡した患者の経過と似通っている。「真実を知りたい。調査を徹底してほしい」。女性はそう訴える。

  腹腔鏡手術で亡くなった患者の遺族も、診断書の虚偽記載には衝撃を隠せない。母親を亡くした女性は、「信じられない。人の命は重いものなのに......」と絶句した。

  調査結果について病院から報告は受けたが、説明に十分に納得できたわけではない。問題のある手術を、なぜ執刀医は繰り返したのか。診療科としてなぜ止められなかったのか――。疑問に答えるものではなかったためだ。

歯科医師刺傷事件

 歯科医師刺傷事件

 

 昨年5月に北九州市小倉北区で歯科医師の男性(30)が刺され重傷を負った事件で、特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)系組幹部らが関わった疑いが強まったとして、福岡県警は殺人未遂容疑で幹部ら約10人の逮捕状を取り、うち数人を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。

  県警は昨年9月から工藤会壊滅に向け一斉捜査を進めており、民間人襲撃を巡って複数の幹部らが逮捕されるのは、北九州市の元漁協組合長射殺事件、福岡市の看護師刺傷事件に続き3回目となる。

  歯科医師は1998年に射殺された脇之浦漁協(現北九州市漁協)の元組合長の孫。歯科医師の父親は昨年の事件当時、次期漁協組合長の有力候補と目され、現在は理事を務めている。98年の事件では工藤会系組員2人が殺人罪で実刑判決を受け確定した。判決は、動機について北九州市漁協が影響力を持つとされる北九州市発注の港湾工事で、工藤会が利権を確保するためと認定した。

  県警は昨年9月、この組員2人と共謀して元組合長を殺害したとして工藤会トップの野村悟(68)、ナンバー2の田上不美夫(58)両被告を殺人容疑で逮捕。10月に起訴された。県警は歯科医師襲撃も幹部らが漁協に絡む利権への介入を狙ったとみて調べる。

  歯科医師は昨年5月26日午前8時半ごろ、小倉北区真鶴の駐車場で出勤するため車を降りたところ、2人組に左太ももや左脇腹を刃物で刺され重傷を負った。

  県警は昨年10月には、2013年1月に福岡市博多区で女性看護師を組織的に殺害しようとしたとして野村、田上両被告を含む16人を組織犯罪処罰法違反(組織的殺人未遂)容疑で逮捕(うち14人を同罪で起訴)するなど、工藤会の関与が疑われる未解決事件を重点的に捜査していた。

医療トラブル 歯科トラブル

医療トラブル 歯科トラブル


大阪 京都 神戸 岡山 広島


歯削る機器、滅菌せず再使用7割.. 院内感染懸念


 歯を削る医療機器を滅菌せず使い回している歯科医療機関が約7割に上る可能性のあることが、国立感染症研究所などの研究班の調査でわかった。



 患者がウイルスや細菌に感染する恐れがあり、研究班は患者ごとに清潔な機器と交換するよう呼びかけている。


 調査対象は、歯を削るドリルを取り付けた柄の部分。歯には直接触れないが、治療の際には口に入れるため、唾液や血液が付着しやすい。標準的な院内感染対策を示した日本歯科医学会の指針は、使用後は高温で滅菌した機器と交換するよう定めている。



 調査は、特定の県の歯科医療機関3152施設に対して実施した。2014年1月までに891施設(28%)から回答を得た。



 滅菌した機器に交換しているか聞いたところ、「患者ごとに必ず交換」との回答は34%だった。一方、「交換していない」は17%、「時々交換」は14%、「感染症にかかっている患者の場合は交換」は35%で、計66%で適切に交換しておらず、指針を逸脱していた。



 別の県でも同じ調査を07~13年に4回行い、使い回しの割合は平均71%だった。




医療トラブル 歯科トラブル解決なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島

医療現場の疲弊


医療現場の疲弊

 

勤務医や看護師への患者の暴言・セクハラ、長時間労働


 病院勤務医と看護師が置かれた職場環境は、過酷としか表現できないかもしれない。日勤-当直-日勤で連続48時間勤務、月間労働時間が300時間超こんな状況も決して珍しくないのだ。

  医療従事者が疲労した状態で治療や手術に臨めば、医療ミスも発生しやすい。医療従事者の健康が確保されてこそ、患者の安全も確保されるのだが、現実はそうではない。

 

 日本医師会が2008年度に実施した調査では、医師たちの悲鳴が数多く寄せられていた。「正直自分の健康に手は回らない」「超勤簿に45時間以上と書くと病院長から呼ばれるので書けない」「当直の翌日は、集中力の低下・注意散漫となり、医療事故が起こりやすい状態になっていることが自分でもわかる」

 


  日本医師会が08年度に調査したところ、医師の睡眠時間は1日5時間未満が9~10%、6時間未満が41~44%。さらに6%の医師が、死や自殺について1週間に数回以上考えていたことが明らかになった。ところが、「同僚に知られたくない」「自分が弱いと思われたくない」などの理由で、53%が自分の体調不良についてまったく相談していないのだ。

 


 看護師も疲弊

 


  看護師をめぐる就労環境も同様で、日本看護協会(以下、日看協)の調査によると、11年度の看護師1人当たりの月間夜勤時間は80時間超が17.3%、72時間超が31.9%という状況だ。6年前のデータだが、日看協の調査で、職場環境に関する離職理由では「勤務時間が長い・超過勤務が多い」(21.9%)が最も多く、次に「夜勤の負担が大きい」(17.8%)が多かった。

 


  日本の看護師数は11年に141万人だったが、高齢化社会のピークを迎える25年に必要な看護師数は、厚生労働省の社会保障改革に関する集中検討会議の試算では195~205万人。あと60万人を増員しなければならず、毎年4万人以上の増員が必要な計算だ。

 


  職場への定着を図ることが喫緊の課題で、日看協会長の坂本すが氏は、3月24日に都内で開かれた「医療分野の『雇用の質』向上シンポジウム」で、「日本の看護の課題は離職をなんとか防ぐこと」と指摘した。

 


 「ちょっとした手術ミスで、患者と家族に担当医が謝罪をしたことがあった。私も責任者として同席したのだが、患者の家族から人格を否定されるような口汚い言葉で罵倒された。それも1時間近く。ひたすら頭を下げ続けたが、心が相当へこんだ」

 


  長時間労働、暴言、暴力、セクハラ、医師も看護師も、これだけの惨状の中で患者の健康を支え、命を救おうと心身を削るようにして働いているのだ。

 


看護師の職場環境

 


  「夜勤・交代勤務に関するガイドライン」で、以下のような勤務編成基準を示した。

・勤務と勤務の間に、最低11時間以上の間隔をあける。
・拘束時間は13時間以内とする。
・夜勤の連続回数は最大2連続(2回)まで。
・夜勤の途中で連続した仮眠時間を設定する。
・2回連続の夜勤後は概ね48時間以上の休息を確保する。
・連続勤務日数は5日以内。

  これらの基準を明文化せざるを得ないのが、看護師の職場環境の実態なのである。

 

 

 

過酷な職場環境の原因は医師不足

 


 過酷な職場環境の原因は医師不足にある。雇用の質ではなく、雇用の量が問題なのだ。いまの医師数では高齢化の波に追いつかない。   医師不足の問題はその通りだと思うが、現状でできることがあるのではないかと思って今日は話した。質を向上させる取り組みで職場が改善されるという意見が出ている。  


  医師不足の解決策である医学部の新設には賛否両論があり、しかも政界絡みのきな臭い噂も流れているが、必要な施策だろう。一方で、患者と家族による暴言、暴力、セクハラへの対処も深刻な課題だ。医療ニーズが拡大する中での医療崩壊、これを阻止するには、医師だけでは追いつかないのが現状と言える。


医療トラブル相談

 


アイ総合コンサルタント

 


相談ダイヤル 0120-007-808

医療訴訟 医療機関のトラブル解決

訴訟社会化の中で医療機関からの相談急増

日本社会全体が、「訴訟社会化」の流れのなかにあるようであり、医療機関もその流れを受け多くの相談が寄せられるようになってきています。寄せられる相談の多くはほとんどその場で解決するか、あるいは専門家の協力で解決しているようですが、まれに問題がこじれ解決が長期化する傾向があります。この経験から「訴訟」は未然に防げることが圧倒的で、本当に訴訟となるのは数件と考えていいかもしれませんが、本当に問題なのはそのトラブルにより経営に重大な影響を及ぼすことです。たとえば、医師、看護師の離職率が高くなったり、患者が寄り付かなくなったりと、対応を間違うと二次災害と言える被害が出てしまうことがあります。

トラブルを抱える前に当社に相談ください。力になります。

医療機関のトラブル解決 大阪 神戸 京都

医療機関のトラブル解決 大阪 京都 神戸

医療機関のトラブル解決

最近の相談で、圧倒的に多くなっているのが、「患者とのトラブル」「薬物依存症の患者」「精神的に不安定な患者」「暴力的性向の強い、激情型の患者」「ハードクレイマー」などをめぐっての相談です。

当社の相談では、「診療拒否」にあたらないかと心配してきますが、相談時にはもうその域を越えていることがほとんどで、とくに診療レベルでの悩みはきわめて深刻で、穏便にすまそうとその場で「謝罪」するケースがありますが、誤った対応と言えます。「よく調べてから返答したい」と伝えるにとどめおいてください。

 

また、相談を受けるなかで、「先生よく我慢しているな」と思う例が多く例えば、刑法で 強要罪脅迫 威力業務妨害罪に該当する例も数多く、特に、開業医の場合は、自分だけで何とかしようという傾向が強いため、問題が深刻化してからの相談が多いのが現状です。

相手が患者であるため警察などのは相談しにくいのは当然のことです。そのようなことでお困りなら当社へ相談ください。力になります。

 

 

 

医療機関のトラブル解決なら アイ総合コンサルタント

医療機関のトラブル解決ダイヤル

0120-007-808

大阪/兵庫/神戸/京都/岡山/広島