医療トラブル解決・相談 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

繰り返される 医療ミス 

繰り返される 医療ミス 

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

 医科大病院脳腫瘍の女性が添付文書に書かれた量の16倍の抗てんかん薬を投与され、その後に重い副作用を起こし死亡していたことが分かった。調査した第三者機関は、薬の投与を「標準的な医療と言えない」と指摘したが、病院側は「患者側の希望を考慮して決めた」と過失を否定。
 
 病院側は過失を否定

  医科大病院では、この約半年前にも原則禁止の鎮静剤投与で幼児が死亡する事故が起き、特定機能病院の承認取り消しにつながった。


 医科大病院側は「患者が手術前に趣味の大会への参加を望んだため、確実な効果を期待した。リスクは話している」と主張し、代理人を通して遺族に「法的非難を受ける理由はない」との見解を示した。

  これに対し、遺族側代理人は「副作用の説明はなく、あれば処方を受けなかった」と訴える。報告書はこの点の結論を出していない。


 医療ミスは、あってはならないことですが、実際は人間のやることなので絶対にミスを犯さないわけではない。

 ミスは起こるかもしれないという考えで、2重、3重の確認作業を行うことが当たり前のことで、後でもめるようなことを起こしたこと自体、病院側の落ち度があり、言った言わないの喧嘩をしていること自体お粗末なことです。

 医療機関がこんなトラブルを起こしていたら、特定機能病院の承認取り消しにつながることは当然ですし、病院側の対応問題もあるのではないでしょうか。

 トラブル、問題はコミニケーションに問題があることが多いので、ミスが起きないようにあらゆる対策を行っておくべきである。


 医療機関のトラブルも増加しております。一回のミスで社会的信用を失う可能性のあるトラブルに遭遇するのはもう珍しいことではありません。そんなトラブルを回避するために私たちがサポートいたします。

医療事故

 医療事故


脊髄造影検査

 背骨の病気で神経が圧迫された結果、痛み・しびれ・麻痺などの症状が出ている場合に、その原因になっている神経の状態を詳細に見て、今後の治療・手術の部位・方法を決める参考にするための検査

点滴を行います。体位は側臥位で、腰・背中を曲げてえびのような姿勢になります。針の刺入部を中心に消毒をします。腰の後ろから針を刺し、神経が通っている硬膜管内に造影剤を注入します。頭を下げて足を上げるなどの操作で、造影剤を目的の部位へ移動させたのち、X線写真とCTを撮ります

腰椎の硬膜に針を刺しますので、この針穴から硬膜の中にある脊髄液がもれます。検査後1日は安静臥床をして下さい。臥床していないと頭痛が生じます。頭痛が生じた時には治るのは長くて10日間かかります。静かに寝ていれば早く治ります。

ヨード剤による発疹や、大変まれですが薬物性ショックが生じることがあります。

 

78歳患者死亡、医師に有罪 造影剤ミス ごく初歩的

 東京都新宿区の国立国際医療研究センター病院で昨年4月、造影剤の誤投与で女性患者=当時(78)=を死亡させたとして、業務上過失致死罪に問われた医師飯高世子被告(30)に東京地裁は14日、禁錮1年、執行猶予3年(求刑禁錮1年)の判決を言い渡した。

 大野勝則裁判長は、造影剤の添付文書や箱、本体に「脊髄造影禁止」と目立つように書かれていたと指摘。「ほんの少しの注意を払っていれば使用してはならないと容易に気付けた。ごく初歩的なミスだ」と述べた。

 判決によると、昨年4月16日、脊髄造影検査で、投与が禁止されている造影剤を確認せず使用し、女性を死亡させた。

医者になりすますタクシー運転手

 医者になりすますタクシー運転手

 

 様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか?そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます。

 茨城県警生活環境課などは22日、眼科医になりすまして患者を診察したとして、医師法違反(無資格医業)の容疑で、東京都品川区北品川のタクシー運転手、大賀達夫容疑者(51)を逮捕した。生活環境課によると、大賀容疑者は平成24年6月から今年1月にかけて、県内のほか、宮城や大阪など22府県37カ所の医療機関で眼科医として勤務。述べ1万人前後を診察し、約2千万円の診療報酬を得ていた可能性がある。

  逮捕容疑は、1月4日から19日にかけて、ひたちなか市新光町の眼科診療所「ひたちなか眼科」で、眼科医になりすまして5人の患者を診察し、点眼薬の処方などをしたとしている。

  生活環境課によると、大賀容疑者は、実在する50代の医師の医師免許のコピーなどを入手して医師紹介事業者に登録。紹介された22府県37カ所の医療機関で診察を行っていたという。同課によると、大賀容疑者は県内では、ひたちなか眼科と下妻市内の眼科で計51日間勤務し、800人以上を診察していた。医師免許を取得したことはないが、これまでに各府県警に健康被害の情報は寄せられていないという。


男女のもつれや近隣とのやっかい事、金銭や犯罪にまつわる問題だけでなく、家族・親族間での心配事は勿論の事、職場や企業における悩み事、商取引における衝突などにも対応させて頂きます。これら以外にも諸々のご相談事を承っておりますので、該当するものがないと思われるケースに遭遇しておられる方も、是非一度当方までお問い合わせ頂ければ、専門スタッフがご相談に応じさせて頂きます!

製薬会社と医師

 製薬会社と医師

 

臨床研究で不正疑惑


 国内の製薬会社72社が、2013年度に医師へ支払った講演料や原稿料を公表した。朝日新聞が集計したところ、のべ約10万人の医師に計35万件の講演などで総額約300億円が支払われていた。1千万円を超えたのは184人で、最高額は240件の講演料などで4700万円だった。医師個人が製薬業界から受け取った金銭の全容が明らかになるのは初めて。医学系の各学会が病気ごとに定める「診療指針」の作成医も多額を受け取っていた。
 


東京大学医学部の学生有志が23日、東大がかかわる臨床研究で不正疑惑が相次いでいることについて浜田純一総長らに公開質問状を提出した。「このままでは東大医学部で学ぶことに自信が持てない」とし、学生に説明するよう求めた。

 質問状を出したのは、東大医学部医学科6年の岡﨑幸治さん(24)ら5人。アルツハイマー病研究「J―ADNI」のデータ改ざん疑惑や、患者情報が製薬会社ノバルティスに渡った白血病薬研究など、東大が関与する問題を質問状に例示し、「先生方のご説明がなければ、信じたくないことも信じざるを得ない」と主張。そしてこう訴えた。

 「東大医学部の先生方にご指導いただいている自分たちは、患者を救う真摯(しんし)な医療を将来国民の信用を得て実践できるのかという不安が拭えない。国民に信頼され得ると確信を持てる医学部においてこそ、将来患者さんに貢献できる医術を学べると信じております」

生体肝移植医療トラブル

生体肝移植医療トラブル


昨年11月に設立された神戸国際フロンティアメディカルセンター。3月までに生体肝移植を行った7人の患者のうち4人が死亡した=14日午前、神戸市

 昨年11月に設立された神戸市の「神戸国際フロンティアメディカルセンター」(院長・田中紘一京大名誉教授)で、昨年12月~今年3月に生体肝移植手術を受けた国内外の患者7人のうち4人が術後1カ月以内に死亡したことが14日、分かった。日本肝移植研究会(会長・上本伸二京大教授)は執刀医から聞き取りなどを実施し、問題がなかったか調べている。

 同センターによると、亡くなったのは胆道閉鎖症などで親族から肝臓の一部を移植した患者4人(日本人2人、インドネシア人2人)で、うち2人が15歳未満だった。執刀には田中院長を含む専門医3人のほか、センター所属の外科医や外部の医師らが当たった。

 生体肝移植は他に治療法がない患者に肝臓の一部を移植する手術で、日本移植学会によると、術後1年の生存率は2013年末時点で84%。7人中4人が死亡したことを受け、田中院長が今年3月、研究会に合同検討会として調査するよう依頼したという。

 同センターは生体肝移植を現在も続けており、今月は既に1人を手術した。菊地耕三副院長は報道陣の取材に対し、「他の病院で断られた患者さんを受け入れているケースもある。事故や医療ミスだとは思っていない」と話した。


家族トラブルは、近年遺産相続の問題であったり、金銭トラブルなど、避けては通れない事も多々あるのが現状です。しかし家族の事に関してはなかなか相談出来ないのが現実ではないでしょうか?そんなお悩みを私たちが全力でサポートさせて頂きます。安心してご相談下さい。宗教トラブル、結婚詐欺,いじめなどは家族が先に気がつくことが多いので両親、身内からの相談も多いのです。
必要であれば各種専門家をご紹介いたしますのでご安心ください。

院内薬局問題

 院内薬局問題

 

 病院と調剤薬局を同じ建物や敷地に併設できず、患者が病院外で薬を受け取る-。この医薬分業による「院内薬局」規制をめぐる議論が、政府の規制改革会議で始まった。昭和31年に導入され、国も推進を後押しした結果「分業率」は平成25年度に67%にまで伸びた。会議では患者の利便性に欠けるなどとする意見と、「分業」効果が正しく理解されていないとする意見が対立。規制改革会議の翁百合委員と、日本薬剤師会の森昌平副会長にそれぞれの主張の根拠を聞いた。

 

 現在の規制は薬局の医療機関からの独立性の確保が根拠になっている。だが、公道で病院と薬局を隔てるという物理的な遮断は必要だろうか。高齢化社会を迎え、これから足が不自由な患者や、車いすの患者が増加していく。私が車いすの父に付き添い病院に行ったとき、悪天候時に院外に薬を取りに行くのは大変だった。同じような経験をされている方は多いのではないか。患者の利便性、安全性の視点から物理的規制を緩和し、経営上の独立性を確保する工夫をすべきだ。

 

 より本質的な問題は、患者がコストに見合うメリットを受けているのか、という点だ。同じ薬を受け取るにしても『院内処方』よりも、病院付近にある門前薬局で『院外処方』された薬の方が、患者が支払う額が高額になっていることは知られていない。国が医薬分業を推進するため、調剤基本料などを加算した結果、患者や保険の負担は上昇している。都市部では門前薬局が格段に増え、患者が薬局にアクセスしやすくなったかもしれないが、付加価値とコストを比較して薬局を選ぶ体制にはなっていない。改めて患者目線に立った政策的なレビューが必要だ。

  
 以前は院内処方により、必要のない薬を出してもうける『薬漬け医療』により、無駄な支出につながっているとの指摘があった。また、院外処方ではジェネリック医薬品(後発薬)が薦められるため、薬剤費が減ることも期待された。医薬分業が進んだことで、どの程度の費用対効果があったのか、国は明確に示す必要がある。平成32年度の基礎的財政収支黒字化達成という政府目標も考慮すると、簡単に医療費は増やせない中で質の向上を考えないといけない。

  
医薬分業のメリット

 
 薬剤師が専門性を生かして医師の処方を確認することにより、薬を使った治療における安全確保と質の向上を目的としている。複数の医療機関にかかっても、一般用医薬品を購入するのも、ひとつの薬局、かかりつけ薬局・薬剤師ですべての薬を受けとれれば、一元的に薬の管理ができる。また、薬剤師も何回も顔を合わせるうちに患者の生活や病歴、家族関係が分かる。例えば呼吸器疾患を持つ祖母と同居する患者がインフルエンザになれば、祖母への感染予防策を伝えるなど具体的な指導もできる。調剤した薬の情報提供に積極的に取り組み、自分の飲んでいる薬の名前や効能、副作用などがわかるようになったことも長い目で見た分業のメリットだ。


 国が分業を推進すると決めて40年になるが、まだ道半ばだ。薬剤師は薬局で、処方箋、薬歴、お薬手帳、処方内容について医師に問い合わせる疑義照会など、さまざまな確認作業をして安全性を確保しているが、調剤行為のほとんどを調剤室の中で行っているため、メリットが見えにくいのではないか。また、風邪などで一時的に1カ所の医療機関を利用する若年層には、かかりつけ薬局のメリットは理解しにくいかもしれない

 医薬分業を適切に機能させるには、薬局は医療機関から経済的、構造的、機能的に独立することが不可欠だ。また、院内の薬局はかかりつけ薬局になれるとは思えない。高齢化に伴い、国は住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けられる地域包括ケアシステムの構築を進めている。自宅を起点に利便性を高めることが大事だ。高熱や高齢の患者が医療機関から薬局に行くのが大変なときには、家族が近所のかかりつけ薬局に取りに行く、薬剤師が届けるなど別の方法を考えることが患者のためだと思う。

  

 分業の意義やメリットを患者に理解してもらうことが必要だ。車へのエアバッグの装着が進んでいるが、安全性の向上に役立つと理解していれば、エアバッグを外して車の価格を下げてほしいと言う人はいないだろう。薬局もそれと同じ。疑義照会は処方箋100枚中3枚だが、97枚に何もないからやらなくていいのでなく、100枚すべて確認することで安全が保たれる。私たちの仕事は医療安全の確保で、それはマイナスをゼロにすること。患者が求めるサービスと、医療提供者としてやらなければならないサービスは違うこともある。

残薬問題

 残薬問題

 

 高齢者宅から薬が大量に見つかる事例が目立っている。「残薬」と呼ばれ、多種類を処方された場合など適切に服用できず、症状の悪化でさらに薬が増える悪循環もある。年400億円を超えるとの推計もあり、薬剤師が薬を整理し、医師に処方薬を減らすよう求める試みが広がる。

 


  大阪府忠岡町の女性(78)宅を訪れた薬剤師の井上龍介さん(39)は、台所のフックにかかった10袋以上のレジ袋を見つけた。「ちょっと見せて」。中は全部、薬だった。

  胃薬や血圧を下げる薬、血糖値を下げる薬、睡眠薬――。10年ほど前の日付の袋に入った軟膏(なんこう)もあり、冷蔵庫にインスリンの注射薬が入れっぱなしだった。錠剤は1千錠を超え、価格に換算すると14万円超にのぼった。

  井上さんは昨夏、女性を担当するケアマネジャー上(うえ)麻紀さん(37)の相談を受けた。上さんによると、女性は糖尿病や狭心症などで3病院に通い、15種類の薬を処方されていた。適切に服用しなかったので糖尿病は改善せず、医師がさらに薬を増やし、残薬が増える悪循環に陥っていた。

  「高齢で認知能力が落ちている上、3人の主治医が処方する薬が多く、自己管理が難しかったのだろう」。井上さんはみる。

  残薬は使用期限前で、保存状態が良ければ使える。井上さんはそうした薬を選び、曜日別の袋に薬を入れる「服薬カレンダー」に入れ、台所の壁にかけた。約3カ月後、寝室から約25万円分の薬も見つかり、薬の種類を減らすため主治医の一人に相談し、ビタミン剤の処方を止めてもらった。

  在宅患者や医療関係者に薬の扱い方を教える一般社団法人「ライフハッピーウェル」(大阪府豊中市)の福井繁雄代表理事によると、1日3食分の薬を処方されながら食事が1日1食で薬がたまる高齢者や、複数の薬を処方され「何をどう飲めばいいか分からない」と90日分も残薬があった糖尿病患者などの事例が各地から報告されている。

  日本薬剤師会は2007年、薬剤師がケアを続ける在宅患者812人の残薬を調査。患者の4割超に「飲み残し」「飲み忘れ」があり、1人あたり1カ月で3220円分が服用されていなかった。金額ベースでは処方された薬全体の24%にあたり、厚労省がまとめた75歳以上の患者の薬剤費から推計すると、残薬の年総額は475億円になるという。

医療トラブル

医療トラブル

医療の世界において厳しい競争時代に突入しました。
そんな時代だからこそ地域に根付いた医療機関として発展を続けるには、まず強固な経営体質を築くことが求められます。
 弊社の考える解決策としてはその第一歩が収益力の向上です。

コストを効率化し、適正な売り上げを確保することで生まれた利益を、人材育成や医療サービスの質の向上のための次なる一手に投資することができれば、 さらに収益が向上するという好循環を生み出すことが可能となるでしょう。

弊社では、25年の実績に基づいた収益分析を行う事で、病院、診療所の適正利益確保と体質改善を同時に実現することを目的としたコンサルティングを提供しております。


厚労省「開腹」も調査へ

群馬大病院長聞き取り

 

 

 群馬大学病院(前橋市)で肝臓手術を受けた患者が相次いで死亡した問題で、厚生労働省は3日、腹腔鏡(ふくくうきょう)と開腹手術の両方で本格的な調査を行う方針を固めた。

  同省の社会保障審議会医療分科会(厚労相の諮問機関)が9日に開く会合で、野島美久(よしひさ)病院長から初めて聞き取り調査を行い、18人の患者が死亡した原因などについて詳しい説明を求める。

  聞き取り調査は、同病院が3日に、腹腔鏡手術で死亡した8人についての調査の最終報告書を公表したことと、開腹手術後に死亡した患者1人について執刀医が虚偽の診断書を作成していたとの発表を受けたもの。

  同病院第二外科では、腹腔鏡を使う高難度の肝臓手術で8人が死亡したほか、開腹手術でも2009年度以降10人の死亡が明らかになっている。死亡した患者は、いずれも同じ40歳代の男性医師が執刀した。

あきれた医療トラブル

あきれた医療トラブル

診断書に虚偽病名


開腹3日死亡、がん誤診判明

 


 肝臓手術で患者の死亡が相次いだ群馬大学病院(前橋市)は3日、記者会見を開き、開腹手術後3日目に死亡した患者1人について、死亡後にがんではないと判明したのに、執刀医はその事実を遺族に告げず、虚偽の診断書を作成していたと発表した。

  同病院は「極めて重大な問題」とし詳細を調査している。

  同病院第二外科では、腹腔鏡(ふくくうきょう)を使う高難度の肝臓手術で8人が死亡したほか、開腹手術でも2009年度以降10人の死亡が明らかになっている。死亡した患者は、いずれも同じ40歳代の男性医師が執刀した。

  発表によると、問題となっているのは、10年9月に胆管細胞がんと診断され胆管や肝臓を切除する手術を受けた後、容体が急変して3日目に死亡した患者。患者の死亡から10日後、切除した肝臓の一部を病院で検査したところ、がんではなく良性のできものだったことが確認された。

  しかし、執刀医は、この検査結果を遺族に報告しなかった。そのうえ、同年11月に自ら作成した診断書には「胆管細胞がん」と当初の診断名を記入。すでにがんではないと判明していたため、虚偽の病名を記載したことになる。

  これを受け、病院は昨日から同科教授の診療科長としての業務を停止、執刀医については「医師の適格性に疑問がある」として一切の診療行為を停止した。

  群馬大学病院は「遺族にはすでに説明して謝罪した。手術の妥当性や死亡との因果関係について現在、調査しているが、このような事態を病院として重く受け止めている」としている。その他の開腹手術による死亡例についても、調査を進め、5月頃に結果を公表するという。

 病院は高度医療を提供し、診療報酬の優遇がある特定機能病院の承認を受けている。厚生労働省は現在、社会保障審議会医療分科会を開き、病院の承認を取り消すかどうか審議している

医療ミス

医療ミス


誰でもミスはありますが防げるミスもあります。


注射器使い回し損賠訴訟


440万円賠償命令

 

 
 福岡県豊前市の女性がC型肝炎の患者に使った注射器で誤って注射され肝炎を発症したとして、女性の家族が同県吉富町の「唐原(とうばる)内科クリニック」と医師に約7000万円の損害賠償を求めた訴訟で、福岡地裁行橋支部(宮崎朋紀裁判官)は13日、440万円の支払いを命じた。
   
      
 判決によると女性(当時81歳)は2010年12月、C型肝炎の患者に使った注射器で注射されたためウイルス感染し、急性肝炎を発症した。「感染状態になったのは誤注射という注意義務違反」と認めた。

 女性は13年12月、脳梗塞(こうそく)後遺症で亡くなった。女性側は、ビタミン剤を投与されなかったため脳症にかかり認知症が悪化したとも主張したが「ビタミン欠乏を認識することは困難で注意義務違反にはあたらない」として退けられた。

 

群大腹腔鏡手術

8人死亡「全て過失」 

      
 群馬大医学部付属病院(前橋市)で腹腔(ふくくう)鏡による肝臓手術を受けた患者が過去5年間に計8人死亡した問題で、病院は3日、「全ての事例で過失があった」とする最終報告書を発表した。昨年12月にまとめた中間報告書は、手術前の検査態勢などを巡る事実認定が中心だったが、最終報告書では死亡した8人の診療に対する医学的評価が加えられた。

 最終報告書によると、(1)手術前の検査が不十分(2)執刀医が技術的に未熟(3)術後の措置が不十分--の各要素が絡み合って死亡例が相次いだ。

 個々の手術を検証すると、肝臓が手術に耐えられるかの事前の評価が不十分だった死亡例があった。脾臓(ひぞう)摘出と同時に肝切除して死亡に至ったケースは「負担が大きすぎた」と認定。切除した範囲が大きすぎて肝不全をきたして死亡した例もあった。また、臓器の縫い合わせがうまくいかなかったり、手術直後に胆汁が漏れたりするなど「手術の操作に何らかの問題があった可能性」を認め、執刀医に技術的な問題があったと指摘した。

 一方、開腹による肝臓手術でも過去5年間で10人が死亡しており、腹腔鏡手術と同じ執刀医だったことから病院は新たに調査委を発足させて検証中という。

 遺族側の弁護団は「現在2人の患者について独自に調査している。病院の調査内容や説明は不十分と考えており、近く問題点を指摘したい」としている。

医療ミス

医療ミス


大阪 京都 神戸 岡山 広島

体内にガーゼ27年間放置=手術で執刀医ミス―新潟・新発田病院


  新潟県立新発田病院(新発田市)は25日、新潟市内に住む60代の女性の体内に、手術の際に使ったガーゼを27年間放置する医療事故があったと発表した。
  病院によると、女性は1987年5月、右足太ももの骨髄の部分に鉄の棒を入れ、骨を矯正する手術を受けたが、執刀医は血液を拭き取るガーゼを体内に放置したままだった。毎年1回定期検査を受けていたが、今年8月の受診時に右膝裏に痛みを訴え、検査の結果しこりが見つかった。
  悪性腫瘍の可能性があるとして今月17日に手術したところ、「肉芽腫」と呼ばれるしこりの中からガーゼが見つかった。女性は近く退院予定だという。
  新発田病院では2002年と11年にも患者の体内にガーゼを置き忘れる事故が発覚。今後は手術で使うガーゼの数の把握を徹底するほか、手術終了後にレントゲン撮影を行い患部を確認するなどの再発防止策を取るという。 


ガーゼを体内に置き忘れ 30センチ四方 青森県弘前大学病院が医療ミス


 弘前大学医学部付属病院(藤哲病院長)で1998年に腸骨の手術をした県内の30代女性の体内に、ガーゼを置き忘れる医療事故があったことが24日までに分かった。同院が18日、ホームページで発表した。
  同病院によると、2013年7月、女性が同病院を受診しエックス線検査とMRI検査を受けたところ、ガーゼが発見され同年11月、手術でガーゼを摘出した。手術終了時の確認が十分ではなかったとして14年11月、病院側が慰謝料を支払い示談が成立した。
  ガーゼは30センチ四方で、身体への影響はなかったという。腸骨の手術の診療科は女性のプライバシー保護のため、公表していない。
  藤病院長は「誠に遺憾。今後はこのようなことが起きないよう再発防止策を徹底していく」とコメントした。
  同病院は2006年、術後のエックス線撮影などが盛り込まれた「手術部管理手順」を作成し、ガーゼ類の取り忘れ防止を図っている。



医療トラブル  問題点

医療トラブル  問題点

大阪 京都 神戸 岡山 広島

下記の記事に問題点があります。


腹腔鏡手術後8人死亡 群大病院、同じ医師執刀


  群馬大学病院(前橋市)で2011~14年、腹腔鏡(ふくくうきょう)を使う高難度の肝臓手術を受けた患者約100人のうち、少なくとも8人が死亡し、病院が院内調査委員会を設置して調べていることがわかった。

 8人を執刀したのはいずれも同じ医師。同病院ではこれらの手術は事前に院内の倫理審査を受ける必要があるとしているが、担当の外科は申請していなかった。

 病院関係者によると、手術が行われたのは第二外科(消化器外科)。死亡した8人は60代~80代の男女で、肝臓がんなどの治療として腹腔鏡を使う肝臓切除手術を受けた。手術と死亡の因果関係は現時点では不明だが、8人は術後に容体が悪化し、約3か月以内に肝不全などで亡くなった。

 事態を重く見た病院側は現在、同科肝胆膵(すい)(肝臓、胆道、膵臓)グループの全手術を停止している。



 病院が院内調査委員会を設置して調べていることがわかったとの院内調査が問題なのです。一般には院内調査で、どこまで真実が分かるかと、証拠の改ざんの可能性も出てきているのです。


 遺族はこのような対応で納得いくのでしょうか。安易に考えた対応のような気がします。


前にも情報そうさのことをかきましたが。都合の悪いことは、事実と違う内容を公表することは世界共通のことと知っておくべきでしょう。




医療トラブル解決なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

医療事故問題の実態

医療事故問題の実態


大阪 京都 神戸 岡山 広島


 ○○女子医大病院で、禁じられていた薬剤を投与された12人の幼い子供たちが死亡していたことが判明した。しかし、死亡事故は今回が初めてではない。13年前、世間を騒がせた「○○女子医大事件」で逮捕され、キャリアを失った医師が、自らの冤罪体験をもとに警鐘を鳴らす。




 医療事故を明るみに出すことは、一見、正義の味方のように見えますが、医師個人に責任を負わせることが医療の安全性につながらないことは、WHO(世界保健機関)も発表しています。調査報告書作成においても、病院は現場の話を聞かず、責任を医師個人に押し付ける傾向があります。



 かつて、○○女子医大で小児心臓外科を務めていた○○先生(○○)は語る。じつは○○先生は13年前の「○○女子医大事件」に巻き込まれた当事者だ。12歳の少女が心臓手術後に亡くなった医療事故で作成された内部報告書で、死亡の原因は○○先生のミスと指弾され、ついには業務上過失致死罪で逮捕された。



 これを機に人生は暗転。突然、90日間の留置場と拘置所生活を強いられると同時に心臓外科医としてのキャリアを"抹殺"された。その後、7年間にわたる裁判で無罪を勝ち取り、現在は「○○クリニック」(○○区)で院長を務める。



  「患者の人生全体を知ることが、治療につながる」という思いで、とにかく医者と患者のコミュニケーションを大事にした。患者との信頼関係が日ごろからあれば、仮にエラーがあったときにも、双方にベストの解決策が示されるはずだという、過去の事件を経ての教訓があるからだ。



「血圧が相変わらず高いようだけど。あっ、○○出身なんだ。じゃあ、納豆をやめられないよね。わかりました、ほかの薬に替えてみましょう」。○○先生の言葉に、途端に安堵した表情になる中年の女性患者。



 誤った報告書を作成した○○女子医大と病院長を相手取り損害賠償請求訴訟を起こし、'11年1月には和解、「報告書の誤りを認め衷心から謝罪する」という文言を引き出した。現在は医師の仕事と同時に、国の医療事故調査研究班のメンバーに選出され、ガイドライン作りに参加している。



  医療事故を刑事事件化すべきではないというのは、それによって真相が見えづらくなるから。真相が究明されなければ、エラーを教訓として生かせず、同じエラーが起きるのです。また、リスクの高い救急医療や産婦人科などの現場から医師がいなくなります。



もっとも重要なのは医者と患者の信頼関係です。患者さんが納得いかず、医者が何かを隠していると思っても、コミュニケーションを取っていくこと。最終的に『先生、最後までありがとうございました』と、患者に納得してもらえる医療と人間関係が大事。そのためにも医師が安心して真実を語れるようなシステムを作らなければなりません。




医療トラブル解決なら

アイ総合コンサルタント

0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島



医療ミスにひやり 医療トラブル

 

医療ミスにひやり

大阪 京都 神戸 岡山 広島

医療トラブル

8割超の看護職員「医療ミスにひやり」 岡山県医療労連の調査


 岡山県内の看護職員の8割以上が医療ミスに近い経験をしていることが、県医療労組連合会(岡山市)の調査で分かった。約7割は「慢性的な人手不足」と回答しており、医療事故につながりかねない労働の実態が浮き彫りになった。


 調査は昨年9~11月、岡山県内の看護婦や保健婦、助産婦など看護職員2千人を対象に行われた。回答は約3割の658人。


 過去3年間、仕事上のミスやニアミスを経験したと回答したのは83・7%。医療・看護事故が続く要因は、73・6%が「慢性的な人手不足による現場の忙しさ」をあげ、「疲労の蓄積」(18・1%)とあわせると9割以上に。


 一方で、「患者に十分な看護ができている」と答えたのは14・3%。「人員が少なく業務が過密」が70・0%となった。69・4%は「仕事を辞めたい」と思っており、理由も「人手不足で仕事がきつい」(40・9%)「賃金が安い」(32・3%)をあげていた。同連合会は「国や県などに要望し、少しずつ改善しているが、圧倒的な人員不足には追いついていない」としている。


医療トラブル解決なら

トラブル解決のアイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

京都 医療トラブル 解決・相談

京都 医療トラブル

 

酸素ボンベ開け忘れ女性患者死亡 京都・○○の病院 
  
 

 京都市○○区の「○○会○○病院」で今月20日、肺炎で入院していた女性患者(77)=同区=に、酸素ボンベのバルブの一部を開け忘れたまま呼吸補助装置を装着し、患者が死亡していたことが27日、病院などへの取材で分かった。

  病院によると、医療用酸素を納入する業者(○○区)が19日、院内のボンベ室で、酸素漏れするホースを修理するために、いったんバルブを閉めたボンベのうち1カ所を作業終了後に開栓し忘れていたという。

  女性患者は肺炎で1月上旬に入院。今月18日に容体が悪化し、呼吸補助装置を装着した。20日未明、装置への酸素供給の低下を示すアラームが鳴り、患者は約30分後に死亡した。

 


  病院は家族に事情を説明し、21日に調査委員会を設置。業者側から不手際を陳謝する内容と経緯をまとめた報告書を受け取った。

 


  今回のケースは、医師法に基づき24時間以内に警察への届け出義務が伴う異状死の可能性もあったが、病院は死亡から6日後の26日になって○○署に相談した。病院は「患者は重篤な状態で、酸素供給との因果関係は不明。隠すつもりはなかったが、結果的に報告が遅れた」としている。
 病院」で今月20日、肺炎で入院していた女性患者(77)=同区=に、酸素ボンベのバルブの一部を開け忘れたまま呼吸補助装置を装着し、患者が死亡していたことが27日、病院などへの取材で分かった。

 

 病院によると、医療用酸素を納入する業者(伏見区)が19日、院内のボンベ室で、酸素漏れするホースを修理するために、いったんバルブを閉めたボンベのうち1カ所を作業終了後に開栓し忘れていたという。

  女性患者は肺炎で1月上旬に入院。今月18日に容体が悪化し、呼吸補助装置を装着した。20日未明、装置への酸素供給の低下を示すアラームが鳴り、患者は約30分後に死亡した。

 

 病院は家族に事情を説明し、21日に調査委員会を設置。業者側から不手際を陳謝する内容と経緯をまとめた報告書を受け取った。

 

 今回のケースは、医師法に基づき24時間以内に警察への届け出義務が伴う異状死の可能性もあったが、病院は死亡から6日後の26日になって○○署に相談した。病院は「患者は重篤な状態で、酸素供給との因果関係は不明。隠すつもりはなかったが、結果的に報告が遅れた」としている。

 

 

 

医療トラブル 相談 解決

 


トラブル相談・解決のアイ総合コンサルタント

 


相談ダイヤル 0120-007-808

医療トラブル解決 コミニケーション

医療トラブル解決 コミニケーション

大阪 京都 神戸 岡山 広島


今現在、医療トラブルの原因はコミニケーション不足又は、コミニケーション下手が大半の原因となってい

す。 医療ミス、医療過誤は別として。

 

医療過誤、医療ミスなどは様々な対策を施しているので少なくなってきていますが、コミニケーションによるトラ

ルは年々増加の傾向があります。医療現場に訪れる患者は、医療の治療のみで訪れている人ばかりでは

ないので、思いやりの気持ちを持っての対応が、重要となってきます。

 

当社では、この様なコミニケーション能力の向上のためのセミナー、コンサルティング、コーチングを行っていま

す。上記のような件でお困りの方は、ご相談ください あなたの力になります。

 

 

医療トラブル解決なら 

アイ総合コンサルタント 

医療トラブル解決相談ダイヤル 0120-398-119

大阪 京都 神戸 岡山 広島


医療事故 医療トラブル解決

医 療 事 故

 

大阪 京都 神戸 岡山 広島

医療に関わる場所で、医療の全過程において発生するすべての人身事故を医療事故という。次の1.2.3 場合を含む。

医療事故とは、医療従事者の過誤、過失の有無を一切問わない。

 1. 死亡、生命の危険、病状の悪化等の身体的被害及び苦痛、不安等の精神的被害が生じた場合。

 

 2. 患者の過失により患者が廊下で転倒し、負傷した事案のように、医療行為とは直接関係しない場合。

 

3. 患者に関してだけではなく、注射針の誤刺のように、医療従事者にも被害が生じた場合。

 

 

上記が、現在医療事故と言われている。

 

 

 

医療事故 医療トラブル解決なら 

アイ総合コンサルタント

医療事故 医療トラブル解決ダイヤル 

0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

医療訴訟 被害者(患者側)事件

医療訴訟 被害者(患者側)事件

大阪/兵庫/神戸/京都/岡山/広島 

 

コンサルタントが取り組む案件の中で、特殊かつ専門性の極めて高いものとして、医療過誤事件があります。当事務所は、医療過誤における被害者(患者側)事件、加害者(病院)に共に取り組んでおります。

 

医療過誤事件の難しさ、その第1の要因は、法的知識以外に一定の医学的知識が必要とされるところにあります。医療過誤事件を立件の資料集めは、最低限の一般的医学知識と、当該事件に関連する疾患に対する専門的医学知識の両者が必要となってきます。

この、医学的知識、特に一般的医学的知識を得るためには、弁護士においても大変で、専門医のアドバイスをもとに調査を進めることが多くこれは弁護士でもそうしているところが多いのが現状です。

この様に弁護士でも畑違いの医療知識が少ないため弁護を受けるのが大変と言われたところがあるぐらいです。

医療訴訟は、上記のように訴訟資料集めも大変な作業ですので、素人の方では大変困難とおもわれます。

 

医療訴訟でお悩みの方はご相談ください。力になります。

 

 

医療訴訟なら アイ総合コンサルタント

医療トラブル解決ダイヤル

0120-007-808

大阪/兵庫/神戸/京都/岡山/広島

医療トラブル解決 大阪 神戸 京都 岡山 広島

医療トラブル解決 大阪 神戸 京都 岡山 広島 

医療トラブル解決

当社は医療機関、患者双方からの依頼をお受けしています。

 

医療トラブルがあったときに、泣き寝入りか裁判しか方法がないのが現在の医療現場。でも、第3の道がADR(裁判外紛争解決)。病院と患者がひとつのテーブルにつく話し合いに見出せる方法がある。

 しかし、話し合いにつくにも、話し合いのもとになる資料もなければ話にはならないし、ただのクレーマーのようなことをしても話し合いにならない。また医療機関も、ただのクレーマーとして対応しても大きな問題として発展するだけで問題を複雑にしてしまいます。

 

医療トラブルでお困りの方は、当社へご相談ください。貴方の力になります。

 

 

医療トラブル解決なら アイ総合コンサルタント

医療トラブル解決ダイヤル

0120-007-808

大阪/兵庫/神戸/京都/岡山/広島