セクハラ解決・相談 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

セクハラ実態調査

セクハラ実態調査


大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島


 やっと厚生労働省がセクハラの実態を把握するための調査を行ったようです。働く環境を整えることは重要なことです。

 せっかく就職した会社内で、パワーハラスメント等を受けてしまって辞めたいと考えていても、不景気だから辞められないという方が多いのではないでしょうか?仕事は生きていく上でも切っても切り離せないものです。現在職場でお悩みの方の未来が明るくなるように私たちがお手伝いいたします。


働く女性の3割が経験


 働く女性のおよそ3割が職場での性的な嫌がらせ、「セクハラ」を経験したことがあることが国の初めての実態調査でわかりました。

  この調査は去年、25歳から44歳の働く女性を対象に、厚生労働省が労働政策研究・研修機構に委託して行ったものです。その結果、28.7%の女性がセクハラ被害の経験があると回答しました。

  セクハラの内容としては、「容姿や身体的特徴について話題にされた」が最も多く53.9%。次いで「不必要に体を触られた」が40.1%、「執ように食事に誘われたり交際を求められた」は27.5%でした。

  セクハラをする加害者で最も多かったのは「直属の上司」で、次いで「職場の同僚、部下」でした。セクハラを受けた後の対応として6割あまりが「我慢した」と答えています。


下記は厚生労働省のホームページから

1.調査の概要
 (1)企業調査
  全国の従業員(正社員)30人以上の企業17,000社に調査票を郵送した(配達不能252件)。300人以上の企業については全社を対象とし、299人以下の企業については、業種、社員数の分布に基づき無作為抽出を行った。回収率は27.3%。

 (2)従業員調査
  全国の企業・団体に勤務する20~64歳の男女9,000名(公務員、自営業、経営者、役員は除く)に対してインターネット調査を行った。対象者については、総務省「就業構基本調査」を参考に、性、年代、正社員・正社員以外の3点から割付を行った。

 2.主な調査結果
 (1)相談窓口における従業員からのパワーハラスメントの相談状況
  従業員の悩み、不満、苦情、トラブルなどを受け付けるための相談窓口を設置している企業は全体の73.4%あるが、従業員1,000人以上の企業では96.6%とほとんどの企業で相談窓口を設置しているのに対して、従業員99人以下の企業では37.1%と低い水準にとどまっている。
  社内に設置した相談窓口で相談の多いテーマとして、パワーハラスメントはメンタルヘルスの不調に次いで多くなっている。

 (2)パワーハラスメントの発生状況
  実際に過去3年間にパワーハラスメントに関する相談を1件以上受けたことがある企業は回答企業全体の45.2%で、実際にパワーハラスメントに該当する事案のあった企業は回答企業全体の32.0%であった。
 
 一方、従業員に関しては、過去3年間にパワーハラスメントを受けたことがあると回答した者は回答者全体の25.3%であった。
  企業に寄せられるパワーハラスメントに関する相談について、当事者の関係をみると、「上司から部下へ」、「先輩から後輩へ」、「正社員から正社員以外へ」といった立場が上の者から下の者への行為が大半を占めている。

 (3)パワーハラスメントが発生している職場とは
  企業調査において、パワーハラスメントに関連する相談がある職場に共通する特徴として、「上司と部下のコミュニケーションが少ない職場」が51.1%と最も多く、「正社員や正社員以外など様々な立場の従業員が一緒に働いている職場」(21.9%)、「残業が多い/休みが取り難い」(19.9%)、「失敗が許されない/失敗への許容度が低い」(19.8%)が続いている。従業員調査でも同様の傾向が示されている。

 (4)パワーハラスメントの予防・解決のための企業の取組と効果
  回答企業全体の80.8%が「パワハラの予防・解決を経営上の課題として重要」だと感じている一方で、予防・解決に向けた取組をしている企業は45.4%にとどまり、特に従業員99人以下の企業においては18.2%と2割を下回っている。
 
 パワーハラスメントの予防・解決に向けた取組として実施率が高いのは、「管理職向けの講演や研修」で取組実施企業の64.0%で実施され、「就業規則などの社内規定に盛り込む」(57.1%)が続いている。

 実施している取組の効果が実感できるかという点については「講演や研修」など直接従業員に働きかける取組の効果の実感が高い一方で、「就業規則に盛り込む」といった事項では相対的に低くなる傾向が見られる。

 「就業規則に盛り込む」といった対応は企業規模に関わらず実施できるものの、「講演や研修」といった対応は一定程度の従業員規模がないと実施しにくいこともあり、特に従業員99人以下の企業での実施率が低くなっている。

 (5)パワーハラスメントの減少に向けて求められること
  企業調査において、パワーハラスメントの予防・解決の取組を進めるに当たっての課題として最も比率が高かったのは「パワハラかどうかの判断が難しい」で、回答企業全体の72.7%が課題としてあげている(24P)。また、取組を進めることで懸念される問題として、「権利ばかり主張する者が増える」(64.5%)、「パワハラに該当すると思えないような訴え・相談が増える」(56.5%)といった項目が多くあがっている。
  一方、従業員調査において、過去3年間にパワーハラスメントを受けた経験者のうち、46.7%が「何もしなかった」と回答しており、社内の相談窓口に相談した者の比率は1.8%と低い。

 3.パワーハラスメントの予防・解決のための取組を進める視点
  今回の調査結果から、パワーハラスメントの予防・解決への取組にあたっては、以下の3点を意識して進めることが重要であると考えられる。

 (1)企業全体の制度整備
  実際にパワーハラスメントを受けた者が相談窓口に相談する比率は極めて低いことから、単に相談窓口を設置するだけでなく、相談窓口が活用され、解決につなげるアクションを促すような仕組みづくりもしていく必要がある。

 さらに、パワーハラスメントに関する研修制度や、就業規則などの社内規定にパワーハラスメント対策を盛り込むことなど、総合的な取組をしていくことが重要である。

 (2)職場環境の改善
  パワーハラスメントの実態を把握し、解決につなげるアクションを促すためには、上位者がパワーハラスメントについて理解した上で、部下等とのコミュニケーションを行うことにより、パワーハラスメントが生じにくい環境を作り出すとともに、パワーハラスメントに関する相談がしやすい職場環境を作り出すことが重要である。
 また、職場における働き方についても、労使で十分話し合って、労働時間や業務上の負荷によりストレスが集中することのないよう配慮することも、パワーハラスメントをなくすことにつながると考えられる。

 (3)職場におけるパワーハラスメントへの理解促進
  「職場のパワーハラスメントの予防・解決に向けた提言」をもとに、各企業は、自社の状況を踏まえ、労使の話し合いのもと、会社としてのパワーハラスメントについての考え方を整理し、職場においてパワーハラスメントの予防・解決への意識啓発を進めていくことで、パワーハラスメントかどうかの判断やパワーハラスメントといえない相談が寄せられるといった課題の解決に近づくことが期待される。

 パワーハラスメントの予防・解決への取組を進め、従業員の関心が高まることで、一時的にはパワーハラスメントの相談が増えることも予想されるが、しっかりと相談に対応していく中で、各種取組の効果が現れ、将来的にはパワーハラスメントをなくすことにつながると考えられる。

 生きていく上で切っても切り離す事が出来ない"仕事"。そんな仕事上でトラブルが起こった際、一人で悩む必要なんてないんです。私たちが全力でサポートさせて頂きますのでご安心ください。人生の半分を費やす時間でもある仕事をより楽しくなる未来になるよう私たちにお任せ下さい。

セクハラ認定


セクハラ認定

セクハラ

セクハラはセクシャルハラスメントの略語で、日本語で「性的嫌がらせ」という意味で用いられる言葉である。


2次会は会社業務の延長」セクハラ認定
 
 
会社と男性社員に計33万円を支払い命令

 新入社員歓迎会の2次会で「男性社員からセクハラを受けた」として、会社の派遣社員だった20代の女性が、同社と男性社員に計約120万円の損害賠償を求めた訴訟で、福岡地裁は22日、同社と男性社員に計約33万円を支払うよう命じた。裁判官は「2次会は会社の業務の延長だった」との判断を示し、会社の使用者責任を認めた。


 判決によると、女性は昨年7月から同社の販売店で勤務。翌月、新入社員の歓迎会の2次会が市内のスナックであり、女性がカラオケを歌っている際、男性社員が太ももを抱きかかえて持ち上げ、同僚の前でスカートがずり上がった。

 裁判官は「女性の性的羞恥心を害する行為であったことは明らか」と指摘。2次会も「職務と密接な関連性がある」と判断した。

 会社は「被害者の女性に深くおわび申しあげます。今後は社内での再発防止に努めてまいります」とコメントした。

 立場の弱い派遣社員はセクハラ、パワハラのターゲットとして狙われやすく、被害に遭っても仕事を失うことを恐れて相談することも難しい。一方、雇用側は相談があったら派遣社員を解雇してしまえば問題をなかったことにできると説明し、法改正で派遣社員の使い回しができれば、ハラスメントが横行する原因である。

 

セクハラ講師

セクハラ講師


 講師、教師のセクハラ問題は比較的多く問題となっています。教える立場の者のモラルがこんなものでは、教え子たちのモラルも疑われてしまいます


セクシャルハラスメントとは、日本語で「性的嫌がらせ」という意味で用いられる言葉である。セクシュアルハラスメントともいう。日本では、略してセクハラと言われることもある。

 

 千葉県教委は、校外学習先で同僚女性職員にセクハラ行為をしたとして、県立市川昴高校の男性講師(53)を停職3月の懲戒処分にした。男性講師は同日付で依願退職した。

 県教委によると、男性講師は5月1日、校外学習で3年生を引率して東京ディズニーランド(浦安市)に行った際、一緒に巡回していた同僚の女性職員に対して、胸の大きさを話題にしたうえ、同日、女性の胸の辺りを指で1回突いたとされる。女性職員が同月20日午後、校内のセクハラ防止委員に相談して発覚した。

 男性講師は「女性職員は娘のような存在で、これくらい大丈夫だと考えてしまった。相手の気持ちを理解できずに迷惑をかけて申し訳ない」と反省しているという。

 また、県立薬園台高校に勤務していた再任用の男性教諭(63)が生徒の答案用紙を紛失した問題で、県教委は15日、この教諭を減給10分の1、6月とした。答案用紙は5月16日、男性教諭の自宅があるマンションの自治会室で見つかり、県教委は今後、採点して正しい成績をつけ直すとしている。

 県教委はこのほか、2月に野田市内で交通死亡事故を起こした同市立小学校の女性教諭(43)について戒告とした。女性教諭は5月、自動車運転処罰法違反(過失致死)の罪で松戸簡裁から罰金100万円の略式命令を受けたという。

セクハラで停職

 セクハラで停職


 一般的にセクハラとは職場等で行われる性的な嫌がらせのことです。特にその多くは男性上司が女性の部下に対し自らの立場を利用して行うものがほとんどです。
そして,不満を持っているのにも関わらず職場で噂がたったりすることを恐れて何もできずに泣き寝入りしている人がほとんどだと思います。

水面下でコンサルタンティングを行うので周囲に何も知られることはなく、今まで通りの生活を営むことができます。
また、裁判で訴訟を起こすことをお考えのでは場合裁判の証拠資料として採用される証拠をとることもできます。
クライアントの皆様が望む最良の形で解決することが可能です。

セクストーションとは、性的な脅迫です。交際相手などの性的な関係を持った相手から脅迫される被害です。性癖についてや浮気や不倫関係などをネタにして脅迫される被害です。羞恥の面でも相談出来ない事を知って被害に泣き寝入りしても解決にはいたりません。

高校教諭「スキンシップのためで性的興味はなかった」 生徒3人にセクハラで停職

 
 神戸市教育委員会は30日、女子生徒3人にセクハラをしたとして、市立高校の男性教諭(31)を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。教諭は依願退職した。

 市教委によると、教諭は2013年4月以降、担任する生徒2人と顧問を務める運動部の生徒の胸や尻を十数回触った。廊下ですれ違いざまに触ったといい、教諭は「スキンシップのためで性的興味はなかった」と話した。

 また神戸市は30日、14年4~6月に同僚の女性職員の手を触るなどしたとして、建設局の男性技術職員(28)を停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 市教委と市の処分は14年10月9日付。いずれも被害者保護のためとして公表していなかったが、被害生徒が卒業するなどしたため明らかにした。

プチ・セクハラ

 プチ・セクハラ


 飲み会で異性の部下にボディタッチしたり、出張先のホテルで無理やり関係を迫るような行為は明らかなセクハラで、一発退場である。対して、1度だけではアウトにならないが、無神経に繰り返せば一発退場プチ・セクハラ行為がある。

たとえば世間話の中で、未婚の同僚や部下に、1度だけ「結婚はまだ?」と質問した程度で慰謝料が発生するような事態になることはまずない。

 しかし、会うたびに同じ質問を投げかければ、重荷に感じて就業意欲をなくしたり、うつを発症する人すらいるかもしれない。そうなれば立派なセクハラであり、相手から訴えられて慰謝料が発生したり、会社から懲戒処分を受ける可能性がある。

 数年前に流行した、30歳以上の未婚者を指す「負け犬」といった言葉なども安易に使うべきではないだろう。既婚者に対して「子供はまだか」などと尋ねる行為も極力控えるべきだ。出産や結婚は極めてプライベートな問題であり、職場であえて話題にする必要はない。

 部下を「○○ちゃん」と呼ぶのも危ない。たとえばテレビ業界のように男女関係なく"ちゃん付け"で呼ぶことが1種の文化と化しているような職場ならともかく、"さん付け"が定着している職場で、特定の異性だけを「○○ちゃん」と呼べば、何か特別な意味合いがあると判断されても仕方がない。

 露出度の高い服装で出勤した女性社員に、「男を誘うような服装をするな」と注意するのはプチ・セクハラである。かといって、自尊心を傷つけないように「セクシーでいいけど」「僕は好みだが」と余計な前置きをすると、性的なニュアンスを含んでしまう。「業務に相応しくないので気をつけて」と淡々と指導すれば事足りる。

 飲み会の後、女性社員をタクシーで自宅の前まで送るような行為も気をつけたほうがいいだろう。特に1人暮らしの女性の中には、男性に自宅を知られることを脅威に感じる人もいる。実際、「送ってくれた上司が無理やり部屋に上がり込もうとした」「踊り場でキスされそうになった」といった被害が後を絶たない。特に相手が嫌がっているように見えるときは、タクシー乗り場や自宅の手前まで送り届ける、もしくはタクシー代だけを渡して1人で帰ってもらい、後日領収書を受け取って精算するというやり方が賢明だろう。

セクハラの被害を受けた時にまず、すべきこと

 セクハラの被害を受けた時にまず、すべきこと

 

 セクシャル・ハラスメントの被害を受けた時、どうすればいいか? その判断は実に難しい。唯一の正解はないかもしれない。今回は、その難しい決断をする前段階で、何をどうするべきかを考えたい。ここ10年ほどセクハラ対策を通して感じてきたことをもとに、対応策を考えてみた。もちろん、ここに記したことが正しいか、あるいは最善策かはわからないが、多少でも参考になればと思う。

1.まずは情報・証拠を集める

 まず、自分が受けた・受けている行為が「セクハラ」と呼べるものなのか、そうでないのか、と悩んだら、まずは情報を集めよう。そのうえで専門家に相談依頼をするとよいでしょう。

2.相談をするならアイ総合コンサルタントへ

 現状を知り、明らかに「セクハラ」であると確信をもつことができて、相談に行こうと思ったら、アイ総合コンサルタントに電話をしてみよう。守秘義務を守る。情報が会社などに漏れることはない。おそらくその職員は女性である可能性が高い。

アイ総合コンサルタントは、セクハラへの対応がきちんとできる体制になっている。電話をしてみて、アポイントをとってください。その際、名刺や身分証明書、セクハラの現状を紙に書き出してまとめたものを持参すると、話がスムーズに進みます。


一般的にセクハラとは職場等で行われる性的な嫌がらせのことです。特にその多くは男性上司が女性の部下に対し自らの立場を利用して行うものがほとんどです。
そして,不満を持っているのにも関わらず職場で噂がたったりすることを恐れて何もできずに泣き寝入りしている人がほとんどだと思います。

しかし、当アイ総合コンサルタントでは水面下でコンサルタンティングを行うので周囲に何も知られることはなく、今まで通りの生活を営むことができます。
また、裁判で訴訟を起こすことをお考えのでは場合裁判の証拠資料として採用される証拠をとることもできます。
クライアントの皆様が望む最良の形で解決することが可能です。

公務員のモラル

公務員のモラル

大阪 京都 神戸 岡山 広島

この話は公務員だけの話ではありません。一般企業などももっとひどいのが現状です。


元教育実習生にセクハラで副校長を処分


 「パンスト売ってくれ」とトイレで脱がす 


  教育実習生だった女子大生に「パンストを売ってくれ」などとせまり、5千円で購入したとして東京都教育委員会は16日、多摩地区の公立小学校の男性副校長(57)を停職6カ月の懲戒処分にした。都教委が「セクハラにあたる」と判断した。副校長は同日付で退職した。

 都教委によると、副校長は昨年10月7日夜、5月まで教育実習に来ていた20代の女子学生を居酒屋に呼び出し、「知り合いの老人に頼まれた。いま履いているストッキングを売ってほしい」などといい、トイレで脱がせた上で5千円で購入した。

 また、同月10日夜にはカラオケ店に呼び出し、「退職後はマッサージ師になりたい」などといって、女子学生に断られたのに約1分間、右手で女子学生の左肩や首をもんだり、腕をさわったりしたという。

 副校長はストッキングの購入にあたり、事前に「口は堅い方か」などと聞き、いったんは断られたものの「コンビニで(新しいものを)買えばいいじゃないか」などと言って押し切ったという。


 警察学校の元教え子の体さわる、口止めも 


 警察学校の教え子だった女性警察官を脅して体を触ったとして、大阪府警は29日、強制わいせつの疑いで、府警捜査4課警部補、大川博之容疑者(43)=同府泉大津市板原町=を逮捕した。

 府警監察室によると、大川容疑者は10月3日付で異動するまで府警警察学校の教官を務めていた。10月11日昼ごろ、教え子だった20代の女性警察官を呼び出し、大阪市内の居酒屋などで飲食。午後8時半ごろから女性の同期が暮らす職員住宅に上がり込み、酒に酔った女性が別室で寝たところを布団の中に入り込んだという。

 逮捕容疑は同日深夜、女性の下着の中に手を入れ、胸や尻を触ったとしている。

 女性は「やめてください」と抵抗したが、大川容疑者は「声を出したら聞こえるぞ、ばれてもいいんか」と脅迫。翌12日には「内緒やぞ」と口止めのメールを送ったという。

 大川容疑者は調べに対し「事実は少し違う」と容疑を否認しているという。

 大村喜一監察室長は「教官の立場を利用した言語道断の行為で極めて遺憾」とコメントした。

セクハラ 示談交渉

セクハラ 示談交渉


 

大阪 京都 神戸 岡山 広島

自ら彼女のセクハラ示談交渉


 職を奪った軽率な行動


  自分の交際相手がセクハラを受けていると知れば、どう対応すべきなのか。巡査は、彼女に性的な嫌がらせをしていた相手と自ら交渉し、示談金100万円で決着を図った。


 しかしトラブルに発展し、警察から処分を受けて依願退職する羽目になった。示談金の金額を最初に持ちかけたのは相手の方で、示談金も実際に支払われていなかったが、警察官を名乗って起こしたトラブルである点を重視。「倫理的に問題がある」と処分に踏み切った。


「警察官」の名刺渡す


 監察官室によると、ことの始まりは3月。元巡査が、交際相手の20代の女子大生=から受けた相談がきっかけだった。


 女子大生は当時、同じ大学に通う20代の男子学生からの過剰な身体接触や言動に悩んでいた。相談は「警察官としてではなく、あくまでも交際相手として受けた」(監察官室)という。


 元巡査が女子大生にしたアドバイスは2つあった。1つは「彼氏が怒っている」と伝えること、もう1つは、交際相手が警察官であることを明かすように-という内容だった。


 しかし、男子学生の行為は収まらなかった。そこで元巡査は5月中旬、2人が通う大学を訪れ、男子学生と接触。男子学生に京都府警の名刺を渡し、自身が警察官であると示した。男子学生は、元巡査に対し女子大生への行為を認めたという。


 「もめたくなくて警察官と明かした」。元巡査は監察官室の調べにそう釈明したという。

セクハラ で寛大な処分

セクハラ で寛大な処分

大阪 京都 神戸 岡山 広島

加古川市職員 店員にセクハラ 



勤務中、繰り返し体触る



 兵庫県加古川市環境部の50代男性職員が勤務中にコンビニエンスストアに立ち寄り、複数の女性店員にセクハラ行為を繰り返していたことが6日、関係者への取材で分かった。10月上旬に外部からの連絡を受け、市も問題を把握していたが、店側の意向を理由に職員の処分は見送っている。


 関係者らによると、職員は一般家庭ごみの回収中に市内のコンビニを繰り返し訪れ、約1年前から女性店員の体に触れるなどしたという。9月末には店員の腕をつかみ、自分の下半身を触らせようとした。被害に遭った複数の店員が店を辞めているという。


 兵庫県加古川市によると、10月1日に届いた苦情メールで発覚。同部幹部らが店の防犯カメラなどを確認して「悪質で、明らかな処分対象行為」と判断。しかし、店側から「再発防止だけを願う」などと求められ、職員の所属する課を対象とした注意や倫理指導にとどめたという。問題は一定の解決ができたとして市長には報告していなかったという。


 兵庫県加古川市幹部は神戸新聞社の取材に「処分すべき事案で悩ましいが、苦情の内容は全員がいる場で伝えたので本人は分かっているはずだ。再びセクハラ行為をした場合は厳重に処分すると警告した」と説明している。


セクハラか否か

セクハラか否か

大阪 京都 神戸 岡山 広島


裁判官たちを悩ませた"被害者・女子学生"8000通のメールの「中身」


 「望まない性的関係」を訴えるはずの大量のメールは、逆に親密ぶりを裏付ける根拠となった。京都にある大学で元特任教授だった男性(70)が、別の大学院に通う当時20代の女子学生へのセクハラを理由に懲戒解雇したのは違法として、大学側に損害賠償などを求めた訴訟。1、2審判決とも「女性側が性的関係を望んでいなかったとは言えない」として解雇処分を無効とする一方、賠償請求は退けた。



 裁判所がセクハラの有無を判断する材料にしたのが、女性が男性に送った約8千通の膨大なメール。愛憎入り交じるメッセージだったようで、判決も「男性に親密だったり批判的だったりして、真意がどこにあるのか理解しがたい」とこぼすほどだった。一体、裁判所を悩ませるメールとは、どのような内容だったのか。


その夜、手首の切り傷に気付いた


 1審、2審の判決から2人の関係やメールなどのやり取りを振り返る。



 2人の出会いは平成19年4月。男性は大学の特任教授に就任し、女性は別の大学院の博士課程に入学した。女性の指導教官が男性の教え子だったのが縁で、指導教官を交えた会食の席で知り合った。



 男性は哲学や美学の分野では国内有数の研究者で、会食した際に「女性が自分に関心を持っている」と感じたという。その後の展開は早かった。3カ月後の7月に美学の研究会で2人は再会すると、宴会の後、男性は女性を自宅に送り届けるまで話し込み、異性として意識するようになった。



 別れた直後に雨が降り出し、駅のベンチに座っていると、女性はわざわざ男性を追って来て傘を差し出した。心を打たれた男性は再び女性を自宅まで送った。自宅前で女性の様子から「待っている」と直感した男性はキスをした。



 男性が帰宅後、女性に傘のお礼のメールを送ると、女性はこう返信した。

 無事にご帰宅されましたでしょうか。人の心、というよりも私の心は闇ですね



 男性が女性の「心の闇」を感じたのは8月。2人は食事を楽しんだ後、女性宅へ向かい、肉体関係を結んだ。このとき、男性は女性の手首に切り傷があることに気づいた。

警察内のセクハラ

警察内のセクハラ

大阪 京都 神戸 岡山 広島


 男性社会だからと言い訳はできない



増える警察内セクハラ、女性登用に黄信号 指導役管理職まで処分



 警察庁が23日に明らかにした平成25年の警察官・職員の懲戒処分者389人のうち、「異性関係」を理由とした処分が112人と突出している。このうち男性警察官による女性警察官へのセクハラは42件に上っており、警察内外での男女間のトラブルだけでなく、警察内部で起きるセクハラ問題への対処も求められそうだ。



 全国の警察内部で発覚したセクハラ問題について、警察庁が統計を取り始めた22年は18件だったが、23年は20件となり、24年は34件、25年は42件と増加傾向となっている。



 最近の主なセクハラ例としては、神奈川県警の男性警察官4人が後輩の20代の女性警察官にセクハラした問題が発覚。カラオケボックス内で女性警察官に服を脱ぐことを強要し不意にキスをしたとして、うち2人が昨年1月に逮捕された。



 高知県警と京都府警では昨年、女性警察官の体を触るなどのセクハラで2人が処分。愛知県警では24年、女性警察官へのセクハラで警部補が強制わいせつ容疑で逮捕された。



 本来はセクハラ問題が起きないよう指導する立場の管理職も処分されている。福島県警では20年、警察署長が部下の女性署員の体を触るなどのセクハラ行為を長期間にわたり繰り返していたとして処分された。



 全国警察の現在の女性の割合は約6・8%。警察庁は35年までに女性の割合を10%に引き上げ、女性警察官を積極的に登用する計画を進めているが、身内のセクハラが阻害要因ともなりかねないのが実情だ。



 警察庁幹部は「セクハラ問題は女性警察官の登用にはマイナス。セクハラ相談制度などを設け対策を取っているが、何より職員の意識改革を図っていきたい」と話している。



セクハラ部長

前代未聞64歳セクハラ部長を公募採用した大阪府


 20代の女性職員に回し食いやマッサージを強要した上、自宅にアポなしで訪問する。こんなセクハラ行為を繰り返し、減給10分の1(6カ月)の懲戒処分を受けたのは、○○○○○○府知事が肝煎りで始めた公募制度で初めて民間から採用された○○○○(○○○○)・府商工労働部長(○○)=自主退職=だった。そもそもなぜ、こうした"セクハラ部長"が府の要職に選ばれたのか。○○市でも公募人材の不祥事が相次いでいるだけに、今回の問題は制度の根幹を揺るがしかねない事態に発展している。


そうだ、京都行こう


 「食事に行かないか?」 笠原氏はいつもそう言って部下の女性職員を誘い出していたという。

 昨年11月からの約1年間で、なんと9回。しかも驚くべきことに休日に出掛けたのは5回で、そのうち1回は地理に詳しいという理由で京都まで2人で電車で出掛ける"デートまがい"の行為にまで及んでいた。

 11月には2人で大阪府内の飲食店へ。隣に座らせた女性職員に、自身が腰痛持ちであることをアピールした上で「マッサージをすると腰が楽になる」と話し、肩から腰を指圧するよう要求。その後、笠原氏は女性職員の肩から腰にかけて約1分間にわたって指圧の"お返し"を行ったという。

 たまりかねた女性職員が告発し、発覚した。○○府人事課が調査した結果、問題行為は約1年前から行われていたことが判明。女性職員の訴えの中には、そばの回し食い強要という"トンデモ行動"も含まれていた。


 今年7月、女性職員と2人で食事に出掛けた○○氏は女性職員が食べていた天ぷらそばを取って、つまみ食いした後、再び女性に返し、食べるよう強要した。女性職員は人事課の聞き取りに、「上司の要求に逆らえなかった」と答えたという。


 ここまでくれば、採用した側の責任もあると思います。



大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

セクシュアル・ハラスメント


セクシュアル・ハラスメント 


大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

 

 

 セクシュアル・ハラスメントとは、時・場所・相手をわきまえずに、相手を不愉快にさせる性的な言動のことです。セクハラとなるかは、あくまで平均的な女性がその状況で、そのような言動を受 けた場合、不快と感じるかを基準に判断されます。 つまり被害者の受け方が基本となるのです。そんなつもりではないと言っても相手が思っていたなそれでは済まされる問題ではないのです。

 

 とはいっても、特に繊細で不快と感じやすい人の場合でも、不快な言動が続けられた 場合にはセクハラとされることもあり、快か不快かを決めるのはあくまで、そのよう な言動を受けている人ということになります。

 

 セクハラは、「対価型」と「環境型」に大別されます。しかし、現実は、さらにエスカレートしたケースでの相談を受けることが多くあります。

 

 具体的には、性的言動を超えて、肉体的な行動までに及んでいることも多くく、胸をもまれる、尻を触られる、肉体関係を迫るなどがあげられます。

 

 最近では、解雇をちらつかせ肉体関係を迫っていたケースもありました。

 

一人で悩まず、私どもへご相談ください。貴方の力になります。セクシュアル・ハラスメント は相談しにくい問題ですが勇気を出して相談ください。



セクシュアル・ハラスメントの解決なら


アイ総合コンサルタント 


相談ダイヤル 0120-007-808

処分軽いセクハラ事件

処分軽いセクハラ事件


大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島


岡山市のセクハラ事件

 

 

 岡山市は、市の外郭団体の女性職員にセクハラ行為をしたとして、団体を担当する40代の係長級男性職員を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にしたと発表した。なんと軽い処分をした。 セクハラ人権問題にもかかわらずこの処分でした。
 

 

 ほぼ1年ぐらい、下着の色や恋人の有無を尋ねたほか、「(教えないと、外郭団体にとって)不利益になるかも」などと言って無理に携帯電話のメールアドレスを聞き出したという。同時に、男性職員と一緒に性的な言動をした係長級男性職員を訓告、上司の課長級職員を厳重注意としたとのこと。これは明らかにパワーハラスメントです。

 

 男性職員は「コミュニケーションをとる必要があった」申し訳ないことをした」とすごい言い訳。それにしても処分が軽すぎです。


 このようなパワーハラスメント、セクシャルハラスメントでお困りの方は当社にご相談ください。あなたの力になります。話を持って行くところによってはこのような処分しか見込めないこともあり。悔しい思いだけが残ってしまいます。


 セクハラ、パワハラの加害者には罪の意識もなくこの様な行為を行っているケースばかりで、本人に直接話をしても効果は見込めないのが現状です。



セクハラ解決なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

セクハラ解決 セクハラ事件

セクハラ解決 セクハラ事件

大阪 京都 神戸 岡山 広島 

  岡山市のある職場で女性社員が男性社員からセクシュアル・ハラスメントを受けた。被害者は、急性ストレス障害で一ヶ月の休職を余儀なくされましたが、勇気を出して被害の事実を当社に相談に来られました。2か月後には職場で審査会が設けられ双方に調査をしていますが、被害者と加害者の主張は異なりましたが、当社で証拠撮りをしていたので強制わいせつ容疑で刑事告訴をしました。

 証拠を基に主張をすることがこのようなときには重要なことです。相手は自分に不利なことを証言することはまずあり得ません。また主張するには、主張する側が事実を基に主張することが前提です。幸い当社がコンサルタントをし証拠集めをしていたため後手に回ることはありませんでしたが、証拠もなしで戦っていたらと思うとぞっとします。
 

 

 あるところでアンケートをした結果ですが、女性社員 の回答者の3割がセクハラに遭遇し、最も多いのが「体に触れられた」。セクハラが起きたとき、大多数が何も言えなかったとし、相談もできず自分の中でおさめている人が多いという結果がでています。
 

 

 当社ではセクハラを許しません。セクハラで悩まれている方は当社に相談ください。力になります。悔しい思いをして我慢しているだけでは状況を変えることはできません。勇気を出して相談ください。


セクハラ相談なら

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島

セクハラ対処法 女性のトラブル解決 

セクハラ対処法 女性のトラブル解決 


 大阪 京都 神戸 岡山 広島

セクハラ対処法

 

 職場の性的言動によるいやがらせのことをセクハラ といい、セクハラの具体的行為とは、どのようなものかと言えば次のとうりです。


1 不快に感じたり、職場にいずらくされる、性的言動をすること。


 

2 性的言動への対応により解雇、降格、減給などの不利益を受けるなどがあげられます。


 「やめてください」と必ず拒否してください。と言いたいところですが、実際には難しい面があります。

 

そのようなときには、当社に相談ください。セクハラはほっとくと、益々エスカレートする傾向があります。



表沙汰にせずセクハラを解決


 当社に求められるセクハラの対応は、「表沙汰にせずセクシャルハラスメントを解決」というのが大半を占めています。やはりセクハラの対応は誰にも知られずするというのが基本的には優先されることです。

 

 表沙汰にしてしまえば、クライアントに不利益になることは誰も目にも明らかなことで、対応によってはクライアントを窮地に追い込まれることもあります。そのために当社では、十分なヒアリング、十分な打ち合わせ、十分な資料をもとに対応、対策を考えていきます。


 安心して、当社にセクシャルハラスメントのことを相談してください






表沙汰にせずセクハラを解決


セクハラ解決のアイ総合コンサルタント


セクハラ相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島

 


セクハラ 誰にも知られず対応

セクハラ 誰にも知られず対応


大阪 京都 神戸 岡山 広島

セクハラ なくならない理由

セクハラに記事を2つ上げます


児童母親にセクハラ

民間出身校長、教委が調査-○○市


 公募で○○月に採用された○○市立小学校の民間出身の男性校長が、児童の母親にセクハラ行為を行った疑いがあるとして、○○市教育委員会が調査に乗り出したことが○○日、分かった。校長が母親に私的なメールを送ったり、飲食を共にした際に体に触ったりしたとの情報が寄せられたという。


セクハラ、同性への言動でも

指針に明記―厚労省


 厚生労働省は27日、セクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)が異性に対する言動だけではなく、同性に対するものも含まれることを同省の指針に明記する方針を固めた。同日開かれた労働政策審議会(厚労相の諮問機関)の雇用均等分科会で方針を示し、了承された。
 指針にはセクハラの原因として、性別による役割分担意識があることを明記。また、結婚していることを理由として、女性(男性)だけを職種変更させることなども、差別に当たると規定する。


私が考えるセクハラがなくならない理由

1、 セクハラをする側の意識の低さ

2、 セクハラされても黙っている被害者

私は、この二つに理由があると考えています。

 

その中で私は、被害者の側に立って対応をしています。

なかなかセクハラされたからといって

大きな声で拒否できる人ばかりではありません。

 

セクハラで裁判なんてとんでもない。

そう思っている方が大半です。

 

なら、加害者以外、誰にも知られず対応すればよいのです。

 

その様な対応しか

クライアントを守る方法もないのです。

裁判なんかして、立場が悪くな方は多くいます。


そのうえ、セクハラの対応で最も重要と考えているのはクライアントが2次被害を受けないことです。

 

セクハラの対応は

実績のある当社にご相談ください。

 


アイ総合コンサルタント
相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

大阪 京都 神戸 岡山 広島

神戸市 セクハラ対策 神戸市セクハラは懲戒処分も

 神戸市 セクハラ対策 神戸市セクハラは懲戒処分も

 大阪 京都 神戸 岡山 広島

懲戒処分に関する指針を見直し、セクハラをした職員に最も重い免職を設けた。セクハラ行為に対する世間の目の厳しさなどの社会情勢を踏まえた新指針となる模様。

神戸市の現在の指針ではセクハラは減給か戒告だが、新指針では処分を3段階に分け、上司-部下間の上下関係や権力関係を用いた悪質なセクハラ行為については免職もあり得るとしている。

 

 

 

 

 

 

セクシャル・ハラスメント解決 兵庫県神戸市 

アイ総合コンサルタント

セクハラ解決ダイヤル 

0120-007-808

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

セクハラ解決 岡山 倉敷 セクハラ事件

セクハラ解決 岡山 倉敷 セクハラ事件

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

 

岡山市のある職場で女性社員が男性社員からセクシュアル・ハラスメントを受けた。被害者は、急性ストレス障害で一ヶ月の休職を余儀なくされましたが、勇気を出して被害の事実を当社に相談に来られました。2か月後には職場で審査会が設けられ双方に調査をしていますが、被害者と加害者の主張は異なりましたが、当社で証拠撮りをしていたので強制わいせつ容疑で刑事告訴をしました。
 

 

あるところでアンケートをした結果ですが、女性社員 の回答者の3割がセクハラに遭遇し、最も多いのが「体に触れられた」。セクハラが起きたとき、大多数が何も言えなかったとし、相談もできず自分の中でおさめている人が多いという結果がでています。
 

 当社ではセクハラを許しません。セクハラで悩まれている方は当社に相談ください。力になります。

 

 

セクシャル・ハラスメント解決 岡山 倉敷 

アイ総合コンサルタント

セクハラ解決ダイヤル 

0120-007-808

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

岡山 セクハラ解決 岡山市のセクハラ事件

岡山 セクハラ解決 岡山市のセクハラ事件

岡山市は、市の外郭団体の女性職員にセクハラ行為をしたとして、団体を担当する40代の係長級男性職員を

減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にしたと発表した。なんと軽い処分
 

 ほぼ1年ぐらい、下着の色や恋人の有無を尋ねたほか、「(教えないと、外郭団体にとって)不利益になるかも」な

どと言って無理に携帯電話のメールアドレスを聞き出したという。同時に、男性職員と一緒に性的な言動をした係

長級男性職員を訓告、上司の課長級職員を厳重注意としたとのこと。

 

 男性職員は「コミュニケーションをとる必要があった」とすごい言い訳。それにしても処分が軽すぎ、市にはそん

なコミニケーションのとり方があるとは知らなかった。

 

セクハラでいやな思いをしている方は当社へ相談ください力になります。

 

 

 

セクハラ解決のことならアイ総合コンサルタント

セクハラ解決相談ダイヤル

0120-007-808

大阪 神戸 京都 岡山 広島

 

セクハラ解決

セクハラ解決 大阪 神戸 京都 岡山 広島

 

 

セクハラ(セクシュアル・ハラスメント)とは、大きく説明すれば、以下の要件を満たす場合に成立するのです


1・企業内や学校内等での、権力的な上下関係により行われる性的な言動

 

2、それにより、行為を受けた側が苦痛・不快感を伴う事(受けた側の主観を重視)

3、又は、その行為、言動などにより就業環境・学習環境などが悪 化する事

 

言動の中にかには、「女のくせに・男のくせに」といった性差別に基づ言動も含まれます。よって被害者の主観で判断することによって、加害者にセクハ意図性的嫌がらせの意図がなかった場合で セクハ成立する場合がある事に注意が必要です。

「加害者の主観」セクハラの成立に全く関係ないのが現状です。それはつまり、セクハラをしようとする意思が全く無かったとしても、セクハが成立してしまう可能性が充分あるという事です。

 

ちなみに男性でも十分被害者になります。

 

当社では、被害者、加害者どちらの解決依頼を受けています。

 

一人で悩まず相談くださいあなたの力になります

 

セクハラ解決のことならアイ総合コンサルタント

セクハラ解決相談ダイヤル

0120-007-808