企業の問題解決方法 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

老害社員

老害社員


企業トラブル

 企業間のトラブルも増加しております。法人は備えるべき法律を徹底的に網羅しなければトラブルに負けることが多いです。それにも関わらず、ほとんどの法人は備えるべき法的対策を打っていません。

 法律のトラブルにあって、一発で会社がつぶれてしまう可能性のあるトラブルに遭遇するのはもう珍しいことではありません。そんなトラブルを回避するために私たちがサポートいたします


今職場で老害な社員が目についている。

死ぬまで権力を手放しそうにない中年社員がいる。
職場の老害といえば、昔話を持ち出し、若い世代一昔前の完成を無理やりに押しつけてくる社員がいる。


 老害社員の中には同僚にすでに差をつけられた30代の社員も増えており、新入そうそうの社員からも追い抜かれる一方で、新人や若手社員を相手に、的外れな説教やアドバイスをして会社の雰囲気を悪くしている。

 
組織の価値観を疑わずに何十年も働き続けた結果、社会や業界の変化についていけなくなり、50歳を過ぎたあたりから、会社の中で時代遅れの存在になってしまことが多かった。

 30代で老害と言われる人は、50代の老害とはかなり異なる。彼らは会社に入ってからも自分ルールを守り続け、本来は新入社員のうちに身につけるべき仕事の基本や会社のルールをほぼ無視してきた。


  30代老害は、特に社内で権力を持ってるわけでもないし、大きな仕事を任されてもいない。だから実害は、しょぼいと言えばしょぼい。しかし、そのダメージはボデイーブローのじわじわと職場全体に効いてくる。


 アイ総合コンサルタントでは、お客様の情報は外部に漏らさないのはもちろんのことですが、それ以外にもまずお客様を第一に考えており、常にお客様と連絡を取りながら解決していきますので、ご安心ください!私たちはトラブル解決はもちろん、お客様がお願いして良かったと思って頂けるように日々努めております。



私的流用

 私的流用


 企業のトラブルも増加しております。法人は備えるべき法律を徹底的に網羅しなければトラブルに負けることが多いです。それにも関わらず、ほとんどの法人は備えるべき法的対策を打っていません。法律のトラブルにあって、一発で会社がつぶれてしまう可能性のあるトラブルに遭遇するのはもう珍しいことではありません。そんなトラブルを回避するために私たちがサポートいたします。


誰にも知られず 企業トラブルを解決



女性校長、修学旅行で私的流用1000万円


 埼玉県狭山市にある私立小学校の女性校長が、修学旅行のために訪れたアメリカで私的にテーマパークなどに出かけ、学校の費用から1000万円あまりを流用したと指摘されていたことが分かった。

  私的流用が指摘されたのは、狭山市の西武学園文理小学校の佐藤仁美校長。学校が設置した調査委員会の関係者によると、佐藤校長は、児童の修学旅行の視察や同行でアメリカに行った際、私的に「ディズニーワールド」やカジノなどを訪れ、これを学校の費用で支払っていたという。

  調査委員会の調べでは、私的流用は1000万円を超え、近く学校に報告書を提出するという。学校を運営する文理佐藤学園は、「報告書を受け取っていないので詳細は分からない」としている。

校長が体調不良を理由に調査委員会の聞き取りに応じていないことが分かった。父の理事長と連帯して不明朗な支出分を学園に弁済するか寄付することなどを求める報告書を提出する


次のような教育方針のようです

人間性あふれる心豊かな子供を育てる

  人に対する思いやりの心、感謝の心、そしていのちを大切にする心を持った文理生の育成をめざし、
レディー&ジェントルマン トップエリートを育て、リーダーシップ教育を実践します。
  本校では、小学校教育のなかでもっとも大切なことは基本的生活習慣とマナーをしっかり身に付けさせることであると考え、ごあいさつなどの礼儀・作法の教育を徹底します。
  また、お年寄りとの触れ合いや地域の清掃などのホスピタリティ活動を通じて思いやりの心を育て、教室や校庭、近隣の豊かな自然の中でのいきものとの触れ合いを通して命の尊さを学びます。
  さらに、芸術鑑賞会や美術館見学、校内の彫刻などを目にしつつ、日頃から一流のものに触れつつ審美眼を養い、人間味あふれる情緒豊かな文理生の育成に努めます。

スメルハラスメント

 スメルハラスメント

 香水の匂いで頭痛をおこすことがあることを知っておくことも必要です。ハラスメントの対策は他人を思いやるということが重要です。


自分の体臭が相手にとってはハラスメント的な行為になってしまうこともある、という意味です。

  「好きで体臭がキツイわけではないのだから、仕方ないだろ」自分で意識して体臭をキツクしている人などいませんし、汗や皮脂の分泌は生理現象ですから、自分ではどうすることもできません。ワキガだって、自分ではどうすることもできませんし、できるだけ臭わないように生活習慣や食生活を工夫していても臭ってしまいます。


 スメルハラスメントは、自分自身で体臭や口臭を解決できるケースもあります。虫歯や歯周病、歯槽膿漏などの疾患を抱えている場合などは、治療をすれば口臭の原因を取り除くことも可能です。他人の口臭がスメルハラスメントだと感じる人はたくさんいますが、その中でも歯周病などが原因の口臭は特に他人に不快感を与えることも多いようです。

  香水のつけすぎも、男性・女性に関係なく、香水の人工的な香りが嫌な人にとってはスメルハラスメントになります。自分では大好きな香りでハラスメントだなんて思っていない場合でも、他人にとっては臭くて仕方ないというケースも少なくありません。香水によるスメルハラスメントは、自分自身で簡単に予防することができるので、くれぐれも香水のつけすぎには気を付けるようにしましょう。

メニュー偽装

メニュー偽装

 

中国だけではない食品偽装

 玉ねぎの産地偽装など日本でも偽装は横行している。目的は利益を多く上げるために偽装をしていることが多いのです。中国産のもを日本産と偽るなどの問題です。

 偽装ではないのですが、カット野菜などは、ある農産物の産地のことですが、中国産の玉ねぎをカットして出荷しています。もちろん日本産として出荷していませんが、中国産とも書いていません。経営者いわく日本産の1割の単価で商品が仕入れることができるそうです。


 しゃぶしゃぶ店などを全国展開する「木曽路」(本社・名古屋市、松原秀樹社長)のメニュー偽装問題で、大阪区検は27日、不正競争防止法違反(誤認惹起じゃっき)の罪で、北新地店(大阪市)の50歳と41歳の元料理長2人と、法人としての同社を略式起訴した。
  
  起訴状によると、2人は2012年12月3日~14年7月17日ごろ、「しゃぶしゃぶコース」などで他県産の和牛を使用していたのに、「松阪牛」と表示して計約6700食を販売したとされる。
  同社の偽装問題では、同店と神戸ハーバーランド店(神戸市)、刈谷店(愛知県刈谷市)の計4人の元料理長と同社が書類送検されていた。区検は、北新地店以外の2店舗の元料理長2人については、起訴猶予処分とした。理由は明らかにしていない。
  同社広報は「処分を厳粛に受け止め、再発防止を徹底する」とコメントしている。 

禁煙

 

禁煙


星野リゾートの求人募集のことである。

禁煙が法律に問題があるかどうかではなく、企業側からのメッセージなのだからたばこを吸いたい人はこの会社に入らなければよいだけのことである。このように明確にしていることに拍手を送る。

 


作業効率
喫煙者は血液中のニコチン含有量の減少により集中力を維持することができなくなります。 私のホテル業界での経験の中で、スタッフの集中力を維持させるため、勤務時間中に喫煙をさせる対応を行っているケースを何度も見てきました。これはスタッフ本人の能力の問題ではなく、中毒症状という病理的な原因によるものであり、結果的に社員の潜在能力を低下させています。


施設効率施設効率

健康増進法の施行により、企業内の職場では分煙環境が必要になってきております。しかし、リゾート事業においては、少しでもスペースがあるなら顧客へのサービスに当てるべきです。
採算性の理由から厨房や作業用のバックスペースも節約している時に、社員の喫煙場所に投資するのは利益を圧迫することになります。


職場環境職場環境

喫煙習慣のある社員には喫煙のための場所が設置され、より頻繁に休憩が認められるということは、喫煙習慣のない社員から見ると不公平に感じる問題です。
「なぜニコチン依存症の社員だけを企業は優遇するのか」とアルコール依存症の社員が主張したら、従業員食堂の横に社員用のバーを設置するのでしょうか。ニコチンが切れて集中できないという状況は、アルコールが切れて手が震えるという状況と差はありません。
全員が喫煙習慣のない社員で構成するA社と、全員が喫煙習慣のある社員で構成するB社が競争すると、B社は最初から不利な環境に置かれます。人口が減少に転じ、本格的な淘汰の時代に突入し、企業が厳しい競争環境にさらされている時に、わざわざ最初から不利な環境を受け入れるべきではなく、星野リゾートグループはA社を目指すことで自らを防衛する必要があります。星野リゾートグループは、顧客にご満足いただき、効率的な運営をすることで競争力を身につけようとしている発展途中の組織です。その構成員である社員の皆さんには、私たちの組織がより有利に戦えるようご協力いただきたいと思っております。

心の病で労災認定

心の病で労災認定


 労働災害、略して労災とは、労働者が業務中、負傷(怪我)、疾病(病気)、障害、死亡する災害のことを言う。広義には、業務中のみならず、通勤中の災害も含む。狭義には、負傷(や負傷に起因する障害・死亡)のみを指す用語として使われ、疾病(や疾病に起因する障害・死亡)は指さないことも多い。


 特段指定しない限り、「労働災害」は広義の労働災害(労働者災害補償保険法、労災保険法)が対象とする業務災害と通勤災害


 労働者の業務上の負傷、疾病、障害又は死亡を業務災害という。「業務災害」として認定されるためには、業務に内在する危険有害性が現実化したと認められること業務起因性が必要で、その前提として、労働者が使用者の支配下にある状態にあると認められなければならない。

 過労や仕事上のストレスでうつ病など「心の病」となり、労災と認定された人が、2014年度、497人にのぼり、過去最多となったことがわかりました。

  厚生労働省によりますと、2014年度に、過労や仕事上のストレスで精神的な病気となり、労災認定された人は497人で、前の年度に比べ61人増えました。

  このうち、自殺に追い込まれた人は、未遂を含めて99人でした。労災認定と自殺のいずれも過去最多となっています。

  精神的な病気となった要因としては、「悲惨な事故や災害の体験」が最も多く、次いで「嫌がらせ、いじめ」、「1か月に80時間以上の時間外労働を行った」などとなっています。

収賄元准教授

 収賄元准教授


企業間のトラブルも増加しております。法人は備えるべき法律を徹底的に網羅しなければトラブルに負けることが多いです。それにも関わらず、ほとんどの法人は備えるべき法的対策を打っていません。法律のトラブルにあって、一発で会社がつぶれてしまう可能性のあるトラブルに遭遇するのはもう珍しいことではありません。そんなトラブルを回避するために私たちがサポートいたします!

 京都大医学部付属病院・臨床研究総合センターの医療機器納入をめぐる汚職事件で、京都府警に収賄容疑で逮捕された元准教授の丸井晃容疑者(47)が賄賂とされたバッグ以外にも、ブランド品や電化製品を贈賄業者側から受け取っていたことが捜査関係者への取材でわかった。京都・祇園や横浜での飲食接待も要求していたといい、府警は裏付け捜査を進めている。

  丸井容疑者は2012年と13年の2回、受注の便宜を図った見返りに医療機器販売会社「西村器械」の元京都支店副支店長、西村幸造容疑者(39)=贈賄容疑で逮捕=から海外製の高級キャリーバッグなど3個を受け取った疑いで逮捕された。捜査関係者によると、丸井容疑者は「海外のかばんを集めるのが好き。西村容疑者に持ってくるよう言った」と供述。別の海外ブランドのバッグや小物、電化製品も贈られていたという。

  捜査関係者によると、2人は09年ごろに仕事を通じて知り合い、頻繁に食事を共にする仲になった。そのなかで丸井容疑者が西村容疑者に対し、祇園の高級飲食店や出張先の横浜で飲食接待を求める趣旨のメールを送っていたという。

企業トラブル、企業においてトラブルの一つや二つあるものです。
これはどんなに健全な企業であろうが付きまとってきます。

企業トラブルと言うと、社員の横領背任、顧客トラブルを始め、事件、事故問題など様々です。

「事件」「事故」「トラブル」これらは、私たちが「ある行動」に出た途端に勢いづいて襲いかかり、最悪の場合、企業の息の根を止めるまで攻撃をし続けます。
そんな恐ろしい事態を引き起こす「ある行動」とは何か??

それは「事件・事故・トラブル対応を怠る事」、「それらから逃げる事」。

そして、事件・事故・トラブル対応の基本はひとつ。「逃げない」ことなのです。

一斉辞職

一斉辞職


 この記事で気なったのは保護者から威圧的な言動とはどんなものだったのか、またこの様な事をどのくらいやっていたのか気になる。

 この様な威圧的言動で職を辞するまで職員を追い込んだ保護者とはどんな人かすごく気になる。

 私個人的な考えなら、人権侵害を保護者がしていて学校も放置していたなら学校と保護者を相手取り喧嘩をしていると思う。

 実に真相が気になる事件である。

 鳥取県立鳥取養護学校(鳥取市)で、医療的ケアを担う看護師が不在になり、ケアの必要な児童生徒9人が通学できなくなっていることが分かった。以前から要員不足の事情があり、ケアの一部が遅れたことを保護者から批判された看護師6人全員が、一斉に辞職を申し出た。県教委は看護師の配置や相談体制の不備を認め、後任の人材確保を急いでいる。

  県教委が8日の県議会で報告した。同校には小学部から高等部までの児童生徒76人が在籍、うち33人がたんの吸引などのケアを必要とする。看護師6人は非常勤で、5月22日の授業終了後に全員が辞職の意向を伝えた。看護師の1人は、ケアが数分遅れたことについて、ある保護者から威圧的な言動を繰り返し受けたと訴え、他の5人も不安を募らせていたという。

  医療的ケアの必要な児童・生徒は現在、保護者同伴で登校するか、校外のデイサービス施設で教員の訪問授業を受けている。施設を利用せず家庭訪問を希望しない児童生徒4、5人が授業を受けられない状態という。

  野坂尚史校長は「本来は8人の看護師が必要。一刻も早く人材をを見つけたい」と話した。県教委は「医療的ケアを必要とする児童生徒が増え、看護師の体制が苦しかったとも聞いている。組織としての受け止めなどが不十分だった」と釈明。県看護協会などに派遣を要請中で、近く学校でのケアを再開する方針という。

 様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか?そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます。

企業トラブル

企業トラブル


近年、個人トラブルと同様に、企業間のトラブルも増加しております。法人は備えるべき法律を徹底的に網羅しなければトラブルに負けることが多いです。それにも関わらず、ほとんどの法人は備えるべき法的対策を打っていません。法律のトラブルにあって、一発で会社がつぶれてしまう可能性のあるトラブルに遭遇するのはもう珍しいことではありません。そんなトラブルを回避するために私たちがサポートいたします!

企業トラブル、企業においてトラブルの一つや二つあるものです。
これはどんなに健全な企業であろうが付きまとってきます。

企業トラブルと言うと、社員の横領背任、顧客トラブルを始め、事件、事故問題など様々です。

「事件」「事故」「トラブル」これらは、私たちが「ある行動」に出た途端に勢いづいて襲いかかり、最悪の場合、企業の息の根を止めるまで攻撃をし続けます。
そんな恐ろしい事態を引き起こす「ある行動」とは何か??

それは「事件・事故・トラブル対応を怠る事」、「それらから逃げる事」。

そして、事件・事故・トラブル対応の基本はひとつ。「逃げない」ことなのです。


誰にも知られず 企業トラブルを解決

 


スプレー噴射元従業員の男逮捕

 東京都板橋区志村の凸版印刷の工場で、侵入した男が催涙スプレーをまき、従業員10人が救急搬送された。警視庁志村署によると、催涙スプレーとスタンガンを持った元従業員の男(38)が廊下で暴れており、同署は建造物侵入の疑いで、従業員が取り押さえた男を現行犯逮捕した。容疑を認めているという。
  東京消防庁によると、喉などに痛みを訴え搬送された男女10人は、いずれも軽傷とみられる。同署は何らかのトラブルがあったとみて詳しい経緯を調べるとともに、傷害容疑でも捜査する方針。 

企業秘密

企業秘密


 企業のトラブルも増加しております。法人は備えるべき法律を徹底的に網羅しなければトラブルに負けることが多いです。それにも関わらず、ほとんどの法人は備えるべき法的対策を打っていません。法律のトラブルにあって、一発で会社がつぶれてしまう可能性のあるトラブルに遭遇するのはもう珍しいことではありません。そんなトラブルを回避するために私たちがサポートいたします。


 広くは企業活動に関する公表されていない情報で,企業が公表を欲しないものをいうが,一般にはそのうち経済的価値を持つ情報をいう。技術秘密および営業秘密がこれにあたり,英米でtrade secretといわれるものに相当する。企業秘密が企業の活動を支える重要な基礎をなすことはまれではない。
 個々の経済主体の創意くふうによって国民経済全体の発展を期待する自由競争経済制度のもとでは,企業秘密は法的保護を必要とする利益であり,これを包括的に保護する法律を持つ国もある。


上新電機を書類送検=エディオン秘密取得容疑 大阪府警

 家電量販店大手「エディオン」(大阪市)元課長の笹沢淳被告(53)=不正競争防止法違反罪で公判中=が再就職先の同「上新電機」(大阪市、中嶋克彦社長)に営業秘密を漏えいした事件で、大阪府警生活経済課は17日、同法違反容疑で法人としての上新電機を書類送検した。
  同法には、従業員らが違反した場合、法人に対しても3億円以下の罰金刑を科す両罰規定がある。同課は、笹沢被告が任意聴取で「上新で役に立つと思った」と話していたことなどから、業務に関する目的で営業秘密を取得、開示したと判断した。
  上新電機経営企画部は「府警には、個人が行ったことで会社が依頼したことではないし、それを利用した事実もないと説明している」と話している。

企業トラブル

企業トラブル


 ファミリーマート提訴へ


元オーナー「指導社員の不正追及→FC契約解除」


 コンビニエンスストア大手、ファミリーマート(東京)加盟店の元オーナー男性(46)が、一方的にフランチャイズ(FC)契約を切られたのは不当とし、近くファミマに対し契約解除の無効確認や損害賠償を求める訴訟を起こす。男性側によると、ファミマ社員による経理上の不正処理を男性が見つけ、責任追及したことが契約解除の背景にあるという。

  関係者によると、不正処理をしていたのは、平成26年5月まで東京都多摩地区で加盟店の指導にあたるスーパーバイザー(SV)職にあった男性社員。

  この社員は担当する加盟店の在庫だったギフト券「クオカード」を持ち出し、帳簿上は別の加盟店の在庫に移すなどし、不正にクオカードを取得。損害分は加盟店側の「営業雑費」として計上し、店側に負担させていた。

  不正に気づいた加盟店オーナーの指摘で、ファミマが調査を実施。この社員による不正処理で、6店に計55万9千円の被害が出ていたことが判明した。ファミマは店側に弁済したが、男性が経営する店以外の被害状況については説明していない。男性は「不正を全加盟店に説明し、過去にさかのぼって経済的実損を与えていないかを調査すべきだ」と訴えた。

  ファミマ側は26年11月、男性が売り上げの一部を本部に送金しなかったことなどを理由に、FC契約解除を通告。男性が経営していた4店のうち1店を閉鎖し直営店にしたという。

  男性側は店の内装費用などを負担しており、法的手続きを経ずに直営店とするのは不法占拠だと主張している。

  ファミマの広報担当者は「SVの不正については謝罪し、被害弁済も済ませており、契約解除と不正行為に関係はない」と説明。SVについては「社内基準に従って厳正に処分した」としているが、具体的な処分内容は公表していない。

個人情報

個人情報


バイトも情報を見放題


ベネッセ、ずさんな顧客情報管理の実態を、子会社元社員が告発


 7月、大手通信教育・ベネッセコーポレーションで約2000万件の顧客情報が流出していたことが発覚。事件の解明が進む中、外部の派遣社員が容易に機密情報を入手できる環境であったことが明るみになったが、元ベネッセ子会社社員は、「危うい環境はベネッセだけではない」と、コストを優先し顧客情報管理を軽視する日本企業の体質を指摘する。


 事件はベネッセグループのIT企業・シンフォーム東京支社に派遣されていた元システムエンジニアの松崎正臣被告=不正競争防止法違反罪で起訴=が、金銭目的で約2000万件の顧客情報を業務用パソコンにダウンロードし、さらにスマートフォンへコピーして名簿業者へ売り払っていた。


 「シンフォームは本社が岡山。基本は地方出身の人が多く、優秀な人材が集まりにくいため、派遣SEを雇わざるを得なかった構造な問題がある。それ以前に、顧客管理を子会社に丸投げし続けていたベネッセ本社に問題があるのでは」と疑問を投げ掛ける。さらに、「教材には広告もないし、書店への営業も必要がない。ベネッセの社員は『出版社の編集』という意識が強く、外部の人に頭を下げる機会はめったにない。理想論ばかり掲げて、世間知らずが多い」と批判する。


 今回流出した顧客情報の主な使用目的は、会員獲得のためのDM(ダイレクトメール)送付である。かつてベネッセは、アルバイトなどを使って市役所や区役所にある住民基本台帳の閲覧を申請し、生年月日と住所を収集してデータベースを作成し、DMを送っていた。2006年11月から総務省の方針が示され、役所では営利目的の閲覧制限が始まり、ベネッセはその前年から台帳を使った情報収集を廃止。現在は各地のイベントで、子供向けキャラクターのスタンプラリー等を実施し、参加者から情報を得るという地道な作業で個人情報の収集を行っている。


「無差別的にDMを送っていた頃、台帳を写すアルバイトが子供の名前の漢字を間違えて、クレームがよく入った。さらにひどいのが、病気や事故で亡くなった子供へのDM送付。知るすべがないので、季節ごとに延々と送り続ける。激怒した親が、涙ながらに『送るのをやめてくれ!』と怒鳴り込んでくることもあった。そんなクレームを受けるのは、すべて子会社の社員。教材の発送や入金管理といった雑務のほとんどは、子会社がアルバイトを雇ってやっていた」そうである

労災認定

労災認定


大阪 京都 神戸 岡山 広島


 自殺の英会話講師に労災認定



持ち帰り残業月82時間 女性が自宅で作成したレッスンの教材など


 大手英会話学校の講師だった女性(当時22)が2011年に自殺したのは、長時間の「持ち帰り残業」が要因だったとして、金沢労働基準監督署が今年5月に労災認定をしたことがわかった。女性は一人暮らしのため自宅の作業量の裏付けが困難だったが、労基署は女性が作った大量の教材などから作業時間を推定する異例の措置をとった。過労死等防止対策推進法(過労死防止法)が今月施行されたこともあり、女性の父親は持ち帰り残業の問題性を広く訴えたいとしている。



 女性は11年春、子ども向け英会話学校を各地で展開する運営会社「アミティー」(岡山市)に入り金沢市の学校で勤務。実家がある大阪府を離れて暮らしていたが、同年6月に自宅マンションから飛び降り自殺した。生前、持ち帰り残業の多さを聞いていた父親が労災認定を申請した。



  労基署の資料や代理人弁護士によると、労基署は、女性が入社後約2カ月間で主に自宅で作成した文字カード1210枚、絵入りカード1175枚の教材に着目。丁寧にイラストなどがあしらわれ、担当者が作ってみたところ、1枚につき29秒~9分26秒かかったという。これをもとに1カ月の持ち帰り残業時間を82時間と推定し、学校での残業を含めると111時間を超えたため、女性が長時間労働でうつ病を発症したとして労災を認定したという。



大まかにいえばストレスが原因なのでしょう。一人で抱え込んでしまったのか胸が痛みます。






お知らせ



無料相談はしてくれないの?」無料相談がご希望の方は、申し訳ありませんがお断りしています。

当社では無料相談を行っていません。無料相談を行わないのには理由があります。
まず、無料相談で解決することは不可能ですし、時間にも限界があります。どのような企業でも同じことですが、無料相談といえども費用はかかります。
 「時は金なり」という言葉もありますが、限られた時間をクライアント以外の無料相談に費やすことは、費用を頂いているクライアントにとって失礼ですし、デメリットになると考えています。
また、不十分な内容では、リスクまで考慮できないことが殆どです。このリスクを放置することで二次被害、三次被害へと及ぶ可能性が高くなります。それが基で、ご迷惑をかけることになるのです。

悪徳社労士

悪徳社労士


「障害」利用したモラルハザードとは


元「全聾(ろう)の作曲家」佐村河内守さんは、騒動後の医療機関診断で「聴覚障害に該当しない」とされ、身体障害者手帳を横浜市に返納した。



横浜市は、重度障害者医療費助成金として3年間で約24万3000円を支給していたと、会見で明らかにしている。また、本人は会見で障害年金は受け取っていないと説明した。


結局、最初から聴力があったのかなかったのかは藪の中だが、一連の佐村河内騒動を受け、世の中には本当は障害者に「該当しない」人が、障害者認定されている人もいるのだという事態があらためて浮き彫りになった。



そして、良くないことに、そんな不届き者に手を貸す士族がいるらしい。都内で開業するある社会保険労務士が、こんなことを教えてくれた。



「鬱(うつ)病患者の急増を背景に、たいしたうつ症状でもない人をターゲットとして、『障害年金2級』受給資格を得ることができるよう手続きし、手数料としてその10~15%を要求する社会保険労務士が物凄い数で増えているんです」



もちろん、障害年金を本来受け取るべき深刻な病気の人を手助けするのは、社労士の重要な仕事の一つだろう。



しかし、「不正の手助け」と言われても仕方がない実態があれば話は別だ。前出社労士によると、



「」



トラブル解決なら



アイ総合コンサルタント



相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 兵庫 岡山 広島


「ブラック企業」

「ブラック企業」

大阪 京都 神戸 岡山 広島


疑いの8割で法令違反 



未払い 時間外労働 厚労省が是正勧告

ブラック企業...明確な定義はないが、社員を低賃金で働かせ、長時間労働や過剰なノルマ、パワーハラスメント(パワハラ)などを繰り返す企業を指す。2008(平成20)年のリーマン・ショックなどで就職難が深刻化したことが背景にあり、インターネットを中心に広く知られるようになった。労働環境の過酷さから社員の離職率が高く、残業代不払いなど労働法に違反する事例も多いとされる。



 長時間労働などで若者を使い捨てにする「ブラック企業」の疑いがある事業所について、厚生労働省は17日、集中的に立ち入り調査した結果、約8割にあたる4189事業所で違反があり、是正勧告したと発表した。社員の約7割を管理職にして残業代を支払わなかった例や、ノルマ未達成を理由に基本給を減額するなどの悪質なケースもあった。是正に従わない場合は送検し、企業名を公表する方針。



 集中調査は今年9月に実施。全国の労働基準監督署が同月1日に行った電話相談への情報をもとに、若者の離職率が高い企業など計5111事業所を立ち入り調査した。



 その結果、全体の43・8%にあたる2241事業所で「違法な時間外労働(長時間労働)」があり、23・9%にあたる1221事業所で「残業代の不払い」が見つかるなど、82%の事業所で労働基準関係法令への違反があった。



 長時間労働が指摘された事業所のうち、過労死などの労災認定基準となる80時間以上の時間外労働があったのは1230事業所。うち100時間を超えたのは730事業所あった。



 業種別では、長時間労働は「運輸交通業」で最も多く、調査した事業所の56・8%で違反が発覚。さらに「接客娯楽業」(52%)、「教育・研究業」(44・2%)の順で多かった。残業代の不払いは「建設業」と「接客娯楽業」がともに37%で最多。規模別では従業員10~29人の企業が33・6%で最も多く、小規模な企業ほど違反が多かった。



 悪質なケースでは、20代を含む社員の約7割に係長などの役職を与えて残業代を支払わない「名ばかり管理職」が横行していた会社や、商品売り上げノルマを達成できなかったことを理由に基本給をカットする制度を設けていた企業もあった。また、パート社員に月170時間の時間外労働をさせたり、月80時間分の残業代を支払わず手当として3万円を支給するだけの会社もあった。






企業トラブル解決なら



アイ総合コンサルタント



相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島

企業トラブル 文書改ざん

企業トラブル 文書改ざん


大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

文書12件を改ざんし情報公開


 三重県は9日、県が2009年度に発注した鳥羽港(鳥羽市)の防波堤工事などを巡り、当時の県港湾・海岸室の室長ら4人が情報公開請求の対象文書12件を改ざんして公開していたと発表した。
 


 県は「県への信頼を根幹から揺るがす行為」として調査チームを設置し、8月末までに詳しい経緯を明らかにする方針だ。
 


  発表によると、改ざんされたのは中部地方整備局との打ち合わせ文書など。今年1月、情報公開請求を受けた際、対象となった19件のうち12件で文言を書き換えたり削除したりしていた。このうち、10年2月12日の文書では鳥羽港の防波堤工事について、不測の事態で工期を翌年度に延ばす「事故繰り越し」の手続きを協議したことが記録されていたが、公開文書からは削除されていた。
 

 同工事では結局、打ち合わせ後の同年2月末に発生したチリ地震による津波の影響で、県は国に翌年度への繰り越しを申請し、認められた。これに伴い国の補助金のうち、未執行分の約5200万円の返還を免れた。県は「当初から繰り越しを想定していたと誤解されると考えたからではないか」と説明している。
 


  県は調査結果を待って処分を決める。鈴木英敬知事は「県民に深くおわびする。詳しく調査し、信頼回復に取り組みたい」とのコメントを発表した。

 

  この様に情報を事実とは違うことを流せば、この情報を使うことは、あまりにも危険が多く、目的とは違う結果を導くこととなる。企業などでは、経営を誤ってしまう結果となる。情報は十分に精査し、または信用が置けるところからの入手が必要である。

企業トラブル ソーシャルメディアのトラブル

 

企業 トラブル


企業トラブル ソーシャルメディアのトラブル


 大阪 京都 神戸 岡山 広島


企業でのソーシャルメディア利用が増え、機密情報の漏えいやそれに起因した訴訟問題など悪影響が生じている実態が明らかになった。
 

 シマンテックは8月2日、企業のソーシャルメディア利用と情報保護に関する調査報告書を発表した。標準的な企業では、従業員が機密情報を公表するといった事件が1年に9件発生し、94%の企業が信用の失墜や収益低下といった悪影響に苦しんでいる実態が分かった。

 それによると、企業が経験したソーシャルメディア関連の主な事件は、「従業員がパブリックフォーラムで大量の情報を共有している」(46%)、「機密情報の漏えい、または公開」(41%)、「訴訟の増加」(37%)だった。金銭的な平均の被害規模は、「株価の低下」が103万8401ドル、「訴訟費用」が65万361ドル、「直接的な財務費用」が64万1993ドル、「ブランドイメージの悪化/顧客企業の信頼喪失」が63万8496ドル、「収益低下」が61万9360ドルだった。

 82%の企業は、ソーシャルメディアで発信される企業の機密情報の収集、保管、検索のための仕組みの導入、ソーシャルメディアの使用ポリシーと従業員のトレーニングプログラムの確立といった、さまざまな方策を検討していた。しかし、実際に導入しているのは25%未満だった。

 

 

 全てのコーポレートコミュニケーションと同様に、適切なコンテンツの投稿に関してソーシャルメディアの使い方を定義し、従業員をトレーニングする

 自社の業界に固有の法的、または規制上の要件を確認・理解し、ソーシャルメディアコンテンツの保存を求める規制に対処するためのポリシーを策定する

 業界の規制が厳しい場合は、特にソーシャルメディアコンテンツの自動取得と保存を可能にするアーカイブソリューションの導入を検討する

 情報漏えい防止ソリューションを実装して、機密情報が企業からソーシャルネットワーク上に流出しないようにする別の予防策も用意する


企業トラブル解決なら

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 

 

事業承継 大阪 京都 神戸 岡山 広島

事業承継

大阪 京都 神戸 岡山 広島


 ここ最近、トラブル以外の相談といえば事業継承の相談が多く、誰でも悩むことみたいです。
 

 そんな事業継承を考えている経営者によく言われることが「もうすぐよ」早く取り掛かってないと大変よあっという間にそうなってしまうから

 実際に、周りにも数名、会長職に専念している友人も出てきました年齢は、20ねんいじょう年上の方ばかりです。

 そうかといえば、75歳過ぎでもまだまだ頑張っている方も多くそんな方は、後継者がいないからといっています。

 事業規模が、300名以下などでは同族経営のほうが効率が良かったり、従業員数が100名以下でも
会社創業時のメンバーの息子を後継者にすることも多くあります。

 いずれにしても、事業継承、後継者選びは会社の存続に大きく影響が出てきますまた初代と比べて、2代目、3代目は役割が違ってきます

 初代経営者は、こうすれば事業が存続できる、こんな事をしてしまうと、事業存続が危なくなってくる
こんな事は身にしみてわかっています。

 しかし、2代目、3代目は経験もなくブレーンも実際にはいないのと同じですそんな時期を狙って、会社の存続を脅かすものが出てきます。

 初代との違いで2代目以降が大変なのが判断を誤った時の、方向転換これにてこずります。

 ほんとは、間違ったかなと思えばすぐに方向転換をすればよいのになかなか出来ずに無駄な費用と、無駄な時間を使ってしまいます。

 疑問を感じながらの経営のかじ取りは危険なことです。

 私は、初代、2代目と付き合いのあるところは多くその2代目から受ける相談の中に「初代だったらどうする」という質問です。

 常に先代の影が事業継承者に付きまとってくるのです。

引き継ぐものは大変です。

答えは簡単なことです

良いものは継続し

良いものを付け加える

そのための準備が事業継承と思います



トラブル解決なら

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島

横領、背任の手口

横領、背任6つの手口

大阪 京都 神戸 岡山 広島


タイプ1:支払用の小切手を振り出す際に金額を水増しし、金融機関で現金化して、水増し部分を

    着服。隠蔽のために、未払いの買掛金を支払済みとして記帳。


タイプ2:現金で回収した売上代金を着服。隠蔽のため、当座預金に虚偽の入金を記帳。


タイプ3:勝手に小切手を作成し、現金化して着服。記帳はせずに簿外の出金として処理。


タイプ4:福利厚生費の名目で架空の経費支払いをし、現金を着服。


タイプ5:社員向けの立替金や仮払金で精算された回収金を着服。


タイプ6:社員の親睦や冠婚葬祭目的のために給与天引きされた積立金を着服。


もちろん、それなりの管理体制をもっている会社であれば、これらの不正を続けることは無理だろう。例えば、売上金を着服すれば、営業サイドの数字と経理の数字が合わなくなったり、取引先に督促状が行きクレームが入ったりして、1、2か月のうちに不正が発覚する。あるいは、普通は、小切手は一人で勝手に振り出せないし、経理の帳簿もそう簡単にはいじれないはずだ。



しかし、実際にこのような事件が上場企業関連で起きているのだとすれば、「まさかうちでは起きっこない」と考えるのは危険だろう。ルールはあっても現場で守られていなければそれまでかもしれない。


上記の事件が発覚した時、犯人の上司も部下も「まさか、あの人が」と絶句したのではないだろうか。親会社の経営陣や内部監査部門も同じかもしれない。しかし、ほとんどの不正はその「まさか」が突然現実となって企業に危機をもたらす。そして、一度事件が起きれば、「信じてたのに」と

いう甘い言い訳は一切通用しない。


不正リスク管理に「あり得ない」「想定外」は禁句である。皆さんの会社の経理部門では、ベテランに任せきりの状況が放置されていないだろうか?不正を犯す側からリスクを見直したい。






横領、背任を解決したいなら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

情報の入手

情報の入手 文書12件を改ざんし情報公開

大阪 京都 神戸 岡山 広島

三重県は9日、県が2009年度に発注した鳥羽港(鳥羽市)の防波堤工事などを巡り、当時の県港湾・海岸室の室長ら4人が情報公開請求の対象文書12件を改ざんして公開していたと発表した。
 
 県は「県への信頼を根幹から揺るがす行為」として調査チームを設置し、8月末までに詳しい経緯を明らかにする方針だ。
 
 発表によると、改ざんされたのは中部地方整備局との打ち合わせ文書など。今年1月、情報公開請求 を受けた際、対象となった19件のうち12件で文書を書き換えたり削除したりしていた。このうち、10年2月12日の文書では鳥羽港の防波堤工事についても不測の事態で工期を翌年度に延ばす「事故繰り越し」の手続きを協議したことが記録されていたが、公開文書からは削除されていた。
 
 同工事では結局、打ち合わせ後の同年2月末に発生したチリ地震による津波の影響で、県は国に翌年度への繰り越しを申請し、認められた。これに伴い国の補助金のうち、未執行分の約5200万円の返還を免れた。県は「当初から繰り越しを想定していたと誤解されると考えたからではないか」と説明している。
 
 県は調査結果を待って処分を決める。鈴木英敬知事は「県民に深くおわびする。詳しく調査し、信頼回復に取り組みたい」とのコメントを発表した。

  この様に情報を事実とは違うことを流せば、この情報を使うことは、あまりにも危険が多く、目的とは違う結果を導くこととなる。企業などでは、経営を誤ってしまう結果となる。情報は十分に精査し、または信用が置けるところからの入手が必要である。

 

 

アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

企業の横領、背任を解決 

企業の横領、背任を解決 

大阪 京都 神戸 岡山 広島


「キャバ嬢に5億円貢いだ」元経理係長逮捕勤務していた会社の資金を自分の銀行口座に振り込ませてだまし取ったとして、警視庁中央署は11日、電子計算機使用詐欺の疑いで、工業用ゴム販売大手「シバタ」(東京都中央区)元経理係長、栗田守紀容疑者(33)=埼玉県朝霞市朝志ケ丘=を逮捕し
た。

  同署によると、栗田容疑者は同社が平成17年に開設したインターネットバンキングの法人口座の責任者で、同年ごろから192回にわたり計約5億2千万円を詐取したとみられる。「ほとんどをキャバクラ嬢に貢いだ」などと容疑を認めている。

  逮捕容疑は21年4月~22年7月、同社のパソコンを操作し55回にわたって自分の給与とは別に会社の資金計約2億3千万円を自分の口座に振り込ませ、だまし取ったとしている。

  税務署の調査で不正が発覚。同社は栗田容疑者を解雇し23年5月、警視庁に告訴していた。

  栗田容疑者は詐取したカネについて「数千万円を株の投資に使った以外は、ほとんどをキャバクラの支払いやお気に入りのキャバクラ嬢への送金に充てていた」などと供述しているという。

  この様な事案はどこでも起きているのは誰でも知っていることだが、実際に自分に降りかかった場合の対応には頭を悩ますことになります。

 
横領、背任のトラブル解決なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

岡山県津山市で背任事件 背任を解決

岡山県津山市で背任事件 背任を解決

 大阪 京都 神戸 岡山 広島

 岡山県津山市の背任事件

 

回収が見込めない顧客に融資したなどとして、背任や電子計算機使用詐欺容疑で、岡山県警捜査2課などは21日、○○信用金庫(岡山県津山市)○○支店長○○容疑者(52)=同県鏡野町○○=と、融資を受けた元土木会社社長○○容疑者(57)=同県津山市=ら計6人を逮捕した。両容疑者ら4人は容疑を認めているという。

 ○○容疑者ら信金側2人の逮捕容疑は2007~09年、融資が制限されていた○○容疑者の土木会社などに対し、別の関係者を名義人にして額面約270万円の手形を貸し付けたり、支店内の端末を不正操作し同社名義の口座残高を約475万円増額させたりし、同信金に計約1500万円の損害を与えた疑い。

  このように企業において背任行為が行われているのは、特別なことではありません。

  日常的とまでは言いませんが企業ではよくあることですが、そうならないための対策が非常に重要となります。このような教育、対策を十分に行っている企業と、そうでない企業では、発生率、被害金額などは当然違ってきます。

 当社で携わった案件では、社員5名の会社でも、2,000万円の損害を与えていた社員もいました。

  当然この様な事態になった場合は、正しい対応が望まれます。

  その様なトラブルにあったら、当社へ相談ください。貴方の力になります。


企業の背任トラブル解決なら


アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

横領罪 横領の対策

横領罪 横領の対策

大阪 京都 神戸 岡山 広島
単純横領罪(刑法252条)
自己の占有する他人の物を横領した者は、五年以下の懲役に処する。
自己の物であっても、公務所から保管を命ぜられた場合において、これを横領した者も、前項と同様とする。
業務上横領罪(刑法253条)
業務上自己の占有する他人の物を横領した者は、十年以下の懲役に処する。
遺失物等横領罪(刑法254条)
遺失物、漂流物その他占有を離れた他人の物を横領した者は、一年以下の懲役又は十万円以下の罰金若し
 
くは科料に処する。
この様な犯罪は、地方都市でも2.3千万の横領被害はごく当たり前のように数多く起こっています。原因は本人
 
が悪いのは当然ですが、内部監査の甘さから起こっているものが多く、おかしいと思っても直ぐに対応していれ
 
ば被害が少なくなっていたケースも多くありました。基本的な考えは「信用するための調べる」という対応をと
 
るのが最善と言えるでしょう。

 

 

横領の解決、横領の対策なら

 

 

アイ総合コンサルタント 

 

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 

内部告発を代行

内部告発を代行

大阪 京都 神戸 岡山 広島

内部告発とは

内部告発とは、企業、組織の身内が、所属組織、所属企業の不正や悪事(法令違反など)を、監督機関(監督官庁など)や報道機関へ通報することを言う。

 

組織、企業の不祥事は、この内部告発によって明らかになるケースが多い。

 

公益通報者保護法

2006年4月1日に施行された法律。

 

 

内部告発を行った労働者を保護することを目的とする。同法はあくまで「内部告発者を守る法」であり、組織

 の不正行為を摘発することが主軸のものではなく、したがって、内部告発者の保護はなされても、組織の不正

行為の摘発および是正に必ずしも結びつくとは限らない。

 

公益通報者保護法の施行後も、内部告発者に対する組織、企業による制裁は当然のように行われている。

 

この法律では保護される告発・通報の要件が色々と限定されており、告発者の立場や、通報先にも縛りがあ

り、この様な状況から、一部では公益通報者保護法は内部告発者の保護が不十分であるという指摘を受けて

いる結果となっている。

 

 内部告発はリスクを背負っていることを十分に認識してから行うことが肝心である。

 

当社ではそのようなリスクを回避するために、資料集め、代理告発を依頼を受ければ行っている。

 

 

内部告発代行なら

 

 

アイ総合コンサルタント

 

 

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

企業問題解決、トラブル解決

企業問題解決、トラブル解決

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

 企業問題

雇用問題、教育問題、資金問題、社内犯罪問題など、企業は様々な問題トラブルを、を抱えながら運営をしているのが通常です。

企業によっては、横領、背任行為が日常的に行われているところもあるぐらいです。コンプライアンスと数年前から厳しく言われていますが実情はひどい業界も実際にはまだあります。

 

当社は、あらゆる角度から企業、会社問題、トラブルを解決してきました。実際にはトラブル、問題解決には法律での対応が困難な事案も少なくなくあらるる専門家が解決までには必要なことも多くあらゆる方面からの解決を試みてきました。

また問題は、放置していても解決するわけではなく、かえって問題を悪化、長期化してしまうことは、みなさご存知だと思います。

 

問題、トラブルを解決しようと思ったら当社へご相談ください。貴方の力になります。

 

 

企業の問題・トラブル解決なら 

アイ総合コンサルタント

企業の問題・トラブル解決ダイヤル 

0120-007-808

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

企業の問題解決方法

企業の問題解決方法 大阪 兵庫 神戸 京都 岡山 広島

私たち経営者は、いつもやっていることや簡単な問題、トラブルについては、あまり深く考えずにどうするかを決め、行動に移すことができます。しかし、初めて出合うトラブルや複雑なな問題になると、冷静な判断や解決策を導き出すことは難しくなります。現状のままではいけないと思いつつ、何を判断に何をどう判断すべきかを悩み、具体的な行動に移せず状況の悪化を招いていることがある人も多いようです。

 
 少し考えて良さそうな案が見つかると、すぐ飛びついてしまうこともあります。運だめし見たいな事をことをして、いざ行動を起こしてみたら、自分の思っていたこととは違う結果をまねいたり、将来やりたいことに対して遠回りな選択だったということもあるのではないでしょうか。

 

企業の問題解決の近道

「やってみなければ分からない」というのは当たり前

「やってみなくても考えれば分かること」を十分に考えること

が必要となります

そんな時、アイ総合コンサルタントが力になります。

企業の問題解決 アイ総合コンサルタント

企業の問題解決ダイヤル

0120-007-808

大阪/兵庫/神戸/京都/岡山/広島