セクシャルハラスメント | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

セクハラ認定


セクハラ認定

セクハラ

セクハラはセクシャルハラスメントの略語で、日本語で「性的嫌がらせ」という意味で用いられる言葉である。


2次会は会社業務の延長」セクハラ認定
 
 
会社と男性社員に計33万円を支払い命令

 新入社員歓迎会の2次会で「男性社員からセクハラを受けた」として、会社の派遣社員だった20代の女性が、同社と男性社員に計約120万円の損害賠償を求めた訴訟で、福岡地裁は22日、同社と男性社員に計約33万円を支払うよう命じた。裁判官は「2次会は会社の業務の延長だった」との判断を示し、会社の使用者責任を認めた。


 判決によると、女性は昨年7月から同社の販売店で勤務。翌月、新入社員の歓迎会の2次会が市内のスナックであり、女性がカラオケを歌っている際、男性社員が太ももを抱きかかえて持ち上げ、同僚の前でスカートがずり上がった。

 裁判官は「女性の性的羞恥心を害する行為であったことは明らか」と指摘。2次会も「職務と密接な関連性がある」と判断した。

 会社は「被害者の女性に深くおわび申しあげます。今後は社内での再発防止に努めてまいります」とコメントした。

 立場の弱い派遣社員はセクハラ、パワハラのターゲットとして狙われやすく、被害に遭っても仕事を失うことを恐れて相談することも難しい。一方、雇用側は相談があったら派遣社員を解雇してしまえば問題をなかったことにできると説明し、法改正で派遣社員の使い回しができれば、ハラスメントが横行する原因である。

 

セクハラ訴訟

セクハラ訴訟

 訴訟とは、紛争の当事者以外の第三者を関与させ、その判断を仰ぐことで紛争を解決すること、またはそのための手続のことである。対義語に自力救済がある。現代においては、国家の司法権の行使によって、その権力を背景に紛争を強制的に解決するための手続のことを訴訟といい、調停、仲裁、和解などと区別される。

店員自殺でサイゼリヤ提訴=遺族「上司セクハラ原因」


 レストランチェーン「サイゼリヤ」の店員だった女性が自殺したのは、上司によるセクハラなどが原因として、遺族が21日、同社などに計約9800万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。
  
  訴えたのは、関東地方の店舗で働いていた20代女性の両親ら。
  訴状によると、女性は2013年4月にアルバイトとして働き始め、その後契約社員となったが、男性副店長から体を触られるなどのセクハラに加え、罵倒や無視といったパワハラを繰り返し受けた。昨年12月、副店長に「一緒に死のう」と言われ、翌日に自宅で1人で首をつって自殺した。
  遺族は「娘はパワハラの影響で、副店長との性的関係を拒否できなくなっていた」と主張。「店長は副店長の行為を知りながら放置していた」と訴えている。
  サイゼリヤの話 訴状が届いた時点で、弁護士と内容を協議の上、対応するとのこと。 


 クライアントの方の中には、ご自分のトラブルを公にしないことを前提に解決を望まれる方も多くいらっしゃいます。当社はクライアントのことを一番に考えた対応を行います。ヒアリングを十分に行いますのでご安心ください。

 社内トラブル、会社内でのいじめ問題から精神的にも肉体的に病んでしまう人が増えています。ウツになった挙句、退職後もウツが治らない状況の方もたくさんいます。何年たっても社会復帰できない方のご両親から相談を受けることも多いのです。しかし、トラブルは自分で解決できるうちに解決しましょう。精神的なダメージが大きいと社会復帰も難しくなります。

マタハラによる被害

 マタハラによる被害


  厚生労働省の「平成25年度 都道府県労働局雇用均等室での法施行状況」によると、マタハラに関連する相談は3,371件にものぼるという(婚姻、妊娠、出産等を理由とする不利益取扱いが2,090件、母性健康管理に関する相談が1,281件)。
  
  マタハラとは、マタニティハラスメント(Maternity Harassment)の略で、職場において、妊娠や出産が原因で嫌がらせや不当な扱いをすること。具体的には、「出産を機に辞めたらどうだ」とか「育児休業をとるなら辞めろ」といった退職の強要、「忙しいのに休んで迷惑だ」とか「妊婦は戦力にならない」といった精神的嫌がらせなどである。

  男女雇用機会均等法第9条第3項、育児・介護休業法第10条では、妊娠・出産、育児休業等を理由として不利益取扱いを行うことを禁止している。しかし、その判断は難しく、単に「能力がないから」、あるいは「出産と関係のない人事異動だ」などといわれると反論が難しかった。


 今後の日本経済や社会保障のあり方を左右すると言われる「少子化問題」を解決するためには、待機児童の問題と同時に、このようなマタハラ問題も解消していかなければならない。また、女性の活用が叫ばれるなか、働きやすい環境を整備することは、企業にとっても重要な課題となる。


職場では複雑に利害関係が絡んでいてトラブルを抱えてしまってもそれを誰にも言うこともできず一人で悩んでいる方が非常に多いと聞いています。
 職場トラブルには大きく分けて二つあります。セクハラ、パワハラ関係とそれ以外の契約問題や過労問題などや残業日の未払い問題などです。

男性のセクシャルハラスメント

男性のセクシャルハラスメント 
 

大阪 京都 神戸 岡山 広島


 セクシャルハラスメントを厳密に定義するならば性別は関係ないとはいえ、近年の日本で広く認知されているイメージとしては、「男性から女性」に対する行為に対してセクハラと捉えることが多く認識されていたが、2007年4月1日施行の改正男女雇用機会均等法により「男性・女性から男性」への性的嫌がらせも配慮の対象となった。このことにより男性へのセクハラも企業が講じるセクハラ対策の対象にすることとなったが、実際に男性が対象になってからまだ日が浅いこともあり、対策を講じている企業は存在しい。

 男性が、部下や同僚の男性に猥談を強要したり風俗店に無理やり誘うなどの行為もいまだ行われている企業もある。当然、女性従業員の噂話などはほとんどが放置されているのが実情である。 

 男性へのセクハラは当分解消される傾向はみられない。
 
 男性の場合は「嫌がらせ」などと主張をするケースが多い


 また男性がこのような主張をするのであれば、十分な準備と、証拠を持ったうえで戦う必要があり、女性より大変な作業となってしまう。痴漢の無罪の主張でも男性は大変なことと、同じようなことである。

 男性は、このような主張をするのであれば慎重にすべきである。
 

 

セクシャルハラスメント解決なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

セクハラを解決 セクシャル・ハラスメント 

セクハラを解決セクシャル・ハラスメント セクハラ事件

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

セクハラは、社内制裁としての懲戒処分や解雇の問題にもつながっており、又、ここでの適切・厳正な処分の遂行が次の企業のセクハラ問題からの免責とも関連してくる。セクハラ問題は企業として決して無視できない問題とされています。

 

どこからがセクハラになるのか

セクハラに当たるか否かは、言動、回数、性格、意識、場所、抗議後の対応と態様、相互の職場での地位等の総合的相関関係で決まります。判例によれば、「職場において、男性の上司が部下の女性に対し、その地位を利用して、女性の意に反する性的言動に出た場合、これがすべて違法と評価されるものではなく、その行為の態様、行為者である男性の職務上の地位、年齢、婚姻歴の有無、両者のそれまでの関係、当該言動の行なわれた場所、その言動の反復・継続性、被害女性の対応等を総合的にみて、それらが社会的見地から不相当とされる程度のものである場合には、性的自由ないし性的自己決定権等の人格権を侵害するものとして、違法となる」とされています。また女性だけが被害者となるだけでなく、男性でも被害者になります。女性の方も気を付けてください。

 

セクハラでいやな思いをしている方相談ください。また公に解決するのはちょっとと思われている方も相談ください。内密に解決します。

 

 

 

セクシャル・ハラスメント解決 

アイ総合コンサルタント

 セクハラ解決ダイヤル  

0120-007-808

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

  

大阪 セクシャルハラスメントの実態

忘年会で風船割りゲーム  大阪 セクシャルハラスメントの実態

 

大手お菓子メーカー(大阪市)が、忘年会でセクハラ(性的嫌がらせ)行為を止めなかったとして、100%子会社の社長(55)を減給処分にしていたとのこと。処分は減給の額などについては明らかにできないとしている。

 

お菓子メーカーによると、忘年会で、男女が抱き合う形で体の間にはさんだ風船を割るゲームを従業員らが始め、社長も参加したとのこと。

 

女性従業員が後日、不快な思いをしたと社長に訴え、社長は総務人事部に報告。同社はゲームを容認した社長に監督責任があったとして子会社社長の処分を決めた。

 セクシャルハラスメントが横行している企業では内部の自浄作用を期待しても解決には時間がかかっても終わらない傾向があります。なぜならセクハラをしているものが、いなくならない限りセクハラが終わらないのです。また企業によってはいまだに隠ぺい体質を持ったところも多く、泣き寝入りか、退職しか選択肢がありません。

 

この様に会社自ら対応をとってくれる企業ばかりではないのが現状です。これから忘年会シーズンセクハラでいやな思いをしたら相談ください。力になります。

セクシャル・ハラスメント解決 

企業 トラブル アイ総合コンサルタント

 セクハラ解決ダイヤル  

0120-007-808

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島


探偵 浮気調査 盗聴  思考盗聴

神戸 セクハラ解決 セクシャルハラスメントの解決 

セクハラ解決 セクシャルハラスメントの解決 神戸

ある学校の男性教諭が、肩こり治療などで 診療実習の受診に訪れた女性の下腹部を触る などのセクハ行為をしていたことが、発覚。市教委は女性の訴えを受けて調査。 女性の訴えの一部を確認したため、教諭を 停職3ヶ月の懲戒処分にする方針らしい。

 

 あまりにも軽い処分に思えるのは私だけだろうか。

 

男性は女性に対し、セクハラを含む暴言をするようになった。さらに、女性の了解なしに下半身に触れるなどの行為を繰り返したという。

 調査の結果ほぼ事実と認めているらしい。

 この様なことを、する輩はこのくらいのことで反省するのだろうか。

 

 セクハラで悔しい思いをしている方は当社へご相談ください。力になります。

 


セクシャル・ハラスメント解決 

アイ総合コンサルタント

 セクハラ解決ダイヤル  

0120-007-808

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

セクシャラル・ハラスメントの種類 セクハラ

セクシャラル・ハラスメントの種類 セクハラ解決

対価型セクシュアル・ハラスメント

職場において行われる労働者の意に反する性的な言動に対する労働者の対応により、その労働者が解雇、降格、減給、配置転換、有期労働契約における期間満了前による契約の打ち切りなどの不利益を受けることであって、いろいろなケースがあります。

 

具体的事例、次のようなものがあります。

事務所内または社用車の車内において、事業主、上司が労働者、部下に対して性的な関係を要求しが、拒まれたため、その仕返しとして労働者(パート、アルバイトも含む)を解雇すること。

出張中の宿泊先において上司が労働者の腰、胸等触ったが、抵抗されたため、当該労働者について不利益な転勤を余儀なくされたなど。

営業所内において事業主が日頃から労働者に係る卑猥なことについて公然と発言していたが、抗議する 、当該労働者を降格するになった。

 

また上記の内容の中には十分に、刑事事件に発展するような事案も多含まれる。

 

環境型セクシュアル・ハラスメント

職場において行われる労働者の意に反する性的な言動により労働者の就業環境が不快なものとなったため、仕事が手に着かなくなるなど、労働者が就業する上で見過ごすことのできない程度の支障が生じることであって、いろいろなケースがあります。

 

事務所内において上司が労働者の腰、胸、足などに繰り返し触ったため、当該労働者が苦痛に感じて就業意欲が低下していること。

同僚が取引先において労働者に係る性的な内容の情報を同僚や取引先の担当者に周辺に言い振り回すなど意図的かつ継続的に流布したため、当該労働者が苦痛に感じて仕事が手につかないこと。

労働者が抗議をしているにもかかわらず、事務所内に性的なポスターやカレンダーを掲示しているため、当該労働者が苦痛に感じて業務に専念できないな。当然のことですが事務所内にエロいポスターなど張らないでください。

 よほどの会社でない限り、このようなことは起きがちです。 このような状況に置かれて困ったいる方は

 

アイ総合コンサルタントご相談ください

 

 

  

セクハラ解決のことならアイ総合コンサルタント

セクハラ解決相談ダイヤル

0120-007-808



盗聴  電磁波 探偵 浮気調査