結婚トラブル解決・相談 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

結婚

結婚


結婚調査には、大きく分けて「本人自身に関する事項」「家族に関する事項」等の項目があり、初婚・再婚・お見合いや恋愛、結婚相談所の紹介等、ここまでに至った経緯やお持ちの情報などから、御不安なところを細部にわたって調査します。


結婚にあたり、相手の調査依頼を検討している方もいることと思います。結婚調査(身上調査)の依頼については賛否両論がありますが、一生を左右することなので是非、調査することをおすすめします。


プライバシーに関わることとはいえ、結婚してからギャンブル癖や借金が発覚したというケースも少なくありません。特に子供が出来てからとなると離婚はきわめて難しくなります。


こうしたことを踏まえて、調査をすることは大事なことであり、また自分の身を守る上でも非常に有効な手段といえます。結婚調査とは実際にどういった調査があるのか?と疑問を抱えている人も多いことでしょう。具体的な結婚調査項目事例について、下記をご覧いただければと思います。



おっとい嫁じょ



 鹿児島県の大隅半島周辺ではかつて「おっとい嫁じょ」なる奇習が存在した。地元方言で「おっとる」というのは「盗む」の意味で、「おっとい嫁じょ」を標準語に直訳するならば「嫁盗み」。

 簡単にいうと、結婚に不同意な女性を強姦して妻にするという驚くべき風習なのだ。今よりも女性の貞操観念の強かった時代では、強姦された「傷物」の女性は嫁ぎにくくなるため、結果として被害女性もその親も渋々、加害男性との結婚を承諾するということなのである。そして第二次世界大戦後の1959年、この風習が全国的に知られる事件が発生した。

 事件の主人公は当時この地方在住の青年A。Aは婚期になっていたため、義兄の勧めで当時20歳の女性B子を紹介された。AはB子に一目惚れし、初対面のその場でB子に結婚を申し込む。その後さらに2回にわたって結婚を申し込んだが、最終的にB子の兄を通じて結婚を断られた。どうしても諦めきれなかったAが思いついたのが「おっとい嫁じょ」だった。

 Aがこの手段に至ったきっかけの1つであろうと思われるのが彼の両親の馴れ初めだ。そもそもAの母親は結婚前に家族と食事中、Aの父親に拉致され「おっとい嫁じょ」により結婚し、「おっとい嫁じょ」の「申し子」とも言えるAが誕生していたのだ。   

結婚相談所  トラブル

 

結婚相談所  トラブル


結婚相談所の関するトラブルは増えています。婚活サイトだけがトラブルが多いわけではありません。


 独立行政法人国民生活センターに寄せられる結婚相手紹介サービスに関する相談は、2005年度からの5年間で16,663件にのぼっており、2006年に相談件数がいったん減少したものの、2007年度以降は毎年増加しています。

 2010年度は1,269件(前年同期:1,069件)の相談が寄せられています。契約当事者は男性の方がやや多く、年代別では30歳代が最も多いようです。

 相談の内容をみると、「解約したいと言ったができないと言われた」「解約料が高い」「返金額が少ない」という解約に関する相談や、「事前に聞いていたサービス内容と実際が異なる」「希望する条件にあった人を紹介されない」「紹介してもらっても相手からの返事がなく、先に進めない」などのサービス内容に関する相談が多くみられるようです。


 結婚相手紹介サービスは、特定商取引に関する法律に定める「特定継続的役務提供」として指定されている取引です。


 特定商取引法の対象となっているので、消費者が契約途中でも解約できるようになっています。役務提供事業者に対して、書面交付義務、不適切な勧誘行為(不実告知、威迫困惑行為)の禁止、クーリング・オフ、中途解約時における損害賠償額の制限等の規制が適用されます。


相談事例


(1)書面に書かれていない「更新料」を請求された。


(2)不信感が募ったので中途解約を申し出たが、「できない」と言われた。


(3)解約料が高く納得できない。


(4)パンフレットに書かれたサービスが利用できず、説明と違う解約料を請求された。


(5)「絶対結婚できる」と言われたのに、説明と違うことがいくつもあった。


(6)希望する条件を伝えて契約したのに、条件に合う人を紹介してくれない。


(7)まだ結婚の約束もしていないのに、成婚料を請求された。


(8)非会員で参加したパーティーで気に入った人を見つけたが、その人に会うためには入会が必要、と契約を迫られた。

婚約破棄の慰謝料請求

婚約破棄の慰謝料請求

 

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

婚約の定義

 

婚約とは、法的に婚姻(結婚)契約の予約です。


 

婚約が有効に成立すると、当事者は将来に婚姻(結婚)するように努める義務を負います。


 

もっとも、一方の相手が婚姻(結婚)なかなかしようとはしないからといっても、強制することはできません。

 
 
婚約破棄の慰謝料が認められる場合

 

婚約があること
 
 

 

婚約は、口約束でも有効に成立します。結納が必要なわけではありません。
 
 

 ただ、婚約があったという証明するということを考えると、客観的な証拠があるほうが、証明しやすいとこ言うまでもありません。
 
 

一方の当事者が、正当な理由なくして、婚約を破棄した場合脅すことは、厳密には、恐喝罪です。


 

不倫(不貞行為)の慰謝料請求するのであれば、合法的にすることをお勧めします。示談も合法的対処方法です。


 
婚約の証拠

 

婚約は、上記のように、当事者の口約束でも有効に成立しますが、口約束は言った言わないの水掛け論になりやすいです。よって、婚約があったことを推測させる、客観的な証拠があれば、強いです。


 

婚約指輪、結納、親族、両親への挨拶など


 
慰謝料請求に証拠が必要か

 

証拠がなくても、慰謝料請求はできますが、相手がそれに応じて、不倫の慰謝料を支払ってくれればいいのですがそんなに簡単にいくことばかりありえません。


 

当然、証拠があるほうが、いろんな面で強いということは当たり前です。


 
婚約破棄の慰謝料の相場

 

裁判上は、通常ならば30万円から200万円というのが多いでように思います。


 

慰謝料は、心の損害ですので、具体的にはケースバイケースということになりますし、相手に悪意がある場合の慰謝料の増額も考えられます。慰謝料はいくらです、とは言いにくいです。


 
 

また婚約破棄に伴う慰謝料請求(心の損害)でだけでなく、婚約破毀にともなう実損害も、損害賠償請求できます。

聞き合わせ 結婚前調査の重要性 

聞き合わせ 結婚前調査の重要性 
 

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島 


 現在では「聞き合わせ」この言葉を聞くことが少なくなりましたが、広島、岡山などではまだまだ結婚前に 「聞き合わせ」といって結婚相手の評判や家族の職業や風評などを事前に調べることは一般的とされています。


 「聞き合わせ」は主に結婚する両家の両親や親戚の方が行うことがおおく、個人情報保護法という法律ももなかったころ、相手の事を聞くときにクライアント自身の身分を隠す必要などがなく、また比較的簡単に必要なことが聞き出せたようです。


  しかし現在では個人情報を簡単に人に漏らすこと自体に抵抗がある人が増えてきていますので、素人の方がちょっと聞きにいったぐらいでは欲しい情報は得られないことが一般的です。


 そうした事態から当社では得ることが難しいこのような情報を秘密厳守で集めることが出来ます。


  当然ながら差別にかかわるような調査、部落調査や出身地調査に関しては探偵業法でも禁じられており当社社では行っておりません。


 

 違法な項目以外でしたら、お調べすることは十分可能なので、クライアントご自身が気になる項目、調べられるかどうかわからないような項目でもまずはご相談してみて下さい。私たちがきっと貴方の力になれると思います。

結婚トラブル解決・相談 女性のトラブル解決・相談


結婚トラブル解決・相談 女性のトラブル解決・相談


大阪 京都 神戸 岡山 広島  

女性の結婚トラブル

 

 結婚は、基本的には一生に何回もするものでものではありません。現実には、複数回している人も見かけますが、それは例外として、そうそう何回も結婚、離婚を繰り返す人は、少数派と言えるでしょう。 当社で、浮気調査依頼を受けた中で、結婚前から浮気を繰り返していたなどというケースも結構あります。

 結婚トラブルを避ける方法は、結婚相手をよく知るということにつきます。結婚して多額の借金が発覚する。以前交際していた相手とよりが戻っているなど結婚したから気がついても遅いのです。

  ひどいケースだと、、結婚をしたものの、二股をかけていて、妻より先に、浮気女性とに子供が出来てしまったケースもあります。

 

 女性は特に、結婚相手の良し悪しで将来が決まってしまうと言ってもよいでしょう。相手を信用することは結婚では重要なことですが、事実をもとに判断すべきです。動物界で嘘をつくことをもっとするのが人間です。

 

 実際に、結婚してご主人が借金だらけだったり、また女癖が悪かったりですと、幸せな結婚生活なんか望めなくなります。

 

当社ではそのようなトラブルを未然に防ぐためにあらゆることをしていますのでご相談ください。貴方の力になります。





結婚トラブル解決なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島




結婚トラブル解決 相談 国際結婚

結婚トラブル解決 相談 国際結婚

大阪 京都 神戸 岡山 広島

今日、結婚トラブルの相談を受けたので以前、中国のネット上で盛り上がりを見せていた「日本人女性と中国人女性の14の違い」というコピペ文を思い出したので記事にしました。



  どっちかというと、中国人女性に対し、中国人男性が戒めのように使っている思われる感じで、ちょっぴりいじわるな文言も混じっております。それでは、日 本人女性と中国人女性の14の違い、それでは見てみることにしましょう。

 14 Differences Between Japanese Women & Chinese Women - chinaSMACK より



その1.
 日本の女性は、悪とは勇敢に闘え、と子供に教える。もし負けたとしても、闘ったことが大きな栄誉である。

 中国の女性は、悪に出遭ったら隠れろ・逃げろ・避けろ、と子供に教える。悪は神が何とかしてくれる。

その2.

日本の女性は、日本が世界一すばらしい国だと信じている。
中国の女性は、外国では月はもっとまるく見えるだろうと信じている。
 [=隣りの芝生は青い、というヤツですね]

その3.
日本の女性は、外国人と結婚することを恥じる。
中国の女性は、外国人と結婚できることを自慢する。

その4.
日本の女性は、昼間は淑女、ベッドでは娼婦。
中国の女性は、ベッドでは淑女、ベッドを出たらあけっぴろげ。

その5.
日本の女性は、貞節を守る。夫に恭しく尽くし、子どもをしっかり育てる。
中国は、一夜限りの関係と不倫が世界で一番多い国である。

その6.
日本の女性は、親孝行である。姑のことも、実の母のように面倒を見る。
中国の女性は、姑が早く死んでしまうことを切望している。

その7.
日本の女性は、夫を励まし労う。夫が夜遅くに疲れて帰宅すれば、妻は「今日もきつかったね」と迎える。
中国の女性は、夫に愚痴と小言を並べたてる。夫が夜遅くに疲れて帰宅すれば、妻は「どこ行ってたのよ!」と怒鳴り散らす。

その8.
日本の女の子は、自分と年相応の男性と結婚し、彼と一緒に人生を紡いでいく。
中国の女の子は、金持ちの老人に目をつける。自分が彼の何番目の愛人だろうと何番目の妻だろうと、構わない。

その9.
日本の母親は娘に、夫の面倒をよく見て、義理の両親にもかいがいしく孝行するように教える。
中国の母親は娘に、夫の資産をちゃんと管理するように教える。

その10.
日本の女性は、金のない男には耐えられるが、臆病で弱い男には耐えられない。
中国の女性は、臆病で弱い男には耐えられるが、金のない男には耐えられない。

その11.
日本の女性は、男らしい男性を魅力的だと思う。
中国の女性は、男らしい男性を亭主関白だと思う。

その12.
 日本の女性は、男の浮気に寛大だ。
 中国の女性は、自分の浮気に寛大だ。

その13.
 日本の女性は日本の男性について、公共の場やメディアにおいては決して悪く言わない。
 中国の女性は中国の男性について、あらゆるメディアにおいて罵り嘲る。

その14.
 新婚初夜、日本の女性がはじめに言うことは、「うまくできなかったらごめんね」
 新婚初夜、中国の女性がはじめに言うことは、「今日のご祝儀でいくら儲かった?早く計算して!」


結婚トラブル解決 相談 国際結婚

トラブル解決のアイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 神戸 京都 岡山 広島

結婚詐欺 婚活に潜む罠

婚活に潜む罠 結婚詐欺

 

 18~34歳の未婚者のうち、「異性の交際相手がいない」とする男性が61・4%、女性が49・5%と、いずれも過去最高となったことが、国立社会保障・人口問題研究所の調査で分かった。

 一方、結婚願望を持つ未婚者は男女とも8割以上に上り、「結婚したくても、出会いが」という独身者の実態が浮き彫りになった。

 

 と新聞に載っていた。未婚独身社の8割以上が結婚願望があるとのことだが、その様な希望を持った相手をだます結婚詐欺師もいることを忘れてはならない。

最近も婚活イベントで知り合った開いてい騙されたという相談があったが、詐欺師は、同時に3人の男性を騙していたのである。

 

私たちにとっては、日常的な事件であったが当事者にすれば大変なことで、何とも言えない気持ちにさせられる。

 人の気持ちをもてあそび金銭をだまし取ることを生活の糧としている人間がいることを忘れてはならない。

 

 

結婚詐欺を解決したいなら

 

アイ総合コンサルタント 

結婚詐欺解決ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

聞き合わせ 結婚問題を回避

聞き合わせ 結婚問題を回避 

 大阪 京都 神戸 岡山 広島

 

現在では「聞き合わせ」この言葉を聞くことが少なくなりましたが、西日本などではまだまだ結婚前に 「聞き合

わせ」といって結婚相手の評判や家族の職業や風評などを事前に調べることは一般的とされています。

「聞き合わせ」は主に結婚する両家の両親や親戚の方が行うことがおおく、個人情報保護法という法律もなかったころ、相手の事を聞くときにクライアント自身の身分を隠す必要などがなく、また比較的簡単に必要なことが聞き出せたようです。

 しかし現在では個人情報を簡単に人に漏らすこと自体に抵抗がある人が増えてきていますので、素人の方がちょっと聞きにいったぐらいでは欲しい情報は得られないことが一般的です。

そうした事態でも当社では得ることが難しいこのような情報を秘密厳守

で集めることが出来ます。

当然ながら差別にかかわるような調査、部落調査や出身地調査に関しては探偵業法でも禁じられており当社では探偵社を紹介していません。

 違法な項目以外でしたら、お調べすることは十分可能なので、クライアントご自身が気になる項目、調べられるかどうかわからないような項目でもまずはご相談してみて下さい。私たちがきっと貴方の力になれると思います。

 

 

聞き合わせ 結婚問題回避ならアイ総合コンサルタント


聞き合わせ 結婚問題回避相談ダイヤル

0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島


トラブル相談 探偵 浮気調査 盗聴 電磁波

結婚トラブル解決 結婚トラブル回避

結婚トラブル解決 結婚トラブル回避

結婚トラブル解決、回避は、結婚相手の事を調べて、結婚するに価するかどうかを判断する為と、自分で自分の身辺調査を依頼して、結婚相手のご親族に提出する方法があります。
 また結婚トラブル解決、回避の方法として、結婚調査の依頼をする場合は、釣書があるかどうかで調査の進め方が違っています、その釣書に記載されている事が事実であるかどうかから進めなくてはいけません。
 恋愛結婚の場合は、本人や両親が、結婚相手に関して、なにかしらの不信感を持っているからご依頼される事が多くあるので、何を重点的に調べるかを決めておいた方が良いでしょう。


 一般的な項目は、

1、結婚相手の性格。
2、結婚相手の経歴。
3、結婚相手の健康状況または、過去の大病、持病。
4、結婚相手の交友関係。
5、結婚相手の過去の賞罰。
6、結婚相手の家族状況。
7、結婚相手の結婚歴・出産歴

アイ総合コンサルタントおすすめ調査項目

8、結婚相手の行動調査

結婚相手の行動調査を当社では必ずクライアントに勧めています。実際調査をして別の異性とも交際していたり、立ち振る舞いが下品過ぎてクライアントが結婚を断ったケースもします。またすばらしい立ち振る舞いをし、両親のほうが気に入りとんとん拍子に結婚が進んだケースもあります。

 ご予算をご提示頂きましたら、その範囲にて調査内容を決めての調査もあります。
アイ総合コンサルタントでは当然秘密厳守ですのでご相談下さい。

 

 

結婚トラブル解決 結婚トラブル回避 アイ総合コンサルタント

結婚トラブル解決 結婚トラブル回避ダイヤル

0120-007-808

大阪/兵庫/神戸/京都/岡山/広島


浮気調査 探偵