企業恐喝.脅迫解決・相談 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

サイバー攻撃急増

サイバー攻撃急増


大阪 京都 神戸 岡山 広島

当社のホムページもどうやら、海外からの不正アクセスがあって、時々更新できない状況になっています。


日本企業が「サイバー保険」に加入しない理由

  私も全く知らなかったのですが、サイバー保険があることを、サイバー攻撃による損害を補償する保険の加入率が日本で伸び悩んでいる。企業や政府を狙ったサイバー攻撃が世界的に猛威をふるう中、米国では保険への加入企業が急増しているが、日本では、こうした「サイバー保険」の知名度がいまだ低いのが実情だ。日本企業には、インターネット上のリスクを想定して投資する文化が根付いていないのが背景にあるとみられ、関係者は「保険の加入は今後も進みそうもない」と指摘している。


 「サイバー攻撃の損害を補償する保険があるなんて知らなかった」と言われる方は多いと思います。

 今春、自社のサーバーが不正にアクセスされ、ホームページ(HP)が改ざんされたと言わる企業の社党と会話をしたときのことでした。

 

 彼の会社はHPが復旧するまで商品の予約が取れない状態に陥り、サーバーの復旧や被害の調査などに億単位のお金がかかったといい、彼は「保険に加入してさえいれば、損害の大半が補償されていたかもしれない」と言っていました。


 国内のセキュリティー企業幹部は「サイバー攻撃に遭うまで、保険の存在や、加入で得られる補償の内容を認知していなかった企業は少なくない」と指摘する。


 例えば、AIU損害保険(東京)が昨年1月から日本で取り扱いを始めた「CyberEdge(サイバーエッジ)」に加入した場合、サイバー攻撃による損害費用が最大10億円程度まで補償される。補償対象は被害調査の代金や顧客・取引先への賠償金のほか、攻撃によって停止した営業活動が再開するまでの逸失利益も含まれている。


不審電話 対応

不審電話 対応

大阪 京都 神戸 岡山 広島

不審電話、音声警告で撃退=「録音します」で10分の1に


悪質勧誘対策・消費者庁


 「通話を録音します」。発信者に音声で事前警告する通話録音装置を固定電話に設置することで、金融投資の押し売りなど悪質な電話勧誘を大幅に減少させられたことが消費者庁の調査で分かった。高齢者を狙った電話勧誘が増加する中、同庁は「抑止効果が高い」として装置の活用を呼び掛けている。


 調査は昨年9月~今年2月に実施。岩手、千葉、大分各県の高齢者(65歳以上)を抱える計188世帯に警告装置を設置し、勧誘などの不審電話の件数をアンケートで調べ、比較した。
 この結果、設置前の6カ月では約410件(回答世帯118)あった不審電話が、設置後の4カ月では約30件(同113)まで減少。月平均でみても約10分の1に減っていた。


 不審電話の対応は録音します之対応が基本的のは正しいことです。もちろん内容によっては変わってくると思います。


 無言電話ならどうすつということもあるのですが。電話を録音すると言いてしないのなら 無言電話の対応はできないのです。


 当社は無言電話の対応もしてきました。深夜に無言電話をされてはたまりません。睡眠不足に陥るし精神的にしんどくなってきます。


 無言電話やすしん電話にお困りなら当社にご相談ください。あなたの力になります。

表沙汰にせず解決 企業脅迫・企業恐喝 

表沙汰にせず解決 企業脅迫・企業恐喝

 

 大阪 京都 神戸 岡山 広島

企業脅迫・企業恐喝

 

 実際に、企業脅迫・企業恐喝相談を受けてみると、企業側の対応がまずい場合と、明らかにクレームをつける側が非常識な場合があります。企業側が明らかに問題がある場合は、問題をこじらせてない限り、誠意ある対応をとればそれなりに話はまとまりますが。明らかに金銭目的で最初からクレームをつけてきている相手だと、初期対応が全く違ってきます。

 

 また、問題解決が長引くと、通常営業にも支障が出てきたり、従業員にも悪影響が出てきます。

 当社ではそのような企業トラブル解決を行っています脅迫、恐喝で悩まれている方はご相談ください。力になります。


 またその時の対応は表沙汰にしたくないという要望が大半を占め脅迫、恐喝の加害者が、「表沙汰にしたくない」というその企業環境を逆手にとって脅し、恐喝、脅迫をかけてきています。

 

 この様な、企業における、恐喝、脅迫は、放置している間に問題が悪化してしまったり、従業員の離職率を上げてしまうなどの、デメリットが出てきます。 また対応を間違ってしまうと、恐喝、脅迫がエスカレートしてしまったり、問題がこじれてしまうこともあります。

 

 企業によれば、表沙汰にできないなどの事情もあるため相談できないなどということも、お聞きしますが、当社では、その様な案件ばかりですので、安心してご相談ください。




表沙汰にせず解決なら


アイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808


大阪 京都 神戸 岡山 広島


企業恐喝 企業脅迫 新聞ゴロ

企業恐喝 企業脅迫 新聞ゴロ

大阪 京都 神戸 岡山 広島

「個人情報が漏れている」と企業にねじ込み 

暴排の時代に生き残る「新聞ゴロ」とは 今も関係断ち切れぬ企業も


 スキャンダルなどをネタに企業に揺さぶりをかけるいわゆる「新聞ゴロ」が11月、警視庁組織犯罪対策3課に相次いで逮捕された。情報管理の甘さにつけ込み、金品を脅し取ろうとする「ブラックジャーナリスト」の存在が改めて浮き彫りになる一方、彼らが発行する情報誌・機関誌を購読し続ける企業側の実態も明らかになった。平成9年の総会屋利益供与事件を機に、経済界から反社会的勢力を排除する機運が高まる中、企業と反社勢力の間で今も繰り広げられる攻防の最新事情。


社外秘のマニュアル流出 「買い取り」は言明せず


 東京都心で最高気温36・8度を記録し、18日ぶりの猛暑日となった8月30日の昼下がり。JR池袋駅(豊島区)から徒歩約10分のビル1階に入居する飲食チェーン運営会社「三光マーケティングフーズ」に、男3人がアポなしで訪ねてきた。

 三光マーケティングフーズは東証2部上場で、居酒屋「東方見聞録」や焼き牛丼店「東京チカラめし」などをチェーン展開する。

 男らは応接室に通されるやいなや封筒から書類を取り出し、目の前に座る30代の社員らに示した。それは、別の社員4人分の雇用契約書と社外秘の研修マニュアルだった。戸惑う社員らに、男らはすごみを利かせながら矢継ぎ早に言葉を発した。


 企業はあらゆる脅迫、恐喝といった犯罪に脅威にさらされている。そんなトラブルを抱えた方は当社に相談ください。


企業脅迫、企業脅迫解決、相談なら

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山広島


企業脅迫・企業恐喝

企業脅迫・企業恐喝

 

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

 

企業脅迫・企業恐喝

実際に、相談を受けてみると、企業側の対応がまずい場合と、明らかにクレームをつける側が非常識な場合があります。企業側が明らかに問題がある場合は、問題をこじらせてない限り、誠意ある対応をとればそれなりに話はまとまりますが。明らかに金銭目的で最初からクレームをつけてきている相手だと、初期対応が全く違ってきます。

 

また、問題解決が長引くと、通常営業にも支障が出てきたり、従業員にも悪影響が出てきます。

 

当社ではそのような企業トラブル解決を行っています

 

脅迫、恐喝で悩まれている方はご相談ください。力になります。

 

 

 

企業恐喝、企業脅迫のトラブル解決なら 

アイ総合コンサルタント

企業恐喝、企業脅迫のトラブル解決ダイヤル 

0120-007-808

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

ゆすり、たかりを撃退 ゆすり、たかりを解決

ゆすり、たかりをするやつを撃退 

大阪 京都 神戸 岡山 広島

ゆすり、たかりを撃退

「ゆすり」 「たかり」この相談はコンサルタントとして当社ではよく受ける相談です。人間は、人とかかわりながら生きていくのが普通で、当然その人とかかわるとトラブルを抱えてしまうものです。会社経営者ともなると当然日が言い合う率が高くなります。また女性経営者も相手になめられてゆすられていたケースもありました。

 

実際に景気が悪くなり、人のお金をあてにした人が増えている中で、このような相談が頻繁に来るようになり、日々人のいやな部分を見る機会が増えました。

 

こちらは善意で、付き合っているのに「ゆすられたり」、「たかられたり」散々な思いをしている方は多くいます。当社はこの様な方々を「ゆすり」、「たかり」をしているものから救出してきました。

 

ゆすり、たかりで困っている方は当社へ相談ください。

 

貴方の力になります。

 

 

 

ゆすり、たかり解決ならアイ総合コンサルタント

ゆすり、たかり解決相談ダイヤル

0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

大阪 企業恐喝 企業脅迫

大阪 企業恐喝

大阪府警が政治団体を名乗るグループの企業恐喝事件を摘発したところ、メンバーの多くが うその求人広告で集められた失職中の中高年男性だったことが分かった。採用のポイントは 「低音でドスの利いた声」だったという。

調べでは、指南役の中川博容疑者(58)ら仕切り役の四人が三つの団体名を使い、「商品販売 の仕事」として求人雑誌に広告を掲載。上場企業の元社員、元中学校教師、元経営者ら四十- 六十代の男性が応募した。

中川容疑者らは防衛白書をコピーした書籍や皇族の肖像画を六万円で売り付け、全国の中小 企業や宗教団体などから総額約八億円を脅し取ったとみられる。 上記2006年事件

この様な企業恐喝は氷山の一角でまた一件当たりの被害金額はそんなに多くないと思われますが、当社で携わる案件などは数年にわたり3億円に達していた例もあったぐらいです。

この様なトラブルに巻き込まれてしまった方は当社に相談ください。貴方の力になります。

企業恐喝 企業のトラブル 企業恐喝を解決

アイ総合コンサルタント

大阪 企業恐喝解決ダイヤル 

0120-007-808

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

企業恐喝 企業のトラブル 企業恐喝を解決

企業恐喝 企業のトラブル 企業恐喝を解決

企業恐喝トラブル解決コンサルタント多くの企業とかかわってきました。その多くの企業は表ざたにせず、きっちりとした対応のため当社選んで依頼して来ました。企業恐喝トラブル解決コンサルタントは、ごく数名の専門家のみのチームで構成し当社の従業者にも内容を明かさず進めていく案件が大半をしめることが多いコンサルタントとなります。

当然調査だけではなく、さまざまな分野で活躍していつプロフェッショナルで構成したチームでなくては対応をとることができません。

 

 企業恐喝といえば「総会屋」、「やくざ」そんな人たち がしていると思われているかもしれませんが、今ではそのようなあからさまな企業恐喝ではない場合のほうが、大半をしめています。「質問状が来る」「街宣車出動する」「取引を狙いとしたクレーマー」「怪文書が来る」「脅迫文が届く」などは普通によくありますが、最近増えているのが一般の人々がクレーマーと化して企業を脅しているケースが異常に増えているのが現状です。しかも長期にわたりというケース多いのが特徴です。

 

 派遣社員などが労務の挙げ足取りクレーム付けるなどを行うことは日常的に起こっています。ただ、本人だけならまだしも、数人を巻き込んでクームをつけてくると話は違ってきます。その中の役割を扇動者の自覚の有無はあまり問題ではないし、自覚を持っているものは少ないでしょう。また話し合って溝が埋まるものではありません。

この様に会社経営には様々な問題はつきものです。

 

私たちアイ総合コンサルタントではこの様な案件も解決してきました。企業恐喝などで困っていつ時には私たちに相談ください。力になります。

 

 

 

 

企業恐喝 企業トラブル 企業恐喝を解決

アイ総合コンサルタント

企業恐喝解決ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島


企業盗聴 脅迫