背任行為をする社員 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

背任行為をする社員

背任行為をする社員

去年末に当社が携わった案件で背任をした社員の対応があった。

50歳の社員、会社の営業職で、約500万円ぐらいを懐に入れたのである。

背任
刑法 第247条
他人のためにその事務を処理する者が、自己若しくは第三者の利益を図り又は本人に損害を加える目的で、その任務に背く行為をし、本人に財産上の損害を加えたときは、5年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。
 

業務上横領罪
業務上自己の占有する他人の物を横領した者は、十年以下の懲役に処する」(刑法253条)とある。2つの違いは諸説あるが、横領罪」のほうが罪が重い。


外見は、細身の男性で悪いことはしなさそうな人に見えるが中身はかなり違う。

この犯罪者、一見するとかなり腰が低く人当りもよい。

 この様な謝意が会社の金をネコババするのは多く見てきた。このような犯罪を社内で犯す人の特徴として罪の意識が全くないことで、万引き常習者とよく似ている。

 テレビで万引きGメンを時々放映しているが、その内容の中に万引きを諭すようなことを言っているがあれはテレビ的に受けが良いからなのか、万引き犯罪者には全く「糠に釘」といったところで、また、どこかで同じことをするんだろうと思ってしまう。

 犯罪を犯すのに、生活苦は理由にならない。どんなに貧しくても万引きをする人は、日本国内では少数派で、同情の余地があるとも思えない。

 アイ総合コンサルタントでは、お客様の情報は外部に漏らさないのはもちろんのことですが、それ以外にもまずお客様を第一に考えており、常にお客様と連絡を取りながら解決していきますので、ご安心ください!私たちはトラブル解決はもちろん、お客様がお願いして良かったと思って頂けるように日々努めております。

職場や企業における悩み事、商取引における衝突などにも対応させて頂きます。これら以外にも諸々のご相談事を承っておりますので、該当するものがないと思われるケースに遭遇しておられる方も、是非一度当方までお問い合わせ頂ければ、専門スタッフがご相談に応じさせて頂きます。