あおり運転事故の本質 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

あおり運転事故の本質

あおり運転事故の本質



 初公判から1週間。論告求刑公判では被害者参加制度を利用し裁判を見つめ続けてきた遺族が意見陳述し「私の何倍もの苦しみを味わってほしい」と、被告を強く非難した。


 死亡した被害者の母は「人間らしいことを聞かせてほしかったが、残念ながら今までの裁判でそれらを聞くことができませんでした」と述べた上で、「自分が生きている間は被告が外を歩くのは許せない」と訴えた。
 また、同じ被害者の妻の父親も初めて意見を述べ、「被告を娘夫婦2人の命の重さに見合うだけの長い時間、刑務所に入れてもらいたい」と話した。

 被害夫婦の長女の「家族みんな一緒に死んでしまえばよかったと何度思ったことでしょうか。どれだけたくさん涙を流しても、大切な両親は戻ってきません」との意見書を検察官が代読。論告の際、男性検察官が「家族一緒に死んでしまえばよかった」と、そこまで言わせてしまうのかと声を詰まらせる場面もあったということです。

このあおり運転の本質

 あおり運転になるきかっけはどこかのサービスエリアで加害者に被害者が車の止め方を注意したのが始まりということの様で、あおり運転のきっかけは加害者から吹っ掛けていたことになる。

 当然あおり運転をする事は悪いことは誰でもわかることだが、駐車方法に注意したことが事の始まりであることは間違いない。今回の加害者は被害者男性が注意ととらえず、因縁をつけたと、とらえていると私は思っている。 また家族が同乗しているにもかかわらず、因縁をつけたと勘違いしてしまうような行動をとっていることの問題にはマスコミが触れているところを見たことがない。

 上記のことが、この事故の問題の本質があり、今後のあおり運転で命をなくさないようにする大切なことがある。家族を巻き添えにしてまで注意をする必要などこにもなく、注意しるならどのように注意する必要があったか、または注意するより別の方法がなかったなどのことを考えるほうがよっぽどためになる。

 私が運転免許を取って30年以上になるが、あおり運転の被害者は、煽られることを積極的に行っているとみられる行動をとっていることは運転免許を持っている方なら感じていることだと思う。もし感じていないと思うなら、あなたは人をイラつかせて煽られている人かもしれません。

 あおり運転もトラブルの一つで、トラブルの解決を求めるなら、トラブルの本質を見抜きその本質に対して対策をがんが得る必要があるのです。


 トラブル解決依頼ならアイ総合コンサルタント

 コンサルタントでは、フォロー体制も万全です。相談時はもちろんですが、案件の経過期間中であっても、随時専門スタッフによるサポートを受ける事が出来ます。常に見守るスタッフがいるので安心です。 警察OBも在籍
信頼と実績のリピート率72.8%!!お悩み事、問題事の解決方法をお探しのお客様はアイ総合コンサルタントへ是非ご相談ください!一人で悩まず、私共にご相談頂ければ、必ずやあなたのお力になれます!秘密厳守も徹底しておりますので、安心してご相談ください。