2018年5月

« 2018年1月 | アイ総合コンサルタント トップへ

自殺の真相解明調査

自殺の真相解明調査

家族の自殺真相解明調査

 家族の自殺は、偏見や誤解を心配して孤立しやく、残された家族まで巻き込まれることが通常です

大切な家族が自分の意志で死を選択してしまった残された家族は、さまざまな「こころの問題」、「身体的変調」が出てくることが多くあります。


死別反応

「死別反応」と言われる問題です。とくに自殺の場合は病死や事故死よりもさらに深刻な影響があると言われています。

自殺に関する偏見や誤解を心配して「言えない」「知られたくない」と思うことが多いので、一人で抱え込んでしまって孤立した状況になりやすいのです。

 自殺原因もわからず、家族の死、自体を受け止めることができずにいる家族も多く見受けられました。家族の自殺は、このようにさまざまな問題を同時に抱えてしまうことになります。

SNSで自殺投稿

 大阪堺市堺区のマンションで、堺市内の中学3年の女子生徒と大阪府羽曳野市の男性会社員が屋上から飛び降りたのを通行人が目撃し、119番した。

 男性は現場で、女子生徒は搬送先の病院で死亡が確認された。捜査関係者によると、2人はツイッターなどのSNSで自殺についてやりとりし、この日、現場近くの駅で初めて会ったという。警察は、それぞれが一緒に自殺する相手を探したうえで、自殺を図ったとみて調べている。

 市教委は「女子生徒について、いじめは確認できていない」としている。

上記の記事だけでは自殺原因が判然としない状況にあり、残された家族はどのように家族の死をとらえてよいかわからなくなってします。

 この場合、女性の家族、男性の家族それぞれ別の原因があると考えることができます。

 私どもアイ総合コンサルタントでは、家族の自殺の真相解明調査を行っています。家族の死に疑問を感じたり、不審に思った場合は当社に自殺の真相解明を調査依頼することをお勧めします。
2018年5月25日

盗撮脅迫 劇団型盗撮ブラックハンター

盗撮脅迫 劇団型盗撮ブラックハンター

 脅迫されるにはそれなりの理由があり、脅迫をされる側に問題や落ち度があるものです。何も落ち度や問題がなければ脅迫されることはないのです。

 盗撮することは悪いことですし、非難されるべき行為です。金銭の要求をされることも当然ですが、今回のケースは交際相手に扮して脅迫をしていたようです。

 捜査員に劇団型盗撮ブラックハンター呼ばれる男らが、要は盗撮犯人を脅迫する男たちが警視庁に逮捕された。

 逮捕された二人のは、路上で女性の下半身を盗撮した会社員の男性から、現金100万円を脅し取ろうとした疑いが持たれている。

 男二人は、「劇団型盗撮ブラックハンター」と捜査員に呼ばれていて、盗撮された女性の交際相手に扮するなどして、恐喝を繰り返していたとみられているようです。

 しかし、女性の交際相手、女性の夫など関係が明らかでなお事実であるならこの話は盗撮犯にとってはもっと厳しいものになっていたはずです。

 慰謝料とは、精神的苦痛に対する損害賠償金。身体・自由・生命・名誉などを侵害する不法行為や債務不履行について賠償金を請求できる。

 当然被害者は、盗撮犯に慰謝料請求できることになります。また被害女性でもなくともその関係者が示談交渉をすることは法に触れないこともあります。弁護士や警察に相談して恥をかくよりも関係者だけで対応をしたいと思うことは当然です。

 盗撮犯であるあなたならどう対応をとりますか、私どもアイ総合コンサルタントでは盗撮という犯罪を犯してしまった方でも、クライアントになれば、脅迫をしてきたいる相手との対応をしています。

 当事者になれば、相手の要求を完全に呑むか、相手の要求を突っぱねて刑事事件にされるかの選択しかなくなります。

 また相手の要求をのんだとしてもまた蒸し返されてしまうなどの心配が付きまといます。

そんな時にはアイ総合コンサルタントに相談してください。

2018年5月23日

不動産融資トラブル

不動産融資トラブル

不動産投資

投資とは

資産の運用
 投資とは資産の運用のことです。ギャンブルとは違います

下記のことに注意せて投資を行う必要があります

 生活リズムを崩さず継続して運用する
  
 精神的にも楽に運用する


 金融機関使い方次第では資産形成の速度を加速させることが可能となるのですが、不動産投資は他の投資商品と異なり、融資を活用できるため、少額の自己資金からでも資産形成への一歩を踏み出すことができます。

 融資の受け方はやはり慎重に行うべきで、現金で用意する金額の最低1.5倍のお金支払いが必要となってきます。30年のローンではどんな状況変化があるかわからないところもあり、リスクを分かったうえでの投資をする必要があります。

 当然、悪意のある業者に騙されて多くの負債が多く残ってしまうこともあります。騙された後では遅いので十分に検討したうえで判断を下してください。

最近では次のような不動産トラブルがありました。

 シェアハウスをめぐる破綻問題で、オーナーの弁護団は、銀行の行員らがローン審査を通しやすくするために通帳などの書類を改ざんした疑いがあるとして、警視庁に刑事告発する方針の様ですが、そのシェアハウスをめぐっては、オーナーが購入したシェアハウスを不動産会社が借り上げて運営していましたが、入居率の低迷で経営破綻し、家賃収入の保証がなくなったオーナーが多額の借金、億越えを抱えるケースが続出しています。

 オーナー大半に融資をしていた銀行があるのですが、ローン審査に使う通帳の預金残高が水増しされるなど改ざんが行われていて、銀行側は社内調査の結果、数十人の行員が改ざんを把握していた可能性があるのです。

 オーナーの弁護団は、自己資金が足りず、本来ならばローンを受けられないオーナーでも審査が通るよう、スルガ銀行の行員がシェアハウスの販売会社と協力して資料を改ざんした疑いがあるとしていて、有印私文書偽造などの疑いで警視庁に刑事告発する方針の様です。
2018年5月22日

宗教団体と観察処分

宗教団体と観察処分

 過去に無差別大量テロ殺人行為を犯した危険な宗教団体の後継団体から分派した、別の宗教団体が、団体規制法に基づく観察処分が1月に更新されたことを不服として、国を相手に取り消しを求める訴訟を起こしていたことが分かった。

 無差別大量テロ殺人行為を行った宗教団体のテロを行った当時の宗教団体幹部の起こした宗教団体なのです。この宗教団体とかかわっていた人と仕事をする機会があったのですが、とても犯罪を犯すような人には見えなかったのです。

 彼は私にこのように言ったのです。「あの宗教団体にいることは、心地よくてあの団体の信者以外との接触が苦痛になるのです。」こう言ったのです。

 彼曰く、「あの当時は真実に向き合うことをしなくてよいあの組織が私の救いでした。」 事実や真実に向き合わなくても生きていけることを教わったそうです。思考を停止させ善悪の区別を考える必要がなくなるそうです。

観察処分

 過去に無差別大量殺人行為を犯した危険な団体に対して、犯罪行為の再発を防止するため、公安調査庁の監視下に置くこと。
観察処分は、1999年に施行された団体規制法に基づくもので、対象となるのは、過去の犯罪行為の首謀者がその団体の活動に影響力を持ち続けているなど、将来の犯罪行為に及ぶ危険性があると考えられる団体。公安審査委員会の審査を経て、公安調査庁が観察処分を実施する。

 観察処分を受けた団体には、3か月ごとに構成員や資産について報告することが義務づけられるほか、必要に応じて公安調査官による立ち入り検査が行われる。
観察処分の期限は最長で3年だが、団体の危険性が依然として続いている場合には更新することができる。

 訴状では「無差別大量テロ殺人行為団体から精神的、物理的に脱却した」などと主張している。国は請求の棄却を求めるとみられる。

 宗教団体はは2007年に分派した後も、公安審査委員会が観察処分の対象にすべきだと判断し、3年ごとに更新されてきた。

 更新をめぐっては東京地裁が、「無差別大量テロ殺人教団の教祖死刑囚への絶対的帰依を否定するなど性格が相当異なる」などと指摘し、取り消すべきだと判断したようです国側が控訴する一方、今年1月には改めて観察処分が更新された。
2018年5月21日

情報漏えいで実害

情報漏えいで実害

メニコンカード情報流出事件

 多くの人が、自分の情報が漏れたとしても実害がないと思っている人が多いのには驚きです。情報は使う者によってはやはり被害が出てしまいます。企業などから情報が流出してしまうと流出時のみの対応しかできていないというのが現状で、流出情報は転売されているのどのこれから起こりえるリスクにおいては企業は責任を負えないのです。


不正使用被害、27件668万円

 メニコンは、子会社の会員専用コンタクトレンズ販売サイト「A―Web(エース ウェブ)倶楽部」に外部から不正アクセスがあり、顧客のクレジットカード情報3412件分が流出したと発表した。このうち、27件で計約668万円が不正利用された。サイトでの販売を停止し、対象顧客に電子メールと書面で連絡を始めた。

 流出したのは、2017年12月17日から18年3月27日にサイトでクレジットカードを使って決済した顧客の氏名やカード番号、有効期限。カード会社から「情報流出の懸念がある」とメニコン側に連絡があり判明した。グループの他のサイトでは不正アクセスは確認されていないという。

上記の情報流出問題は被害金額が少額ですが、この情報を別な方法で利用する輩がいてもおかしくないのです。

 今現在、オレオレ詐欺の被害が増えてきているようですが、詐欺師はどのようにターゲットを見つけているのかといえば、情報漏れした情報や、詐欺グループ内でのカモリストを使いまわしをしています。

 過去、通信教育系のところからの情報漏えい事件がありましたが、あの情報の中に親と子供の情報が入っているはずです。これから先あの情報が忘れかけていたころに詐欺の情報に役立つかもしれないということを分かっていなくてはなりません。

 企業の情報管理はまだまだ万全ではないのですが、今現在できることは、情報の流出先、転売先などたることも多くあります。また情報を流出させた犯人を金銭的に厳しく追い込むことも重要です。そこは法整備ができていなくともやるべきことです。

 やったもん勝ちみたいな風潮がありますが、そんなことをしていたら犯罪者天国日本となります。

 
2018年5月18日

企業の金銭トラブル

企業の金銭トラブル


 企業での経済活動は避けることはできないので、金銭トラブルは付き物とはいえ、ある程度回避することができます。

 着服などを回避するには金銭を触る部署には必要となる、だれでもわかるルールが必要です。ごく一部の問題社員がこのようなことをしてしまうのですが、企業としては問題を起こさせないような対応を普段からしていることが重要です。

 問題社員、問題人間を放置していると、「企業恐喝」「恐喝新聞」、「脅迫マスコミ」の餌食となってしまいます。

 公益社団法人の歯科医師会に勤務していた50代の女性職員が18年間にわたって、会員が積み立てた共済会費4822万円を着服していた。長期にわたり着服をしていたことが一番の問題です。

 通帳や口座の残高証明書を偽造して発覚を免れていた。2月に退職した女性は、着服金の使途について「生活費に充てた」などと話している。

 女性側が既に4200万円を弁済し、将来的に完済する意思を示したことを受け、同会理事会は刑事告訴を見送る方針を固めた。全額返済ではないのです。

 女性は約25年間勤務し、うち18年間、1人で経理を担っていた。共済会費は会員への融資や病気などの際の見舞金に充てられる。

 着服されたのは融資の返済金で公的資金などは含まれていない。

 女性の仕事が頻繁に遅滞することを不審に思った幹部が昨年7月に外部監査を実施したことで発覚。

 会員から振り込まれた返済金を毎月20万円程度引き出し、着服していた。監査の際には改ざんした通帳や口座の残高証明を提出した。

 歯科医師会は歯科医師ら計255人でつくる。 小中学校への歯科検診など、公益性の高い事業を実施する公益法人で、税制の優遇措置を受けている。

 企業、租組織での問題解決、トラブル解決は正しい対応でなければ事態を悪化させてしまいます。

 そのような事態にならないためにも当社に解決依頼をしてください。
2018年5月17日

うさん臭い宗教家 祈祷詐欺

うさん臭い宗教家 祈祷詐欺
 

 私個人の考えでは、職業別のうさん臭さは、宗教家が他を大きく離して断然トップなのですが皆さんはどのように考えているのでしょうか。

 「お金を浄化すれば幸せになれる」。こんなうたい文句の開運商法が摘発され浄化名目で預かった金を返さないという詐欺容疑でブレスレット販売会社の実質経営者や社長らを逮捕した事件がありました。

 ちなみにこの様なお金の浄化については一般的な宗教法人でも多くある行為で「浄財」として集めているところも多くあります。「お金を浄化すれば幸せになれる」とは宗教関係では多くあることです。

 「開運ブレスレットが当たった」とダイレクトメールを送りつけ、無料を餌に被害者をつり上げると、自称僧侶が祈祷料に加えて、「浄化しないと望みはかなわない」と金銭を要求する手口です。ちなみにこの団体は金を貸せというようです。

 法衣姿を着た自称宗教家が現金を受け取り、お経のようなものを唱えて帰っていくのですが浄化のためと預けた金は、戻ってこない。警察が明らかにした「だましのテクニック」は、人の心の弱みにつけ込んだ低劣な手口だ。

 無料につられてお金をだまし取られるような商法は多くあり、詐欺師はエサを巻きカモを釣るやり方を必死に考えています。それにかかる被害者は人口割合からするとかなり少数と言えますが一定数いるのも事実です。

 祈祷料を支払っただけでも全国に約230人おり、警察は浄化名目で金をだまし取られた詐欺被害の実態解明に乗り出した。

 しかし浄化名目の祈祷が詐欺とは限らないのも現実。実際にその様なことをしている宗教団体は多くあることを皆さんも知っているでしょう。

 宗教の教えの中には、真実の追及をあえてしなくなるように、思考を誘導しているところがあります。

 問題やトラブル、悩みは、原因の本質を見極め対処する以外には対策なないのです。祈祷するぐらいで解決するなら問題も悩みも本質的には、ないということでしょう。
2018年5月16日

データ収集

データ収集

 事実や資料をさす言葉で言語的には複数形である。厳密には複数の事象や数値の集まりのことを指す。

 直面している問題の解決や、意思決定に役立つか否かという観点から、データと情報を区別する必要がある。場合によってはデータとは、情報を生みだすための素材のこととなり、データのなかの問題解決に役立つ材料のみを情報とよぶ。

 データを受けとった人によって、さらにはその人の状況によって、データであるか情報であるかは利用者が判断する必要がある。

意味のあるデータが「情報」

 このことを踏まえると、作為のある情報収集で得た数字では、意味ある情報にはならないのである。

 また、嘘のデータ収集で得た情報でも、人によってはありがたく活用する輩も多くこのことで大きな失敗をしてしまったり、事業が進まなくなってしまうのである。

 情報とはここでは、意味のあるデータで、何かの判断材料として参考になるものと考えます。


 事業を運営、組織の意思決定に必要なデータはデータ収集方法が重要で、意味のない情報を利用しての判断は意味のないものとなります。

裁量労働制に関する厚生労働省の調査データに異常値が含まれていた問題。

一般労働者に関するデータの精査結果を衆院厚労委員会理事会に報告し調査対象となった1万1575事業所のうち、966事業所で異常値が判明した。

 問題となったのは、厚労省が2013年に実施した「労働時間等総合実態調査」。労働基準監督官が全国の事業所を訪問し、労働者の残業時間などを調査したがデータの不適切さが指摘された。

 裁量労働制の利点を強調したが、データ問題が発覚し、働き方改革関連法案から裁量労働制の拡大に関する法案を除外する事態に追い込まれた。
2018年5月15日

広がるセクハラ被害告発

広がるセクハラ被害告発

セクハラは、対応を間違えると大変なことになります。

 財務省、町長、官僚などによる女性へのセクハラ問題、ハリウッドの大物プロデューサーによる女優へのセクハラ行為、数々のセクハラ被害告発がニュースをにぎわせています。

 今年になって、立場にある人物による「セクシャルハラスメント」の報道が過熱し政治にも影響が出ているほどです。

 セクハラ被害の体験を持つ人がTwitterをはじめとするSNSに書き込むキーワード「#MeToo」を通じて、被害を告発する世界的な人権尊重運動の影響があるようです。日本で男性議員も「#MeToo」のプラカードをもってデモ行進をしている映像もテレビで見ました。セクハラン被害経験のある男性議員なのでしょう。

 くだらない政治家の便乗売名行為としてしか私には見えませんでしたが、無能な政治家にとってセクハラで相手を責めるには今は絶好の機会なのです。

セクハラとは

 セクシャルハラスメントとは、性的な関心や欲求にもとづく言動によって、他人に不快感を感じさせる「性的な嫌がらせ」を意味します。また、男女雇用機会均等法(以下、均等法)第11条では下記の通り、事業主に職場におけるセクハラ対策の措置義務を定めています。

職場内に対しては

均等法 第11条
『事業主は、職場において行われる性的な言動に対するその雇用する労働者の対応により当該労働者がその労働条件につき不利益を受け、又は当該性的な言動により当該労働者の就業環境が害されることのないよう、当該労働者からの相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備その他の雇用管理上必要な措置を講じなければならない。 』

 均等法ではセクシャルハラスメント対策の対象者、被害者は「雇用される労働者」を意味します。

社外の被害者

 社外の人ならセクハラをしてセクハラにならないのか 

上記の条文には「職場」がどの範囲まで含まれるのかが明記されていません。オフィス外、たとえば飲食店などの場所ならよいのでしょうか。

 取引先の人や取材者の多くは、それぞれの所属先の職場に雇用されている労働者(正規、非正規、派遣職員含む)です。また、職務の一環としてあるいは仕事の延長線として行った場所であれば、その場所が飲食店であっても「職場」に含まれまれるとされるのが一般的です。

法的責任を問われる人権侵害行為

 セクハラ行為によって他人の人権を傷つければ、日本国憲法11条で定められる基本的人権、13条で定められる個人の尊厳の侵害になります。

 暴力的・脅迫的に、あるいは相手が抵抗できない状態で胸などに触ったり、キスをしたりすれば、強制わいせつ罪・準強制わいせつ罪に問われます。強制的に性行為に及べば、強姦罪に問われます。

 公然と相手の名誉を傷つけ、侮辱するようなことを言ったりやったりすれば、名誉棄損罪や侮辱罪に問われます。拒まれているのに何度もつきまとったり、メールやSNSに大量の送信をしたりすれば、ストーカー規制法の対象にもなります。

 誰に対してでも、相手が不快感を覚えるような性的な意味合いを含んだ言動は行わないということは原則です。もちろん、男性から女性に対してだけでなく、女性から男性に対してや、同性間でも行わないのが原則です。

 多様な価値観を持つ人が働く仕事の場では、セクハラや差別として受け止める人がたくさんいます。多様性が進む現代においては、こうした固定観念を持ち続けると他者と交流し協働する際の障害となり、うっかり言った一言によって一瞬で信用、または職を失ってしまうリスクがあります。

 対応を間違えてしまえば取り返しがつかない事態を引き起こす行為がセクハラです。


2018年5月11日

ハニートラップ 相談 解決

ハニートラップ 相談 解決

 男女関係の人に知られたくない部分や、男女の立場を利用して、相手の弱みとして脅迫、機密情報を要求する諜報活動の一種で色仕掛けによる諜報活動といえる。

 もちろんハニートラップの加害者は男女は関係ない。また最初から罠にはめるということを考えていないこともあり、男女トラブルの一つといえる案件もあった。


 芸能界に激震が走ったハニートラップ事件は数多く、表沙汰にされていないケースもよくある。

 相談せずに相手側に要求された 金銭を支払い事態を収束しようとしたが表沙汰になり業界を去らなくなってしまたり、事件が発覚してしまえば信用はがた落ち、仕事も干されてしまうことになる。

 表沙汰になれば準強姦罪や淫行条例などに該当して事件になるはずが、相手の要求や金銭を支払うことによって自分の立場を守るため相手の要求に応じるしかない状況に追い込まれます。

 またこの手の要求を相手に飲ますことができる人がどんなものかは想像できるでしょう。

ハニートラップには黒幕がいる

 ハニートラップには黒幕、「裏で絵を描く」者がいるケースが多く、このことが状況をより厄介にしてくれます。当事者だけでの解決はリスクを伴いますが、相談するところを間違えてしまえば、ことが公になり自分だけが被害を被るだけでなく、周りにも被害が及ぶことがあります。

 ハニートラップは厄介なトラブルです。

 警察、弁護士にも相談できないトラブル、悩みを悩みを抱えておられる方が近年増加しています。ハニートラップなどでは、「どこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか。

 そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます。

2018年5月10日