企業のトラブル解決 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

企業のトラブル解決

企業のトラブル解決

 広告大手の違法残業事件で、過労自殺した新入社員の上司だった元部長を東京地検が不起訴処分(起訴猶予)としたのは不当だとして、身内が検察審査会に審査を申し立ているとのことである。

 判決時に労働基準法違反による過失致死として、罰則を強化して欲しいと訴えていたようです。労働基準法違反により過労死を起こした会社名を公表し、罰則を強化するだけではこのような過労自殺はなくなることはないと思います。

 会社責任だけでなく、部下を管理する上司の責任も重大とマスコミは、はやしてますが本当にそうでしょうか。

 労働時間の過少申告を指示していた上司が、刑事責任に関して不起訴処分になったということは妥当なことでしょうか。

 ここで、企業の仕事に対する姿勢を批判するよりももっと簡単にこのような不幸なことをなくす方法があることを、なぜマスコミは報道しないのか、このようなことを書き立てて企業を攻撃するような、報道に疑問を感じます。

 問題の本質を考えずして、トラブルや問題の解決ができるわけがないのです。もっと違った目線をもって対応しないと、このようなことはこれからも起ってしまいます。

 企業は業績を上げ利益を出すことは当たり前で、社員に負荷を与えることは必要なことです。しかし、企業も大切な人材を失うことは大変残念なことです。

企業トラブル、企業問題解決ならアイ総合コンサルタント