妊娠 脅迫 トラブル | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

妊娠 脅迫 トラブル

妊娠 脅迫 トラブル

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

妊娠 脅迫 トラブル

 妊娠脅迫トラブルは、本当は妊娠していないのに妊娠したと偽り、中絶費用や高額な示談金を騙し取っとたり脅し取ったりする行為です。

 インターネットの普及により出会い系サイトの利用者が増加するとともに、妊娠脅迫の被害相談も多くなってきました。

 妊娠脅迫は、詐欺的手法により金銭を交付させる手口を最初に試してみて、騙されない相手方に対しては恐喝行為に切り替えるため、複数の人間が関与することも多いトラブルです。

 妊娠の事実が嘘であることが分かり、要求された金銭の支払いを拒むと、家族や勤務先への連絡をちらつかせたり、実際に勤務先にまで乗り込んでくることもあります。夫を名乗る男が登場したり、父親を名乗る人の登場もありと、大変めんどくさいことになってしまいます。また不倫の設定であれば不貞行為による損害賠償請求をしてきます。


妊娠脅迫の問題点


      妊娠が事実の場合、受精から21周6日で母体保護法の定めにより中絶が不可能となります。出産後、法定代理人である母親による強制認知により、子供への養育費の支払い義務の発生や、相続権の発生など取り返しのつかない大きな問題へと発展してしまします。

この為うやむやにしていては取り返しのつかない事態に追い行ってしまったケースもあります。


 事実確認は必要ですが、当時者間で解決は困難なことも多く、相手方には第三者の居いるケースなどでは法律を持居いたところで解決できるケースは少なく対応には困ってしまいます。

 脅迫恐喝自体は、民法上も不法行為であり、刑法上も犯罪行為ですので、当然、法的には許されない行為が、男女間の別れ話のこじれによる場合、それらは、純粋に感情的な問題で、犯罪の脅迫と別に考えた対応を考える必要があります。



アイ総合コンサルタントでは、クライアントの要望をかなえることが重要なことと考えております。


 当社のクライアントの方は「誰にも知られず」恐喝 脅迫を解決することを望まれていますので、その要望に応えています。