思想 思考 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

思想 思考

思想 思考

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

 隣人トラブル事件の加害者となる人の特徴として思想と思考に問題がある人に多い。実際の犯罪者にもこの問題を抱えている人が多い。こんな人と話し合いをしても問題の解決にはつながらない。

思想
 思想は、人間が自分自身および自分の周囲について、あるいは自分が感じ思考できるものごとについて抱く、あるまとまった考えのこと。

思考
思考は、考えや思いを巡らせる行動であり、結論を導き出すなど何かしら一定の状態に達しようとする過程において、筋道や方法など模索する精神の活動こと。


 福祉施設で19人が殺害された事件で、容疑者の男が措置入院をしていた時、「ヒトラーの思想が2週間前に降りてきた」と話していたことがわかった。

  施設の元職員が福祉施設で入所者を刃物で襲い、19人が死亡、26人が重軽傷を負った。

  容疑者が精神科の病院に措置入院していた際、医師に対し「ヒトラーの思想が2週間前に降りてきた」と話していることが分かっている。

  治療中、「重複障害者がいなくなることで、国家的に経済的な負担が軽くなる。自身が抹殺事件を起こせば、法律が変わるきっかけにもなる」とも話していたということの様です。

 このように、思考と思想に問題を抱えれしまうと、犯罪加害者になってしまうことがあります。宗教団体が起こす事件も、この思想と思考が大きくかかわってくることが多く、宗教的な思想と思考が問題の場合多くの被害者、多くの加害者を生むこととなります。

 隣人トラブルで大きな事件に発展するケースは、加害者が思考と思想に問題を抱えていることが多いのも事実として知っておくべきです。

 隣人トラブルに関しては、近年爆発的に増加しており、相談件数も増えております。隣人トラブルには様々なケースがあります。些細な口論から大きな事件にまで発展してしまい、精神的に大変追い込まれてしまう事もあります。隣人トラブルは、早めに解決しておかなければすぐに泥沼化して、解決が困難になってしまう性質を有しています。そんな方のために私たちが全力でサポートいたします。