盗撮賠償命令 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

盗撮賠償命令

盗撮賠償命令

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

 芸能人が自宅内にいる姿を盗撮した写真が週刊誌に掲載され、精神的苦痛を受けたとして、週刊誌に2200万円の損害賠償を請求した訴訟の判決が27日、地裁であった。裁判長は「芸能人であることが、自宅で過ごす姿をのぞき見られることの違法性を軽減する理由にはならない」として、週刊誌側に550万円の支払いを命じた。

  判決によると、掲載された写真は週刊誌から委託を受けたカメラマンが、芸能人方近くのアパートの廊下から撮影した。判決は、カメラマンがこの撮影行為でのぞきで有罪になったことなどに触れ、「撮影の態様は悪質」と指摘とし。週刊誌は写真の違法性を認識しながら掲載に踏み切ったとして「会社ぐるみで不法行為をしており、コンプライアンス上の問題が大きい」と結論つけた。



駅で、女性会社員のスカートの中を盗撮した疑いで、現行犯逮捕されました。

 迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕、容疑者は駅のホームに上るエスカレーターで女性会社員のスカートの中を携帯電話のカメラで動画撮影した疑いがもたれています。

 警察によると女性会社員の背後にいる容疑者を別の女性が不審に思い駅員に通報したということです。

 容疑者は「間違いありません」と容疑を認めていて、他にも携帯電話に盗撮したとみられる映像が複数あることから警察は余罪についても追及する方針です。

 このように携帯電話普及から盗撮事件が頻繁に起こるようになり、特別な道具を用いず、手軽に盗撮ができるようになりました。

 盗撮件数は、最近明らかに増えているように思われます。盗撮した画像で脅迫などの事件も増えてきており、今後画像映像を活用した犯罪も増えてくるでしょう。



リベンジポルノ 恐喝 脅迫 

 上記以外にもご相談の方承っておりますので、該当するものがない場合でも、一度お問い合わせ下さい。専門スタッフが有料となりますがご相談に応じます。