男女トラブル | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

男女トラブル

男女トラブル

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

 大阪府南部の民家で、住人ら親子3人が刺され、長女が殺害された事件があった。事件直後、長女のの交際相手とみられる男性が飛び降り自殺を図って死亡。府警は交際トラブルから男性が一家を襲ったとみているようである。男性には10年以上も同棲しているとみられる交際相手がいたようである。男性は事件の約1週間前から欠勤し、下見や犯行道具の用意など入念に準備をした上で凶行に突き進んだ形跡が残っていた。

 異性問題でトラブルを起こす人の特徴として、人に対して執着を以上に持ちすぎる傾向が強くあり、常識では考えられない行動をしてしまうことが多い。

 ストーカーなどはその典型である。人に対して執着を持ってしまうと警察などでは抑止が聞かないケースも多々あるのはみんな知っていることです。

 ストーカー

 つきまといをする人のことを指している。人を執拗に追跡したり、それによって相手を悩ませたり怖がらせる人がいる、ということが社会的に知られるようになり、犯罪行為である、違法である、ということが明確化されるにつれ、がそういう犯罪行為や犯罪者を指すためにも用いられるようになったわけである。

 ストーカー規制法の定義によれば、ストーカーとは同一の者に対し、つきまといなどを反復してすることを指し(第2条)、「つきまといなど」とは、「恋愛感情その他の好意」や「それが満たされなかったことに対する怨恨」により、相手やその関係者に以下のいずれかの行為をすることをさすとされている。

 またストーカーをしている人、ストーカー状態の人は精神的に健全でない状況であることが多く、一般的は考えや対応は一切通じなくなっていることがある。警察などから注意ぐらいではないも解決しないケースがあり、個人での対応が必要で、他人任せでは何も解決できないことがある。

 ストーカー状態にある人は精神的に問題を抱えているケースも多く、依存心などが異常に高く普通の対応では対処しきれないことが多いが、大半のケースはストーカー対象者を傷つけようとは思っていない。

 加害者はストーカー行為をやめたいと思っていることが多い。しかし執着信があり本人ではどうしようもできない。

ストーカーでお困りなら当社に相談ください。あなたの力になります。