生ごみ投棄トラブル 近隣トラブル | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

生ごみ投棄トラブル 近隣トラブル

住民トラブル 近隣トラブル

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

 近隣トラブル、隣人トラブルで多いのがゴミにかかわるトラブルで、他人の敷地内に生ゴミを捨てる人、もっと迷惑な粗大ごみを置いていく人、様々な迷惑な人がいます。そのゴミを捨てる人は近所の人ならなおさら厄介なことです。

 このようなことをする人は常識や法律を使って対応しても効果がないのです。ゴミを他人の家に投げ込んだとしても大した罰を法律では与えることは不可能です。事件にしてもすぐにごみを捨てられた人もいました。

生ごみ投棄トラブル



 近くの民家に生ごみなどを捨てたとして、の無職の女(74)を廃棄物処理法違反(不法投棄)容疑で逮捕し、発表した。容疑を否認しているという。この民家の住民が所有する近くの空き地には、計約7トンのごみが投棄されていたといい、県警はこれを回収し、女の関与を慎重に調べる。

 軽擦によると、逮捕容疑は、近所の住民が集積所に出した家庭ごみ1袋(約4キロ)を勝手に回収し、この住民宅の玄関先に捨てたというもの。この住民は取材に「空き地の所有権をめぐってトラブルになり、(女が)空き地に数十年間、プラスチックゴミや段ボールなどを捨て続け、高さ数メートルに積み上げられていた」と話した。

 
 トラブルを起こす人

 トラブルを起こす人は、コミニケーションをとることが苦手で話で何とかなると思って対応していては一向に解決することはありません。また、話の趣旨を理解することも困難な人が多いので話をすること自体がトラブルの原因であるということが多いのです。


 近隣の方とトラブルを起こさないために大事なのは、そこに住んでおられる方々とのコミュニケーションが大事となってきます。ですが、近年は昔とは違いそのコミュニケーション自体が希薄になってきている傾向があり、トラブルにも発展しやすいのが現状です。

 もしあなたが現在近隣トラブルでお悩みなのでしたら、一度私たちにご相談下さい。盗聴、盗撮、ペットトラブル,嫌がらせなど必要であれば各種専門家をご紹介いたしますのでご安心ください。