2016年3月

« 2016年2月 | アイ総合コンサルタント トップへ | 2016年5月»

無責任なペットの飼い主

無責任なペットの飼い主


大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島
殺処分対象の犬、NPOが全頭引き取りへ



 無責任なペットの飼い主のおかげでペットだけではなく、税金、寄付などの他人の資金が使われていることを十分に考えてほしいものである。

 NPOも法人であるので、安定して存続するために資金作りが設立後の大きな課題となります。 NPOの資金例としては通常の法人のように、収益活動による対価、銀行などからの借入などに加え、 会費、助成金・補助金などがあります。これらを見る限り通常の法人よりは資金獲得の機会は多いように感じますが、これらの資金調達を団体の趣旨に合うような形でどう行なうかがこれからのNPO運営には大切です。

 犬猫の飼い主は、無責任な行動はせずどうしても飼えなくなった場合、今後起こり得る飼育費用を全額負担してでも対応すべきです。自分が飼っていたペットを他人のお金で何とかしようと思ったり、何も考えずに捨ててしまってはいけないのは当然です。


 広島県のNPO法人が、捨てられるなどして殺処分の対象となった犬を全て引き取って新しい飼い主を探す取り組みを始めることになりました。

  処分対象の犬の全頭引き取りを始めるのは、広島県に本部があるNPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」です。

  広島県内では、2011年度に2300頭を超える犬が殺処分となりましたが、去年の4月から12月までは566頭にまで減っています。

  ピースウィンズ・ジャパンは、これまでの200頭分の施設に加えて、新たな施設を建設して収容能力を600頭にまで拡大する予定です。4月からは広島県で殺処分の対象となった犬を全て引き取り、新たな飼い主を探すことになりました。

 責任をもって飼えないならせめて多額な寄付をして引き取ってもらうことを考えるぐらいのことをしてほしいものである。

 
2016年3月31日

リベンジポルノ 兵庫県 姫路市

リベンジポルノ  兵庫県姫路市


大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

リベンジポルノ

元生徒にリベンジポルノ 県立高校教諭を懲戒免職
 教師が教え子に対してリベンジポルノの犯罪犯した事件は時々聞く話です。このような事件は表ざたになることは非常に少なく、実際にはかなりの数があると思われます。


 いわゆるリベンジポルノで教え子だった女性を脅迫していたということは、不適切な関係を持ったうえで、映像、画像までも撮影していたということで、兵庫県の高校教諭が懲戒免職処分となったようです。

 当社で扱った事案では、塾講師が中学生と不適切な関係を持ち画像を撮影され、関係を強要されていたことがありました。

 子供の教育に携わる人の中に、ある一定数小児性愛者 10歳から18歳ぐらいまでの子供すら恋愛対象とみているものがいると感じられることがあります。

  商業高校の教諭被告は、過去に交際していた元教え子の女性に「俺のことを言いちらかすと容赦なく画像をばらまくぞ」などと言って、交際中の写真などを使い脅したとして今年1月、逮捕・起訴されていました。

  これを受け県の教育委員会は、この教諭を懲戒免職処分にしました。


未成年者だからといって、セックスをしないわけではない。

 むしろ14~18才くらいの性欲はもっとも強く、性的興味は尽きないのが現実で、現実的にそのような年齢でも性交渉をしていることは明らかです。


 子供を安心して預けることができる大人を見分けることは大変困難なことで、子供嫌いの大人は子供教育の現場で仕事をすることはごくまれなことで、実際は子供が好きでなければそのような教育現場場での仕事は苦痛でしかないのです。

 
2016年3月30日

不倫騒動 不倫の本質

不倫騒動 不倫の本質

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

 不倫を報じられた乙武洋匡さんが、妻の仁美さんとともに謝罪文を公開した。その中で、仁美さんのコメントにあった「妻である私にも責任の一端があると感じております」という一節は注目を集めた。不倫された「責任の一端」とは。夫婦には、相手の不倫を食い止める義務があるのかを法的に考えることは意味がない。


法的に考えた場合、不倫をされた側に責任はあるのでしょうか。配偶者に不倫をさせない義務は全くないしその様なこと自体困難なことである。


パートナーを一人で自由に出歩かせず常に監視下に置など無理なことです。 夫婦には、相手方に自分と同じ程度の生活を保障する「生活保持義務」など、同居して互いに協力・扶助する義務(民法752条)があります。夫婦間で衣食住等の費用を出し合う「婚姻費用分担義務」(民法760条)もあります。

  夫婦は互いに貞操義務を負う。不貞(肉体関係)が離婚原因になるという民法770条1項1号により、導かれる義務です。

 しかし相手に不倫をさせない義務法的導き出すことは不可能です。


不貞行為は、民法770条1項5号で定められた離婚原因になります。不貞をされた配偶者は、不貞をして婚姻関係を破綻させた有責配偶者に対して、離婚請求することができます。

 不貞をされた配偶者は、不貞をした人とその相手の人に、慰謝料を請求することもできます。


 不倫はこのように法律ではいけないことということが日本では常識ですが、不倫については日本より厳しい国もあれば、緩い国があることも知っていただきたい。

 それでは、なぜ不倫がいけないのかを法律抜きで考えることが重要なことで、そのことをもっと考える必要があるのです。

 不倫がいけない理由は、パトーナーが悲しむことがいけないということを認識することが一番肝心なことです。
2016年3月27日

近隣トラブルと認知症

近隣トラブルと認知症


大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

高齢者の近隣トラブル 本質


 最近の近隣トラブルの相談高齢者が絡んでいることが大変多い。
 65才以上の7人に1人、約462万人が認知症とされる。10年後には、5人に1人になるという。認知症の人と、その暮らしを家庭や地域で支える人。それぞれ戸惑いや悩みを抱えながら、互いに生活をしている現在の日本社会。


認知症

 正常に発達した知能が脳の後天的な障害によって正常なレベル以下に低下した状態を指し、知能の発達がもともと悪い状態(知的障害)とは区別が必要であること、意識障害、統合失調症、うつ病などや、記憶障害のみの健忘とも区別されるべきであることという特徴をもつ。



 認知症の直接の原因である「脳の細胞が壊れる」ことで起こる症状を「中核症状」といい、認知症の方であれば誰しもが抱える症状のことを言う。

  周辺症状とは「行動・心理症状」とも言われます。認知症は本人が元々持ち合わせている性格や置かれている環境が大きく作用し、症状もある程度分類は出来ますが複数の症状が重複する方もおられる為多様化します。人によって症状が異なるので、全く同じ症状の方は居ないと言っても過言ではない。

 このような症状を表している方絡んでいるトラブルを解決することは大変困難なことです。そのような症状が出てきている人との話し合い自体そもそそも会話が成り立たなくなっています。



 様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか?そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます。

2016年3月21日

男女トラブル LINEで告白

男女トラブル LINEで告白

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

 LINEで告白とは時代が変わったものである。私が若いときには携帯電話すらなかったのでこのような告白は経験がない。


男女トラブルの原因

 男女トラブルの原因の一つがコミニケーション不足とコミニケーションそのものが取れてないということですがこのケースもまさにそのことが原因のような気がする。

 本来なら交際をしていて、時が経つにつれ、出会った頃からは想像もつかないトラブルや問題に発展してしまい、どうしたら良いのかわからず対応に困っていることが多いのですが、このケースは交際もしていなかったようです。


少年は昨年4月に予備校に入って女性と知り合った。捜査関係者によると、少年はスマートフォンの通信アプリ「LINE」で、女性へ好意を伝える内容のメッセージを送っていた。

 路上で2月27日夜、女性が殺害された事件で、県警は、殺人容疑で逮捕した同じ予備校に通う少年(19)が女性と供述していることを明らかにした。取り調べ中に涙を流すこともあり、少年は「交際を断られたことなどを恨んでいた。殺すつもりで刺した」と説明しているという。

  県警は少年が昨年夏ごろ以降、凶器とみられる、おの1本、ナイフ2本を2回に分けてインターネットで購入したことも明らかにした。

  事件当日は昼過ぎから女性と少年ら予備校の友人計6人(うち女性は2人)で焼き肉店で飲食し、その後カラオケ店で遊んだ。

  女性宅の最寄り駅である地下鉄駅の防犯カメラには同日、少年が女性より前に到着する様子が映っていた。県警はカラオケ店で女性と別れた少年が、先回りして待ち伏せし、その後、駅から女性をつけて路上で襲ったとみている。


 近年男女トラブルに関するご相談が増加しております。また恋愛相談から、交際相手との金銭トラブル、浮気、離婚についての話し合い、セクハラ、ストーカー行為、DV(暴言・暴力)リベンジポルノ、画像、映像脅迫など様々な問題を抱えられています。そんなお悩みを私たちが一緒に解決のお手伝いをさせて頂きます。
2016年3月14日

結婚詐欺被害解決

結婚詐欺被害解決

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

結婚詐欺女逮捕

結婚詐欺

 結婚する意思がないにもかかわらず、結婚を餌にして異性に近づき、相手を騙して金品を巻き上げたり、返済の意志もないのに金品を借りたりし、異性の心身を弄ぶ行為。下記の女は結婚をすでにしていたため結婚詐欺で逮捕されているのである。 

 自分で稼ぐことができない人は他人のお金を当てにする。さらには、だましてまで他人のお金を手に入れようとする。

結婚ほのめかし、1,300万円だまし取った疑いで26歳女逮捕


26歳の女が49歳の男性への結婚詐欺の疑いで逮捕された。被害総額1300万円。魅力的なルックスに派手な装い。それだけでは金を渡すことはない。
 胸を強調するかのような水着姿で、ほほ笑む女。
 
 会社役員の49歳男性に結婚をほのめかし、金をだまし取った疑いが持たれている逮捕女性。
 男性の被害総額は、1,300万円。

 アルバイト先のスナックに、客として被害男性が来店した。 翌年には、交際に発展。
 さらにその1年後、「韓国に留学するので、500万円貸してほしい」と要求。ここからあらゆることを理由に金銭の要求となるわけである。

 詐欺師の特徴としてあげられることに一つで誠意のある人ではないということです。まただまし取ったお金を素直に返したという詐欺師を私は知りません。

 だまされたと口外出来ない人を選んで詐欺を仕掛けている詐欺師がいました。当然警察にも届け出することにもいかず悩んでいたクライアントもいました。

 結婚詐欺の苦痛は金銭だけでなく、精神的にも大きく苦痛を感じることとなります。

 様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか?そういったお悩みも私たちにご相談下さい。

専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます。
2016年3月 5日

セクハラ実態調査

セクハラ実態調査


大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島


 やっと厚生労働省がセクハラの実態を把握するための調査を行ったようです。働く環境を整えることは重要なことです。

 せっかく就職した会社内で、パワーハラスメント等を受けてしまって辞めたいと考えていても、不景気だから辞められないという方が多いのではないでしょうか?仕事は生きていく上でも切っても切り離せないものです。現在職場でお悩みの方の未来が明るくなるように私たちがお手伝いいたします。


働く女性の3割が経験


 働く女性のおよそ3割が職場での性的な嫌がらせ、「セクハラ」を経験したことがあることが国の初めての実態調査でわかりました。

  この調査は去年、25歳から44歳の働く女性を対象に、厚生労働省が労働政策研究・研修機構に委託して行ったものです。その結果、28.7%の女性がセクハラ被害の経験があると回答しました。

  セクハラの内容としては、「容姿や身体的特徴について話題にされた」が最も多く53.9%。次いで「不必要に体を触られた」が40.1%、「執ように食事に誘われたり交際を求められた」は27.5%でした。

  セクハラをする加害者で最も多かったのは「直属の上司」で、次いで「職場の同僚、部下」でした。セクハラを受けた後の対応として6割あまりが「我慢した」と答えています。


下記は厚生労働省のホームページから

1.調査の概要
 (1)企業調査
  全国の従業員(正社員)30人以上の企業17,000社に調査票を郵送した(配達不能252件)。300人以上の企業については全社を対象とし、299人以下の企業については、業種、社員数の分布に基づき無作為抽出を行った。回収率は27.3%。

 (2)従業員調査
  全国の企業・団体に勤務する20~64歳の男女9,000名(公務員、自営業、経営者、役員は除く)に対してインターネット調査を行った。対象者については、総務省「就業構基本調査」を参考に、性、年代、正社員・正社員以外の3点から割付を行った。

 2.主な調査結果
 (1)相談窓口における従業員からのパワーハラスメントの相談状況
  従業員の悩み、不満、苦情、トラブルなどを受け付けるための相談窓口を設置している企業は全体の73.4%あるが、従業員1,000人以上の企業では96.6%とほとんどの企業で相談窓口を設置しているのに対して、従業員99人以下の企業では37.1%と低い水準にとどまっている。
  社内に設置した相談窓口で相談の多いテーマとして、パワーハラスメントはメンタルヘルスの不調に次いで多くなっている。

 (2)パワーハラスメントの発生状況
  実際に過去3年間にパワーハラスメントに関する相談を1件以上受けたことがある企業は回答企業全体の45.2%で、実際にパワーハラスメントに該当する事案のあった企業は回答企業全体の32.0%であった。
 
 一方、従業員に関しては、過去3年間にパワーハラスメントを受けたことがあると回答した者は回答者全体の25.3%であった。
  企業に寄せられるパワーハラスメントに関する相談について、当事者の関係をみると、「上司から部下へ」、「先輩から後輩へ」、「正社員から正社員以外へ」といった立場が上の者から下の者への行為が大半を占めている。

 (3)パワーハラスメントが発生している職場とは
  企業調査において、パワーハラスメントに関連する相談がある職場に共通する特徴として、「上司と部下のコミュニケーションが少ない職場」が51.1%と最も多く、「正社員や正社員以外など様々な立場の従業員が一緒に働いている職場」(21.9%)、「残業が多い/休みが取り難い」(19.9%)、「失敗が許されない/失敗への許容度が低い」(19.8%)が続いている。従業員調査でも同様の傾向が示されている。

 (4)パワーハラスメントの予防・解決のための企業の取組と効果
  回答企業全体の80.8%が「パワハラの予防・解決を経営上の課題として重要」だと感じている一方で、予防・解決に向けた取組をしている企業は45.4%にとどまり、特に従業員99人以下の企業においては18.2%と2割を下回っている。
 
 パワーハラスメントの予防・解決に向けた取組として実施率が高いのは、「管理職向けの講演や研修」で取組実施企業の64.0%で実施され、「就業規則などの社内規定に盛り込む」(57.1%)が続いている。

 実施している取組の効果が実感できるかという点については「講演や研修」など直接従業員に働きかける取組の効果の実感が高い一方で、「就業規則に盛り込む」といった事項では相対的に低くなる傾向が見られる。

 「就業規則に盛り込む」といった対応は企業規模に関わらず実施できるものの、「講演や研修」といった対応は一定程度の従業員規模がないと実施しにくいこともあり、特に従業員99人以下の企業での実施率が低くなっている。

 (5)パワーハラスメントの減少に向けて求められること
  企業調査において、パワーハラスメントの予防・解決の取組を進めるに当たっての課題として最も比率が高かったのは「パワハラかどうかの判断が難しい」で、回答企業全体の72.7%が課題としてあげている(24P)。また、取組を進めることで懸念される問題として、「権利ばかり主張する者が増える」(64.5%)、「パワハラに該当すると思えないような訴え・相談が増える」(56.5%)といった項目が多くあがっている。
  一方、従業員調査において、過去3年間にパワーハラスメントを受けた経験者のうち、46.7%が「何もしなかった」と回答しており、社内の相談窓口に相談した者の比率は1.8%と低い。

 3.パワーハラスメントの予防・解決のための取組を進める視点
  今回の調査結果から、パワーハラスメントの予防・解決への取組にあたっては、以下の3点を意識して進めることが重要であると考えられる。

 (1)企業全体の制度整備
  実際にパワーハラスメントを受けた者が相談窓口に相談する比率は極めて低いことから、単に相談窓口を設置するだけでなく、相談窓口が活用され、解決につなげるアクションを促すような仕組みづくりもしていく必要がある。

 さらに、パワーハラスメントに関する研修制度や、就業規則などの社内規定にパワーハラスメント対策を盛り込むことなど、総合的な取組をしていくことが重要である。

 (2)職場環境の改善
  パワーハラスメントの実態を把握し、解決につなげるアクションを促すためには、上位者がパワーハラスメントについて理解した上で、部下等とのコミュニケーションを行うことにより、パワーハラスメントが生じにくい環境を作り出すとともに、パワーハラスメントに関する相談がしやすい職場環境を作り出すことが重要である。
 また、職場における働き方についても、労使で十分話し合って、労働時間や業務上の負荷によりストレスが集中することのないよう配慮することも、パワーハラスメントをなくすことにつながると考えられる。

 (3)職場におけるパワーハラスメントへの理解促進
  「職場のパワーハラスメントの予防・解決に向けた提言」をもとに、各企業は、自社の状況を踏まえ、労使の話し合いのもと、会社としてのパワーハラスメントについての考え方を整理し、職場においてパワーハラスメントの予防・解決への意識啓発を進めていくことで、パワーハラスメントかどうかの判断やパワーハラスメントといえない相談が寄せられるといった課題の解決に近づくことが期待される。

 パワーハラスメントの予防・解決への取組を進め、従業員の関心が高まることで、一時的にはパワーハラスメントの相談が増えることも予想されるが、しっかりと相談に対応していく中で、各種取組の効果が現れ、将来的にはパワーハラスメントをなくすことにつながると考えられる。

 生きていく上で切っても切り離す事が出来ない"仕事"。そんな仕事上でトラブルが起こった際、一人で悩む必要なんてないんです。私たちが全力でサポートさせて頂きますのでご安心ください。人生の半分を費やす時間でもある仕事をより楽しくなる未来になるよう私たちにお任せ下さい。
2016年3月 3日

生ごみ投棄トラブル 近隣トラブル

住民トラブル 近隣トラブル

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

 近隣トラブル、隣人トラブルで多いのがゴミにかかわるトラブルで、他人の敷地内に生ゴミを捨てる人、もっと迷惑な粗大ごみを置いていく人、様々な迷惑な人がいます。そのゴミを捨てる人は近所の人ならなおさら厄介なことです。

 このようなことをする人は常識や法律を使って対応しても効果がないのです。ゴミを他人の家に投げ込んだとしても大した罰を法律では与えることは不可能です。事件にしてもすぐにごみを捨てられた人もいました。

生ごみ投棄トラブル



 近くの民家に生ごみなどを捨てたとして、の無職の女(74)を廃棄物処理法違反(不法投棄)容疑で逮捕し、発表した。容疑を否認しているという。この民家の住民が所有する近くの空き地には、計約7トンのごみが投棄されていたといい、県警はこれを回収し、女の関与を慎重に調べる。

 軽擦によると、逮捕容疑は、近所の住民が集積所に出した家庭ごみ1袋(約4キロ)を勝手に回収し、この住民宅の玄関先に捨てたというもの。この住民は取材に「空き地の所有権をめぐってトラブルになり、(女が)空き地に数十年間、プラスチックゴミや段ボールなどを捨て続け、高さ数メートルに積み上げられていた」と話した。

 
 トラブルを起こす人

 トラブルを起こす人は、コミニケーションをとることが苦手で話で何とかなると思って対応していては一向に解決することはありません。また、話の趣旨を理解することも困難な人が多いので話をすること自体がトラブルの原因であるということが多いのです。


 近隣の方とトラブルを起こさないために大事なのは、そこに住んでおられる方々とのコミュニケーションが大事となってきます。ですが、近年は昔とは違いそのコミュニケーション自体が希薄になってきている傾向があり、トラブルにも発展しやすいのが現状です。

 もしあなたが現在近隣トラブルでお悩みなのでしたら、一度私たちにご相談下さい。盗聴、盗撮、ペットトラブル,嫌がらせなど必要であれば各種専門家をご紹介いたしますのでご安心ください。


2016年3月 2日

新任教諭自殺

新任教諭自殺


大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

新任教諭 新入社員 自殺 

 新任教諭だけでなく、新入社員も自殺が多くあります。初めての仕事は覚えるまでかなりのストレスがかかってしまうことは当たり前で、このような時期に「うつ病」の発症も増えて着ることが多いのです。家族と離れて就職をするケースは特に状況の変化気付く人もいないため、深刻な事態になるまで発覚しないケースがほとんどの様です。

 また、14年度にうつ病などの精神疾患で休職した全国の公立学校の教員は5045人に上るとのことですが、教諭という仕事は過酷とはいえそのような状況に陥って教育現場での復帰は困難なことだと思います。またこのような状況になるようでは休職ではなく、離職してほしいものです。

 精神が不安定な人に子供を預けることは私はできません。

業務が自殺原因と公務災害認定



 市立小学校に勤務していた新任の女性教諭が自殺したのは過重労働が原因として、遺族が地方公務員災害補償基金を相手に、公務災害と認めなかった処分の取り消しを求めた訴訟の判決で、公務災害と認めて処分を取り消した。裁判長は学校の支援が十分でなく、自殺の原因は公務で発症したうつ病と指摘した。

  判決によると、女性教諭は採用され、2年生のクラス担任になった。5月に「児童が万引きを起こした」という情報を受け、保護者に連絡すると、保護者から「事実を示せ」と怒鳴られた。また複数の児童の靴や体操着が隠されるトラブルが発生したほか、週10時間の初任者研修とリポート提出も求められ、にうつ病を発症して病欠した。

  復帰したが、「いじめがある」などと保護者から携帯電話に訴えられることに悩んでいた。校長から病気休暇を勧められたが、自殺を図って意識不明となり、死亡した。遺族は公務災害認定を求めたが、「公務が原因ではない」と認めず、遺族が提訴した。

  判決は、児童の万引きでの保護者への対応について「経験の乏しい新任教諭に判断を任されるのは荷が重く、上司らの手厚い指導が必要だった」と指摘。クラスでトラブルが続き、校長に報告すると叱責されると悩んでいたことや、1日2~3時間の残業では間に合わずに仕事を家に持ち帰っていたことから「全体として業務によって強い精神的、肉体的負荷があった」と認定した。


 様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか?そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます。

 家族トラブルは、近年遺産相続の問題であったり、金銭トラブルなど、避けては通れない事も多々あるのが現状です。しかし家族の事に関してはなかなか相談出来ないのが現実ではないでしょうか。

 そんなお悩みを私たちが全力でサポートさせて頂きます。安心してご相談下さい。宗教トラブル、結婚詐欺,いじめなどは家族が先に気がつくことが多いので両親、身内からの相談も多いのです。

 

 
2016年3月 1日