いじめ隠蔽 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

いじめ隠蔽

いじめ隠蔽

大阪 京都 兵庫 神戸 岡山 広島

 知られては都合が悪いことは、だれでも隠したがるものです。公にならなければ責任問題の追及など、自分の立場を守ることができるのです。

 一方では、事実を隠されることで不利益を被ることがあるのも事実です。このように立場が変わることで状況が変わってくるのです。

 下記の件は、いじめで骨折をしてしまうような事件を隠蔽してしまったのです。通常このような傷害事件を隠蔽する教師がいるとは思えないのですが実際の話の様です。

 市立中学校の男性教諭が、部活動中にいじめでケガをした生徒について、「階段から落ちたことにしろ」と指示し、いじめを隠蔽しようとしていたことがわかりました。

  県教育委員会によりますと、市立の中学校で運動部の男子部員2人が、練習中に1年の男子生徒にひざ蹴りなどの暴行を加え、胸の骨を折るなどの重傷を負わせました。

  男子生徒が病院に搬送される際に顧問の男性教諭(58)が「階段から転んだことにしておけ」と、副顧問に嘘の説明をするよう指示をしたということです。

  またこれを知った学校長は、男性教諭に暴行を加えた男子部員の大会出場停止を命じたものの従わなかったということです。

  教育委員会の調べに対し男性教諭は「警察に通報され問題が大きくなると思った。隠す意図はなかった」と話しているということです。

  教育委員会は「教員がとるべき行為ではない」として、男性教諭を停職6か月の処分にした事件があったのです。


 家族の事に関してはなかなか相談出来ないのが現実ではないでしょうか?そんなお悩みを私たちが全力でサポートさせて頂きます。安心してご相談下さい。宗教トラブル、結婚詐欺,いじめなどは家族が先に気がつくことが多いので両親、身内からの相談も多いのです。

 アイ総合コンサルタントでは、お客様の情報は外部に漏らさないのはもちろんのことですが、それ以外にもまずお客様を第一に考えており、常にお客様と連絡を取りながら解決していきますので、ご安心ください!私たちはトラブル解決はもちろん、お客様がお願いして良かったと思って頂けるように日々努めております。