男女トラブル解決 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

男女トラブル解決

男女トラブル解決


大阪 京都 神戸 岡山 広島
本質と事実

 トラブル解決はトラブルの本質と事実の分で気により解決の糸口が出てくるものである。男女トラブル解決でも当然本質と事実をもとに十分に対応を考えない、問題が悪化するこちになる。

事実とは、

実際に起こった事柄。現実に存在する事柄。

実在的なもの、とされるのであるから、幻想・虚構・可能性などと対立する。


本質とは

物事の根本的な性質・要素。そのものの、本来の姿。 哲学で、存在するものの基底・本性をなすもの。



下記に事件は不幸にの問題が最悪な結果となった事例である。


元妻を殴り母親刺殺
 

  
 アルバイト従業員の女性から「元夫に、自宅で母親が刺された」と付近の住民を通じて110番通報
 

 母親(52)は胸など数か所を刃物で刺され、病院に搬送されたが、死亡が確認された。女性も頭などを殴られて重傷を負った。元夫(30)は逃走中で、警察署は殺人未遂容疑で逮捕状を取り、行方を追っている。

 警察幹部によると、女性は昨年1月、元夫の家庭内暴力などを理由に離婚。その後、数回にわたって道警に「元夫が家に押しかけてくる」などと相談していた。事件当日の7日、元夫に対し女性と接触しないよう電話で注意したばかりだった。

 発表などによると、元夫は女性を殴った後に母親を刺したとみられ、同署員が駆けつけたところ、母親は2階建て住宅の1階居間で倒れていた。室内のテーブルの上には凶器とみられる包丁があったという。元夫は逃走する際、女性の息子(1)を連れ去ったが、8日未明に親類宅で無事に保護された。


 男女トラブル解決は十分なヒアリングから始めます。当社ではヒアリングの段階から費用をいただいています。無料でできることは当社ではないのです。