除霊 霊能者トラブル | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

除霊 霊能者トラブル

 除霊 霊能者トラブル


注射器で鼻から水注入 傷害致死  自称徐霊師が起こした殺人事件です。


悪徳霊能者による殺人事件は一向になくなる気配がありません。

様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか?そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます。


 
 熊本市東区のアパートで6月、自称「除霊師」の女ら3人が水を使った「お祓(はら)い」で女性を窒息死させた事件で、注射器を使って女性の鼻から「ご神水」と称する水を注入し続けていたことがわかった。熊本地検は24日、アパートに住む野田英子容疑者(81)と女性の夫で崇城大学准教授の福田耕才(こうさい)容疑者(52)=熊本市東区=を傷害致死罪で、野田容疑者の妹で無職北山敬子容疑者(77)=鹿児島県姶良市=を同幇助(ほうじょ)罪で起訴した。

 起訴状によると、野田、福田両容疑者は6月21日午前10時半~正午ごろ、野田容疑者のアパートで福田容疑者の妻利恵さん(51)の手足をひもなどで縛り、顔や足などを押さえつけたうえ、複数の針のついていない注射器を使って鼻から水を注入し続け、意識を失わせた。注射器の容量は50ミリリットル未満だった。同日午後9時半ごろから、再び30分間にわたって鼻から水を注入し、その約7時間後に窒息死させたとされる。北山容疑者は2人を手伝ったとされる。


 一人で悩まず、私共にご相談頂ければ、必ずやあなたのお力になれます!秘密厳守も徹底しておりますので、安心してご相談ください。あらゆるネットワークを備え、どんなお悩みごと、問題ごとにも柔軟に対応し、解決させて頂きます。この状勢下、様々なお悩み事や問題事を抱えておられる方が近年増加しています。「だけど、どこに相談すればいいのか分からない」というのが気持ちもある事と思います。