2015年8月

« 2015年7月 | アイ総合コンサルタント トップへ | 2015年9月»

スメルハラスメント

 スメルハラスメント

 香水の匂いで頭痛をおこすことがあることを知っておくことも必要です。ハラスメントの対策は他人を思いやるということが重要です。


自分の体臭が相手にとってはハラスメント的な行為になってしまうこともある、という意味です。

  「好きで体臭がキツイわけではないのだから、仕方ないだろ」自分で意識して体臭をキツクしている人などいませんし、汗や皮脂の分泌は生理現象ですから、自分ではどうすることもできません。ワキガだって、自分ではどうすることもできませんし、できるだけ臭わないように生活習慣や食生活を工夫していても臭ってしまいます。


 スメルハラスメントは、自分自身で体臭や口臭を解決できるケースもあります。虫歯や歯周病、歯槽膿漏などの疾患を抱えている場合などは、治療をすれば口臭の原因を取り除くことも可能です。他人の口臭がスメルハラスメントだと感じる人はたくさんいますが、その中でも歯周病などが原因の口臭は特に他人に不快感を与えることも多いようです。

  香水のつけすぎも、男性・女性に関係なく、香水の人工的な香りが嫌な人にとってはスメルハラスメントになります。自分では大好きな香りでハラスメントだなんて思っていない場合でも、他人にとっては臭くて仕方ないというケースも少なくありません。香水によるスメルハラスメントは、自分自身で簡単に予防することができるので、くれぐれも香水のつけすぎには気を付けるようにしましょう。

2015年8月31日

メニュー偽装

メニュー偽装

 

中国だけではない食品偽装

 玉ねぎの産地偽装など日本でも偽装は横行している。目的は利益を多く上げるために偽装をしていることが多いのです。中国産のもを日本産と偽るなどの問題です。

 偽装ではないのですが、カット野菜などは、ある農産物の産地のことですが、中国産の玉ねぎをカットして出荷しています。もちろん日本産として出荷していませんが、中国産とも書いていません。経営者いわく日本産の1割の単価で商品が仕入れることができるそうです。


 しゃぶしゃぶ店などを全国展開する「木曽路」(本社・名古屋市、松原秀樹社長)のメニュー偽装問題で、大阪区検は27日、不正競争防止法違反(誤認惹起じゃっき)の罪で、北新地店(大阪市)の50歳と41歳の元料理長2人と、法人としての同社を略式起訴した。
  
  起訴状によると、2人は2012年12月3日~14年7月17日ごろ、「しゃぶしゃぶコース」などで他県産の和牛を使用していたのに、「松阪牛」と表示して計約6700食を販売したとされる。
  同社の偽装問題では、同店と神戸ハーバーランド店(神戸市)、刈谷店(愛知県刈谷市)の計4人の元料理長と同社が書類送検されていた。区検は、北新地店以外の2店舗の元料理長2人については、起訴猶予処分とした。理由は明らかにしていない。
  同社広報は「処分を厳粛に受け止め、再発防止を徹底する」とコメントしている。 

2015年8月30日

有名人名かたる詐欺トラブル

 有名人名かたる詐欺トラブル


詐欺トラブルは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。ひょっとしてこれ犯罪かもしれない?と少しでも疑問に思われるのであれば、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります


番組出演持ち掛け現金要求

 

 安藤優子キャスター(56)の名を使ってフジテレビの架空の番組への出演を持ち掛ける詐欺事件が全国で発生し、安藤キャスターが28日放送の「直撃LIVEグッディ!」(月-金曜後1時55分)で「大変迷惑しております」とコメント、警鐘を発した。

 

 安藤は番組冒頭、「大変迷惑しております」と語り、「こういうことがあるとは少し前に分かってはいたんですが、まさかと思っていたんです」と説明した。

  詐欺は、安藤に「エグゼクティブプロデューサー」の肩書を付けてその名前・写真を使った「住友ケーブルコミュニケーション」という会社のパンフレットを送付、その後電話で、フジテレビの「詐欺の手口を紹介する」架空番組への出演を持ち掛けるというもの。話が進んだ時点で、この会社の社債購入を求められる。今月中旬には香川県の女性が2回に渡って指定された東京都内の住所に計310万円を送り、だまし取られた。

  安藤は「厳重に抗議したい」と怒りをにじませ、「このような物(パンフレット)が送られてきたり、社債を買いませんかということは決してないので、くれぐれも警戒していただきたいです」と視聴者に訴えかけた。

  フジテレビは「安藤キャスターと住友ケーブルコミュニケーションという会社とは全く関係がありません」とし、「また、フジテレビでは取材の過程で現金を要求することはありません。そのような電話があった場合は警察に届け出てください」と呼び掛けている。

2015年8月29日

不正アプリで性的脅迫

不正アプリで性的脅迫


 セクストーション解決の依頼が多くインターネットを使ったモノだけでなく様々な性的脅迫の方法を目にします。具体的なことは書けませんがさまざまな方法を脅迫をしようと考えている輩は考えていることが分かります。
 
 インターネット上で知り合った女性と性的な写真を交換するうちに、スマートフォンに登録したメールアドレスなどを不正アプリを通じて抜き取られ、女性の関係者から「写真をばらまく」と現金を要求される被害が全国に広がりつつある。女性から届いた写真を開くと、アプリが勝手に取り込まれるケースが目立ち、兵庫県警にも複数の相談があった。写真は半永久的に消去されず、将来的に悪用される恐れもあり注意を呼び掛けている。

 「性的な」と「ゆすり」を意味する英単語を組み合わせた造語で「セクストーション」と呼ばれる手口。関係者によると、5年ほど前に米国で被害が確認され、日本でも昨年ごろから出始めた。

 県警によると、手口はこうだ。男性のスマホに突然、無料通信アプリを通じ、面識のない女性からメッセージが届く。やりとりを重ねる中で、女性から「恥ずかしい姿を見せ合おう」と持ち掛けられ、女性から送られてきた写真を開くと、電話帳のデータなどが抜き取られる不正アプリがインストールされる。

 「動画をやりとりするアプリ」と称し、同様に抜き取り機能を備えたアプリを入手させられる場合もあるという。いずれも男性側はデータ流出に気付かず、自らの性的な写真や動画を送った後、見知らぬ男から「電話帳の情報を使ってあなたの画像をばらまく。嫌なら金を払え」などと脅迫の電話が入る。

 県警サイバー犯罪対策課によると、県内では今年に入り、複数の中高年の男性から「数十万円を要求された」などの相談があった。現金被害は出ていないが、同課は「事件の性質上、被害者は申告しにくく、実際の事件はもっと多い」とみる。

 ネットのセキュリティー対策に取り組む独立行政法人情報処理推進機構(東京)にも昨年秋以降、相談が寄せられた。同機構は「現金を払っても女性側に渡った写真は消えない」とし、信頼できるアプリ以外は使わない▽見知らぬ相手に私的な動画像を送らない-などの対策を呼び掛けている。

2015年8月28日

解離性同一性障害

 解離性同一性障害

 

解離性同一性障害は、解離性障害のひとつである。かつては多重人格障害と呼ばれていた。

解離性障害は本人にとって堪えられない状況を、離人症のようにそれは自分のことではないと感じたり、あるいは解離性健忘などのようにその時期の感情や記憶を切り離して、それを思い出せなくすることで心のダメージを回避しようとすることから引き起こされる障害であるが、解離性同一性障害は、その中でもっとも重く、切り離した感情や記憶が成長して、別の人格となって表に現れるものである。

以前は人格の「統合」がゴールとして強調されたが最近はあまり云われていない。 彼らは記憶や意識を分離し、解離することによって、ギリギリで心の安定を保ってきたのであって、むやみに「統合」を焦るとその安定が崩れかねない。


別人格の犯行


責任能力争う方針

 「なぜ妊娠したのかも記憶がない」。"声優のアイコ"による連続昏睡強盗事件の裁判で、被告の女が「事件は自分の中にいる別の人格の犯行だ」と主張しました。

  無職の神いっき被告(31)は、去年、東京・杉並区で男性(当時22)に睡眠薬入りの酒を飲ませ、現金や腕時計を奪った事件など、5件で昏睡強盗などの罪に問われています。

  当初は無罪を主張していましたが、27日、東京地裁で行われた被告人質問で、神被告は、知らない人から"アイコ宛"のメールが届いていたことや、防犯カメラの映像が自分にそっくりだったことなどを挙げ、「事件前後の記憶はほとんどないが、自分の中にいる他の人格がやったと思います」と述べ、起訴内容を認め、責任能力を争う方針を示しました。

  神被告は「過去にも親に全く別の名前で脅迫まがいの電話をかけたことがあった」「弁護士との接見でも4歳の幼い人格が現れた」と述べ、拘留中に妊娠が発覚し、出産したことについても、「どうして妊娠したのか記憶がない」と述べました

2015年8月27日

禁煙

 

禁煙


星野リゾートの求人募集のことである。

禁煙が法律に問題があるかどうかではなく、企業側からのメッセージなのだからたばこを吸いたい人はこの会社に入らなければよいだけのことである。このように明確にしていることに拍手を送る。

 


作業効率
喫煙者は血液中のニコチン含有量の減少により集中力を維持することができなくなります。 私のホテル業界での経験の中で、スタッフの集中力を維持させるため、勤務時間中に喫煙をさせる対応を行っているケースを何度も見てきました。これはスタッフ本人の能力の問題ではなく、中毒症状という病理的な原因によるものであり、結果的に社員の潜在能力を低下させています。


施設効率施設効率

健康増進法の施行により、企業内の職場では分煙環境が必要になってきております。しかし、リゾート事業においては、少しでもスペースがあるなら顧客へのサービスに当てるべきです。
採算性の理由から厨房や作業用のバックスペースも節約している時に、社員の喫煙場所に投資するのは利益を圧迫することになります。


職場環境職場環境

喫煙習慣のある社員には喫煙のための場所が設置され、より頻繁に休憩が認められるということは、喫煙習慣のない社員から見ると不公平に感じる問題です。
「なぜニコチン依存症の社員だけを企業は優遇するのか」とアルコール依存症の社員が主張したら、従業員食堂の横に社員用のバーを設置するのでしょうか。ニコチンが切れて集中できないという状況は、アルコールが切れて手が震えるという状況と差はありません。
全員が喫煙習慣のない社員で構成するA社と、全員が喫煙習慣のある社員で構成するB社が競争すると、B社は最初から不利な環境に置かれます。人口が減少に転じ、本格的な淘汰の時代に突入し、企業が厳しい競争環境にさらされている時に、わざわざ最初から不利な環境を受け入れるべきではなく、星野リゾートグループはA社を目指すことで自らを防衛する必要があります。星野リゾートグループは、顧客にご満足いただき、効率的な運営をすることで競争力を身につけようとしている発展途中の組織です。その構成員である社員の皆さんには、私たちの組織がより有利に戦えるようご協力いただきたいと思っております。

2015年8月26日

介護保険 負担増

介護保険 負担増

 私個人の考えでは、負担は増やしていく方向でよいと思う。サービスは無料でできるものはない。無料のサービスや、低料金のサービスでも経費がかかる。必要なところに費用を使う当然のことではないでしょうか。

 

 介護保険制度の改正に伴い8月から、所得や資産の多い高齢者の自己負担が増える。
  一定以上の所得がある高齢者は、これまで介護費用の1割だったサービス利用料が、2割に倍増。特別養護老人ホーム(特養)の部屋代などに対する補助も見直され、資産の多い人は対象外となる。伸び続ける介護費用を抑えるのが狙いで、厚生労働省は2015年度の公費削減効果を439億円と見込む。

  利用料引き上げの対象者は、単身で年金収入だけだと年収280万円以上。在宅サービス利用者のうち、15%程度が対象になるという。

  例えば、要介護5の人が在宅サービスを受ける場合、従来は月額約2万1000円(全国平均)だったが、8月からは同約4万2000円にアップ。ただ、所得階層に応じた上限額が設けられているため、7割近くの人は同3万7200円となる。
 
 一方、特養の部屋代と食事代は自己負担が原則だが、住民税非課税世帯(単身で年金収入だけだと年収155万円未満)には補助制度があり、入居者の7割に当たる約36万人が負担を軽減されている。例えばユニット型個室なら、1カ月の利用料は原則13万円だが、最高で4万9000円まで減額される。


2015年8月25日

報酬格差

報酬格差


報酬格差は100倍以上あって当たり前と思うのは私だけでしょうか。10倍いぐらいしかないのなら不公平と思うのです。役員と従業員の仕事は全く違うものです。報酬の格差はあって当たり前です。


 仕事の内容と質でも格差をくけるのは当たり前のことではないか、共産主義の労働者を目指して仕事に取り組むことは、能率を下げ、報酬も下げてしまう考えではないでしょうか。同じ仕事をして、報酬の格差は開いてないと感じている。報道の方法に問題があるのではないかと思う。共産主義国家を望んでいるなら別だが。


 報酬を1億円以上もらう上場企業の役員は400人を超え、高額報酬を受けとる役員とその企業の従業員との年収の差は年々広がる。役員報酬は好業績を反映しやすいが、企業はコスト増につながる従業員の年収アップには慎重なためだ。役員の巨額報酬への批判もある米国並みに差が開く日本企業も、出てきそうだ。

 

  今年3月期の報酬が初めて10億円台にのった日産自動車のカルロス・ゴーン社長は、6月23日の株主総会で「役員報酬に相当な投資をしないと、競争力を保つのに必要な人材の採用や確保ができない」と理解を求めた。

  従業員の平均年収の約20倍にあたる2億円超の報酬を得た大手金融会社トップは「社員の給料も業績に連動している。役員の貢献に報いる仕組みも、企業の収益力を高めるために必要だ」と話す。

2015年8月24日

いじめ以外の自殺原因

 いじめ以外の自殺原因


  いじめ以外の自殺原因はどうなのか、このことが私は気になる。いじめが自殺の一因だったと考えられると言うならば、それ以外の原因があるという事でしょう。その原因は何なのか報告が欲しいと思う。いじめが100%原因で自殺に至ったと考えるのは早計で、自殺を防げなかった要因を挙げて考えることが、子供の自殺の回避に重要なことである。


 岩手県矢巾町の中学2年がいじめを受け自殺したとみられる問題で、村松さんが通っていた学校の校長が、遺族宅を訪れ、学校としての調査報告書を父親(に手渡した。

  報告書は全学年を対象にしたアンケート調査などを基に、計7人の生徒から受けたいじめが6件あったと判断。「いじめが自殺の一因だったと考えられる」と認めた。

  町教育委員会は同日、同校で村松さん以外にも生徒2人がいじめを受けていたと認定した。これまではいじめと認知していなかったケースを精査したという。文部科学省に報告する昨年度のいじめ認知件数を、ゼロから3に修正する。
  報告書によると、学校は村松さんの死後、生徒約450人にアンケートを実施。トラブルを見聞きした生徒から聞き取りを行った結果、検証が

必要な事案は13件あった。

  このうち教科書を投げられたり、机に頭を押さえ付けられたりした計6件を、いじめと判断した。学校はいずれも、からかいやけんかなどと捉え、「いじめという認識を持って指導していなかった」という。

  また、担任が気遣い、「悩みが吐露される都度、心情を前向きなものへ転換し、解決が図られたと認識していた」と指摘。「学校全体で手を差し伸べ、命を救うことができなかった」とした。
  その上で「いじめと判断できない事案もあわせ、断続的に心身に苦痛を与えた。その積み重ねが苦痛を増大させた」と推測し、いじめを自殺の一因と認めた。

  報告書は再発防止策として、生徒が担任とやりとりする生活記録ノートの記載を、教職員間で共有することを検討するとした。村松さんは生活記録ノートに「なぐられたり、けられたり、首しめられたり」「市(死)ぬ場所はきまってるんですけどね」などと書いていた。
 

 この問題で、父親は県警に調査を要請。県警は教職員や生徒から聞き取りを進めている。町は学校とは別に、第三者委員会を設置して調査する方針。

2015年8月23日

医療事故

 医療事故


脊髄造影検査

 背骨の病気で神経が圧迫された結果、痛み・しびれ・麻痺などの症状が出ている場合に、その原因になっている神経の状態を詳細に見て、今後の治療・手術の部位・方法を決める参考にするための検査

点滴を行います。体位は側臥位で、腰・背中を曲げてえびのような姿勢になります。針の刺入部を中心に消毒をします。腰の後ろから針を刺し、神経が通っている硬膜管内に造影剤を注入します。頭を下げて足を上げるなどの操作で、造影剤を目的の部位へ移動させたのち、X線写真とCTを撮ります

腰椎の硬膜に針を刺しますので、この針穴から硬膜の中にある脊髄液がもれます。検査後1日は安静臥床をして下さい。臥床していないと頭痛が生じます。頭痛が生じた時には治るのは長くて10日間かかります。静かに寝ていれば早く治ります。

ヨード剤による発疹や、大変まれですが薬物性ショックが生じることがあります。

 

78歳患者死亡、医師に有罪 造影剤ミス ごく初歩的

 東京都新宿区の国立国際医療研究センター病院で昨年4月、造影剤の誤投与で女性患者=当時(78)=を死亡させたとして、業務上過失致死罪に問われた医師飯高世子被告(30)に東京地裁は14日、禁錮1年、執行猶予3年(求刑禁錮1年)の判決を言い渡した。

 大野勝則裁判長は、造影剤の添付文書や箱、本体に「脊髄造影禁止」と目立つように書かれていたと指摘。「ほんの少しの注意を払っていれば使用してはならないと容易に気付けた。ごく初歩的なミスだ」と述べた。

 判決によると、昨年4月16日、脊髄造影検査で、投与が禁止されている造影剤を確認せず使用し、女性を死亡させた。

2015年8月22日

自殺ほう助

自殺ほう助


自殺関与・同意殺人罪 刑法第202条に規定されている罪の総称である。個別には、人を教唆して自殺させる自殺教唆罪(簡単に言うと「死ね」など言って人を自殺させようとすること)、人を幇助して自殺させる自殺幇助罪(自殺のための道具や場所、知識などを提供すること)、人の嘱託を受けてその人を殺害する嘱託殺人罪、人の承諾を得てその人を殺害する承諾殺人罪(同意殺人罪)を言う。

殺人罪の減刑類型であり、法定刑は全て、6ヶ月以上7年以下の懲役又は禁錮と殺人罪よりも軽い。これらの罪の未遂も罰せられる(刑法第203条)。

 


会社社長の自殺ほう助

 

 愛知県豊橋市で2012年、知人の会社社長小原洋典さん=当時(40)=が硫化水素ガスで自殺するのを手伝ったとして、自殺ほう助などの罪に問われた中京学院大の元准教授久野輝夫被告(55)の論告求刑公判が15日、名古屋地裁(丹羽敏彦裁判長)で開かれ、検察側は懲役10年を求刑した。

 久野被告はこれまでの公判で、自殺ほう助罪を大筋で認めたが「(ガスを発生させる)薬剤を混ぜたのは社長本人だった」と強調。遺族から現金をだまし取ろうとしたとする詐欺未遂罪については「正当な請求だった」と全面的に否認した。

2015年8月21日

横領で得た金の使い道

横領で得た金の使い道


最近非常に多い弁護士の不祥事


 弁護士の犯罪は、自分の立場を利用してクライアントの金銭を巻き上げる行為が頻繁に事件として取り上げられています。保険会社から入金した金をクライアントに返さなかったり様々です。またそのことが第三者のばれてしまい脅されていたケースもありました。

 先生と言われる職業の方も普通の人と同じです。誘惑に弱い人もいて当たり前ということです。


横領罪(おうりょうざい)は、自己の占有する他人の物を横領することを内容とする犯罪。広義の横領罪は、刑法第二編「罪」- 第三十八章「横領の罪」(252条~255条)に規定された犯罪すべてを指し、狭義の横領罪は、刑法252条1項に規定される罪(単純横領罪)のみをいう。自己の物であっても、公務所から保管を命ぜられた場合にこれを横領したときには、横領罪が成立する(刑法252条2項)


横領容疑で元弁護士再逮捕 


キャバクラで使った


 成年後見人として管理していた認知症女性(83)の口座から現金を着服したとして、警視庁捜査2課は22日、業務上横領の疑いで、元弁護士渡部直樹容疑者(48)=東京都千代田区三番町=を再逮捕した。

 同課は、渡部容疑者が成年後見人を務めた複数の高齢者から1億円を超える現金を横領していたとみて裏付けを進めている。

 再逮捕容疑は昨年1~9月、世田谷区に住む認知症の女性の預金口座から二十数回にわたり、約1400万円を引き出した疑い。「キャバクラで使った」と容疑を認めている。女性の保有する株も無断で売却し、一部を着服していたという。

2015年8月20日

新幹線自殺事件

新幹線自殺事件


 私個人に見解だが、焼身自殺をした加害者は精神を患っていたと思う。精神に問題のある犯罪者の対応をすることがあるにで、感じていることがある。それは自分のことしか考えることができないという事。

この加害者も自分のことしか考えてないような気がする。
 
 神奈川県小田原市を走行中の東海道新幹線「のぞみ225号」で男が焼身自殺し、巻き添えになった乗客が死亡した事件で、自殺した林崎春生容疑者(71)=東京都杉並区西荻北=は東京駅からのぞみに乗車していたことが神奈川県警の調べで分かった。県警は1日の自宅の捜索でガソリンなどの運搬に使う金属製携行缶を押収。林崎容疑者がかぶった液体の鑑定を進めている。

 県警は、司法解剖の結果として、林崎容疑者の死因を焼死、巻き添えになって死亡した桑原佳子さん(52)の死因を気道熱傷による窒息と発表した。

 県警によると、東京駅の防犯カメラに、林崎容疑者が改札を通る姿や、ホームを歩く様子が映っていた。カメラの記録では改札を通った時刻は6月30日午前10時42分だった。林崎容疑者のズボンのポケットからは自由席のチケットが見つかった。

 1号車のカメラには、林崎容疑者がデッキ付近でリュックサックから10リットル用ポリタンクを取り出し、液体をかぶる様子が映っていた。乗車前に駅のカメラに映った林崎容疑者はリュックサックを背負い、ポリタンクは手に持っていなかったという。県警は焼身自殺を図るまでの間、ポリタンクをリュックサックに隠していた可能性が高いとみている。

 1日に押収した金属製携行缶は20リットル用1個で、購入時期や使用した痕跡の有無を調べている。林崎容疑者は事件前日、ポリタンクを持ち運びながら「ガソリンスタンドに行く」と知人に話していたといい、県警は焼身自殺の準備をしていた可能性があるとみている。

 事件の直前、林崎容疑者は1号車の通路を行ったり来たりするなどしていた。事件を目撃した乗客は、同容疑者がうろつきはじめたのは新横浜駅を過ぎたころだったと話している。

2015年8月19日

脅迫事件

脅迫事件


 教授は、高等教育を行う教育施設において、最上位の教員の職階のこと、または、その職階にある者のことである。教授とは、高等教育機関の教員のうち最上位の職階にあたる。高等教育機関の教員一般に対し「先生」に代わる敬称としても用いられる傾向があるが、これは職種名称である「教員」と地位名称である「教授」を混同した誤解である。日本で教授になるための基準については、各大学、専攻分野、所属組織によって違いがある。

 

教え子の学生を包丁で脅して殴ったとして、香川県警高松東署は15日、香川大農学部教授、川田和秀容疑者(63)=高松市伏石町=を暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕した。容疑をおおむね認めているという。
   
        
 逮捕容疑は、香川大農学部キャンパスの加工室で、自身の研究室の男子学生(22)に包丁を突きつけて「本当に刺すぞ、本当に殺すぞ」と脅迫し、顔面を1回殴った、としている。

 同署によると、川田容疑者は「男子学生に頼んだ加工室の掃除の仕方が気に入らなかった」と供述しているという。学生は包丁を突きつけられて一旦部屋を出たが、謝罪に戻った際に再び包丁で脅され殴られたという。

 香川大のホームページによると、川田容疑者の専門は園芸科学で、スダチの長期貯蔵など果実や野菜の保存を研究していたという。

2015年8月18日

児童虐待

児童虐待


児童虐待とは、児童に対して虐待を加える行為である。

  児童虐待防止法では、「児童虐待」を、「保護者(親権を行う者、未成年後見人その他の者で、児童を現に監護するものをいう)がその監護する児童(18歳に満たない者)に対し、次に掲げる行為をすること」とし、以下の行為を列挙している(2条)。

児童の身体に外傷が生じ、又は生じるおそれのある暴行を加えること。

児童にわいせつな行為をすること又は児童をしてわいせつな行為をさせること。

児童の心身の正常な発達を妨げるような著しい減食又は長時間の放置 いわゆる「ネグレクト(育児放棄、育児怠慢、監護放棄)」と呼ばれていることであり、児童の心身の正常な発達を妨げるような著しい減食、もしくは長時間の放置その他の保護者としての監護を著しく怠ること

 児童に対する著しい暴言又は著しく拒絶的な対応 いわゆる「心理的虐待」のことで、児童に対して心理的な後遺症が残るほどの言葉の暴力、極端な恫喝を行うこと、また、無視しつづけること、


 預かっていた女の子が高熱を出したにもかかわらず、放置して死なせたとして保育施設の元従業員3人が逮捕された事件で、死亡した女の子の顔にあざがあったことが分かり、警察が捜査しています。

  宇都宮市の認可外保育施設「託児室といず」の元責任者・木村久美子容疑者(58)ら3人は去年、当時9カ月の山口愛美利ちゃんが高熱を出したにもかかわらず、病院などに連れて行かず、そのまま放置して死なせた疑いが持たれています。その後の警察への取材で、死亡した愛美利ちゃんの目の周りには、殴られるなどしてできたとみられるあざがあったことが分かりました。当時、施設では、愛美利ちゃん1人が預けられていたとみられます。警察は、あざができた経緯や当時の保育の実態について慎重に調べています。

2015年8月17日

セクハラ講師

セクハラ講師


 講師、教師のセクハラ問題は比較的多く問題となっています。教える立場の者のモラルがこんなものでは、教え子たちのモラルも疑われてしまいます


セクシャルハラスメントとは、日本語で「性的嫌がらせ」という意味で用いられる言葉である。セクシュアルハラスメントともいう。日本では、略してセクハラと言われることもある。

 

 千葉県教委は、校外学習先で同僚女性職員にセクハラ行為をしたとして、県立市川昴高校の男性講師(53)を停職3月の懲戒処分にした。男性講師は同日付で依願退職した。

 県教委によると、男性講師は5月1日、校外学習で3年生を引率して東京ディズニーランド(浦安市)に行った際、一緒に巡回していた同僚の女性職員に対して、胸の大きさを話題にしたうえ、同日、女性の胸の辺りを指で1回突いたとされる。女性職員が同月20日午後、校内のセクハラ防止委員に相談して発覚した。

 男性講師は「女性職員は娘のような存在で、これくらい大丈夫だと考えてしまった。相手の気持ちを理解できずに迷惑をかけて申し訳ない」と反省しているという。

 また、県立薬園台高校に勤務していた再任用の男性教諭(63)が生徒の答案用紙を紛失した問題で、県教委は15日、この教諭を減給10分の1、6月とした。答案用紙は5月16日、男性教諭の自宅があるマンションの自治会室で見つかり、県教委は今後、採点して正しい成績をつけ直すとしている。

 県教委はこのほか、2月に野田市内で交通死亡事故を起こした同市立小学校の女性教諭(43)について戒告とした。女性教諭は5月、自動車運転処罰法違反(過失致死)の罪で松戸簡裁から罰金100万円の略式命令を受けたという。

2015年8月16日

弁護士の着服事件相次ぐ

弁護士の着服事件相次ぐ


  弁護士に裏切られるこんなことがあったらどうトラブルを解決しますか。

 成年後見制度とは、広義にはその意思能力にある継続的な衰えが認められる場合に、その衰えを補い、その者を法律的に支援する(成年後見)ための制度をいう。これには民法に基づく法定後見と、任意後見契約に関する法律に基づく任意後見とがある。広義の成年後見制度には任意後見を含む。 

 

 認知症や障害などで判断能力が十分ではない人の成年後見人に選ばれた弁護士が財産を着服する事件が相次ぎ、東京家裁は弁護士の不正をチェックするために別の弁護士を「後見監督人」に選任する運用を新たに始めた。家裁は再発防止に厳しい姿勢で臨む考えだが、弁護士が弁護士の仕事に目を光らせる仕組みに、弁護士会からは「弁護士が信用されていない」と反発の声も出ている。

  弁護士や司法書士ら、親族以外の専門職が成年後見人に選任される割合は増加傾向にあり、弁護士の選任は2014年は全体の約20%に上った。

  家裁は後見人から定期的に提出される報告書を通じて業務をチェックしている。12年には、精神疾患のある女性の後見人をしていた東京弁護士会の元副会長が期限までに報告書を提出しなかったため調査したところ、女性の財産に多額の使途不明金が発覚。元副会長が着服を認めたため後見人を解任した。元副会長は翌13年、東京地検に業務上横領容疑で逮捕され、着服額は総額約4200万円に上った。

  弁護士による同様の問題は各地で繰り返されている。最高裁によると、弁護士や司法書士ら専門職による着服などの不正は、調査を始めた10年6月から14年末までに全国で少なくとも62件、約11億2000万円に上る。今年も認知症女性の後見人をしていた東京の元弁護士が逮捕され、1億円以上を着服した疑いがもたれている。


2015年8月15日

婚活問題

婚活問題

税金を使っての公務員限定というのは問題があります。

しかし、職業別での婚活イベントもありではないでしょうか、もちろん税域でやってはだめだと思いますが。

地方の人口減少問題はかなり深刻で、役所も対応を考える必要が実際にあるのです。


人口減少に悩む鳥取市がイベント会社と共同で運営する「婚活サポートセンター」が、婚活パーティーの企画で「男性は公務員に限る」としたところ、「職業差別」などと批判が寄せられた。鳥取市は5日、パーティーの中止を決めた。

 婚活パーティーは市内の飲食店で13日に予定されていた。鳥取市によると、昨年11月にセンターを開設して以来、3回の公募イベントを開いてきた。女性は毎回定員割れだったため、安定した職業を求める参加者の声を踏まえたという。

 今回は男女各20人の募集に79人の女性が応募したが、税金が使われることに疑問を投げかける報道が5日にあり、電話やメールで23件の批判が寄せられた。「公務員限定は職業差別」「税金での運営は問題」という声が多かったという。

 鳥取市は今年度のセンター運営費の9割以上にあたる500万円を負担している。担当者は中止の理由について「参加者が不安に思うことが想定されるため」と説明した。


人口減少は地方都市にとって重大な問題です。このようなイベントは今後もっと必要なことだとお見ます。また結婚するなら相手の職業は重要なことですので、違った方法で考えてみる必要があります。そのほうが参加する側も安心できます。

2015年8月14日

無責任な親 いらない子

 無責任な親 いらない子


自分自身で妊娠しときながら出来た子供を「いらない子」と言った親。

そんなことを言う前にセックスをするなと言いたい。また誰の子供かという問題がある。


 愛媛県八幡浜市で乳児と見られる5遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された同市江戸岡2、無職、若林映美容疑者(34)が、県警の調べに対し、乳児を遺棄した理由について「いらない子だったから」という趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材で分かった。また八幡浜市には、3年前にも若林容疑者の出産をうかがわせる情報が寄せられていたことが新たに分かった。


 若林容疑者は、生後間もない女児の死体を自宅押し入れに遺棄したとして、今月14日に逮捕された。供述に基づき20日、自宅を捜査したところ、1階の物置場から他の4遺体が見つかった。

  逮捕のきっかけは、民生委員から市に寄せられた情報だったが、この民生委員からは3年前にも同様の情報が寄せられていた。民生委員は取材に「膨らんだおなかがぺちゃんこになったのを見かけた際、赤ちゃんを抱っこしていなかったので不思議に思った」という。「死んでしまった赤ちゃんがかわいそう」と声を詰まらせた。

  市は当時、若林容疑者の長男が当時通っていた小学校と協議し、担任を通じて本人に確認してもらったところ「子宮が悪く、薬を飲むとはれる」と妊娠を否定したという。市は「情報があった時点では妊娠が確認できず、当時の対応に問題はなかった」と話した。


無責任な親


 子供のトラブル原因の多くは無責任な親が招いていると私は感じます。子供のいじめの原因は、学校でも教師でもなく親が原因であることが大半を占めています。子供の異変に親が分からないのに担任が発見できないのは当たり前のことです。


責任を持って子供を育てましょう。

2015年8月13日

セクハラ訴訟

セクハラ訴訟

 訴訟とは、紛争の当事者以外の第三者を関与させ、その判断を仰ぐことで紛争を解決すること、またはそのための手続のことである。対義語に自力救済がある。現代においては、国家の司法権の行使によって、その権力を背景に紛争を強制的に解決するための手続のことを訴訟といい、調停、仲裁、和解などと区別される。

店員自殺でサイゼリヤ提訴=遺族「上司セクハラ原因」


 レストランチェーン「サイゼリヤ」の店員だった女性が自殺したのは、上司によるセクハラなどが原因として、遺族が21日、同社などに計約9800万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。
  
  訴えたのは、関東地方の店舗で働いていた20代女性の両親ら。
  訴状によると、女性は2013年4月にアルバイトとして働き始め、その後契約社員となったが、男性副店長から体を触られるなどのセクハラに加え、罵倒や無視といったパワハラを繰り返し受けた。昨年12月、副店長に「一緒に死のう」と言われ、翌日に自宅で1人で首をつって自殺した。
  遺族は「娘はパワハラの影響で、副店長との性的関係を拒否できなくなっていた」と主張。「店長は副店長の行為を知りながら放置していた」と訴えている。
  サイゼリヤの話 訴状が届いた時点で、弁護士と内容を協議の上、対応するとのこと。 


 クライアントの方の中には、ご自分のトラブルを公にしないことを前提に解決を望まれる方も多くいらっしゃいます。当社はクライアントのことを一番に考えた対応を行います。ヒアリングを十分に行いますのでご安心ください。

 社内トラブル、会社内でのいじめ問題から精神的にも肉体的に病んでしまう人が増えています。ウツになった挙句、退職後もウツが治らない状況の方もたくさんいます。何年たっても社会復帰できない方のご両親から相談を受けることも多いのです。しかし、トラブルは自分で解決できるうちに解決しましょう。精神的なダメージが大きいと社会復帰も難しくなります。

2015年8月12日

究極の詐欺対策

 究極の詐欺対策


究極の詐欺対策は誰との接触しないことです。人間は会話の2割は事実を話していないそうです。人と係わらなくしてしまっては生活もできないので警視庁のホームページで詐欺に手口の一部を紹介していたので書きます

オレオレ詐欺の主な騙しの手口


予兆電話で息子等からの電話と信じ込ませ、後にトラブルの発生を口実に金銭を要求


 オレオレ詐欺の犯人は、電話帳や卒業生名簿を始めとした各種名簿などを元に、息子などの親族を装って電話をかけてきます。
 その口実は、「携帯電話の番号が変わった」、「会社の携帯電話だから登録しておいて」などと言って、連絡先を犯人グループの電話に誘導します。
 この時、相手は、声が違うことを怪しまれないように「カゼをひいて喉の調子が悪い」などと言って、息子などの声とは異なることを不自然に思われないようにします。後日、再び犯人から電話があった場合には、本物の息子等からの電話と思い込んでしまいます。

 そして
  「電車に会社のお金が入ったカバンを置き忘れた」
  「女性を妊娠させた」
  「会社のお金を使い込んだ。監査でばれるとクビになる」
  「友人の借金の保証人になった」
  「株で失敗した」
など、トラブルが発生したことを口実にして、「自宅まで取りに行くからお金を用意して」などと言って、至急お金が必要であることを持ちかけます。ところが、「自分は行けなくなったので、同僚を行かせる」などと言って、現金受取役のいわゆる「受け子」が現金を自宅等に取りに来て、だまし取られるのです。


「カード預かります」は詐欺!

 「キャッシュカード受取型オレオレ詐欺」の典型的な手口の一つに、犯人が警察官になりすますものがあります。
  この場合、警察官役のいわゆる「架け子(電話を架ける役)」から電話があり、「あなたの口座が悪用されていることがわかった。新しいキャッシュカードに変更するため、銀行協会の職員があなたの自宅に取りに行くので、キャッシュカードを預けて欲しい。また、手続きに必要なので暗証番号を教えてほしい。」などと言われます。
  そして、電話を受けた人はその言葉を信じてしまい、自宅を訪ねてきた銀行協会職員になりすました、いわゆる「受け子(別の受取役の犯人)」にキャッシュカードを渡し、キャッシュカードを受け取った「受け子」自らがコンビニエンスストアや銀行のATM等を操作して現金を引き出したり、あるいは、「受け子」からキャッシュカードを受け取ったいわゆる「出し子(さらに別の引出役の犯人)」が、同様に、現金を引き出すというものです。

2015年8月11日

ストーカー行為で服役

 ストーカー行為で服役



 日本にいた時から不思議な思考をしていると私は感じていました。いわゆる変わり者のオーラ全開の彼女言い訳も一般人にには理解できないものです。


詐欺被害「占い師にだまされた」


そもそも占いには根拠が無いのに行動を占い師のせいにするのも、痛い人間には多く、彼女もやはりいなかった。

 

  女優・石原真理子(43)が米滞在中の97、03年に男性へのストーカー行為で2度の逮捕歴があることが、分かった。03年時は、実刑判決を受け、125日間ラスベガス郊外の刑務所に服役したという。この日都内で会見し事実関係を認めたが、その陰で詐欺の被害に遭ったことも明かした。

  石原は、97年に好意を持っていたミュージシャン男性Rさんに年間30通の手紙を書いたことをストーカー行為とされた。フロリダの裁判所から18カ月の保護観察処分を受けたが、実は手紙を書いたのは、ある占い師のアドバイス。Rさんが薬物に手を出し、占い師に相談したが、結果的に4000万円をだまし取られたと告白。「だまされた。ストーカーという言葉が出てくることが、わからない」と釈明。さらに裁判では手紙の文面に知らぬ間に「殺してやる」といった文言が加えられていたという。

  03年には妻帯者で別のミュージシャンBさんと交際。それが夫人に知られ、警察から「30日間、彼に近寄ってはならない」と命令を受けたが、日にちを勘違いし期間終了前に会い逮捕され、実刑判決になったという。また、この2度の逮捕歴を報じる13日発売の週刊誌を名誉毀損で訴えることも明かした。


 自分の犯した犯罪でさえ他人の責任にできる思考只者ではありません。ストーカーになる素質は十分にあったのではないかと思います。


ストーカーの対応は当事者同士でするべきではないのです。

2015年8月10日

行為を撮影し脅迫 セクスト―ション

 行為を撮影し脅迫



 いまやいつ自分の身にその犯罪が降りかかってくるかも分からないのが現在の状況ではないでしょうか?ですが実際は犯罪被害の救援には、犯罪被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。私たちは今日まで、さまざまな犯罪被害者からの相談を受け解決してきました。

今お悩みの方は一度私たちにご相談下さい。

詐欺被害、恐喝、脅迫、横領、背任,、美人局などあらゆる犯罪の対応が可能 

誰のも知られることなく犯罪のトラブルを解決します。


 犯罪トラブルとは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。ひょっとしてこれ犯罪かもしれない?と少しでも疑問に思われるのであれば、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。
必要であれば各種専門家をご紹介いたしますのでご安心ください。警察OBも在籍


セクストーション
 
 広島県警は18日、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)や強要などの疑いで、山口東京理科大3年武藤圭祐容疑者(21)を再逮捕した。

 再逮捕容疑は昨年3月11日、香川県内のホテルで、女子高校生(17)に18歳未満と知りながら、みだらな行為をして、携帯電話で写真を撮影。8月3~4日に「インターネット上に公開する」と脅迫し、新たに動画を送らせるなどした疑い。

 広島東署によると、2013年秋に短文投稿サイト「ツイッター」で知り合ったと話している。

 武藤容疑者は4月、広島県の女子高校生(16)にみだらな行為をして撮影した疑いで逮捕、起訴された。


盗撮、男女トラブルから始めるセクストーション早期対応が問題を悪化させない方法です。

2015年8月 8日

変態教師

変態教師


 変態が教師をしてほしくないと思うのは私だけではないだろう。採用基準の中に適性検査を入れてほしいと思うのは私だけではないと思う。

 また塾講師も同じである。私どもがかかわった案件で、塾生徒に手を出していた講師がいる。その講師は今でも塾の講師をしているのだ。彼ら小児性愛者からするとす最高の職場なのである。

 

 変態性欲は、人間の性的行動や性欲のありようにおいて、正常と見なされない種類の嗜好を指す。大正時代から昭和初期にかけては、精神医学における用語でもあったが、現代では青少年育成条例などに法律用語としても用いられている。今日では、性的倒錯も術語として使われる。

 通常生活において性的魅惑を生じない、あるいはそう個々人で考えられている行為や状況に対し、性的興奮を覚える心理を指す。ときとして異常なまでに性に執着する様態を意味する場合がある。異常性欲、変態とも言うが、微妙に意味が異なっており、変態性欲の意味内容自体に曖昧さがある。変態性欲を(主に対外的に)行動に移すとき、場合によって、痴漢や痴女や変質者と呼ばれることがある

「きれいな体の男性を...」スーパー銭湯で男子高校生盗撮 


 スーパー銭湯で男子高校生の裸を盗撮したとして、大阪府警鶴見署は16日、大阪府迷惑防止条例違反と児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、大阪市立小学校の男性教諭(24)=同市中央区=を書類送検した。「男性の体にも興味があった」と容疑を認めているという。

  書類送検容疑は6月28日午後7時20分ごろ、同市鶴見区緑地公園のスーパー銭湯の脱衣所で、男子高校生(16)の裸をスマートフォンで動画撮影し、保存したとしている。

  同署によると、周りの客が盗撮に気付き、従業員が110番。駆けつけた同署員に容疑を認めたため、在宅で捜査していた。

  教諭は「きれいな体の男性がいたら盗撮しようと思った。盗撮したのは初めてだった」と話しているという。

  市教委によると、教諭は今年4月に採用されたばかりだった。

2015年8月 7日

弁護士の恐喝

弁護士の恐喝


大阪 京都 神戸 岡山 広島

弁護士、500万円恐喝容疑


弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とします(弁護士法1条1項)。弁護士は、この使命にもとづいて誠実に職務を行います。

弁護士が胸につけている記章があります。この記章は、外側にひまわり、中央にはかりがデザインされています。ひまわりは自由と正義を、はかりは公正と平等を追い求めることを表しています。 

 

 司法書士の男性から500万円を脅し取った疑いが強まったとして、大阪府警が恐喝容疑で、大阪弁護士会所属の女性弁護士(45)の自宅と事務所を家宅捜索していたことが16日、捜査関係者などへの取材で分かった。
  
  捜査関係者などによると、弁護士は昨年3月から今年2月まで、強盗致傷や覚せい剤取締法違反などの罪で起訴された飲食店経営の男(30)=大阪市北区=の弁護人を務めていた。
  昨年春ごろ、男と共謀し、30代の司法書士に「(男の)取り調べで、未成年者買春や盗品売買への関与についてあなたの名前が出ている。(男が)しゃべったら終わり」と伝えて金を要求し、500万円を脅し取った疑いが持たれている。


弁護士の恐喝解決なら

トラブル解決コンサルタントのアイ総合コンサルタント

大阪 京都 神戸 岡山 広島

2015年8月 6日

リベンジポルノで追加捜査へ

リベンジポルノで追加捜査へ


最近では交際期間に撮られた裸の写真などをネタに復縁を迫られたり、恐喝されることがあります。 一度画像や映像をネットに流されてしまうと、就職や結婚にも影響がでる恐ろしい被害です。


リベンジとは「復讐」です。復讐されるほど相手は追い詰められているのです。復讐心を抱かせるほどの出来事を起こしていませんか。復讐心が解消されるための対策が必要です。


2013年10月8日に三鷹ストーカー殺人事件があり、加害者の男性が元恋人である被害女性のプライベートの写真および映像をウェブサイトを通じて拡散させたことで問題となった。谷垣禎一法務大臣は同年10月23日の参議院予算委員会で、「現行法で対応ができる」とし、新しく規制をかけることには慎重な姿勢を示した。

 東京都三鷹市で高校3年の女子生徒が刺殺されたストーカー事件で、殺人罪などに問われた元交際相手の無職、池永チャールストーマス被告(23)が生徒のプライベート画像をインターネットに投稿したとして、遺族が児童買春・ポルノ禁止法違反罪で東京地検立川支部に告訴し、受理されたことが17日、分かった。生徒の両親の代理人弁護士が明らかにした。

  受理は13日付。代理人は「両親はリベンジポルノ(復讐目的の画像投稿)についても処罰を求めている」と説明した。立川支部は今後、追加捜査を行う。

  1審の東京地裁立川支部判決は、起訴されていないインターネットへの投稿行為を「殺害と密接に関連する特に悪質な事情」と重視。しかし、2審の東京高裁判決は「別の罪に当たる行為を殺人罪の刑を重くする要素として過大に評価した」と判断、懲役22年とした1審判決を破棄して審理を差し戻した。

  1審判決によると、池永被告は平成25年10月8日、生徒宅に侵入し、生徒の首や腹部をペティナイフで刺して殺害した。

2015年8月 5日

除霊を餌に悪だくみ

除霊を餌に悪だくみ


「除霊」と称して信者に暴行を加え、4人を殺害、2人を死亡させたとする殺人や傷害致死などの罪に問われた祈祷師に事件など徐霊と称して悪だくみをする輩は後を絶ちません。

今回の事件は、殺人事件までには発展しなかったのですが、これでも十分悪質な犯罪です。霊能力があるかの如くふるまって人を食い物にしている霊能者を多く知っています。

当然霊能力などないのです。

 

下記の容疑者は犯罪常習者です。私の知っている霊能者は、女好きの変態で弱みに付け込みあらゆるものを奪っていく略奪常習者です。


女児連れ去り容疑で男再逮捕 ほかにも数件の除霊男事案


 広島県警呉署は9日までに、未成年者誘拐の疑いで、同県三原市大和町箱川、作業員、山本孝治容疑者(46)を再逮捕した。

 

 再逮捕容疑は、平成26年3月24日午後2時半ごろ、呉市内の体育館緑地帯で、当時10歳の女児3人に、誘拐目的で「霊がついている。除霊してあげるからついてきて」などと言って、同日午後3時15分ごろまでの間、約300メートル離れた同体育館先の路上まで歩いて連れ去り、誘拐したとしている。

 同署によると、これまでの約1年間に「除霊をする」などと声をかける同様の事案がほかにも数件発生しており、余罪を調べている。山本容疑者は6月24日、わいせつ誘拐未遂容疑で逮捕されたが、今月7日に処分保留で釈放されたばかり。

2015年8月 4日

除霊 霊能者トラブル

 除霊 霊能者トラブル


注射器で鼻から水注入 傷害致死  自称徐霊師が起こした殺人事件です。


悪徳霊能者による殺人事件は一向になくなる気配がありません。

様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか?そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます。


 
 熊本市東区のアパートで6月、自称「除霊師」の女ら3人が水を使った「お祓(はら)い」で女性を窒息死させた事件で、注射器を使って女性の鼻から「ご神水」と称する水を注入し続けていたことがわかった。熊本地検は24日、アパートに住む野田英子容疑者(81)と女性の夫で崇城大学准教授の福田耕才(こうさい)容疑者(52)=熊本市東区=を傷害致死罪で、野田容疑者の妹で無職北山敬子容疑者(77)=鹿児島県姶良市=を同幇助(ほうじょ)罪で起訴した。

 起訴状によると、野田、福田両容疑者は6月21日午前10時半~正午ごろ、野田容疑者のアパートで福田容疑者の妻利恵さん(51)の手足をひもなどで縛り、顔や足などを押さえつけたうえ、複数の針のついていない注射器を使って鼻から水を注入し続け、意識を失わせた。注射器の容量は50ミリリットル未満だった。同日午後9時半ごろから、再び30分間にわたって鼻から水を注入し、その約7時間後に窒息死させたとされる。北山容疑者は2人を手伝ったとされる。


 一人で悩まず、私共にご相談頂ければ、必ずやあなたのお力になれます!秘密厳守も徹底しておりますので、安心してご相談ください。あらゆるネットワークを備え、どんなお悩みごと、問題ごとにも柔軟に対応し、解決させて頂きます。この状勢下、様々なお悩み事や問題事を抱えておられる方が近年増加しています。「だけど、どこに相談すればいいのか分からない」というのが気持ちもある事と思います。

2015年8月 3日

心の病で労災認定

心の病で労災認定


 労働災害、略して労災とは、労働者が業務中、負傷(怪我)、疾病(病気)、障害、死亡する災害のことを言う。広義には、業務中のみならず、通勤中の災害も含む。狭義には、負傷(や負傷に起因する障害・死亡)のみを指す用語として使われ、疾病(や疾病に起因する障害・死亡)は指さないことも多い。


 特段指定しない限り、「労働災害」は広義の労働災害(労働者災害補償保険法、労災保険法)が対象とする業務災害と通勤災害


 労働者の業務上の負傷、疾病、障害又は死亡を業務災害という。「業務災害」として認定されるためには、業務に内在する危険有害性が現実化したと認められること業務起因性が必要で、その前提として、労働者が使用者の支配下にある状態にあると認められなければならない。

 過労や仕事上のストレスでうつ病など「心の病」となり、労災と認定された人が、2014年度、497人にのぼり、過去最多となったことがわかりました。

  厚生労働省によりますと、2014年度に、過労や仕事上のストレスで精神的な病気となり、労災認定された人は497人で、前の年度に比べ61人増えました。

  このうち、自殺に追い込まれた人は、未遂を含めて99人でした。労災認定と自殺のいずれも過去最多となっています。

  精神的な病気となった要因としては、「悲惨な事故や災害の体験」が最も多く、次いで「嫌がらせ、いじめ」、「1か月に80時間以上の時間外労働を行った」などとなっています。

2015年8月 2日

言論弾圧

 言論弾圧


言論弾圧とは、政治権力が報道・出版・その他の言論に対して行う弾圧である。

規制の対象や方法は様々である。マスメディアが対象となることが多いが、集会、デモ行進、個人の会話まで弾圧されることもある。

 

 自民党若手が開いた会合で報道規制を求める声が上がったとして政府・与党内で26日、懸念の声が相次いだ。石破茂地方創生担当相は記者会見で、「われわれは政権の側におり、権力を持っている。言論の弾圧と受け取られかねないようなことには、心していかなければならない」と語り、苦言を呈した。
 
 問題の会合は、安倍晋三首相を支持する若手・中堅議員が25日に開いた「文化芸術懇話会」(代表・木原稔党青年局長)。出席した議員から「マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなることが一番。経団連に働き掛けてほしい」との声が上がったほか、講師として招かれた作家の百田尚樹氏が「(政権に批判的な)沖縄の二つの新聞はつぶさなあかん」などと発言した。
 
 これに関し石破氏は、「そういう発言がもしあったとすれば、表現に不穏当な部分はありはしないか」と指摘した。

  自民党の谷垣禎一幹事長も「クールマインドでやっていただきたい」と自制を促した。
 
 公明党の井上義久幹事長は「スポンサーをどう選ぶかは企業の選択。政治が直接働き掛けることがあってはならない」と強い不快感を示した。

 この問題の本当のと所は、マスコミによる無責任な報道、無責任な主張が大きな原因だとwたしは思う。報道するには裏をとる。主張するからには証拠を持って主張する。

 すべて無責任が原因である。

2015年8月 1日