医療従事者も麻薬使用容疑 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

医療従事者も麻薬使用容疑

医療従事者も麻薬使用容疑

逮捕医師と同じ所属科

医療の世界において厳しい競争時代に突入しました。
そんな時代だからこそ地域に根付いた医療機関として発展を続けるには、まず強固な経営体質を築くことが求められます。
 弊社の考える解決策としてはその第一歩が収益力の向上です。

コストを効率化し、適正な売り上げを確保することで生まれた利益を、人材育成や医療サービスの質の向上のための次なる一手に投資することができれば、 さらに収益が向上するという好循環を生み出すことが可能となるでしょう。


 北海道の町立八雲総合病院の医師が麻薬取締法違反容疑で逮捕された事件で、道警函館方面本部捜査課と八雲署は15日、八雲町東雲町、同病院看護師後藤絵利香容疑者(29)を同容疑で逮捕した。

  発表によると、後藤容疑者は今月13日以前の数日の間に、道内で医療用麻薬「フェンタニル」を若干量、自分の体に使用した疑い。

  調べに対し、後藤容疑者は「自分で使用したことはない」と容疑を否認しているという。

  同課などによると、既に逮捕された同病院の医師阿部正幸容疑者(55)の捜査の過程で、後藤容疑者の尿を調べたところ、フェンタニルの成分が検出されたという。両容疑者は同じ心臓血管内科所属だった。

  一方、阿部容疑者は逮捕直後、「自分の体に使っていない」と容疑を否認していたが、使用したことを認める供述を始めたという。

人材教育を行っても、継続的に行わないと一時的な高揚感ですべてが台無しになってしまう事があります。
あなたは、このような事を不思議に思ったことがあると思います。

どんな高額な研修を受けても、どんな業種で研修を受けたとしても他社とは大きく人材教育の成果が違ってくる...。
 人材教育は、あなたの会社ではどのような方法で、行なわていますか?

ただ組まれているプログラムを実践しているだけではありませんか?
 具体的に、何を目的に行っているか、どんな人材を育成したいか、そしてどんな目的を持つかによって、人材教育の成果というのは大きく変わってきます。