認知症問題 | 大阪/京都/兵庫/岡山/広島

認知症問題

認知症問題

これからもっと増えてくる問題です。

現在、様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか?そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます。


信頼と実績のリピート率72.8%!!お悩み事、問題事の解決方法をお探しの方は当社へ相談ください!一人で悩まず、私共にご相談頂ければ、必ずやあなたのお力になれます!秘密厳守も徹底しておりますので、安心してご相談ください。あらゆるネットワークを備え、どんなお悩みごと、問題ごとにも柔軟に対応し、解決させて頂きます。この状勢下、様々なお悩み事や問題事を抱えておられる方が近年増加しています。「だけど、どこに相談すればいいのか分からない」というのが気持ちもある事と思います。確かな知識を備えた専門のスタッフがあなたのお悩みや問題を徹底的にサポートし、早期解決とへ導くべく、お客様の幸せの一助になる事を志し、誠心誠意、まごころを持ってお手伝いをさせて頂きます。男女のもつれや近隣とのやっかい事、金銭や犯罪にまつわる問題だけでなく、家族・親族間での心配事は勿論の事、職場や企業における悩み事、商取引における衝突などにも対応させて頂きます。これら以外にも諸々のご相談事を承っておりますので、該当するものがないと思われるケースに遭遇しておられる方も、是非一度当方までお問い合わせ頂ければ、専門スタッフがご相談に応じさせて頂きます!


 同居する男性に猿ぐつわをしたとして、神戸西署は7日までに、長男の会社員西谷昇容疑者(29)=神戸市西区森友=と、男性の妻早苗容疑者(59)=同=を逮捕の疑いで逮捕、送検した。男性は既に死亡しており、同署が因果関係を調べている。

  2人の逮捕容疑は5日午後8時半~6日午前5時ごろまでの間、自宅で、無職西谷喜久男さん(68)に、タオルのようなもので猿ぐつわをした上、手足を縛った疑い。2人は「認知症で暴れるので縛った」などと容疑を認めているという。

  同署によると、喜久男さんは両容疑者と3人暮らし。6日午前5時20分ごろ、昇容疑者が「父が亡くなったかもしれない」と消防に通報し、発覚した。救急隊員が到着した際、既に死亡していたという。司法解剖の結果、死因は不詳だが、遺体の顔や喉に傷痕があったといい、同署は日常的な暴行の有無についても調べる。